【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221161822.html
シャイな女性の特徴

シャイな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
シャイな女性の特徴

シャイ(shy)とは、「内気、恥ずかしがり、人見知り」などの傾向を指す言葉です。

必ずしもネガティブな感じではなく、好印象なイメージでも使われます。

では、この言葉が当てはまる女性の心理や特徴とはどういったもの?

  • 人と深く交流した経験が限られている
  • 自分がどう見られているか気にしすぎてしまう
  • おとなしい性格だと決めつけてしまっている
  • 男性が怖い
  • 異性を意識しすぎてしまう
  • 計算などはしていない
  • シャイさが目に現れてしまう
  • 自分の性格を変えたいと思っていることが多い
  • 異性として見られない年齢の男性とは話せる
  • 何事にも消極的なのではない
  • まとめ

1. 人と深く交流した経験が限られている

人と深く交流した経験が限られている

シャイな女性では、両親やきょうだい、親友など一部の人とだけ深く交流してきた傾向があります。

このため、よく知らない人とどう交流していいか戸惑いがちなのです。

もともとの性格としてシャイとは限らず、人との深い交流経験が限定されたまま、何となくそのまま成長してきていることも少なくありません。

シャイな女性が実際のところどういう性格傾向を秘めているかは、生きていくなかで見えてくる、ともいえるのです。

2. 自分がどう見られているか気にしすぎてしまう

自分がどう見られているか気にしすぎてしまう

シャイな女性は、たとえば初対面の人と会ったとき、どのように話していいか戸惑いやすいです。

「どう見られているか」が気になってしまうのですね。

「話し方が変だと思われるのではないか」とか「上手く話せず迷惑になるのではないか」とか先回りして考えてしまいます。

3. おとなしい性格だと決めつけてしまっている

おとなしい性格だと決めつけてしまっている

「あの人はおとなしいからね」だとか、何度か耳にしてしまった女性は、よりシャイになってしまいます。

「そうか、自分はやはりおとなしくて内気なんだな」と決めてしまうんですね。

するとまた「あの人は内気だから…」とどこかで聞いてしまったり、というスパイラルです。

しかし「キミって案外、秘めた行動力があるよね」と言われるなど、何か突破口があると、変わっていくこともあります。

4. 男性が怖い

男性が怖い

男性が相手の場合に限ってシャイになってしまう女性では、「男性が怖い」という心理が強くはたらいていることも多いです。

ただしこの場合の「男性が怖い」は、過去に嫌な経験があるといったことを意味しません。

単純に男性と接した経験が少ないため、非常に警戒し、人見知りっぽく接してしまうのです。

生育環境を考えたとき、ほとんど周囲が女性で、学校も女子校・女子大だったというようなケースでも生じやすい心理です。

もう少しいえば、女子大などではシャイな女性が多いため、どんどんシャイになってしまうというエフェクトも考えられます。

人は周囲の人に無意識にも影響されます。

5. 異性を意識しすぎてしまう

異性を意識しすぎてしまう

思春期であれば男女ともに見られる傾向ですが、「異性である」ということを意識しすぎるあまり、男性に対してシャイになるのです。

一般的には、思春期を過ぎた高校生〜20代半ばぐらいまでの時期、ある程度は「男の友達(異性としては見ない)」などもでき、それによって普段から特に異性を意識せず男性と接触できるようになります。

一方、その機会を逃してしまい、30歳以上になっても男性に対しシャイな女性はいます。

6. 計算などはしていない

計算などはしていない

おとなしい女性の一部は、「計算してわざと控えめに見せている」などとしてアクティブな同性から嫌われたりもします。

シャイな女性では、特にこれといった計算などはしていません。

そういったムードは、ある程度人生経験がある人ならすぐ見抜けるものです。

7. シャイさが目に現れてしまう

シャイさが目に現れてしまう

性格的におとなしいだけの女性では、知人男性などと目が合っても特に動揺しません。

話題をどんどん広げるなどの積極性がないだけであり、落ち着いた会話は可能です。

むしろ「どっしり」した印象を相手に与えます。

ところがシャイな女性では、男性全般、あるいは多少雰囲気のいい男性と接すると、やたらと目が泳いでしまいます。

そしてその動揺感・動揺を悟られているムードが苦痛で、なるべく早く場を去りたいと考えてしまうのです。

男性側としても「何か怖がらせてしまったようで申し訳ない」といった気分となったりします。

8. 自分の性格を変えたいと思っていることが多い

自分の性格を変えたいと思っていることが多い

生まれ持って内気な人もいますが、そういう人ではおおよそ20代前半ぐらいで「私はこういう性格なのだ」として生きていくようになります。

アイデンティティが固まるわけですね。

シャイな女性ではどうでしょう。

シャイであることが「揺らがない自分らしさ」であると思っている人は少数です。

「もう少し積極的になりたい」「社交性を身につけたい」と思っていることも多いのです。

9. 異性として見られない年齢の男性とは話せる

異性として見られない年齢の男性とは話せる

いわゆる「男性嫌い」の女性と異なるのがこの部分です。

シャイな女性は、60代以上のシニア層などなかなか異性として見られない男性や、小さな男の子などとは問題なく話せます。

こうした経験をきっかけとして、シャイさが徐々に軽減されてくることも考えられます。

男性嫌いの女性では、シニア層男性を見ても「どうせこの人も若いときは…」とかネガティブに考えてしまうのです。

10. 何事にも消極的なのではない

何事にも消極的なのではない

シャイな人は、あくまでも対人関係において人見知り・内気・恥ずかしがりなどの傾向があるだけです。

勉強に打ち込んだり、読書に熱中したり、さほど対人関係のない仕事で結果を出したり…。

こういうことについては、何ら消極的ではないのです。

よくよく考えれば「勉強」「読書」も対人関係の一部です。

たとえば本も、「誰か」が書いたものですよね。

読書は、リアルに誰かと軽く挨拶をするより、はるかに濃厚な人と人との関わり合いともいえるのです。

成熟していくうちにその辺りが無意識にも理解でき、あまりシャイでなくなってくることも考えられますね。

まとめ

シャイな女性には様々な心理や特徴が隠れています。

誰しも思春期辺りには多少のシャイさを持っていたはずで、そのイメージで考えれば20代30代でシャイな女性のことも、理解ができることでしょう。

「シャイ」という言葉は結構いいもので、ポジティブな響きも持っています。

たとえば「内気」とか「内向的」などと自己判断し、あまり自分への評価が高くない人では「私はシャイな女性なんだ」と考えてみると、自己像が変わってくることもあるのではないでしょうか。

シャイ(shy)とは、「内気、恥ずかしがり、人見知り」などの傾向を指す言葉です。

必ずしもネガティブな感じではなく、好印象なイメージでも使われます。

では、この言葉が当てはまる女性の心理や特徴とはどういったもの?


人と深く交流した経験が限られている

シャイな女性では、両親やきょうだい、親友など一部の人とだけ深く交流してきた傾向があります。

このため、よく知らない人とどう交流していいか戸惑いがちなのです。

もともとの性格としてシャイとは限らず、人との深い交流経験が限定されたまま、何となくそのまま成長してきていることも少なくありません。

シャイな女性が実際のところどういう性格傾向を秘めているかは、生きていくなかで見えてくる、ともいえるのです。

自分がどう見られているか気にしすぎてしまう

シャイな女性は、たとえば初対面の人と会ったとき、どのように話していいか戸惑いやすいです。

「どう見られているか」が気になってしまうのですね。

「話し方が変だと思われるのではないか」とか「上手く話せず迷惑になるのではないか」とか先回りして考えてしまいます。

おとなしい性格だと決めつけてしまっている

「あの人はおとなしいからね」だとか、何度か耳にしてしまった女性は、よりシャイになってしまいます。

「そうか、自分はやはりおとなしくて内気なんだな」と決めてしまうんですね。

するとまた「あの人は内気だから…」とどこかで聞いてしまったり、というスパイラルです。

しかし「キミって案外、秘めた行動力があるよね」と言われるなど、何か突破口があると、変わっていくこともあります。

男性が怖い

男性が相手の場合に限ってシャイになってしまう女性では、「男性が怖い」という心理が強くはたらいていることも多いです。

ただしこの場合の「男性が怖い」は、過去に嫌な経験があるといったことを意味しません。

単純に男性と接した経験が少ないため、非常に警戒し、人見知りっぽく接してしまうのです。

生育環境を考えたとき、ほとんど周囲が女性で、学校も女子校・女子大だったというようなケースでも生じやすい心理です。

もう少しいえば、女子大などではシャイな女性が多いため、どんどんシャイになってしまうというエフェクトも考えられます。

人は周囲の人に無意識にも影響されます。

異性を意識しすぎてしまう

思春期であれば男女ともに見られる傾向ですが、「異性である」ということを意識しすぎるあまり、男性に対してシャイになるのです。

一般的には、思春期を過ぎた高校生〜20代半ばぐらいまでの時期、ある程度は「男の友達(異性としては見ない)」などもでき、それによって普段から特に異性を意識せず男性と接触できるようになります。

一方、その機会を逃してしまい、30歳以上になっても男性に対しシャイな女性はいます。

計算などはしていない

おとなしい女性の一部は、「計算してわざと控えめに見せている」などとしてアクティブな同性から嫌われたりもします。

シャイな女性では、特にこれといった計算などはしていません。

そういったムードは、ある程度人生経験がある人ならすぐ見抜けるものです。

シャイさが目に現れてしまう

性格的におとなしいだけの女性では、知人男性などと目が合っても特に動揺しません。

話題をどんどん広げるなどの積極性がないだけであり、落ち着いた会話は可能です。

むしろ「どっしり」した印象を相手に与えます。

ところがシャイな女性では、男性全般、あるいは多少雰囲気のいい男性と接すると、やたらと目が泳いでしまいます。

そしてその動揺感・動揺を悟られているムードが苦痛で、なるべく早く場を去りたいと考えてしまうのです。

男性側としても「何か怖がらせてしまったようで申し訳ない」といった気分となったりします。

自分の性格を変えたいと思っていることが多い

生まれ持って内気な人もいますが、そういう人ではおおよそ20代前半ぐらいで「私はこういう性格なのだ」として生きていくようになります。

アイデンティティが固まるわけですね。

シャイな女性ではどうでしょう。

シャイであることが「揺らがない自分らしさ」であると思っている人は少数です。

「もう少し積極的になりたい」「社交性を身につけたい」と思っていることも多いのです。

異性として見られない年齢の男性とは話せる

いわゆる「男性嫌い」の女性と異なるのがこの部分です。

シャイな女性は、60代以上のシニア層などなかなか異性として見られない男性や、小さな男の子などとは問題なく話せます。

こうした経験をきっかけとして、シャイさが徐々に軽減されてくることも考えられます。

男性嫌いの女性では、シニア層男性を見ても「どうせこの人も若いときは…」とかネガティブに考えてしまうのです。

何事にも消極的なのではない

シャイな人は、あくまでも対人関係において人見知り・内気・恥ずかしがりなどの傾向があるだけです。

勉強に打ち込んだり、読書に熱中したり、さほど対人関係のない仕事で結果を出したり…。

こういうことについては、何ら消極的ではないのです。

よくよく考えれば「勉強」「読書」も対人関係の一部です。

たとえば本も、「誰か」が書いたものですよね。

読書は、リアルに誰かと軽く挨拶をするより、はるかに濃厚な人と人との関わり合いともいえるのです。

成熟していくうちにその辺りが無意識にも理解でき、あまりシャイでなくなってくることも考えられますね。

シャイな女性には様々な心理や特徴が隠れています。

誰しも思春期辺りには多少のシャイさを持っていたはずで、そのイメージで考えれば20代30代でシャイな女性のことも、理解ができることでしょう。

「シャイ」という言葉は結構いいもので、ポジティブな響きも持っています。

たとえば「内気」とか「内向的」などと自己判断し、あまり自分への評価が高くない人では「私はシャイな女性なんだ」と考えてみると、自己像が変わってくることもあるのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-