【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221162205.html
思いやりのある人の特徴

思いやりのある人の特徴 | LADYCO

LADYCO
思いやりのある人の特徴

純粋な親切心から、人のためになることをしてあげる人のことを、思いやりのある人と言います。

ここでは、思いやりのある人はどんな性格や特徴を持っているのか見ていくことにしましょう。

  • 想像力があり、人の身になって考えることができる
  • 人の性格を把握して考えることができる
  • 見返りを求めない
  • やりすぎておせっかいになるようなことはしない
  • 親身になって人の話を聞くことができる
  • 人にやさしく、人を許すことができる
  • まとめ

1. 想像力があり、人の身になって考えることができる

想像力があり、人の身になって考えることができる

想像力があるというのが、思いやりのある人の大きな特徴といっていいでしょう。

たとえば、会社の同僚が何か大きな荷物を運んでいるとしましょう。

それを見た時、思いやりのある人は「さぞ、思いだろうな」と考え、自ら進んでその荷物を運ぶことを手伝います。

この「さぞ、思いだろうな」と想像することが、思いやりのある人の特徴なのです。

同じように荷物を運んでいる同僚を見ても、そういう想像ができなければ、荷物を手伝うという行為はしないに違いありません。

人が行っている行為や、人が置かれている状況を自分のことに置き換え、「自分だったら、こう感じるだろう」とか、「自分だったら、人からどんなことをしてもらいたいと思うだろうか」というような想像をめぐらすのです。

そうした想像力があるため、人の喜ぶことをできるというのが、思いやりのある人の特徴なのです。

2. 人の性格を把握して考えることができる

人の性格を把握して考えることができる

同じことを人からされても、人によって受け止め方は違ってくるでしょう。

たとえば、会社の同僚が多くの仕事を抱えて忙しくしているとしましょう。

それを見て、「手伝いましょうか」と声をかけても、同僚の性格や特徴によって、返ってくる返事は違うはずです。

サポートの申し出に喜び、素直にそれに応じる人もいるでしょう。

しかし、プライドが高く、人の世話になることを嫌う性格の人であれば、サポートの申し出は迷惑にしか感じられません。

また、同情をしたばかりに、相手の自尊心を傷つけてしまうということもあるでしょう。

この場合は、親切心があだになって、人に対してマイナスの行為をしてしまったことになります。

それではとても、思いやりのある人とは言えません。

つまり、思いやりのある人は、人の性格を把握した上で、相手にとってプラスになる言動をすることができるのです。

3. 見返りを求めない

見返りを求めない

思いやりのある人は、人に対してその人のためになる言動をしますが、けっしてその見返りを求めることはありません。

「前に仕事のことで助けてあげたことがあるのだから、今度はそのお返しに、助けてもらいたい」というような考え方をすることはないのです。

真の意味で思いやりのある人は、そもそも「自分は人に親切なことをしている」という意識を持たないものです。

もともと、親切な性格なために、そうした意識をまったくもつことなく、自然に人のためのなることをしているのが思いやりのある人と言っていいでしょう。

その意識をもっていないのですから、見返りを求めることはありえません。

4. やりすぎておせっかいになるようなことはしない

やりすぎておせっかいになるようなことはしない

思いやりというのは、あくまでの相手にとってプラスになり、相手が喜ぶことをする行為です。

ありがちなのが、親切心から、ついやりすぎて、相手をかえって不快にさせてしまうケース。

最初は人助けのために始めたつもりでも、それをやりすぎてしまうと、「思いやり」ではなく「おせっかい」になってしまいます。

相手が「うっとうしい」と感じているにもかかわらず、その人のためを思って無理に親切心を押し付けるのは、単なるおせっかいであって、思いやりではありません。

思いやりのある人は、けっしてそのように相手を不快にさせるようなことはしません。

ほどのよい親切心をもって、相手に利する言動ができるというのが、思いやりのある人の特徴ということになるでしょう。

5. 親身になって人の話を聞くことができる

親身になって人の話を聞くことができる

何か特別なことをすることだけが、思いやりではありません。

人と話をしているとき、相手が自分の話をしていたら、それを親身になって聞くことができるというのも、思いやりのある人です。

たとえば、人が「この間、こんな悲しいことがあった」という話をしたとしましょう。

その場合、その話にきちんと耳を傾け、その人の身になって話を受けとめ、その人の感情に共鳴することができるのが、思いやりのある人なのです。

つまり、思いやりのある人は聞き上手なわけですが、聞くテクニックが優れているのではありません。

真摯に人の話を聞き、話に共感したり同情したりすることができるのが、思いやりのある人ということになるでしょう。

6. 人にやさしく、人を許すことができる

人にやさしく、人を許すことができる

思いやりのある人は、やさしい性格の持ち主ですが、そのやさしさのために、人を許すことができます。

たとえば、人と待ち合わせをして、長い時間待たされたとしましょう。

そんな時でも、遅れてきた人に対し、その遅刻を許すことができるのが、思いやりのある人です。

「人間、時には遅刻することもある」と考えますから、遅刻したことでその人を責めるということはしません。

部下が仕事でミスした時でも、そのミスを注意し、適切な指導をした上で、最終的には部下を許すことができるのが、思いやりのある上司ということになるでしょう。

まとめ

思いやりのある人の性格や特徴を6種類紹介しました。

ここで紹介した項目は、「思いやりのある人になるための条件」でもあります。

参考になさってください。

純粋な親切心から、人のためになることをしてあげる人のことを、思いやりのある人と言います。

ここでは、思いやりのある人はどんな性格や特徴を持っているのか見ていくことにしましょう。


想像力があり、人の身になって考えることができる

想像力があるというのが、思いやりのある人の大きな特徴といっていいでしょう。

たとえば、会社の同僚が何か大きな荷物を運んでいるとしましょう。

それを見た時、思いやりのある人は「さぞ、思いだろうな」と考え、自ら進んでその荷物を運ぶことを手伝います。

この「さぞ、思いだろうな」と想像することが、思いやりのある人の特徴なのです。

同じように荷物を運んでいる同僚を見ても、そういう想像ができなければ、荷物を手伝うという行為はしないに違いありません。

人が行っている行為や、人が置かれている状況を自分のことに置き換え、「自分だったら、こう感じるだろう」とか、「自分だったら、人からどんなことをしてもらいたいと思うだろうか」というような想像をめぐらすのです。

そうした想像力があるため、人の喜ぶことをできるというのが、思いやりのある人の特徴なのです。

人の性格を把握して考えることができる

同じことを人からされても、人によって受け止め方は違ってくるでしょう。

たとえば、会社の同僚が多くの仕事を抱えて忙しくしているとしましょう。

それを見て、「手伝いましょうか」と声をかけても、同僚の性格や特徴によって、返ってくる返事は違うはずです。

サポートの申し出に喜び、素直にそれに応じる人もいるでしょう。

しかし、プライドが高く、人の世話になることを嫌う性格の人であれば、サポートの申し出は迷惑にしか感じられません。

また、同情をしたばかりに、相手の自尊心を傷つけてしまうということもあるでしょう。

この場合は、親切心があだになって、人に対してマイナスの行為をしてしまったことになります。

それではとても、思いやりのある人とは言えません。

つまり、思いやりのある人は、人の性格を把握した上で、相手にとってプラスになる言動をすることができるのです。

見返りを求めない

思いやりのある人は、人に対してその人のためになる言動をしますが、けっしてその見返りを求めることはありません。

「前に仕事のことで助けてあげたことがあるのだから、今度はそのお返しに、助けてもらいたい」というような考え方をすることはないのです。

真の意味で思いやりのある人は、そもそも「自分は人に親切なことをしている」という意識を持たないものです。

もともと、親切な性格なために、そうした意識をまったくもつことなく、自然に人のためのなることをしているのが思いやりのある人と言っていいでしょう。

その意識をもっていないのですから、見返りを求めることはありえません。

やりすぎておせっかいになるようなことはしない

思いやりというのは、あくまでの相手にとってプラスになり、相手が喜ぶことをする行為です。

ありがちなのが、親切心から、ついやりすぎて、相手をかえって不快にさせてしまうケース。

最初は人助けのために始めたつもりでも、それをやりすぎてしまうと、「思いやり」ではなく「おせっかい」になってしまいます。

相手が「うっとうしい」と感じているにもかかわらず、その人のためを思って無理に親切心を押し付けるのは、単なるおせっかいであって、思いやりではありません。

思いやりのある人は、けっしてそのように相手を不快にさせるようなことはしません。

ほどのよい親切心をもって、相手に利する言動ができるというのが、思いやりのある人の特徴ということになるでしょう。

親身になって人の話を聞くことができる

何か特別なことをすることだけが、思いやりではありません。

人と話をしているとき、相手が自分の話をしていたら、それを親身になって聞くことができるというのも、思いやりのある人です。

たとえば、人が「この間、こんな悲しいことがあった」という話をしたとしましょう。

その場合、その話にきちんと耳を傾け、その人の身になって話を受けとめ、その人の感情に共鳴することができるのが、思いやりのある人なのです。

つまり、思いやりのある人は聞き上手なわけですが、聞くテクニックが優れているのではありません。

真摯に人の話を聞き、話に共感したり同情したりすることができるのが、思いやりのある人ということになるでしょう。

人にやさしく、人を許すことができる

思いやりのある人は、やさしい性格の持ち主ですが、そのやさしさのために、人を許すことができます。

たとえば、人と待ち合わせをして、長い時間待たされたとしましょう。

そんな時でも、遅れてきた人に対し、その遅刻を許すことができるのが、思いやりのある人です。

「人間、時には遅刻することもある」と考えますから、遅刻したことでその人を責めるということはしません。

部下が仕事でミスした時でも、そのミスを注意し、適切な指導をした上で、最終的には部下を許すことができるのが、思いやりのある上司ということになるでしょう。

思いやりのある人の性格や特徴を6種類紹介しました。

ここで紹介した項目は、「思いやりのある人になるための条件」でもあります。

参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-