【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171223150504.html
カッコよさと女らしさで魅せる!ライダースジャケットが似合う女性

カッコよさと女らしさで魅せる!ライダースジャケットが似合う女性 | LADYCO

LADYCO
カッコよさと女らしさで魅せる!ライダースジャケットが似合う女性

男っぽいカッコよさと女らしさの両方が感じられる、ライダースジャケットが似合う女性の特徴をご紹介します。

  • 体型にあわせてサイズを選んでいる
  • 体型にあわせてシングルかダブルかを選んでいる
  • 自分の顔や印象にあわせて襟の形を選んでいる
  • ウエストや腰まわりがスッキリしている
  • ハードかフェミニンか、どちらかを目指してコーディネイトしている
  • クールな着こなしにはスリムな女性が似合う
  • 甘辛ミックスな着こなしは万人向き
  • ライダースジャケットにあわせて表情もクールに
  • 女の子なら黒以外の着こなしも楽しめる
  • まとめ

1. 体型にあわせてサイズを選んでいる

体型にあわせてサイズを選んでいる

ライダースジャネットが似合う女性は、その体型にあったジャケットをチョイスしています。

これは当たり前のように感じられるかもしれませんが、サイズが合っていないと似合っている印象にはならず、とても大事なポイントと言えます。

細身なモデル体型の女性なら、身体にあったジャケットが見つかりやすく、着こなしが上手に感じますが、一般的なプロポーションの方も、肩幅やバスト、ウエストのシルエットにあったサイズを選ぶ事で、より似合っているという印象に近づけていくことができます。

2. 体型にあわせてシングルかダブルかを選んでいる

体型にあわせてシングルかダブルかを選んでいる

ライダースジャケットは「前立て」部分が、ダブルのものとシングルのものと、大きく二種類に分けられます。

前立てというのは、右前身ごろと左前身ごろが両方合わさる部分で、前身ごろのデザインが左右対称の場合は、胸の中央辺りになります。

この前立て部分の左右の重なりが広いものを「ダブル」、重なりが浅いものを「シングル」といいます。

ダブルは上半身を大きく印象付けるデザインのため、上背のある、スリムな人の方が似合う傾向が強く、シングルは装飾やシルエットがスッキリしているため、体型を選びません。

3. 自分の顔や印象にあわせて襟の形を選んでいる

自分の顔や印象にあわせて襟の形を選んでいる

ライダースジャケットの似合う女性は、自分に似合う襟のデザインを知っていて、似合う襟を選んで着ています。

実は、ライダースジャケットには、襟の種類が複数あり、開襟、スタンドカラー、ステンカラー、ノーカラー、ボア襟などがあります。

背が高くて細いモデル体型の方はどの襟でもあいますが、小柄な方は襟が無いタイプや立ち襟等、襟の面積が小さい方が似合いやすいです。

4. ウエストや腰まわりがスッキリしている

ウエストや腰まわりがスッキリしている

ライダースジャケットは、ショート丈のジャケットであるため、腰まわりが隠れません。

ウエストからヒップラインまでが目立つので、ウエストや腰がスッキリと、無駄なぜい肉がないスタイルの女性の方が、より魅力的に見えるデザインです。

昨今のジャケットやコートは、腰回りまで隠れるデザインが主流ですので、この部分をシェイプアップしている方も、魅力を覆い隠している状態です。

その点ショート丈のライダースジャケットは、ウエストから腰にかけてのくびれが見えるので、チャームポイントが活かせるデザインといえます。

5. ハードかフェミニンか、どちらかを目指してコーディネイトしている

ハードかフェミニンか、どちらかを目指してコーディネイトしている

ライダースジャケットとはそもそも、バイクのライダーに向けて作られたショートジャケットを指します。

バイクに乗りやすいようなデザインになっているため、ウエストから腰あたりまでの丈の長さで、お尻が隠れません。

またバイクに乗った時の風圧や寒さに備えるため、素材に革が使われていることが多い点も特徴です。

これらの成り立ちから「ハード」な印象をもつため、女性が身につける際はハードさを活かしたバイクガール、または花柄ワンピ等と組み合わせて「甘辛ミックス」な女子のどちらかを目指すのが基本となります。

6. クールな着こなしにはスリムな女性が似合う

クールな着こなしにはスリムな女性が似合う

ライダースジャケットをクールに、ハードに着こなす場合は、バイクのライダーをイメージさせるアイテムを合わせます。

ボトムスはタイトなパンツやデニムが無難で、クールなコーディネイトのためポップな原色系は避け、黒やデニムのネイビーを選びます。

こうしたチョイスから、全体が黒っぽい地味な印象になりがちですが、ライダースジャケットに各所に取り付けられた、ジッパー、ベルト、ボタンといったメタリックなアイテムが、キラリと光ってオシャレさをプラスします。

男っぽいアイテムの組合せなので、スレンダーで背の高い女性の方が似合います。

7. 甘辛ミックスな着こなしは万人向き

甘辛ミックスな着こなしは万人向き

ライダースジャケットをフェミニンに着こなす女性もいます。

内側にとびきりフェミニンなアイテム(たっぷりフリルのスカート、透けるレース付きの花柄ワンピースなど)を着て、外側にハードな印象のライダースジャケットを羽織るのです。

内側の甘いアイテムに、クールなジャケットを外側にプラスすることで、女の子らしいコーディネイトが完成します。

その他、ヒールの高いパンプス、リボン、モヘア等、女の子ならではのアイテムとの相性も抜群。

メイクもアイシーなブルー等より、フェミニンなピンク、コーラル系で統一感を出します。

8. ライダースジャケットにあわせて表情もクールに

ライダースジャケットにあわせて表情もクールに

ライダースジャケットをクールに着こなす女性は、表情もクールにしていることが多いです。

カタログや雑誌でライダースジャケットを着ているモデルも、この時だけは笑顔を封印し、カメラ目線を避け、遠くを見つめたり、サングラスをかけたり、冷ややかな視線を送っているような冷たい女を演じています。

ライダースジャケットにはそんな孤高の女性の風情が良く似合います。

クールなバイクガール風女子を目指すなら、女の子特有の愛嬌の良さやニコニコ顔をあえて減らしてみることも大切です。

9. 女の子なら黒以外の着こなしも楽しめる

女の子なら黒以外の着こなしも楽しめる

自分に似合うライダースジャケットをお探しの女性は、ぜひ黒以外の色も試着してみることをお勧めします。

黒はどんな女性にもあう色とされていますが、顔うつりが少々悪く見える女性もいます。

もしライダースジャケット選びで悩んでいるなら、黒以外のブラウンやキャメル、オフホワイトやワインカラー、モスグリーンなどを試してみてはいかがでしょうか。

またご自身のよく使うバッグやブーツ、靴等とのコーディネイトも考えてジャケット選ぶのもお勧めです。

全体に統一感が出て、よりすっきりした印象に着こなせるようになります。

まとめ

ライダースジャケットは革などのハードな素材で作られたショート丈のジャケットです。

元々男っぽいアイテムなので、メンズ的な着こなしか、女性寄りのコーディネイトか、二つから選択することができます。

ライダースジャネットが似合う女性は、それらの着こなしのバリエーションが頭の中に入っていて、それに合うコーディネイトや表情が自然にできる女性といえます。

ぜひこれらを参考にして、自分らしいライダースジャケットの着こなしに挑戦してみてください。

男っぽいカッコよさと女らしさの両方が感じられる、ライダースジャケットが似合う女性の特徴をご紹介します。


体型にあわせてサイズを選んでいる

ライダースジャネットが似合う女性は、その体型にあったジャケットをチョイスしています。

これは当たり前のように感じられるかもしれませんが、サイズが合っていないと似合っている印象にはならず、とても大事なポイントと言えます。

細身なモデル体型の女性なら、身体にあったジャケットが見つかりやすく、着こなしが上手に感じますが、一般的なプロポーションの方も、肩幅やバスト、ウエストのシルエットにあったサイズを選ぶ事で、より似合っているという印象に近づけていくことができます。

体型にあわせてシングルかダブルかを選んでいる

ライダースジャケットは「前立て」部分が、ダブルのものとシングルのものと、大きく二種類に分けられます。

前立てというのは、右前身ごろと左前身ごろが両方合わさる部分で、前身ごろのデザインが左右対称の場合は、胸の中央辺りになります。

この前立て部分の左右の重なりが広いものを「ダブル」、重なりが浅いものを「シングル」といいます。

ダブルは上半身を大きく印象付けるデザインのため、上背のある、スリムな人の方が似合う傾向が強く、シングルは装飾やシルエットがスッキリしているため、体型を選びません。

自分の顔や印象にあわせて襟の形を選んでいる

ライダースジャケットの似合う女性は、自分に似合う襟のデザインを知っていて、似合う襟を選んで着ています。

実は、ライダースジャケットには、襟の種類が複数あり、開襟、スタンドカラー、ステンカラー、ノーカラー、ボア襟などがあります。

背が高くて細いモデル体型の方はどの襟でもあいますが、小柄な方は襟が無いタイプや立ち襟等、襟の面積が小さい方が似合いやすいです。

ウエストや腰まわりがスッキリしている

ライダースジャケットは、ショート丈のジャケットであるため、腰まわりが隠れません。

ウエストからヒップラインまでが目立つので、ウエストや腰がスッキリと、無駄なぜい肉がないスタイルの女性の方が、より魅力的に見えるデザインです。

昨今のジャケットやコートは、腰回りまで隠れるデザインが主流ですので、この部分をシェイプアップしている方も、魅力を覆い隠している状態です。

その点ショート丈のライダースジャケットは、ウエストから腰にかけてのくびれが見えるので、チャームポイントが活かせるデザインといえます。

ハードかフェミニンか、どちらかを目指してコーディネイトしている

ライダースジャケットとはそもそも、バイクのライダーに向けて作られたショートジャケットを指します。

バイクに乗りやすいようなデザインになっているため、ウエストから腰あたりまでの丈の長さで、お尻が隠れません。

またバイクに乗った時の風圧や寒さに備えるため、素材に革が使われていることが多い点も特徴です。

これらの成り立ちから「ハード」な印象をもつため、女性が身につける際はハードさを活かしたバイクガール、または花柄ワンピ等と組み合わせて「甘辛ミックス」な女子のどちらかを目指すのが基本となります。

クールな着こなしにはスリムな女性が似合う

ライダースジャケットをクールに、ハードに着こなす場合は、バイクのライダーをイメージさせるアイテムを合わせます。

ボトムスはタイトなパンツやデニムが無難で、クールなコーディネイトのためポップな原色系は避け、黒やデニムのネイビーを選びます。

こうしたチョイスから、全体が黒っぽい地味な印象になりがちですが、ライダースジャケットに各所に取り付けられた、ジッパー、ベルト、ボタンといったメタリックなアイテムが、キラリと光ってオシャレさをプラスします。

男っぽいアイテムの組合せなので、スレンダーで背の高い女性の方が似合います。

甘辛ミックスな着こなしは万人向き

ライダースジャケットをフェミニンに着こなす女性もいます。

内側にとびきりフェミニンなアイテム(たっぷりフリルのスカート、透けるレース付きの花柄ワンピースなど)を着て、外側にハードな印象のライダースジャケットを羽織るのです。

内側の甘いアイテムに、クールなジャケットを外側にプラスすることで、女の子らしいコーディネイトが完成します。

その他、ヒールの高いパンプス、リボン、モヘア等、女の子ならではのアイテムとの相性も抜群。

メイクもアイシーなブルー等より、フェミニンなピンク、コーラル系で統一感を出します。

ライダースジャケットにあわせて表情もクールに

ライダースジャケットをクールに着こなす女性は、表情もクールにしていることが多いです。

カタログや雑誌でライダースジャケットを着ているモデルも、この時だけは笑顔を封印し、カメラ目線を避け、遠くを見つめたり、サングラスをかけたり、冷ややかな視線を送っているような冷たい女を演じています。

ライダースジャケットにはそんな孤高の女性の風情が良く似合います。

クールなバイクガール風女子を目指すなら、女の子特有の愛嬌の良さやニコニコ顔をあえて減らしてみることも大切です。

女の子なら黒以外の着こなしも楽しめる

自分に似合うライダースジャケットをお探しの女性は、ぜひ黒以外の色も試着してみることをお勧めします。

黒はどんな女性にもあう色とされていますが、顔うつりが少々悪く見える女性もいます。

もしライダースジャケット選びで悩んでいるなら、黒以外のブラウンやキャメル、オフホワイトやワインカラー、モスグリーンなどを試してみてはいかがでしょうか。

またご自身のよく使うバッグやブーツ、靴等とのコーディネイトも考えてジャケット選ぶのもお勧めです。

全体に統一感が出て、よりすっきりした印象に着こなせるようになります。

ライダースジャケットは革などのハードな素材で作られたショート丈のジャケットです。

元々男っぽいアイテムなので、メンズ的な着こなしか、女性寄りのコーディネイトか、二つから選択することができます。

ライダースジャネットが似合う女性は、それらの着こなしのバリエーションが頭の中に入っていて、それに合うコーディネイトや表情が自然にできる女性といえます。

ぜひこれらを参考にして、自分らしいライダースジャケットの着こなしに挑戦してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-