【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219144133.html
打たれ強い、傷つきにくい人の特徴

打たれ強い、傷つきにくい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
打たれ強い、傷つきにくい人の特徴

世間では、打たれ強く傷つきにくい人も存在しています。

このような人の心理や特徴とは、どんなものでしょう。

パターンはいくつもあります。

  • 物事の考え方がポジティブである
  • 過去に大きなつらい出来事を経験している
  • もともと鈍感である
  • 物事を整理して考えられる
  • 平素から体調が良い
  • 適度に「人のせい」にできる
  • 支え・癒やしとなる存在がいる
  • 良い趣味を持っている
  • 「多少の落ち込みは当然だ」と考えられる
  • 自信家である
  • まとめ

1. 物事の考え方がポジティブである

物事の考え方がポジティブである

たとえば、仕事で失敗した後、それとは別に家庭内で問題が発生したとします。

こうしたとき、一般的には「2つも面倒なことがやってきた…」と落ち込んだり、ネガティブに考える人も多いものです。

しかし、「失敗したくない仕事を持っているのは良いことだ」とか、「しっかり保ちたい家庭があるのはうれしいことだ」とか、「この状況をクリアできればより自信がつく」であるとか、考え方を変えれば物事は違って見えてきます。

打たれ強い人はこういう考え方をするクセがついています。

2. 過去に大きなつらい出来事を経験している

過去に大きなつらい出来事を経験している

大病を患った、ひどいいじめを受けた、失業状態を長く経験した、等など、過去につらい思いをしたことがある人は、強いことがあります。

というのも、多少マイナスな出来事があっても「あの経験に比べれば大したことがない」と考えることができるからです。

とはいえネガティブ思考の人だと、「また嫌なことが起きた」「やはり俺はツイてない」など、全く逆の方向に考えてしまいます。

紙一重といったところ。

3. もともと鈍感である

もともと鈍感である

単純に鈍感な人も、打たれ強く傷つきにくい人になり得ます。

色々と鈍いわけですので当然といえば当然ですね。

強いとはいえますが、人の気持ちがわからないなど周囲に悪い印象を与えることも当然あります。

4. 物事を整理して考えられる

物事を整理して考えられる

打たれ強く傷つきにくい人では、嫌なこと・困ったこともどのように処理すべきか、整理して考えられます。

「そりが合わない職場の人に嫌なことを言われた」「長年の親友宅に行き、そのことを言ったら辛らつな答えが返ってきた」「親友宅から帰る際のタクシー運転手も感じが悪かった」こんなようなとき、とても落ち込んでしまう人もいます。

「そりが合わない事は仕方がない」「親友も何か機嫌が悪い理由があったのかもしれない」「あのタクシー運転手とまた会うことはほぼない」と考えてみると、「職場の人のことは過度に気にせず、親友との関係を保つことが大事。

タクシーのことは忘れれば良い」
というように整理ができます。

5. 平素から体調が良い

平素から体調が良い

心身相関といい、体と心は密接に関連しています。

そもそも別のものではないという考えもあります。

平素から体調がよく元気な人では、少々傷つくようなことがあったりしても、気分の回復が早くなります。

反対に、体が弱い人では普段から何となく気分が良くなく、そこに何か傷つくような体験が重なると、ひどく落ち込んでしまうこともあります。

落ち込みが続くと体の抵抗力も落ちるなど、悪循環となりがちですね。

ただし大病などを克服した人・つらい病気と戦っている人などはメンタルが強くなることももちろんあります。

6. 適度に「人のせい」にできる

適度に「人のせい」にできる

もし、誰かから意地悪なことを言われたとして「自分も何か悪いのだろうか」とか「自分は意地悪をされやすいところがある」とか考えてしまうと、落ち込み・ふさぎ込みにつながります。

そんな時、「要はあいつの性格が悪いのだ」と考えてしまえば、大して落ち込むこともないかもしれません。

「常に人のせいにしている」と聞くと良くない印象もありますが、それは周囲に分かるケースですね。

「内心」で適度に「人のせいにする」ことも時に重要なのです。

7. 支え・癒やしとなる存在がいる

支え・癒やしとなる存在がいる

基本的に自分の味方をしてくれるような、良い友人や彼女・彼氏、両親、配偶者などを持っている人は、やはり傷つきにくく、打たれ強くなります。

時としてはペットなどでもそのような存在となりえます。

このあたりは、形式的に配偶者が入ればそれで癒しになる、といったことではありません。

夫婦仲が悪い、両親といつも揉めている、などでは一転してマイナス材料ともなります。

実質的な、本ものの味方を手に入れる力がある、ともいえるでしょう。

8. 良い趣味を持っている

良い趣味を持っている

没頭できるような良い趣味を持っていると、傷つくような体験があっても、それをしばし忘れてしまう時間が持てます。

仕事・学校・家庭だけではない生活を送れている人は、比較的メンタルを強く保ちやすいといえるでしょうね。

9. 「多少の落ち込みは当然だ」と考えられる

「多少の落ち込みは当然だ」と考えられる

たとえば仕事でミスを重ね叱責された。

そんな場合落ち込むのは多少仕方がないことですね。

しかし人間はなかなかそうシンプルには考えられないものです。

打たれ強く傷つきにくい人は、「落ち込むのは仕方がない」「悩むのも仕方がない」というように、ネガティブな感情を受け入れる思考を持っています。

10. 自信家である

自信家である

自分に自信がある人は、やはりメンタリティとして何かと強いものです。

他者から見て明確にわかるような社会的地位の高さとか、ルックスの良さなどに限りません。

「自分は独特の思想を持っており、それは他人にはできない考え方である」とか、他者からすれば「?」と思うようなことでも十分に自信につながるのです。

まとめ

打たれ強く傷つきにくい人にも、色々なタイプがあり、それぞれに特徴があります。

容易に真似できないもの・生まれつきの性質のようなものもありますが、参考とできるような特徴もあるでしょう。

世間では、打たれ強く傷つきにくい人も存在しています。

このような人の心理や特徴とは、どんなものでしょう。

パターンはいくつもあります。


物事の考え方がポジティブである

たとえば、仕事で失敗した後、それとは別に家庭内で問題が発生したとします。

こうしたとき、一般的には「2つも面倒なことがやってきた…」と落ち込んだり、ネガティブに考える人も多いものです。

しかし、「失敗したくない仕事を持っているのは良いことだ」とか、「しっかり保ちたい家庭があるのはうれしいことだ」とか、「この状況をクリアできればより自信がつく」であるとか、考え方を変えれば物事は違って見えてきます。

打たれ強い人はこういう考え方をするクセがついています。

過去に大きなつらい出来事を経験している

大病を患った、ひどいいじめを受けた、失業状態を長く経験した、等など、過去につらい思いをしたことがある人は、強いことがあります。

というのも、多少マイナスな出来事があっても「あの経験に比べれば大したことがない」と考えることができるからです。

とはいえネガティブ思考の人だと、「また嫌なことが起きた」「やはり俺はツイてない」など、全く逆の方向に考えてしまいます。

紙一重といったところ。

もともと鈍感である

単純に鈍感な人も、打たれ強く傷つきにくい人になり得ます。

色々と鈍いわけですので当然といえば当然ですね。

強いとはいえますが、人の気持ちがわからないなど周囲に悪い印象を与えることも当然あります。

物事を整理して考えられる

打たれ強く傷つきにくい人では、嫌なこと・困ったこともどのように処理すべきか、整理して考えられます。

「そりが合わない職場の人に嫌なことを言われた」「長年の親友宅に行き、そのことを言ったら辛らつな答えが返ってきた」「親友宅から帰る際のタクシー運転手も感じが悪かった」こんなようなとき、とても落ち込んでしまう人もいます。

「そりが合わない事は仕方がない」「親友も何か機嫌が悪い理由があったのかもしれない」「あのタクシー運転手とまた会うことはほぼない」と考えてみると、「職場の人のことは過度に気にせず、親友との関係を保つことが大事。

タクシーのことは忘れれば良い」
というように整理ができます。

平素から体調が良い

心身相関といい、体と心は密接に関連しています。

そもそも別のものではないという考えもあります。

平素から体調がよく元気な人では、少々傷つくようなことがあったりしても、気分の回復が早くなります。

反対に、体が弱い人では普段から何となく気分が良くなく、そこに何か傷つくような体験が重なると、ひどく落ち込んでしまうこともあります。

落ち込みが続くと体の抵抗力も落ちるなど、悪循環となりがちですね。

ただし大病などを克服した人・つらい病気と戦っている人などはメンタルが強くなることももちろんあります。

適度に「人のせい」にできる

もし、誰かから意地悪なことを言われたとして「自分も何か悪いのだろうか」とか「自分は意地悪をされやすいところがある」とか考えてしまうと、落ち込み・ふさぎ込みにつながります。

そんな時、「要はあいつの性格が悪いのだ」と考えてしまえば、大して落ち込むこともないかもしれません。

「常に人のせいにしている」と聞くと良くない印象もありますが、それは周囲に分かるケースですね。

「内心」で適度に「人のせいにする」ことも時に重要なのです。

支え・癒やしとなる存在がいる

基本的に自分の味方をしてくれるような、良い友人や彼女・彼氏、両親、配偶者などを持っている人は、やはり傷つきにくく、打たれ強くなります。

時としてはペットなどでもそのような存在となりえます。

このあたりは、形式的に配偶者が入ればそれで癒しになる、といったことではありません。

夫婦仲が悪い、両親といつも揉めている、などでは一転してマイナス材料ともなります。

実質的な、本ものの味方を手に入れる力がある、ともいえるでしょう。

良い趣味を持っている

没頭できるような良い趣味を持っていると、傷つくような体験があっても、それをしばし忘れてしまう時間が持てます。

仕事・学校・家庭だけではない生活を送れている人は、比較的メンタルを強く保ちやすいといえるでしょうね。

「多少の落ち込みは当然だ」と考えられる

たとえば仕事でミスを重ね叱責された。

そんな場合落ち込むのは多少仕方がないことですね。

しかし人間はなかなかそうシンプルには考えられないものです。

打たれ強く傷つきにくい人は、「落ち込むのは仕方がない」「悩むのも仕方がない」というように、ネガティブな感情を受け入れる思考を持っています。

自信家である

自分に自信がある人は、やはりメンタリティとして何かと強いものです。

他者から見て明確にわかるような社会的地位の高さとか、ルックスの良さなどに限りません。

「自分は独特の思想を持っており、それは他人にはできない考え方である」とか、他者からすれば「?」と思うようなことでも十分に自信につながるのです。

打たれ強く傷つきにくい人にも、色々なタイプがあり、それぞれに特徴があります。

容易に真似できないもの・生まれつきの性質のようなものもありますが、参考とできるような特徴もあるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-