【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171218170324.html
ハブられやすい人に多い特徴

ハブられやすい人に多い特徴 | LADYCO

LADYCO
ハブられやすい人に多い特徴

グループや集団の中で仲間外れにされたり、ほかのメンバーから無視されてしまうことを、「ハブられる」といいます。

ここでは、ハブられやすい人にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • ルールやマナーを守らない
  • わがままで自己中心的
  • 人の悪口ばかり言う
  • 自己主張が強すぎて、自慢話が大好き
  • 空気が読めない
  • 暗く、ネガティブ
  • まとめ

1. ルールやマナーを守らない

ルールやマナーを守らない

社会人として当然守るべきマナーや、身に着けているべきマナーを守れないというのが、ハブられやすい人の特徴といっていいでしょう。

それは何も、グループのほかのメンバーがすべて、強い道徳心をもっているからとは限りません。

もちろん、周囲の人の全員が倫理的な人であれば、ルール違反をするメンバーは敬遠されてしまうでしょう。

しかし、そうでない場合でも、ルール違反やマナー違反をする人はハブられやすい傾向があるのです。

それは、「そういう人といっしょにいると、恥ずかしい思いをさせられるから」です。

たとえば、食事のマナーがひどい人といっしょに外食したとしましょう。

静かなレストランで大声で話したり、咀嚼音などの不快な音を立てる人といっしょにいると、ほかのお客さんから冷たい視線を浴びることになりかねません。

恥ずかしい思いをしたメンバーから、「あの人とはもう二度といっしょに食事をしたくない」と思われ、ハブられることになるわけです。

2. わがままで自己中心的

わがままで自己中心的

わがままで自己中心的、自分のことしか考えないというのも、ハブられやすい人の代表的な特徴です。

集団で行動したり、グループで一つのことをする場合、メンバーたちは、ほかの人のことを考える必要があります。

時には、人を優先し、自分はがまんしたほうがうまくいくこともあるに違いありません。

つまり、グループとしてうまくやっていくには、お互いに譲り合う精神がなくてはならないのです。

ハブられやすい人は、そのことをわかっていません。

人の都合や心理などは考えず、自分のことだけを考えてわがままな言動をするため、人に迷惑をかけたり、人を不快にさせることが少なくありません。

そんな人が、ほかのメンバーから「つきあいたくない」と思われるのは当然でしょう。

3. 人の悪口ばかり言う

人の悪口ばかり言う

人のうわさ話が好きな人も、ハブられやすい傾向が強いと考えていいでしょう。

うわさ話というのもは、例外はあるものの、どうしても悪口になってしまいがちです。

たとえば同じグループ内のAさんというメンバーのうわさ話を、ほかのメンバーとするとします。

その場合、話はAさんに関するネガティブな内容になることが多いに違いありません。

つまり、悪口になりやすいのです。

その場にいない人の悪口を言う人は、Aさんの前ではBさんの悪口を言うと考えていいでしょう。

そういう人は、ほかのメンバーから、「自分のいないところでは自分の悪口を言っているに違いない」と思われるため、ハブされてしまうのです。

4. 自己主張が強すぎて、自慢話が大好き

自己主張が強すぎて、自慢話が大好き

自己主張が強すぎる人も、ハブられやすいものです。

自分をアピールするというのは、けっして悪いことではありません。

時には積極的にアピールしたほうがいい場合もあるでしょう。

しかし、それも程度問題です。

たとえば、人と話をすると、すぐに自慢話をする人がいます。

人の自慢話というのは、聞かされる側にとっては、あまりおもしろいものではありません。

本人はその話をすることで自分をアピールしようとしているのでしょうが、聞かされる方は不愉快に感じたり、引いてしまったりするものです。

そういう人は、どうしてもグループ内で浮いた存在になってしまい、ほかのメンバーから距離をおかれることになるに違いありません。

自慢話が好きというのが、ハブられやすい人の特徴ということになるでしょう。

5. 空気が読めない

空気が読めない

グループや集団がうまくやっていくためには、メンバーたちがその場の空気を読む必要があるでしょう。

たとえば、みんなで楽しく食事をしているようなとき、人を不快にするような話をする人が一人でもいると、その場の空気は一気に悪化してしまいます。

また、その場の雰囲気が少し沈んでいるようなとき、そんな雰囲気にはおかまいなしに、妙にハイテンションな言動をする人がいると、ほかのメンバーは「場の空気を読めよ」と思うに違いありません。

つまり、場の空気が読めず、良い雰囲気を壊してしまったり、その場にそぐわない言動をする人は、ハブられやすいのです。

6. 暗く、ネガティブ

暗く、ネガティブ

明るい人と暗い人とでは、当然、明るい人のほうが人から好かれます。

もちろん、暗いからと言って、必ずハブられるということはありません。

しかし、あまりに暗くネガティブな人は、ハブられやすいと考えていいでしょう。

そういう人は、思考そのものがネガティブですから、当然、発言も暗いものになってしまいます。

ネガティブな発言ばかりする人がいると、ほかのメンバーたちも暗い気分になってしまうに違いありません。

暗くネガティブな発言ばかりするために、周囲の人に負のオーラを感じさせるのが、ハブされやすい人の特徴といっていいでしょう。

まとめ

グループの中でハブされやすい人の特徴を、6種類紹介しました。

上記の項目に当てはまらないようにすれば、ハブされにくいということになります。

参考になさってください。

グループや集団の中で仲間外れにされたり、ほかのメンバーから無視されてしまうことを、「ハブられる」といいます。

ここでは、ハブられやすい人にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


ルールやマナーを守らない

社会人として当然守るべきマナーや、身に着けているべきマナーを守れないというのが、ハブられやすい人の特徴といっていいでしょう。

それは何も、グループのほかのメンバーがすべて、強い道徳心をもっているからとは限りません。

もちろん、周囲の人の全員が倫理的な人であれば、ルール違反をするメンバーは敬遠されてしまうでしょう。

しかし、そうでない場合でも、ルール違反やマナー違反をする人はハブられやすい傾向があるのです。

それは、「そういう人といっしょにいると、恥ずかしい思いをさせられるから」です。

たとえば、食事のマナーがひどい人といっしょに外食したとしましょう。

静かなレストランで大声で話したり、咀嚼音などの不快な音を立てる人といっしょにいると、ほかのお客さんから冷たい視線を浴びることになりかねません。

恥ずかしい思いをしたメンバーから、「あの人とはもう二度といっしょに食事をしたくない」と思われ、ハブられることになるわけです。

わがままで自己中心的

わがままで自己中心的、自分のことしか考えないというのも、ハブられやすい人の代表的な特徴です。

集団で行動したり、グループで一つのことをする場合、メンバーたちは、ほかの人のことを考える必要があります。

時には、人を優先し、自分はがまんしたほうがうまくいくこともあるに違いありません。

つまり、グループとしてうまくやっていくには、お互いに譲り合う精神がなくてはならないのです。

ハブられやすい人は、そのことをわかっていません。

人の都合や心理などは考えず、自分のことだけを考えてわがままな言動をするため、人に迷惑をかけたり、人を不快にさせることが少なくありません。

そんな人が、ほかのメンバーから「つきあいたくない」と思われるのは当然でしょう。

人の悪口ばかり言う

人のうわさ話が好きな人も、ハブられやすい傾向が強いと考えていいでしょう。

うわさ話というのもは、例外はあるものの、どうしても悪口になってしまいがちです。

たとえば同じグループ内のAさんというメンバーのうわさ話を、ほかのメンバーとするとします。

その場合、話はAさんに関するネガティブな内容になることが多いに違いありません。

つまり、悪口になりやすいのです。

その場にいない人の悪口を言う人は、Aさんの前ではBさんの悪口を言うと考えていいでしょう。

そういう人は、ほかのメンバーから、「自分のいないところでは自分の悪口を言っているに違いない」と思われるため、ハブされてしまうのです。

自己主張が強すぎて、自慢話が大好き

自己主張が強すぎる人も、ハブられやすいものです。

自分をアピールするというのは、けっして悪いことではありません。

時には積極的にアピールしたほうがいい場合もあるでしょう。

しかし、それも程度問題です。

たとえば、人と話をすると、すぐに自慢話をする人がいます。

人の自慢話というのは、聞かされる側にとっては、あまりおもしろいものではありません。

本人はその話をすることで自分をアピールしようとしているのでしょうが、聞かされる方は不愉快に感じたり、引いてしまったりするものです。

そういう人は、どうしてもグループ内で浮いた存在になってしまい、ほかのメンバーから距離をおかれることになるに違いありません。

自慢話が好きというのが、ハブられやすい人の特徴ということになるでしょう。

空気が読めない

グループや集団がうまくやっていくためには、メンバーたちがその場の空気を読む必要があるでしょう。

たとえば、みんなで楽しく食事をしているようなとき、人を不快にするような話をする人が一人でもいると、その場の空気は一気に悪化してしまいます。

また、その場の雰囲気が少し沈んでいるようなとき、そんな雰囲気にはおかまいなしに、妙にハイテンションな言動をする人がいると、ほかのメンバーは「場の空気を読めよ」と思うに違いありません。

つまり、場の空気が読めず、良い雰囲気を壊してしまったり、その場にそぐわない言動をする人は、ハブられやすいのです。

暗く、ネガティブ

明るい人と暗い人とでは、当然、明るい人のほうが人から好かれます。

もちろん、暗いからと言って、必ずハブられるということはありません。

しかし、あまりに暗くネガティブな人は、ハブられやすいと考えていいでしょう。

そういう人は、思考そのものがネガティブですから、当然、発言も暗いものになってしまいます。

ネガティブな発言ばかりする人がいると、ほかのメンバーたちも暗い気分になってしまうに違いありません。

暗くネガティブな発言ばかりするために、周囲の人に負のオーラを感じさせるのが、ハブされやすい人の特徴といっていいでしょう。

グループの中でハブされやすい人の特徴を、6種類紹介しました。

上記の項目に当てはまらないようにすれば、ハブされにくいということになります。

参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-