【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171217173311.html
束縛の強い女性の特徴

束縛の強い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
束縛の強い女性の特徴

束縛の強い彼女のことをメンヘラと呼ぶことが多いのではないでしょうか。

今回は束縛の強い女性に関しての特徴を紹介していこうと思います。

  • 同性の友達が少ない、またはいない
  • 自分が一番でないと不安になる
  • 自己肯定感が低い
  • 連絡が多い
  • 自傷傷がある
  • 異常なほど「愛してる?」と聞いてくる
  • 別れようという言葉に異常に敏感
  • SNSに裏アカウントがある
  • まとめ

1. 同性の友達が少ない、またはいない

同性の友達が少ない、またはいない

一般的な女性は、恋愛について友達に相談する機会が多いです。

ですが、同性の友達とうまくいかず、束縛の強い人は恋愛に依存する可能性が高いです。

恋愛に依存していても、それを指摘してくれる人がいないので、自分の恋愛がおかしいことに気づきにくいです。

そのため、唯一関わりのある彼氏に依存し、束縛してしまう傾向があります。

彼氏が友達が多い場合、彼氏が遊んでいる最中は一人になってしまうので、その孤独感から束縛してしまいます。

2. 自分が一番でないと不安になる

自分が一番でないと不安になる

彼氏だけではなく、友達に対しても自分が一番でないと不安になったり嫉妬する人は、彼氏に対しても同じ感情を抱きます。

自分との約束をしようとしたら、「その日は友達との予定があるから遊べない」と言われると、自分が一番ではないことに激しい不安感が出てきます。

その不安から逃げるために、彼氏を束縛し、ほかの人との関わりを断とうとします。

LINEから他の人の連絡先を消して、などというのは典型的なパターンです。

3. 自己肯定感が低い

自己肯定感が低い

自分の優先順位が低いと元から思っているため、彼氏に他の人との予定があると自分が捨てられるのではないかと思い込んでしまいます。

その思い込みから逃げるために、「他の人と遊ばないで」「他の人と話さないで」「他の人と連絡をとらないで」となります。

彼氏の周囲から人を消すことによって、自分だけを見てもらえると安心感が沸くので、結果的に束縛している状態です。

自己肯定感を高めて上げようとしても、本人が乗り換えなければいけないパターンが多いため、彼氏から何かしてあげれることはほとんどありません。

4. 連絡が多い

連絡が多い

朝を起きたら数百件のLINEが来ている・・・。

というのは確実に束縛の強いメンヘラです。

普通であれば、夜に連絡をして既読がつかない場合は、寝ているんだな、朝返してくれるよな、と思うはずです。

ですが、束縛が強い場合は他の人といるんだ、他の女と遊んでいるから連絡を返してくれないんだという被害妄想が膨らみます。

束縛が強い彼女と付き合っている人は、連絡がきたら数分以内に返事をしなければならない、というルールを抱えている人は多いのではないでしょうか。

連絡がいつくるかわからないからまともに寝られない、と彼氏も精神的に疲れてしまいます。

5. 自傷傷がある

自傷傷がある

リストカットしていないから安心してはいけません。

自傷行為は腕だけではなく、足、腰、または血を抜くだけの行為でパッと見ただけでは注射の跡にしか見えないようなものもあります。

自分を殴り続けて内出血だらけ. なんてこともあります。

かまってちゃんの場合もありますが、自己肯定感の低さから、「自分が彼氏がいて幸せになってはいけない」「心が辛いのに体は辛くない」と思い自傷行為をする場合もあります。

普段は服を着ているため、気づきにくい場合が多いです。

連絡も普通であればなかなか気づくときはなく、ずるずると付き合った後で別れにくくなっている可能性があります。

6. 異常なほど「愛してる?」と聞いてくる

異常なほど「愛してる?」と聞いてくる

付き合って間もないときには「愛してる?」「愛してるよー!」なんてほのぼのした会話もあります。

それが付き合ってしばらくしても聞いてきて、適当に返事をすると怒り出すなんてこともあります。

この場合、泣く彼女に対して「愛してる」と伝えても意味がありません。

彼女本人の中では、精神的な自傷行為に近いもので「愛してないよ」と言われて初めて落ち着きます。

これも自己肯定感の低さからくるものなので、このような状況になったときははやめに別れるべきです。

7. 別れようという言葉に異常に敏感

別れようという言葉に異常に敏感

束縛の強い彼女と付き合うことに疲れ、別れようと言うと異常なほどの癇癪をおこします。

そのため、彼氏が別れようと言うことじたいに疲れ、別れにくくなります。

それを狙った癇癪なので、ある種の束縛になるでしょう。

相手の連絡先を消したりさせずに、相手が自分から他の人と連絡を取れないほど疲れさせてしまうパターンです。

周りが別れたほうが良いとアドバイスしてくれても、自分から束縛されてにいっているため、なかなか抜け出せないのです。

8. SNSに裏アカウントがある

SNSに裏アカウントがある

裏アカウントで、ネガティブなツイートをし、「彼氏に見放されそうだから今から死ぬ」「彼氏がかまってくれないからリストカットした」などということを書き込んでいます。

数人だけフォローし、フォローしている人も同じような感性を持った人たちなので彼氏に気づかれることはほとんどありませんが、通知などでその気があるようでしたら、束縛されてしまいます。

すでに自分に自覚がないだけで、よく話を聞いてみるとそれ束縛されてるんじゃないのという人もいました。

少しずつ束縛してきて、相手の感覚が鈍くなったところで完全に束縛してしまうというパターンもあるので、自分の意思をはっきりともたなければなりません。

まとめ

まだまだ他にも束縛する人のタイプはあります。

しかし、ほとんどの場合に共通しているものは自己肯定感が低く相手に依存しないと生きていけない人が多いです。

また、約束事やルールを守らないのはよくないことですが、破った時の反応が異常なほどの癇癪をおこします。

彼氏の人間関係を壊してくる攻撃的な束縛をする傾向もある人もいるので、男の人は彼女に依存せずに、自分の意見をしっかりと持ちましょう。

束縛の強い彼女のことをメンヘラと呼ぶことが多いのではないでしょうか。

今回は束縛の強い女性に関しての特徴を紹介していこうと思います。


同性の友達が少ない、またはいない

一般的な女性は、恋愛について友達に相談する機会が多いです。

ですが、同性の友達とうまくいかず、束縛の強い人は恋愛に依存する可能性が高いです。

恋愛に依存していても、それを指摘してくれる人がいないので、自分の恋愛がおかしいことに気づきにくいです。

そのため、唯一関わりのある彼氏に依存し、束縛してしまう傾向があります。

彼氏が友達が多い場合、彼氏が遊んでいる最中は一人になってしまうので、その孤独感から束縛してしまいます。

自分が一番でないと不安になる

彼氏だけではなく、友達に対しても自分が一番でないと不安になったり嫉妬する人は、彼氏に対しても同じ感情を抱きます。

自分との約束をしようとしたら、「その日は友達との予定があるから遊べない」と言われると、自分が一番ではないことに激しい不安感が出てきます。

その不安から逃げるために、彼氏を束縛し、ほかの人との関わりを断とうとします。

LINEから他の人の連絡先を消して、などというのは典型的なパターンです。

自己肯定感が低い

自分の優先順位が低いと元から思っているため、彼氏に他の人との予定があると自分が捨てられるのではないかと思い込んでしまいます。

その思い込みから逃げるために、「他の人と遊ばないで」「他の人と話さないで」「他の人と連絡をとらないで」となります。

彼氏の周囲から人を消すことによって、自分だけを見てもらえると安心感が沸くので、結果的に束縛している状態です。

自己肯定感を高めて上げようとしても、本人が乗り換えなければいけないパターンが多いため、彼氏から何かしてあげれることはほとんどありません。

連絡が多い

朝を起きたら数百件のLINEが来ている・・・。

というのは確実に束縛の強いメンヘラです。

普通であれば、夜に連絡をして既読がつかない場合は、寝ているんだな、朝返してくれるよな、と思うはずです。

ですが、束縛が強い場合は他の人といるんだ、他の女と遊んでいるから連絡を返してくれないんだという被害妄想が膨らみます。

束縛が強い彼女と付き合っている人は、連絡がきたら数分以内に返事をしなければならない、というルールを抱えている人は多いのではないでしょうか。

連絡がいつくるかわからないからまともに寝られない、と彼氏も精神的に疲れてしまいます。

自傷傷がある

リストカットしていないから安心してはいけません。

自傷行為は腕だけではなく、足、腰、または血を抜くだけの行為でパッと見ただけでは注射の跡にしか見えないようなものもあります。

自分を殴り続けて内出血だらけ. なんてこともあります。

かまってちゃんの場合もありますが、自己肯定感の低さから、「自分が彼氏がいて幸せになってはいけない」「心が辛いのに体は辛くない」と思い自傷行為をする場合もあります。

普段は服を着ているため、気づきにくい場合が多いです。

連絡も普通であればなかなか気づくときはなく、ずるずると付き合った後で別れにくくなっている可能性があります。

異常なほど「愛してる?」と聞いてくる

付き合って間もないときには「愛してる?」「愛してるよー!」なんてほのぼのした会話もあります。

それが付き合ってしばらくしても聞いてきて、適当に返事をすると怒り出すなんてこともあります。

この場合、泣く彼女に対して「愛してる」と伝えても意味がありません。

彼女本人の中では、精神的な自傷行為に近いもので「愛してないよ」と言われて初めて落ち着きます。

これも自己肯定感の低さからくるものなので、このような状況になったときははやめに別れるべきです。

別れようという言葉に異常に敏感

束縛の強い彼女と付き合うことに疲れ、別れようと言うと異常なほどの癇癪をおこします。

そのため、彼氏が別れようと言うことじたいに疲れ、別れにくくなります。

それを狙った癇癪なので、ある種の束縛になるでしょう。

相手の連絡先を消したりさせずに、相手が自分から他の人と連絡を取れないほど疲れさせてしまうパターンです。

周りが別れたほうが良いとアドバイスしてくれても、自分から束縛されてにいっているため、なかなか抜け出せないのです。

SNSに裏アカウントがある

裏アカウントで、ネガティブなツイートをし、「彼氏に見放されそうだから今から死ぬ」「彼氏がかまってくれないからリストカットした」などということを書き込んでいます。

数人だけフォローし、フォローしている人も同じような感性を持った人たちなので彼氏に気づかれることはほとんどありませんが、通知などでその気があるようでしたら、束縛されてしまいます。

すでに自分に自覚がないだけで、よく話を聞いてみるとそれ束縛されてるんじゃないのという人もいました。

少しずつ束縛してきて、相手の感覚が鈍くなったところで完全に束縛してしまうというパターンもあるので、自分の意思をはっきりともたなければなりません。

まだまだ他にも束縛する人のタイプはあります。

しかし、ほとんどの場合に共通しているものは自己肯定感が低く相手に依存しないと生きていけない人が多いです。

また、約束事やルールを守らないのはよくないことですが、破った時の反応が異常なほどの癇癪をおこします。

彼氏の人間関係を壊してくる攻撃的な束縛をする傾向もある人もいるので、男の人は彼女に依存せずに、自分の意見をしっかりと持ちましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-