【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171217173343.html
思春期の女性に多い特徴

思春期の女性に多い特徴 | LADYCO

LADYCO
思春期の女性に多い特徴

何かと接し方の難しい思春期の女性。

彼女たちとどう接すればよいか悩んでいる親御さん、兄弟、先生方も少なくないかもしれません。

お互いなるべく傷つかずにコミュニケーションを取っていくために、思春期の女性の特徴を知ることは大切なことではないでしょうか。

  • 見た目にとても気を遣う
  • 自分のキャラを死守したい年頃
  • わざとがさつに振舞う事もある
  • 正論という名の諸刃の刃を使う
  • 最近は現実主義の方も多い
  • まとめ

1. 見た目にとても気を遣う

見た目にとても気を遣う

化粧、制服の着こなし方、ヘアスタイル、持ち物など。

思春期の女性は、見た目にとても気を遣っています。

他の子と違うファッションであることに恐れを抱いている子もいます。

例えば、学校集会で女子の服装について注意があったとしても、「明日からどうするか」といった女子同士での話し合いが行われることもあるくらいなのです。

実際、他の子と違うファッションをしていると、陰で笑われたり、友達から忠告を受けたりすることもあります。

思春期の女性と接する必要のある方は、彼女たちのファッションについて間違っても頭ごなしに否定しないようにしてあげてください。

思春期の女性は大人が思うよりも、閉鎖的で厳しい社会に生きているとお考え下さい。

2. 自分のキャラを死守したい年頃

自分のキャラを死守したい年頃

思春期の女性の生きている社会は狭く厳しいものですので、一度定着した自分のキャラはよほど強い子じゃない限り打ち崩すのが困難です。

クラスでいわゆる「陰キャラ」「陽キャラ」というものが出来上がる現象も、その証といえるでしょう。

「陰キャラ」の子と「陽キャラ」の子同士が自由に 交流することは、事務的な用件以外ではあまりありません。

キャラを自覚し、そのキャラから逸脱しないようにふるまっている女性が多いです。

キャラに似合わないことをすると、ファッションと同様、陰で笑われたり、友達から忠告を受ける可能性が極めて高いです。

3. わざとがさつに振舞う事もある

わざとがさつに振舞う事もある

すべての思春期の女性にあてはまるわけではないですが、汚れた地面にあぐらで座ってみたり、男の子と話す時にわざと汚い言葉を遣ったり、 わざと変な顔で写真やプリクラを撮影してみたり、中年女性のような話し方をしたりする光景、見たことあるかと思います。

その一因に、思春期の女性の中には自分がか弱い女の子だと思われることに拒絶反応を挙げることが出来ます。

彼女たちはがさつに振舞うことで強い女性を演じているのかもしれません。

4. 正論という名の諸刃の刃を使う

正論という名の諸刃の刃を使う

思春期の女性の中には、強さにこだわる女性が結構な割合で存在します。

先程述べた「わざとがさつに振舞う」というのは、表面的な強さのアピールですが、 正論を武器にするというのは精神面における強さのアピールです。

例えば、その女性が人から悩みを打ち明けられたり、また、自分自身が悩みを持ったとき、「悩みを受け止める」という段階をスキップして、 正論によって高みを目指したり、逆に正論の通りに出来ない自分や他人を弱いと言って責めたりします。

5. 最近は現実主義の方も多い

最近は現実主義の方も多い

時代を追うごとに思春期の女性は、夢見がちな女性から遠くかけ離れています。

例えば、昔の思春期女性が「幸せなお嫁さんになりたい」と考えていたとすれば、 今の思春期女性は「幸せなお嫁さんとは何か、そうなる為にはどんなことが必要か、それは実現可能であるか」、というようなことを細かく考えていたりします。

女性の生き方が多様化している現代、自由に将来のことを考えることが出来る反面、それに対する実現可能性を考える必要性も彼女たちは背負っています。

彼女たちに「あなた達は恵まれているのよ」と教え諭すのは、大人たちのエゴですので、あまりくどく言わないようにしてあげてください。

彼女たちは既に十分にそのように言われながら育っていますし、上述のとおり、時に正論で傷ついたり傷つけたりしながら、それでも強くあろうと頑張っています。

その時代、その時代に、理解し合えない悩みは存在するので、「どちらが恵まれている」という話をするのはナンセンスで、お互いの溝を深くする結果しか生みません。

まとめ

さて、思春期の女性の特徴を5つ挙げてみました。

共通しているのは、彼女たちが、彼女たちの生きる社会の中で懸命に気を遣い、悩み、それぞれ与えられた(定着してしまった)役割を演じながら、 強い自分であろうと努力しているということです。

勿論、その中には、年齢的に未熟である為、間違ったやり方をしていたり、軌道修正してあげなければならない点が多々あります。

大人たちにできることは、そういった間違いの軌道修正は勿論のことですが、たまには彼女たちの強がりや悩みを理解してあげて、 「あなた達はまだ、そんなに難しく考えなくて大丈夫なんだよ」という安心感を与えてあげることなのではないでしょうか。

その際に注意しなくてはならないのは、大人からの押しつけにならないこと、焦らないこと、彼女たちの言動によって必要以上に傷つかないことなどです。

彼女たちは、自分の生きている社会で上手く生きることに精いっぱいで、大人たちにまで同様に振舞える余力が残っていないことが多いです。

もし、大人(特に家族)の、押し付けや焦りや悲しみなどを察してしまったら、 素直な子であれば家族に対して素直な感情を吐き出してくれるかもしれませんが、優しい子なら家族にさえ素直な感情を出せなくなってしまう危険性があります。

思春期女性の年齢相応の素直な感情にさりげなく寄り添いサポートすることが、肝要と言えます。

何かと接し方の難しい思春期の女性。

彼女たちとどう接すればよいか悩んでいる親御さん、兄弟、先生方も少なくないかもしれません。

お互いなるべく傷つかずにコミュニケーションを取っていくために、思春期の女性の特徴を知ることは大切なことではないでしょうか。


見た目にとても気を遣う

化粧、制服の着こなし方、ヘアスタイル、持ち物など。

思春期の女性は、見た目にとても気を遣っています。

他の子と違うファッションであることに恐れを抱いている子もいます。

例えば、学校集会で女子の服装について注意があったとしても、「明日からどうするか」といった女子同士での話し合いが行われることもあるくらいなのです。

実際、他の子と違うファッションをしていると、陰で笑われたり、友達から忠告を受けたりすることもあります。

思春期の女性と接する必要のある方は、彼女たちのファッションについて間違っても頭ごなしに否定しないようにしてあげてください。

思春期の女性は大人が思うよりも、閉鎖的で厳しい社会に生きているとお考え下さい。

自分のキャラを死守したい年頃

思春期の女性の生きている社会は狭く厳しいものですので、一度定着した自分のキャラはよほど強い子じゃない限り打ち崩すのが困難です。

クラスでいわゆる「陰キャラ」「陽キャラ」というものが出来上がる現象も、その証といえるでしょう。

「陰キャラ」の子と「陽キャラ」の子同士が自由に 交流することは、事務的な用件以外ではあまりありません。

キャラを自覚し、そのキャラから逸脱しないようにふるまっている女性が多いです。

キャラに似合わないことをすると、ファッションと同様、陰で笑われたり、友達から忠告を受ける可能性が極めて高いです。

わざとがさつに振舞う事もある

すべての思春期の女性にあてはまるわけではないですが、汚れた地面にあぐらで座ってみたり、男の子と話す時にわざと汚い言葉を遣ったり、 わざと変な顔で写真やプリクラを撮影してみたり、中年女性のような話し方をしたりする光景、見たことあるかと思います。

その一因に、思春期の女性の中には自分がか弱い女の子だと思われることに拒絶反応を挙げることが出来ます。

彼女たちはがさつに振舞うことで強い女性を演じているのかもしれません。

正論という名の諸刃の刃を使う

思春期の女性の中には、強さにこだわる女性が結構な割合で存在します。

先程述べた「わざとがさつに振舞う」というのは、表面的な強さのアピールですが、 正論を武器にするというのは精神面における強さのアピールです。

例えば、その女性が人から悩みを打ち明けられたり、また、自分自身が悩みを持ったとき、「悩みを受け止める」という段階をスキップして、 正論によって高みを目指したり、逆に正論の通りに出来ない自分や他人を弱いと言って責めたりします。

最近は現実主義の方も多い

時代を追うごとに思春期の女性は、夢見がちな女性から遠くかけ離れています。

例えば、昔の思春期女性が「幸せなお嫁さんになりたい」と考えていたとすれば、 今の思春期女性は「幸せなお嫁さんとは何か、そうなる為にはどんなことが必要か、それは実現可能であるか」、というようなことを細かく考えていたりします。

女性の生き方が多様化している現代、自由に将来のことを考えることが出来る反面、それに対する実現可能性を考える必要性も彼女たちは背負っています。

彼女たちに「あなた達は恵まれているのよ」と教え諭すのは、大人たちのエゴですので、あまりくどく言わないようにしてあげてください。

彼女たちは既に十分にそのように言われながら育っていますし、上述のとおり、時に正論で傷ついたり傷つけたりしながら、それでも強くあろうと頑張っています。

その時代、その時代に、理解し合えない悩みは存在するので、「どちらが恵まれている」という話をするのはナンセンスで、お互いの溝を深くする結果しか生みません。

さて、思春期の女性の特徴を5つ挙げてみました。

共通しているのは、彼女たちが、彼女たちの生きる社会の中で懸命に気を遣い、悩み、それぞれ与えられた(定着してしまった)役割を演じながら、 強い自分であろうと努力しているということです。

勿論、その中には、年齢的に未熟である為、間違ったやり方をしていたり、軌道修正してあげなければならない点が多々あります。

大人たちにできることは、そういった間違いの軌道修正は勿論のことですが、たまには彼女たちの強がりや悩みを理解してあげて、 「あなた達はまだ、そんなに難しく考えなくて大丈夫なんだよ」という安心感を与えてあげることなのではないでしょうか。

その際に注意しなくてはならないのは、大人からの押しつけにならないこと、焦らないこと、彼女たちの言動によって必要以上に傷つかないことなどです。

彼女たちは、自分の生きている社会で上手く生きることに精いっぱいで、大人たちにまで同様に振舞える余力が残っていないことが多いです。

もし、大人(特に家族)の、押し付けや焦りや悲しみなどを察してしまったら、 素直な子であれば家族に対して素直な感情を吐き出してくれるかもしれませんが、優しい子なら家族にさえ素直な感情を出せなくなってしまう危険性があります。

思春期女性の年齢相応の素直な感情にさりげなく寄り添いサポートすることが、肝要と言えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-