【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219181202.html
憎みたくても憎めない女性の特徴や性格のイメージ

憎みたくても憎めない女性の特徴や性格のイメージ | LADYCO

LADYCO
憎みたくても憎めない女性の特徴や性格のイメージ

憎みたくてもどこか憎めないところがある、そのような女性は身近にもいるのではないでしょうか。

どのような性格や傾向を持っているのでそう思われるのか、次の9つの点を考えてみましょう。

  • 真っすぐでずるさがない
  • 人を疑うところがない
  • おっちょこちょいで天然
  • 他の人を悪く言わない
  • 裏表がない
  • 憎んでも本人は変わらない
  • 皮肉をポジティブに取られてしまう
  • 元気が良くてノリノリな女性
  • いつも自分を出す
  • まとめ

1. 真っすぐでずるさがない

真っすぐでずるさがない

要領よくでなんでもできる女性は賢いかもしれませんが、ちょっとずるいところがあって上手く媚びたり甘えたり計算高いところがあり、そのような女性はかわいいとは思えないかもしれません。

そんなしたたかさがなく、真っすぐでずるさがない、いつでも正直だし器用ではなくても楽をしようというようなところがない女性というのはどこか憎めないし、失敗をしても許したくなってしまいます。

2. 人を疑うところがない

人を疑うところがない

ドロドロとした人間関係や欲望を抱いての駆け引き、そんな人間社会の中で、それぞれが自分の利益を考えながら行動することは多いし、いつも相手の動機を疑ってみたり、信用しない態度を取ったりしてしまうのは仕方がないかもしれませんが、人を疑うことがなく、相手の言うことをすべて信じて信頼する、ある意味騙されやすい人かもしれませんが、そのような女性は好感できるし、どの人とも裏を読むような接し方をすることがないので憎めない女性なのです。

3. おっちょこちょいで天然

おっちょこちょいで天然

とにかくおっちょこちょいでいつも天然な女性というのはどこか憎めないところがあります。

それは計算高くないとか、まさにそのままであり狙ったところがないので、そんなへまをしてもかわいい表情をしたりしてとってもナチュラルなのです。

動機に悪いものがないのでそんな天然な女性というのは愛されるし、どこか大きな間違いをしても許してあげたくなるのです。

4. 他の人を悪く言わない

他の人を悪く言わない

いつも批判ばかりしている人は自分もどこかで批判されるものですが、他の人のことを悪く言わない女性は他の人もその人について悪く言うことはしたくないという気持ちになるものです。

他の人についていつも積極的な見方を持っており、性格がとっても良いので愛されており、そのような女性は憎めないと周囲の人たちが感じています。

5. 裏表がない

裏表がない

なんとなく影がありそうとか、何を考えているのかわからない、そんな女性は近づきにくいものですが、裏表がない、つまり見たまんまでわかりやすいと感じる女性は憎めません。

裏がないので欺くようなことはしないし、その女性が喋ることにも裏がないということがわかるので理解できますし、言い訳を画策することもあまりないかもしれません。

そんな裏表がなく見たまんまの姿をいつもしている女性は憎むことができないのです。

6. 憎んでも本人は変わらない

憎んでも本人は変わらない

憎みたくても憎めない女性というのは、憎んでも仕方がないと感じさせる女性です。

つまり憎んでも何の効果もないし、それによってなにかが変わるわけでもありません。

こっちが熱くなるだけ疲れて損をするという結論に達するような相手であり、ある意味最も手ごわいのかもしれません。

憎むだけ無駄と感させる女性というのは、とっても強くてマイペースであり、まるで糠に釘のような反応だったりします。

7. 皮肉をポジティブに取られてしまう

皮肉をポジティブに取られてしまう

実は皮肉を言っており説教のつもりで指摘しているのですが、そんな皮肉もポジティブに取られてしまう女性というのは憎むことができません。

憎む気持ちも起きなくなるし、それをわざとかわしているではなく自然体でそうしているので、言う気も起きなくなってしまうでしょう。

8. 元気が良くてノリノリな女性

元気が良くてノリノリな女性

いつも元気が良くてノリノリな女性はどこか憎めないところがあります。

その元気にいつも癒されているかもしれませんし、ノリのよさがその雰囲気を明るく楽しいものにしているのであり、もしその女性に元気がなくなったらと思うととて憎むことなどできないし、いつも元気でいてもらいたいという気持ちがあるからです。

9. いつも自分を出す

いつも自分を出す

いつも自分を出す女性というのもどこか憎めないところがあります。

喜怒哀楽をいつも出し、怒ったり笑ったり悲しいことがあると人前でも大泣きするかもしれません。

隠すようなことをせずに何でも話すところがあり、それは相手をそしてみんなを信頼しているという気持ちの表れでもあります。

そのような女性は憎めないし許してあげたくなってしまうでしょう。

まとめ

どこか憎みたくても憎めない女性というのは、性格がかわいくてわかりやすく裏表がないという特徴があります。

ずるさがないので正直であり、間違ったことをすれば謝ることができるし、その点での強いプライドのようなものがありません。

そのような女性は愛されやすく、誰からも慕われるゆえに憎まれることはほとんどないでしょう。

また天然な女性も失敗ばかりかもしれませんが、それも器用ではなかったり楽をしたいというような気持ちがないし、一生懸命にやっているので憎めないのです。

狡猾さとかしたたかという感じの雰囲気のない女性の人間関係はとても良好です。

憎みたくてもどこか憎めないところがある、そのような女性は身近にもいるのではないでしょうか。

どのような性格や傾向を持っているのでそう思われるのか、次の9つの点を考えてみましょう。


真っすぐでずるさがない

要領よくでなんでもできる女性は賢いかもしれませんが、ちょっとずるいところがあって上手く媚びたり甘えたり計算高いところがあり、そのような女性はかわいいとは思えないかもしれません。

そんなしたたかさがなく、真っすぐでずるさがない、いつでも正直だし器用ではなくても楽をしようというようなところがない女性というのはどこか憎めないし、失敗をしても許したくなってしまいます。

人を疑うところがない

ドロドロとした人間関係や欲望を抱いての駆け引き、そんな人間社会の中で、それぞれが自分の利益を考えながら行動することは多いし、いつも相手の動機を疑ってみたり、信用しない態度を取ったりしてしまうのは仕方がないかもしれませんが、人を疑うことがなく、相手の言うことをすべて信じて信頼する、ある意味騙されやすい人かもしれませんが、そのような女性は好感できるし、どの人とも裏を読むような接し方をすることがないので憎めない女性なのです。

おっちょこちょいで天然

とにかくおっちょこちょいでいつも天然な女性というのはどこか憎めないところがあります。

それは計算高くないとか、まさにそのままであり狙ったところがないので、そんなへまをしてもかわいい表情をしたりしてとってもナチュラルなのです。

動機に悪いものがないのでそんな天然な女性というのは愛されるし、どこか大きな間違いをしても許してあげたくなるのです。

他の人を悪く言わない

いつも批判ばかりしている人は自分もどこかで批判されるものですが、他の人のことを悪く言わない女性は他の人もその人について悪く言うことはしたくないという気持ちになるものです。

他の人についていつも積極的な見方を持っており、性格がとっても良いので愛されており、そのような女性は憎めないと周囲の人たちが感じています。

裏表がない

なんとなく影がありそうとか、何を考えているのかわからない、そんな女性は近づきにくいものですが、裏表がない、つまり見たまんまでわかりやすいと感じる女性は憎めません。

裏がないので欺くようなことはしないし、その女性が喋ることにも裏がないということがわかるので理解できますし、言い訳を画策することもあまりないかもしれません。

そんな裏表がなく見たまんまの姿をいつもしている女性は憎むことができないのです。

憎んでも本人は変わらない

憎みたくても憎めない女性というのは、憎んでも仕方がないと感じさせる女性です。

つまり憎んでも何の効果もないし、それによってなにかが変わるわけでもありません。

こっちが熱くなるだけ疲れて損をするという結論に達するような相手であり、ある意味最も手ごわいのかもしれません。

憎むだけ無駄と感させる女性というのは、とっても強くてマイペースであり、まるで糠に釘のような反応だったりします。

皮肉をポジティブに取られてしまう

実は皮肉を言っており説教のつもりで指摘しているのですが、そんな皮肉もポジティブに取られてしまう女性というのは憎むことができません。

憎む気持ちも起きなくなるし、それをわざとかわしているではなく自然体でそうしているので、言う気も起きなくなってしまうでしょう。

元気が良くてノリノリな女性

いつも元気が良くてノリノリな女性はどこか憎めないところがあります。

その元気にいつも癒されているかもしれませんし、ノリのよさがその雰囲気を明るく楽しいものにしているのであり、もしその女性に元気がなくなったらと思うととて憎むことなどできないし、いつも元気でいてもらいたいという気持ちがあるからです。

いつも自分を出す

いつも自分を出す女性というのもどこか憎めないところがあります。

喜怒哀楽をいつも出し、怒ったり笑ったり悲しいことがあると人前でも大泣きするかもしれません。

隠すようなことをせずに何でも話すところがあり、それは相手をそしてみんなを信頼しているという気持ちの表れでもあります。

そのような女性は憎めないし許してあげたくなってしまうでしょう。

どこか憎みたくても憎めない女性というのは、性格がかわいくてわかりやすく裏表がないという特徴があります。

ずるさがないので正直であり、間違ったことをすれば謝ることができるし、その点での強いプライドのようなものがありません。

そのような女性は愛されやすく、誰からも慕われるゆえに憎まれることはほとんどないでしょう。

また天然な女性も失敗ばかりかもしれませんが、それも器用ではなかったり楽をしたいというような気持ちがないし、一生懸命にやっているので憎めないのです。

狡猾さとかしたたかという感じの雰囲気のない女性の人間関係はとても良好です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-