【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171223150300.html
弱音を吐く女性の特徴

弱音を吐く女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
弱音を吐く女性の特徴

弱音を吐きたくなる状況は男性でも女性でもありますが、とりわけ女性がそれをするときにはいろいろな感情や狙いがあってあえてそうすることがあります。

そんな弱音を吐く女性の6つの特徴や心理を考察してみましょう。

  • 話を聞いてもらいたい
  • 相手と仲良くなりたい
  • 弱音を吐かずにいられない
  • どうしたらいいのかわからない
  • 気持ちで甘えたい
  • 恋人候補と思っている
  • まとめ

1. 話を聞いてもらいたい

話を聞いてもらいたい

弱音を吐く女性というのは、それをすることで相手に話を聞いてもらいたい、同情して欲しい、そんな気持ちがあります。

つらいということをわかって欲しいのであり、頷いて欲しいのです。

もちろん弱音を吐くときというのは、それを理解してくれる相手が必要であり、誰でもよいというわけではありませんので、その人の中では限定している特定の親しい友人にのみそうした弱音を吐き同情を誘うのです。

そしてこのような場合単に同情して欲しい話を聞いて欲しいだけですので、こうした方がいいというアドバイス的なものを必要としているわけではないことがほとんどです。

相手にすべてを吐露してしまえばすっきりして元気になるのです。

2. 相手と仲良くなりたい

相手と仲良くなりたい

弱音を吐くのはそれをすることで相手と仲良くなりたいという気持ちがあるからかもしれません。

プライベートなことを打ち明けられると相手は自分に特別な気持ちを持っているという思いになり、その相手のことに親近感を抱くようになるものです。

それをわかっていますので、弱音を吐いて弱さを見せることでその人と仲良くなりたいし、その人がどんな反応をしてくれるのかを見たいという気持ちです。

弱音を吐くと、相手も自分のことを話してくれることも少なくなく、一気に親しい仲間になったりしますので、そうしたことを狙っているのです。

3. 弱音を吐かずにいられない

弱音を吐かずにいられない

普段はプライベートなこと、自分の意見や考えなどをほとんど言わない人でも弱音を吐かずにはいられないほどにつらい経験をしているときです。

それは仕事上での大きな失敗かもしれませんし、失恋の痛手、あるいは親や夫婦のことなど家庭に関するものかもしれません。

あまりに信じられない経験をしたことで、とにかく喋らないとじっとしていられないほど感情的に不安定になって、精神的に参ってしまっています。

ここまで追いつめられると、普段とは明らかに違っていて、周囲の人たちも意外と感じるほどに寡黙な女性が自分のことをたくさん喋るのです。

本当に誰かに言わずにはいられない状況です。

4. どうしたらいいのかわからない

どうしたらいいのかわからない

どうしたらよいのかわからないときに弱音を吐く女性がいます。

それはそれをすることで相手に助けてあげたいという気持ちを与える効果もあるのでそうするのです。

自分ではどうしたらいいのかわからないと弱音を吐くときに、相手が何かの提案をしてくれたり、その面での助けになってあげようかという気持ちになったりするものです。

そして弱音を吐いているときに、どうするのが最善なのかを頭の中で整理できたりして、解決策のヒントになったりもします。

とにかく喋ることでなにかの思考の変化を得たい、なにかを相手から引き出したい、そんな思いがあります。

5. 気持ちで甘えたい

気持ちで甘えたい

弱音を吐くのは単に甘えたいだけということもあります。

優しくされたい、温かい言葉をかけて欲しいのでそうするのであり、甘えの気持ちがかなり入っています。

相手からするとそのくらい大したことないのではないか、と思うこともあるかもしれませんが、人恋しいのか、誰かに守られたい、そんな気持ちは弱音を吐かせ、共感を得ようとその女性を動かすのです。

6. 恋人候補と思っている

恋人候補と思っている

弱音を異性に吐く女性の場合には、それをすることで相手の気を引く、できれば私に好意を持ってもらいたいという気持ちもあります。

男性はそんな女性の弱い部分を打ち明けられたら助けてあげたいとか守ってあげたいという気持ちになったり、同情の気持ちからその女性になにかをしてあげたくなります。

普段見せない顔を自分に見せてくれたことで、その女性がかわいく見えたり特別な女性のように思えることがあるものです。

女性はさりげなくそれをすることで、自分をアピールし男性に甘えるような素振りをしているのであり、願わくはその男性が自分を好きになって欲しい、そんなことを企んでいるかもしれません。

これをすることで彼が恋人候補になり、急接近ということになる可能性があります。

まとめ

女性が弱音を吐くというのはよくあることかもしれません。

感情的に不安定になったり不安な気持ちが強くなったりすると、それをすることで誰かに助けて欲しいとか甘えたい、同情して欲しい、共感を得たい、そんな気持ちになるのは自然なことです。

異性にそれをするときには、それは相手の気持ちを自分に向かせたいとか、彼氏にする場合には彼の気持ちを確かめたい、そんな動機があったりすることもあります。

そのような女性にはよく話を聞いてあげるだけで十分なことが多いので、理解してあげると驚くほどに、さっきまでの落ち込みようが嘘のように元気になることがあります。

弱音を吐きたくなる状況は男性でも女性でもありますが、とりわけ女性がそれをするときにはいろいろな感情や狙いがあってあえてそうすることがあります。

そんな弱音を吐く女性の6つの特徴や心理を考察してみましょう。


話を聞いてもらいたい

弱音を吐く女性というのは、それをすることで相手に話を聞いてもらいたい、同情して欲しい、そんな気持ちがあります。

つらいということをわかって欲しいのであり、頷いて欲しいのです。

もちろん弱音を吐くときというのは、それを理解してくれる相手が必要であり、誰でもよいというわけではありませんので、その人の中では限定している特定の親しい友人にのみそうした弱音を吐き同情を誘うのです。

そしてこのような場合単に同情して欲しい話を聞いて欲しいだけですので、こうした方がいいというアドバイス的なものを必要としているわけではないことがほとんどです。

相手にすべてを吐露してしまえばすっきりして元気になるのです。

相手と仲良くなりたい

弱音を吐くのはそれをすることで相手と仲良くなりたいという気持ちがあるからかもしれません。

プライベートなことを打ち明けられると相手は自分に特別な気持ちを持っているという思いになり、その相手のことに親近感を抱くようになるものです。

それをわかっていますので、弱音を吐いて弱さを見せることでその人と仲良くなりたいし、その人がどんな反応をしてくれるのかを見たいという気持ちです。

弱音を吐くと、相手も自分のことを話してくれることも少なくなく、一気に親しい仲間になったりしますので、そうしたことを狙っているのです。

弱音を吐かずにいられない

普段はプライベートなこと、自分の意見や考えなどをほとんど言わない人でも弱音を吐かずにはいられないほどにつらい経験をしているときです。

それは仕事上での大きな失敗かもしれませんし、失恋の痛手、あるいは親や夫婦のことなど家庭に関するものかもしれません。

あまりに信じられない経験をしたことで、とにかく喋らないとじっとしていられないほど感情的に不安定になって、精神的に参ってしまっています。

ここまで追いつめられると、普段とは明らかに違っていて、周囲の人たちも意外と感じるほどに寡黙な女性が自分のことをたくさん喋るのです。

本当に誰かに言わずにはいられない状況です。

どうしたらいいのかわからない

どうしたらよいのかわからないときに弱音を吐く女性がいます。

それはそれをすることで相手に助けてあげたいという気持ちを与える効果もあるのでそうするのです。

自分ではどうしたらいいのかわからないと弱音を吐くときに、相手が何かの提案をしてくれたり、その面での助けになってあげようかという気持ちになったりするものです。

そして弱音を吐いているときに、どうするのが最善なのかを頭の中で整理できたりして、解決策のヒントになったりもします。

とにかく喋ることでなにかの思考の変化を得たい、なにかを相手から引き出したい、そんな思いがあります。

気持ちで甘えたい

弱音を吐くのは単に甘えたいだけということもあります。

優しくされたい、温かい言葉をかけて欲しいのでそうするのであり、甘えの気持ちがかなり入っています。

相手からするとそのくらい大したことないのではないか、と思うこともあるかもしれませんが、人恋しいのか、誰かに守られたい、そんな気持ちは弱音を吐かせ、共感を得ようとその女性を動かすのです。

恋人候補と思っている

弱音を異性に吐く女性の場合には、それをすることで相手の気を引く、できれば私に好意を持ってもらいたいという気持ちもあります。

男性はそんな女性の弱い部分を打ち明けられたら助けてあげたいとか守ってあげたいという気持ちになったり、同情の気持ちからその女性になにかをしてあげたくなります。

普段見せない顔を自分に見せてくれたことで、その女性がかわいく見えたり特別な女性のように思えることがあるものです。

女性はさりげなくそれをすることで、自分をアピールし男性に甘えるような素振りをしているのであり、願わくはその男性が自分を好きになって欲しい、そんなことを企んでいるかもしれません。

これをすることで彼が恋人候補になり、急接近ということになる可能性があります。

女性が弱音を吐くというのはよくあることかもしれません。

感情的に不安定になったり不安な気持ちが強くなったりすると、それをすることで誰かに助けて欲しいとか甘えたい、同情して欲しい、共感を得たい、そんな気持ちになるのは自然なことです。

異性にそれをするときには、それは相手の気持ちを自分に向かせたいとか、彼氏にする場合には彼の気持ちを確かめたい、そんな動機があったりすることもあります。

そのような女性にはよく話を聞いてあげるだけで十分なことが多いので、理解してあげると驚くほどに、さっきまでの落ち込みようが嘘のように元気になることがあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-