【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171222142839.html
幽霊を信じない人達の特徴

幽霊を信じない人達の特徴 | LADYCO

LADYCO
幽霊を信じない人達の特徴

幽霊を信じない人というのは何が原因で信じないのでしょうか?

心理的な状況や幽霊を信じなくなった経緯について考えてみたいと思います。

  • 科学的な証拠が全て
  • 精神的におかしくなった人を見ている
  • 信じる人は情弱と思っている
  • マスコミを信じる
  • 信じてるけど口では言えない
  • 見たことがないのは信じない
  • 怖いから信じない
  • 先祖の幽霊でさえ信じない
  • 都市伝説として片付ける
  • テレビのやらせが原因で信じない
  • 幽霊を信じない仲間を作るのが楽しい
  • まとめ

1. 科学的な証拠が全て

科学的な証拠が全て

幽霊を信じない人は科学的に証拠を集めようとします。

科学で証明されない物は全てインチキと片付けてしまいます。

議論をしても全て科学で説明できると言って譲りません。

学校教育で教わったこと以外は信じない傾向が強く、あの世があるなど一ミリも思いません。

科学的に説明できないことがあってもいずれ誰かが解明すると思っているようです。

2. 精神的におかしくなった人を見ている

精神的におかしくなった人を見ている

幽霊を信じる人の中には虚言癖のある人や妄想で語る人などさまざまいます。

精神病棟で入院している人の大部分が幽霊を見たと言ってる人や、幽霊と話をしているかのように独り言をつぶやいていることがあります。

こうした光景をテレビやネットなどで見てきた人は、幽霊など実はいなくて全ては脳の中で起きている現象と思うようになっています。

3. 信じる人は情弱と思っている

信じる人は情弱と思っている

昔は情報が乏しかったので心霊写真を信じていてもおかしくはありませんでしたが、今の時代は情報が豊富にあり心霊写真も簡単に作れてしまいます。

幽霊を見たという動画でも実はフェイクだったりすることも珍しくありません。

動画の再生数を上げるためにわざと心霊動画を作る人もいます。

製作の裏側を知らないで見てしまった人は信じてしまうわけですが、フェイクであることを知らないので情弱だと決め付ける人もいます。

4. マスコミを信じる

マスコミを信じる

マスコミは幽霊を見たという人や心霊スポットを面白おかしく取り上げることがあります。

マスコミが幽霊などいないといえば、テレビや新聞を見ている人も大多数が信じなくなるので、マスコミの言うことは信じるようになります。

オカルト番組でもやらせと報じられれば、例え本物であっても見てる人はマスコミの事を信じてしまいます。

5. 信じてるけど口では言えない

信じてるけど口では言えない

友達や会社の人と話すときに幽霊の話題を出すとドン引きされてしまいます。

迷信の世界なので幽霊に触れることそのものがタブー視されています。

幽霊を見たり、幽霊に襲われたりした体験をしてきているのに、周りの人に話ができない人も中にはいます。

口では言えないこともたくさんあるわけですけど、表向きは幽霊などいないと周りに合わせてしまうこともあります。

6. 見たことがないのは信じない

見たことがないのは信じない

幽霊だけでなくUFOでも同じことがいえますが、見たことがない物は信じないというタイプです。

周りは見たと言っていても自分が見たことがなければ本当には信じられない。

何かの間違いではないかと思う人がいます。

この目でしっかり見るまでは信じないわけですから、相手の言う事に耳を傾けない頑固な性格の人が多い傾向にあります。

7. 怖いから信じない

怖いから信じない

心霊番組やホラー映画などを見ると夜中にトイレに行けなくなってしまう人は、臆病な性格なので信じようとしません。

本当はいるかもしれないのに、信じてしまうと一人でいるのが怖くなってしまいます。

幽霊を頑なに拒否し続けることで怖い物を遠ざけようとします。

幽霊の話をしている人が周りにいれば信じてしまうかもしれません。

8. 先祖の幽霊でさえ信じない

先祖の幽霊でさえ信じない

友達や親などが幽霊を見たことがなければ当然自分自身も信じなくなります。

今の時代は家族で話し合う機会も減ってきていますから、先祖代々伝わっている心霊現象などの話も聞くことがなくなってきました。

情報はすべてネットからになると幽霊のことなど全く信じなくなります。

墓参りをしても儀式的な物で本当に先祖が見守っていると思ってる人はだんだん減ってきています。

9. 都市伝説として片付ける

都市伝説として片付ける

都市開発が進んでいる地域だと自然が少ないので、幽霊が出やすそうなスポットは少なくなってきました。

夜中でも街は明るいですし、交通量も多くコンビニも24時間営業しているので、昔に比べると幽霊などいないと思う人が増えてきています。

話をしても本当に幽霊がいるとは信じてもらえなくなってきているので、自分で実際に経験したとしても都市伝説として片付けてしまいます。

10. テレビのやらせが原因で信じない

テレビのやらせが原因で信じない

一般人が投稿したツイッターの写真をテレビ局が無断で使用してしまったことがありました。

心霊研究家がこれは幽霊だと言ったものが、実はツイッターに投稿した人のイタズラだったことがあとで判明したことがあります。

こうしたやらせの多い番組を作ると視聴者は冷めてくるので、やらせが原因で幽霊を信じない人が増えています。

11. 幽霊を信じない仲間を作るのが楽しい

幽霊を信じない仲間を作るのが楽しい

趣味もなければ得意分野もない人は、何かにつけて批判を繰り返す人がいます。

人を叩くことが趣味になっているので、幽霊の話が出たときも当然のごとく叩き始めます。

幽霊などいないという証拠を集めてきて論破していき、自慢するかのように有頂天になっていきます。

幽霊批判をすることが何よりも楽しいので、信じない人を増やしていくことで人の上に立ったかのような錯覚を起こす人もいます。

まとめ

幽霊は本当にいるのかいないのかわかりませんが、科学的に証明できない出来事というのは世の中にたくさんあります。

夢のない時代なので幽霊がいないことを論破するよりも、都市伝説感覚で幽霊がいると信じた方が楽しめるのではないでしょうか。

幽霊を信じない人というのは何が原因で信じないのでしょうか?

心理的な状況や幽霊を信じなくなった経緯について考えてみたいと思います。


科学的な証拠が全て

幽霊を信じない人は科学的に証拠を集めようとします。

科学で証明されない物は全てインチキと片付けてしまいます。

議論をしても全て科学で説明できると言って譲りません。

学校教育で教わったこと以外は信じない傾向が強く、あの世があるなど一ミリも思いません。

科学的に説明できないことがあってもいずれ誰かが解明すると思っているようです。

精神的におかしくなった人を見ている

幽霊を信じる人の中には虚言癖のある人や妄想で語る人などさまざまいます。

精神病棟で入院している人の大部分が幽霊を見たと言ってる人や、幽霊と話をしているかのように独り言をつぶやいていることがあります。

こうした光景をテレビやネットなどで見てきた人は、幽霊など実はいなくて全ては脳の中で起きている現象と思うようになっています。

信じる人は情弱と思っている

昔は情報が乏しかったので心霊写真を信じていてもおかしくはありませんでしたが、今の時代は情報が豊富にあり心霊写真も簡単に作れてしまいます。

幽霊を見たという動画でも実はフェイクだったりすることも珍しくありません。

動画の再生数を上げるためにわざと心霊動画を作る人もいます。

製作の裏側を知らないで見てしまった人は信じてしまうわけですが、フェイクであることを知らないので情弱だと決め付ける人もいます。

マスコミを信じる

マスコミは幽霊を見たという人や心霊スポットを面白おかしく取り上げることがあります。

マスコミが幽霊などいないといえば、テレビや新聞を見ている人も大多数が信じなくなるので、マスコミの言うことは信じるようになります。

オカルト番組でもやらせと報じられれば、例え本物であっても見てる人はマスコミの事を信じてしまいます。

信じてるけど口では言えない

友達や会社の人と話すときに幽霊の話題を出すとドン引きされてしまいます。

迷信の世界なので幽霊に触れることそのものがタブー視されています。

幽霊を見たり、幽霊に襲われたりした体験をしてきているのに、周りの人に話ができない人も中にはいます。

口では言えないこともたくさんあるわけですけど、表向きは幽霊などいないと周りに合わせてしまうこともあります。

見たことがないのは信じない

幽霊だけでなくUFOでも同じことがいえますが、見たことがない物は信じないというタイプです。

周りは見たと言っていても自分が見たことがなければ本当には信じられない。

何かの間違いではないかと思う人がいます。

この目でしっかり見るまでは信じないわけですから、相手の言う事に耳を傾けない頑固な性格の人が多い傾向にあります。

怖いから信じない

心霊番組やホラー映画などを見ると夜中にトイレに行けなくなってしまう人は、臆病な性格なので信じようとしません。

本当はいるかもしれないのに、信じてしまうと一人でいるのが怖くなってしまいます。

幽霊を頑なに拒否し続けることで怖い物を遠ざけようとします。

幽霊の話をしている人が周りにいれば信じてしまうかもしれません。

先祖の幽霊でさえ信じない

友達や親などが幽霊を見たことがなければ当然自分自身も信じなくなります。

今の時代は家族で話し合う機会も減ってきていますから、先祖代々伝わっている心霊現象などの話も聞くことがなくなってきました。

情報はすべてネットからになると幽霊のことなど全く信じなくなります。

墓参りをしても儀式的な物で本当に先祖が見守っていると思ってる人はだんだん減ってきています。

都市伝説として片付ける

都市開発が進んでいる地域だと自然が少ないので、幽霊が出やすそうなスポットは少なくなってきました。

夜中でも街は明るいですし、交通量も多くコンビニも24時間営業しているので、昔に比べると幽霊などいないと思う人が増えてきています。

話をしても本当に幽霊がいるとは信じてもらえなくなってきているので、自分で実際に経験したとしても都市伝説として片付けてしまいます。

テレビのやらせが原因で信じない

一般人が投稿したツイッターの写真をテレビ局が無断で使用してしまったことがありました。

心霊研究家がこれは幽霊だと言ったものが、実はツイッターに投稿した人のイタズラだったことがあとで判明したことがあります。

こうしたやらせの多い番組を作ると視聴者は冷めてくるので、やらせが原因で幽霊を信じない人が増えています。

幽霊を信じない仲間を作るのが楽しい

趣味もなければ得意分野もない人は、何かにつけて批判を繰り返す人がいます。

人を叩くことが趣味になっているので、幽霊の話が出たときも当然のごとく叩き始めます。

幽霊などいないという証拠を集めてきて論破していき、自慢するかのように有頂天になっていきます。

幽霊批判をすることが何よりも楽しいので、信じない人を増やしていくことで人の上に立ったかのような錯覚を起こす人もいます。

幽霊は本当にいるのかいないのかわかりませんが、科学的に証明できない出来事というのは世の中にたくさんあります。

夢のない時代なので幽霊がいないことを論破するよりも、都市伝説感覚で幽霊がいると信じた方が楽しめるのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-