【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171225174344.html
オーラが低い人の特徴

オーラが低い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
オーラが低い人の特徴

人には、オーラという波動があります。

人によってオーラが高い人、オーラ—が低い人とさまざまでしょう。

オーラが高い人と一緒にいると自分も同じようなオーラになるといわれています。

オーラが低い人と一緒にいると気持ちが沈んでくることもわかっています。

そこで、今回はオーラ—低い人の特徴についてご紹介したいと思います。

  • オーラが低い人はネガティブな発想をする
  • オーラ—が低い人は同じ失敗を繰り返す
  • オーラが低い人は人のせいにしてしまう
  • オーラの低い人はコンプレックスの塊
  • オーラの低い人は声が暗い
  • オーラの低い人は常にイライラしている
  • オーラが低い人はだらしのない服装をしている
  • オーラが低い人ほど夢みたいなことを言う
  • まとめ

1. オーラが低い人はネガティブな発想をする

オーラが低い人はネガティブな発想をする

オーラが低い人はものごとをすぐに後ろ向きに考えてしまいがちです。

「どうせ私(僕)なんか...」「あーあ。

何だか面白くないな」
などとネガティブなキーワードを使うことが多いのです。

「どうせ」「面白くない」などのネガティブなキーワドを使い続けることで、ネガティブなオーラが体から溢れだしています。

低いオーラを発しているとネガティブな発想でしか物事が考えられなくなってしまい、成功が遠のいてしまうのです。

2. オーラ—が低い人は同じ失敗を繰り返す

オーラ—が低い人は同じ失敗を繰り返す

オーラが低い人は、負のオーラがまとわりついていることが多いようです。

例えば、軽い事故を起こしてしまうとしましょう。

オーラが高い人は、「これから気をつけよう」「自分の判断ミスだったんだ」などと、事故を嘆くのではなくこれから気を付けるよう心掛けます。

でも、オーラが低い人は事故が起こった=自分はついてない人間だと決めつけてしまいます。

事故を起こしてしまった事への反省がないため、又同じような事故を招き、その都度自分の不幸に悲観的になってしまうのです。

3. オーラが低い人は人のせいにしてしまう

オーラが低い人は人のせいにしてしまう

オーラの低い人は失敗するいことに対して必要に恐れる傾向にあります。

もちろん、誰でも失敗はしますよね。

でも、失敗してもまた頑張ろう!思える人はオーラが高い証拠です。

オーラが低い人は失敗を恐れるあまり失敗を認めず人のせいにしてしまうのです。

言い訳したり責任転嫁したりして、失敗したことを認めようとはしないのです。

そのため、いつまでたっても向上しないのです。

4. オーラの低い人はコンプレックスの塊

オーラの低い人はコンプレックスの塊

オーラの低い人は自分に対して強いコンプレックスを持っていることが多いようです。

「自分はブスだから彼氏が出来ないんだ」「僕はバカだから上達しないんだ」と自分のコンプレックスをむき出しにしてしまいます。

そのことで、どんどん負のオーラが集まってきてオーラが低くなっていることに気がついていないことが多いのです。

オーラが高い人は自分のコンプレックスを上手に克服しようと努力します。

例えば、あまり可愛くなかったらお洒落して可愛く見える努力をしたり、人より物覚えが悪かったら少し時間をかけて自分に合った勉強法をしたりするなどして、頑張るのです。

でも、オーラの低い人はコンプレックスを克服する努力をせずにコンプレックスのせいにしてしまうのです。

5. オーラの低い人は声が暗い

オーラの低い人は声が暗い

オーラの低い人は、声にも表れているといわれています。

オーラの高い人の声はお腹から出ているため遠くまで響く声をしています。

でも、オーラの低い人は、どこか自信がなかったり、元気がなかったりするためくぐもった声の人が多いのも特徴でしょう。

また、甲高いけれど細くかすれたような声だったりすることもあるといわれています。

6. オーラの低い人は常にイライラしている

オーラの低い人は常にイライラしている

オーラの低い人を外見で見分けることもできます。

オーラの高い人は見た目でもおおらかでどこかゆとりがあるように感じます。

それに引き替え、オーラの低い人はいつもイライラと余裕がないような言動をとりがちです。

例えば、座っているとき常に貧乏ゆすりをしたり、会話の時に時計や携帯をチラチラと見ながら話をするような人はオーラがかなり低くなっているのです。

人の話をじっくり聞く余裕もないような人はオーラが低く曇った気で包まれているとも考えられています。

7. オーラが低い人はだらしのない服装をしている

オーラが低い人はだらしのない服装をしている

オーラの低い人は服装などにも気を配らないことが多いといわれています。

自分自身をキレイにし、清潔感ある服装をしていることで人からの好感度もあがってきます。

人から注目されたり褒められたりすることで、オーラが上がってくるのです。

でも、だらしのない服装をしていると、好感度も下がり人から評価されることが無くなってしまいます。

「あの人はだらしがない」「あまり、近寄りたくない」などと陰口を叩かれると、オーラがどんどん下がっていくのです。

8. オーラが低い人ほど夢みたいなことを言う

オーラが低い人ほど夢みたいなことを言う

オーラの低い人は、できもしないようなことを口にすることが多いといわれます。

お金もちになる。

元気になる。

などあえてポジティブなことをいって良い気を引き寄せることは良いことです。

でも、オーラの低い人にかぎって、「私は絶対に大儲けする」「絶対当たるから」などと、大口を叩いたり、夢物語のような言葉を口にすることがあるのです。

詐欺を働くような人がこの様な「絶対」「必ず」などのキーワードを使いますが、どこか怪しげに聞こえますよね。

あまり、確信のないようなことを話す人はオーラが低い人なのです。

まとめ

いかがでしたか?

オーラが低い人の特徴についてご紹介しましたが、どうせ一緒にいるならオーラの低い人ではなくオーラが高い人と一緒にいる方が気分が良くなりますよね。

オーラの低い人の特徴を知ってあなたもオーラが低い人にならないよう心がけて下さいね。

人には、オーラという波動があります。

人によってオーラが高い人、オーラ—が低い人とさまざまでしょう。

オーラが高い人と一緒にいると自分も同じようなオーラになるといわれています。

オーラが低い人と一緒にいると気持ちが沈んでくることもわかっています。

そこで、今回はオーラ—低い人の特徴についてご紹介したいと思います。


オーラが低い人はネガティブな発想をする

オーラが低い人はものごとをすぐに後ろ向きに考えてしまいがちです。

「どうせ私(僕)なんか...」「あーあ。

何だか面白くないな」
などとネガティブなキーワードを使うことが多いのです。

「どうせ」「面白くない」などのネガティブなキーワドを使い続けることで、ネガティブなオーラが体から溢れだしています。

低いオーラを発しているとネガティブな発想でしか物事が考えられなくなってしまい、成功が遠のいてしまうのです。

オーラ—が低い人は同じ失敗を繰り返す

オーラが低い人は、負のオーラがまとわりついていることが多いようです。

例えば、軽い事故を起こしてしまうとしましょう。

オーラが高い人は、「これから気をつけよう」「自分の判断ミスだったんだ」などと、事故を嘆くのではなくこれから気を付けるよう心掛けます。

でも、オーラが低い人は事故が起こった=自分はついてない人間だと決めつけてしまいます。

事故を起こしてしまった事への反省がないため、又同じような事故を招き、その都度自分の不幸に悲観的になってしまうのです。

オーラが低い人は人のせいにしてしまう

オーラの低い人は失敗するいことに対して必要に恐れる傾向にあります。

もちろん、誰でも失敗はしますよね。

でも、失敗してもまた頑張ろう!思える人はオーラが高い証拠です。

オーラが低い人は失敗を恐れるあまり失敗を認めず人のせいにしてしまうのです。

言い訳したり責任転嫁したりして、失敗したことを認めようとはしないのです。

そのため、いつまでたっても向上しないのです。

オーラの低い人はコンプレックスの塊

オーラの低い人は自分に対して強いコンプレックスを持っていることが多いようです。

「自分はブスだから彼氏が出来ないんだ」「僕はバカだから上達しないんだ」と自分のコンプレックスをむき出しにしてしまいます。

そのことで、どんどん負のオーラが集まってきてオーラが低くなっていることに気がついていないことが多いのです。

オーラが高い人は自分のコンプレックスを上手に克服しようと努力します。

例えば、あまり可愛くなかったらお洒落して可愛く見える努力をしたり、人より物覚えが悪かったら少し時間をかけて自分に合った勉強法をしたりするなどして、頑張るのです。

でも、オーラの低い人はコンプレックスを克服する努力をせずにコンプレックスのせいにしてしまうのです。

オーラの低い人は声が暗い

オーラの低い人は、声にも表れているといわれています。

オーラの高い人の声はお腹から出ているため遠くまで響く声をしています。

でも、オーラの低い人は、どこか自信がなかったり、元気がなかったりするためくぐもった声の人が多いのも特徴でしょう。

また、甲高いけれど細くかすれたような声だったりすることもあるといわれています。

オーラの低い人は常にイライラしている

オーラの低い人を外見で見分けることもできます。

オーラの高い人は見た目でもおおらかでどこかゆとりがあるように感じます。

それに引き替え、オーラの低い人はいつもイライラと余裕がないような言動をとりがちです。

例えば、座っているとき常に貧乏ゆすりをしたり、会話の時に時計や携帯をチラチラと見ながら話をするような人はオーラがかなり低くなっているのです。

人の話をじっくり聞く余裕もないような人はオーラが低く曇った気で包まれているとも考えられています。

オーラが低い人はだらしのない服装をしている

オーラの低い人は服装などにも気を配らないことが多いといわれています。

自分自身をキレイにし、清潔感ある服装をしていることで人からの好感度もあがってきます。

人から注目されたり褒められたりすることで、オーラが上がってくるのです。

でも、だらしのない服装をしていると、好感度も下がり人から評価されることが無くなってしまいます。

「あの人はだらしがない」「あまり、近寄りたくない」などと陰口を叩かれると、オーラがどんどん下がっていくのです。

オーラが低い人ほど夢みたいなことを言う

オーラの低い人は、できもしないようなことを口にすることが多いといわれます。

お金もちになる。

元気になる。

などあえてポジティブなことをいって良い気を引き寄せることは良いことです。

でも、オーラの低い人にかぎって、「私は絶対に大儲けする」「絶対当たるから」などと、大口を叩いたり、夢物語のような言葉を口にすることがあるのです。

詐欺を働くような人がこの様な「絶対」「必ず」などのキーワードを使いますが、どこか怪しげに聞こえますよね。

あまり、確信のないようなことを話す人はオーラが低い人なのです。

いかがでしたか?

オーラが低い人の特徴についてご紹介しましたが、どうせ一緒にいるならオーラの低い人ではなくオーラが高い人と一緒にいる方が気分が良くなりますよね。

オーラの低い人の特徴を知ってあなたもオーラが低い人にならないよう心がけて下さいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-