【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171225174439.html
ゆとり世代の女性の特徴

ゆとり世代の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ゆとり世代の女性の特徴

ゆとり世代の女性はちょっと違うと感じる部分があるかもしれません。

ゆとりのある教育であまり厳しくされなかった部分や景気の悪い時代の中で育ったという背景のあるゆとり世代の女性のありがちな特徴を9つ取り上げます。

  • 堅実なところがある
  • かなりマイペースなところがある
  • デートは割り勘が多い
  • あまり欲がない
  • 独身のままでも良いという考え方
  • 肉食系女子が多くなっている
  • かなり年上男性と恋愛OKなところがある
  • 自分の世界で楽しむところがある
  • あまり情熱がない
  • まとめ

1. 堅実なところがある

堅実なところがある

バブルの好景気の時代を知らない女性たちは就職難や所得が上がらない、そんな現実に直面していますし、経済が成長に新しいものが次々と生み出されている画期的な時代を知らないゆえに、つまり停滞した経済状態になっているゆえに派手に遊ぶとかお金を使うことに慎重になっています。

ちょっと冷めている部分もあり、無駄なことや必要のないものは買わない、あれもこれも欲しがるようなところがなくとても堅実なのです。

しっかりと将来ビジョンを持ちまずは貯金を貯めて行こうとする部分があります。

2. かなりマイペースなところがある

かなりマイペースなところがある

ゆとり世代の女の子というのは、その前の人たちと違いあれこれと厳しくされて育っていない部分があり、マイペースになりやすい傾向にあります。

自分は自分というところがあり、自分なりのペースで何でもしようとするところがあります。

あれこれと自分の生き方に関して嫌う部分があり、そんなマイペースな生き方は周囲の人たちを不安にさせてしまう部分があるでしょう。

3. デートは割り勘が多い

デートは割り勘が多い

ゆとり世代の女の子たちはデートでも割り勘にしたがる部分があります。

それは貸し借りを作りたくないとか、相手に優位に立てないことを嫌ったりする部分があり、その点に関しては甘えるような部分がありません。

お互いに平等で同じ立場で付き合おうとするのです。

4. あまり欲がない

あまり欲がない

経済成長をしていた時代は欲しいものがあり、車やパソコン、家などを購入するために一生懸命に働いていたし、それがステイタスと感じていたものですが、ゆとり世代というのはある意味無欲であり、そうしたものにステイタスをあまり感じなくなっています。

車などなくても良い、どちらかというと節約志向になっている部分が強いのです。

5. 独身のままでも良いという考え方

独身のままでも良いという考え方

ゆとり世代の人たちは恋愛はしたいと思っていても結婚することがイコール幸福と考えていない部分があり、結婚はしなくても良いという考えの人たちは少なくありません。

結婚してもストレスが増すだけだし、一人でいる方が、独身でいる方が気楽で良いという考えであり、自分の好きなことをして生きることに満足していたりします。

生涯独身ということを決意している女性も多く、かつての結婚して家庭に入り専業主婦になり子供を作るというような世代ではありません。

6. 肉食系女子が多くなっている

肉食系女子が多くなっている

ゆとり世代は男性は草食系になっていくのに対して女性は肉食系が多くなってきています。

社会に進出し女性の立場が強くなってきて活動的になっているのであり、食欲も性欲もそして異性との恋愛に関しても自分からどんどんアピールするような女性が増えてきています。

とっても積極的であり、パワフルであり、アクティブなのであり、若い女性のパワーに圧倒されてしまうことも少なくないでしょう。

7. かなり年上男性と恋愛OKなところがある

かなり年上男性と恋愛OKなところがある

ゆとり世代の女性たちはお金に苦労していることもあり、年上それも自分の親くらいとの恋愛でもOKなところがあります。

草食系のはっきりしない控えめな男性が同世代に多い中で、自分よりもずーっと年上の男性は社会で生き抜いてきて逞しさと知識そして経済力もあり、そんな姿に惚れてしまうことは少なくありません。

年上男性との恋愛は刺激的であり自分をサポートしてくれることもあり、そんな魅力があるので受け入れるのです。

8. 自分の世界で楽しむところがある

自分の世界で楽しむところがある

スマートフォン世代、携帯電話そしてインターネットの時代であるゆとり世代の女の子たちは、そうしたもので自分の興味のあることをチェックしたり、またSNSなどで連絡したりという感じであり、個室に閉じこもって何時間もそれをしたりします。

家でもどこでもスマホをいじっていて、誰かと会話をするというよりもそうしたものを通して自分の世界に入りそれを楽しんでいるのであり、あまりオープンなところがない、引きこもりの傾向にあります。

9. あまり情熱がない

あまり情熱がない

ゆとり世代の女性たちは必死になるとか努力する、夢中になるという情熱のようなものが少なく、どちらかというと淡々としている部分があります。

なんとなく生きているような部分があり、周囲の人たちに振り回されるということもありません。

まとめ

ゆとり世代の女性たちはマイペースであることが特徴であり、誰かのしていることに強い影響を受けてそれをやってみるという点がちょっと欠けている部分があります。

自分は自分であり、周囲の人たちの励ましによって動くということが少ないのです。

のんびりしているようにも見えるし、それでいて堅実なところもあるし、良くも悪くも冷静であるのかもしれません。

ゆとり世代女性の価値観は物資的なものにあまり重きを置いていない部分があります。

ゆとり世代の女性はちょっと違うと感じる部分があるかもしれません。

ゆとりのある教育であまり厳しくされなかった部分や景気の悪い時代の中で育ったという背景のあるゆとり世代の女性のありがちな特徴を9つ取り上げます。


堅実なところがある

バブルの好景気の時代を知らない女性たちは就職難や所得が上がらない、そんな現実に直面していますし、経済が成長に新しいものが次々と生み出されている画期的な時代を知らないゆえに、つまり停滞した経済状態になっているゆえに派手に遊ぶとかお金を使うことに慎重になっています。

ちょっと冷めている部分もあり、無駄なことや必要のないものは買わない、あれもこれも欲しがるようなところがなくとても堅実なのです。

しっかりと将来ビジョンを持ちまずは貯金を貯めて行こうとする部分があります。

かなりマイペースなところがある

ゆとり世代の女の子というのは、その前の人たちと違いあれこれと厳しくされて育っていない部分があり、マイペースになりやすい傾向にあります。

自分は自分というところがあり、自分なりのペースで何でもしようとするところがあります。

あれこれと自分の生き方に関して嫌う部分があり、そんなマイペースな生き方は周囲の人たちを不安にさせてしまう部分があるでしょう。

デートは割り勘が多い

ゆとり世代の女の子たちはデートでも割り勘にしたがる部分があります。

それは貸し借りを作りたくないとか、相手に優位に立てないことを嫌ったりする部分があり、その点に関しては甘えるような部分がありません。

お互いに平等で同じ立場で付き合おうとするのです。

あまり欲がない

経済成長をしていた時代は欲しいものがあり、車やパソコン、家などを購入するために一生懸命に働いていたし、それがステイタスと感じていたものですが、ゆとり世代というのはある意味無欲であり、そうしたものにステイタスをあまり感じなくなっています。

車などなくても良い、どちらかというと節約志向になっている部分が強いのです。

独身のままでも良いという考え方

ゆとり世代の人たちは恋愛はしたいと思っていても結婚することがイコール幸福と考えていない部分があり、結婚はしなくても良いという考えの人たちは少なくありません。

結婚してもストレスが増すだけだし、一人でいる方が、独身でいる方が気楽で良いという考えであり、自分の好きなことをして生きることに満足していたりします。

生涯独身ということを決意している女性も多く、かつての結婚して家庭に入り専業主婦になり子供を作るというような世代ではありません。

肉食系女子が多くなっている

ゆとり世代は男性は草食系になっていくのに対して女性は肉食系が多くなってきています。

社会に進出し女性の立場が強くなってきて活動的になっているのであり、食欲も性欲もそして異性との恋愛に関しても自分からどんどんアピールするような女性が増えてきています。

とっても積極的であり、パワフルであり、アクティブなのであり、若い女性のパワーに圧倒されてしまうことも少なくないでしょう。

かなり年上男性と恋愛OKなところがある

ゆとり世代の女性たちはお金に苦労していることもあり、年上それも自分の親くらいとの恋愛でもOKなところがあります。

草食系のはっきりしない控えめな男性が同世代に多い中で、自分よりもずーっと年上の男性は社会で生き抜いてきて逞しさと知識そして経済力もあり、そんな姿に惚れてしまうことは少なくありません。

年上男性との恋愛は刺激的であり自分をサポートしてくれることもあり、そんな魅力があるので受け入れるのです。

自分の世界で楽しむところがある

スマートフォン世代、携帯電話そしてインターネットの時代であるゆとり世代の女の子たちは、そうしたもので自分の興味のあることをチェックしたり、またSNSなどで連絡したりという感じであり、個室に閉じこもって何時間もそれをしたりします。

家でもどこでもスマホをいじっていて、誰かと会話をするというよりもそうしたものを通して自分の世界に入りそれを楽しんでいるのであり、あまりオープンなところがない、引きこもりの傾向にあります。

あまり情熱がない

ゆとり世代の女性たちは必死になるとか努力する、夢中になるという情熱のようなものが少なく、どちらかというと淡々としている部分があります。

なんとなく生きているような部分があり、周囲の人たちに振り回されるということもありません。

ゆとり世代の女性たちはマイペースであることが特徴であり、誰かのしていることに強い影響を受けてそれをやってみるという点がちょっと欠けている部分があります。

自分は自分であり、周囲の人たちの励ましによって動くということが少ないのです。

のんびりしているようにも見えるし、それでいて堅実なところもあるし、良くも悪くも冷静であるのかもしれません。

ゆとり世代女性の価値観は物資的なものにあまり重きを置いていない部分があります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-