【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171223150408.html
ワーカーホリックな人の特徴

ワーカーホリックな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ワーカーホリックな人の特徴

日本では昔から自分を犠牲にしてまで働くことを美徳とする文化あります。

私生活よりも仕事を優先してしまう人、ワーカーホリックになってしまう人がいます。

そういった人の特徴について項目ごとに見てみていきましょう。

  • いつも仕事のことを考えている
  • いつも一番に職場に来ている
  • 休みの日にも拘らず仕事場に来ている
  • 仕事をしている時が一番充実している
  • 家族行事に参加することをしない
  • 取引先や仕事仲間からの評判は良い
  • 仕事仲間以外の付き合いをしない
  • 病気になっても仕事をする
  • 会社の利益などに対する意識が強すぎる
  • 常にケータイを離さない
  • まとめ

1. いつも仕事のことを考えている

いつも仕事のことを考えている

ワーカーホリックの人は常に仕事に関する事に囚われています。

食事中やお風呂といった私生活の時間も常に仕事のことに頭が支配されています。

食事も仕事をしながら片手間に摂ったり、移動中に摂るという方も多いです。

お風呂などの時間も短時間で済ませ、仕事に多くの時間を費やし、他のことには時間をかけない習慣ができてしまっています。

2. いつも一番に職場に来ている

いつも一番に職場に来ている

ワーカーホリックの人は他の人より早い電車やバスに乗り、他の人が来る前には必ず職場に到着しています。

そして退社するのはいちばん最後です。

何よりも仕事が大事で熱心になり過ぎるあまり、仕事が完全に終わるまでは職場に残って仕事をしてしまいます。

仕事量も他の人より沢山こなし、会社の利益に貢献することに強い意欲と熱心な思いを抱いています

3. 休みの日にも拘らず仕事場に来ている

休みの日にも拘らず仕事場に来ている

ワーカーホリックの人は基本的に休みよりも仕事を優先します。

休みの日も何かしらやることを見つけては仕事場に足を運びます。

自宅にいるより仕事場に居る方が落ち着くという理由もあります。

シフト制で休みがある仕事の場合でも、その日のシフトを把握し、その日の人間だけではできない所をみつけて自分がその任に就き仕事をします。

4. 仕事をしている時が一番充実している

仕事をしている時が一番充実している

ワーカーホリックの人は基本的に趣味というものを持っていません。

強いて言えば仕事が趣味なのです。

だから仕事が好きだし、仕事を私生活よりも優先してしまうのです。

仕事をしている時が一番充実していると感じ仕事が生きがいになっています。

自宅に戻るのは風呂に入ったり、寝る為だけという人も多いです。

職場で仮眠が取れる場所があれば、職場で夜を明かす事もあります。

5. 家族行事に参加することをしない

家族行事に参加することをしない

子どもがいる人の場合でも、子どもの運動会や、授業参観、三者面談など、親が出席しなければならないものも基本的にはパートナーや両親に任せて自分が参加する事はしません。

それ以外の自宅での祝い事などにも基本的に参加しません。

そのことを両親などからとがめられても「仕事だから仕方がない」を口癖にして参加を拒んでしまいます。

6. 取引先や仕事仲間からの評判は良い

取引先や仕事仲間からの評判は良い

常に仕事に真面目に一生懸命に取り組むので、取引先やお客からの評判は社内でもトップクラスに良いです。

また、仕事仲間からもその熱心な仕事ぶりや、経験も豊富な事から仕事に困った時の一番の相談相手として重宝される存在となっています。

困った時に頼れる存在としてのゆるぎない地位をキープしています。

そう言った意味では上司からも一目置かれる存在であり、ある種の信頼関係ができています。

7. 仕事仲間以外の付き合いをしない

仕事仲間以外の付き合いをしない

仕事仲間とは仕事上の関係で、協力する関係上、良い関係を保つように心がけています。

飲み会などの交流会も仕事に支障の出ない範囲であれば参加しますが、連日のように同僚と酒を飲むことに付き合う様な事はしません。

上司や取引先の関係での接待であれば、それは仕事に含まれますから、そう言った時は進んで参加します。

逆にそれ以外の人間関係は基本的に持たない様にしていて、学生時の友達などから誘われても「仕事だから」を理由に断ります。

8. 病気になっても仕事をする

病気になっても仕事をする

ワーカーホリックの人は、風邪をひいたり、熱が出ても市販の風邪薬や滋養強壮剤などを飲み、可能な限り、仕事をしようとします。

自分の穴を他の人が埋めるようになる事態を嫌う為です。

その為、自分から病院に行くような事はしません。

毎年行われる健康診断で数値の異常などが見つかっても、それほど重要視せず、会社から再検査を受けるように言われても、それを煩わしく思ってしまいます。

9. 会社の利益などに対する意識が強すぎる

会社の利益などに対する意識が強すぎる

ワーカーホリックの人は常に缶コーヒーや滋養強壮剤、ビタミン剤を飲み、休むことをしません。

常に動いてないと落ち着かず、何かしら仕事を見つけてはそれをやります。

仕事による達成感はあるものの、満足感は直ぐに失せ、直ぐに次の仕事に取り掛かりたくなります。

また自分の仕事だけでなく、会社全体の売り上げや利益に対する意識が高く、そのことで積極的に上司などに意見をします。

そのことで疎ましく思われる事もあります。

10. 常にケータイを離さない

常にケータイを離さない

移動中など、暇ができるとケータイでメールなどの確認を怠りません。

常にケータイのスケジュール・アプリを確認して進捗状況を把握したい欲求が強くあります。

ケータイの仕様も仕事向けにカスタマイズされ、仕事に有効に役立てる為のアプリで埋め尽くされています。

また、仕事上の資料やデータをUSBメモリなどにコピーして持ち歩き、何時でもその情報と接する事に心地よさを覚えています。

そのため、仕事と私生活の境目が曖昧になってしまっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ワーカーホリックというのは仕事に熱心過ぎるあまりに、私生活をないがしろにしてまで仕事に打ち込んでしまう「仕事依存症」であり、ある種の病だと捉えることもできます。

上記に挙げた項目に当てはまる人はワ—カーホリックの可能性があります。

仕事は程々にしておかないと身体や精神を壊してしまう可能性があります。

日本では昔から自分を犠牲にしてまで働くことを美徳とする文化あります。

私生活よりも仕事を優先してしまう人、ワーカーホリックになってしまう人がいます。

そういった人の特徴について項目ごとに見てみていきましょう。


いつも仕事のことを考えている

ワーカーホリックの人は常に仕事に関する事に囚われています。

食事中やお風呂といった私生活の時間も常に仕事のことに頭が支配されています。

食事も仕事をしながら片手間に摂ったり、移動中に摂るという方も多いです。

お風呂などの時間も短時間で済ませ、仕事に多くの時間を費やし、他のことには時間をかけない習慣ができてしまっています。

いつも一番に職場に来ている

ワーカーホリックの人は他の人より早い電車やバスに乗り、他の人が来る前には必ず職場に到着しています。

そして退社するのはいちばん最後です。

何よりも仕事が大事で熱心になり過ぎるあまり、仕事が完全に終わるまでは職場に残って仕事をしてしまいます。

仕事量も他の人より沢山こなし、会社の利益に貢献することに強い意欲と熱心な思いを抱いています

休みの日にも拘らず仕事場に来ている

ワーカーホリックの人は基本的に休みよりも仕事を優先します。

休みの日も何かしらやることを見つけては仕事場に足を運びます。

自宅にいるより仕事場に居る方が落ち着くという理由もあります。

シフト制で休みがある仕事の場合でも、その日のシフトを把握し、その日の人間だけではできない所をみつけて自分がその任に就き仕事をします。

仕事をしている時が一番充実している

ワーカーホリックの人は基本的に趣味というものを持っていません。

強いて言えば仕事が趣味なのです。

だから仕事が好きだし、仕事を私生活よりも優先してしまうのです。

仕事をしている時が一番充実していると感じ仕事が生きがいになっています。

自宅に戻るのは風呂に入ったり、寝る為だけという人も多いです。

職場で仮眠が取れる場所があれば、職場で夜を明かす事もあります。

家族行事に参加することをしない

子どもがいる人の場合でも、子どもの運動会や、授業参観、三者面談など、親が出席しなければならないものも基本的にはパートナーや両親に任せて自分が参加する事はしません。

それ以外の自宅での祝い事などにも基本的に参加しません。

そのことを両親などからとがめられても「仕事だから仕方がない」を口癖にして参加を拒んでしまいます。

取引先や仕事仲間からの評判は良い

常に仕事に真面目に一生懸命に取り組むので、取引先やお客からの評判は社内でもトップクラスに良いです。

また、仕事仲間からもその熱心な仕事ぶりや、経験も豊富な事から仕事に困った時の一番の相談相手として重宝される存在となっています。

困った時に頼れる存在としてのゆるぎない地位をキープしています。

そう言った意味では上司からも一目置かれる存在であり、ある種の信頼関係ができています。

仕事仲間以外の付き合いをしない

仕事仲間とは仕事上の関係で、協力する関係上、良い関係を保つように心がけています。

飲み会などの交流会も仕事に支障の出ない範囲であれば参加しますが、連日のように同僚と酒を飲むことに付き合う様な事はしません。

上司や取引先の関係での接待であれば、それは仕事に含まれますから、そう言った時は進んで参加します。

逆にそれ以外の人間関係は基本的に持たない様にしていて、学生時の友達などから誘われても「仕事だから」を理由に断ります。

病気になっても仕事をする

ワーカーホリックの人は、風邪をひいたり、熱が出ても市販の風邪薬や滋養強壮剤などを飲み、可能な限り、仕事をしようとします。

自分の穴を他の人が埋めるようになる事態を嫌う為です。

その為、自分から病院に行くような事はしません。

毎年行われる健康診断で数値の異常などが見つかっても、それほど重要視せず、会社から再検査を受けるように言われても、それを煩わしく思ってしまいます。

会社の利益などに対する意識が強すぎる

ワーカーホリックの人は常に缶コーヒーや滋養強壮剤、ビタミン剤を飲み、休むことをしません。

常に動いてないと落ち着かず、何かしら仕事を見つけてはそれをやります。

仕事による達成感はあるものの、満足感は直ぐに失せ、直ぐに次の仕事に取り掛かりたくなります。

また自分の仕事だけでなく、会社全体の売り上げや利益に対する意識が高く、そのことで積極的に上司などに意見をします。

そのことで疎ましく思われる事もあります。

常にケータイを離さない

移動中など、暇ができるとケータイでメールなどの確認を怠りません。

常にケータイのスケジュール・アプリを確認して進捗状況を把握したい欲求が強くあります。

ケータイの仕様も仕事向けにカスタマイズされ、仕事に有効に役立てる為のアプリで埋め尽くされています。

また、仕事上の資料やデータをUSBメモリなどにコピーして持ち歩き、何時でもその情報と接する事に心地よさを覚えています。

そのため、仕事と私生活の境目が曖昧になってしまっています。

いかがでしたでしょうか?

ワーカーホリックというのは仕事に熱心過ぎるあまりに、私生活をないがしろにしてまで仕事に打ち込んでしまう「仕事依存症」であり、ある種の病だと捉えることもできます。

上記に挙げた項目に当てはまる人はワ—カーホリックの可能性があります。

仕事は程々にしておかないと身体や精神を壊してしまう可能性があります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-