【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221175626.html
能動的な人の特徴

能動的な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
能動的な人の特徴

「能動的」というのは、自ら進んで物事を行ったり、積極的に人に働きかけたりすることを言います。

「受動的」と反対の意味を持っているわけですが、ここでは、能動的な人にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 成功体験が多く自信がある
  • 失敗を恐れず、失敗を生かすことができる
  • 行動を起こす前にあれこれ考えすぎない
  • 向上心がある
  • 自分にできることを常に考えている
  • 明るく前向きでリーダーシップがある
  • まとめ

1. 成功体験が多く自信がある

成功体験が多く自信がある

能動的に行動をすることができる人に共通しているのは、成功体験が多いということでしょう。

受動的な人が積極的な行動をすることができないのは、成功体験よりも失敗体験のほうが多く、自信が持てないからにほかなりません。

それと反対なのが、能動的な人なのです。

これまで何度も自分から積極的な行動を起こし、人に働きかけることに成功してきました。

その一つ一つの経験が自信につながり、「こんどもきっとうまくいく」と考えることができるようになっているわけです。

そのようなプラス思考でことに当たると、成功率は高くなるに違いありません。

その結果、さらに成功体験が増え、いっそう大きな自信につながっていくわけです。

つまり、成功体験と自信のプラスの連鎖によって、より能動的になっていくと考えることができるでしょう。

2. 失敗を恐れず、失敗を生かすことができる

失敗を恐れず、失敗を生かすことができる

いくら成功体験が多いとは言っても、人間ですから、時には失敗すること、うまくいかないこともあるに違いありません。

その失敗を恐れて、積極的になれないのが受動的な人ですが、能動的な人は違います。

失敗する可能性もあることを知っていながら、積極的に行動を開始することができるのですが、そこにあるのが「失敗を恐れない」という心理と考えていいでしょう。

「失敗するかもしれないが、失敗したとしても、次回にそれを生かせればいい」という考え方を、能動的な人はします。

そのため、自分から積極的な行動を起こし、人に働きかけることができるのです。

そして、実際に、失敗してもそれを次に生かし、成長していくことができるのが、能動的な人の特徴なのです。

3. 行動を起こす前にあれこれ考えすぎない

行動を起こす前にあれこれ考えすぎない

人間、あまりいろいろなことを考えすぎてしまうと、なかなか積極的な行動がとれません。

もちろん、何かを始めるにあたっては、それをすることによって生じるリスクなどを事前に考える必要はあるでしょう。

たとえば、仕事で、会議のやり方を変えようとしたとき、変えることによって何か不都合なことが生じるかもしれないと予見するのは必要なことです。

しかし、あまりに考えすぎえ好きてしまうと、「やり方を変えずに、今まで通りにしておいたほうが無難」という結論に落ち着いてしまうに違いありません。

能動的な人は、事前にそういうことを考えることはしても、考えすぎるということはないのです。

ある程度考えたら、その時点で、「とにかくやってみよう」と決断することができるのが、能動的な人の特徴ということになるでしょう。

4. 向上心がある

向上心がある

人一倍向上心が強いというのも、能動的な人の大きな特徴です。

現状維持で満足してしまう人は、自分から積極的な行動を起こす必要はありません。

今の状態で充足感を得ているのですから、特にちがうことをしなくてもいいわけです。

たとえば、仕事のやり方について、「今よりも、もっと良いやり方があるのではないか」とか、「もっと効率的なやり方はないか」「ちがうやり方をすれば、より高い成果が得られるのではないか」というように考えるからこそ、能動的に仕事に取り組むことができるわけです。

そういう向上心をもっているからこそ、常に自発的に行動し、積極的に人に働きかけることができると考えていいでしょう。

現状に満足せず、より上を目指そうという意識を強く持っていること、これが能動的な人の特徴なのです。

5. 自分にできることを常に考えている

自分にできることを常に考えている

能動的な人と受動的な人の違いを考えてみましょう。

たとえば、仕事において、上司から「これをやりなさい」と言われた仕事だけをやるのが、受動的な人です。

上司から指示されなくても、自発的に仕事を見つけ、さらには「この仕事はこうしたほうがいいのではないでしょうか」と上司に具申するのが、能動的な人です。

つまり、能動的な人は、「自分にできる仕事はなにか」を考えながら仕事をしているということができるでしょう。

仕事以外のことも同様です。

たとえば、何かのサークル活動をしている場合、そのサークルの中で自分がほかの人のためにできること、サークル活動をより円滑に進めるために自分ができることを、いつでも考えているのが、能動的な人なのです。

6. 明るく前向きでリーダーシップがある

明るく前向きでリーダーシップがある

自発的に行動するだけでなく、積極的に人に働きかける能動的な人には、「リーダーシップがある」という特徴もあります。

人に働きかけても、相手がそれに応じなければ意味がないでしょう。

相手がその働きかけに応じるだけの人間的な魅力や実力がなければ、能動的な人とは言えません。

明るく前向きで、人間的な魅力があり、人を引っ張って行ったりまとめたりするリーダーシップをもっているのが、能動的な人ということになるでしょう。

まとめ

能動的な人とはどういう人のことを言うのか、それを知るために、能動的な人の6つの特徴を紹介しました。

これらは「能動的になるための条件」でもあります。

参考になさってください。

「能動的」というのは、自ら進んで物事を行ったり、積極的に人に働きかけたりすることを言います。

「受動的」と反対の意味を持っているわけですが、ここでは、能動的な人にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


成功体験が多く自信がある

能動的に行動をすることができる人に共通しているのは、成功体験が多いということでしょう。

受動的な人が積極的な行動をすることができないのは、成功体験よりも失敗体験のほうが多く、自信が持てないからにほかなりません。

それと反対なのが、能動的な人なのです。

これまで何度も自分から積極的な行動を起こし、人に働きかけることに成功してきました。

その一つ一つの経験が自信につながり、「こんどもきっとうまくいく」と考えることができるようになっているわけです。

そのようなプラス思考でことに当たると、成功率は高くなるに違いありません。

その結果、さらに成功体験が増え、いっそう大きな自信につながっていくわけです。

つまり、成功体験と自信のプラスの連鎖によって、より能動的になっていくと考えることができるでしょう。

失敗を恐れず、失敗を生かすことができる

いくら成功体験が多いとは言っても、人間ですから、時には失敗すること、うまくいかないこともあるに違いありません。

その失敗を恐れて、積極的になれないのが受動的な人ですが、能動的な人は違います。

失敗する可能性もあることを知っていながら、積極的に行動を開始することができるのですが、そこにあるのが「失敗を恐れない」という心理と考えていいでしょう。

「失敗するかもしれないが、失敗したとしても、次回にそれを生かせればいい」という考え方を、能動的な人はします。

そのため、自分から積極的な行動を起こし、人に働きかけることができるのです。

そして、実際に、失敗してもそれを次に生かし、成長していくことができるのが、能動的な人の特徴なのです。

行動を起こす前にあれこれ考えすぎない

人間、あまりいろいろなことを考えすぎてしまうと、なかなか積極的な行動がとれません。

もちろん、何かを始めるにあたっては、それをすることによって生じるリスクなどを事前に考える必要はあるでしょう。

たとえば、仕事で、会議のやり方を変えようとしたとき、変えることによって何か不都合なことが生じるかもしれないと予見するのは必要なことです。

しかし、あまりに考えすぎえ好きてしまうと、「やり方を変えずに、今まで通りにしておいたほうが無難」という結論に落ち着いてしまうに違いありません。

能動的な人は、事前にそういうことを考えることはしても、考えすぎるということはないのです。

ある程度考えたら、その時点で、「とにかくやってみよう」と決断することができるのが、能動的な人の特徴ということになるでしょう。

向上心がある

人一倍向上心が強いというのも、能動的な人の大きな特徴です。

現状維持で満足してしまう人は、自分から積極的な行動を起こす必要はありません。

今の状態で充足感を得ているのですから、特にちがうことをしなくてもいいわけです。

たとえば、仕事のやり方について、「今よりも、もっと良いやり方があるのではないか」とか、「もっと効率的なやり方はないか」「ちがうやり方をすれば、より高い成果が得られるのではないか」というように考えるからこそ、能動的に仕事に取り組むことができるわけです。

そういう向上心をもっているからこそ、常に自発的に行動し、積極的に人に働きかけることができると考えていいでしょう。

現状に満足せず、より上を目指そうという意識を強く持っていること、これが能動的な人の特徴なのです。

自分にできることを常に考えている

能動的な人と受動的な人の違いを考えてみましょう。

たとえば、仕事において、上司から「これをやりなさい」と言われた仕事だけをやるのが、受動的な人です。

上司から指示されなくても、自発的に仕事を見つけ、さらには「この仕事はこうしたほうがいいのではないでしょうか」と上司に具申するのが、能動的な人です。

つまり、能動的な人は、「自分にできる仕事はなにか」を考えながら仕事をしているということができるでしょう。

仕事以外のことも同様です。

たとえば、何かのサークル活動をしている場合、そのサークルの中で自分がほかの人のためにできること、サークル活動をより円滑に進めるために自分ができることを、いつでも考えているのが、能動的な人なのです。

明るく前向きでリーダーシップがある

自発的に行動するだけでなく、積極的に人に働きかける能動的な人には、「リーダーシップがある」という特徴もあります。

人に働きかけても、相手がそれに応じなければ意味がないでしょう。

相手がその働きかけに応じるだけの人間的な魅力や実力がなければ、能動的な人とは言えません。

明るく前向きで、人間的な魅力があり、人を引っ張って行ったりまとめたりするリーダーシップをもっているのが、能動的な人ということになるでしょう。

能動的な人とはどういう人のことを言うのか、それを知るために、能動的な人の6つの特徴を紹介しました。

これらは「能動的になるための条件」でもあります。

参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-