【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171216133751.html
物欲が少ない女性によくある性格や特徴

物欲が少ない女性によくある性格や特徴 | LADYCO

LADYCO
物欲が少ない女性によくある性格や特徴

物欲が少ない女性というのはちょっと冷めている部分があるように見えるかもしれません。

意識してそうしていることも少なくありませんが、物欲があまりないあるいはそれを持とうとしない女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

8つほど取り上げてみましょう。

  • 今の生活で不満がない
  • 物質のものでは幸福を得ることができないと悟っている
  • お金で苦労した女性
  • 節約の楽しさを味わっている女性
  • 趣味やスポーツに没頭している
  • 地方のかなりの田舎に住んでいる女性
  • 物を持つことが自慢になりそうで嫌な女性
  • 物欲には終わりがない
  • まとめ

1. 今の生活で不満がない

今の生活で不満がない

生活に困っていることはなく素敵な彼氏や旦那がいる、家もそれなりの広くて快適であり、これ以上あまり望むものがないという感じがしている女性は特別な物欲というものがありません。

あれば便利なものはいくらでもあるとはいえ、欲しいという気持ちにならないし今が幸せなので満足しているので別に物には興味がなくなってしまっている女性はそのような感じになりやすいです。

2. 物質のものでは幸福を得ることができないと悟っている

物質のものでは幸福を得ることができないと悟っている

女性たちの中には究極的な人生の目的について考えており、物質のものでは本当の意味で満足することができないという悟りを得ている女性はモノが欲しいという気持ちがあまり起こりません。

それよりももっと大切なものがあるということを理解し、そこに思いが向いているので、どんなに魅力的と思えるような商品を見ても、それほど興味が沸いてきません。

そのような女性は宗教を熱心にしているかもしれず、もっと価値ある生き方を追い求めていたりします。

3. お金で苦労した女性

お金で苦労した女性

物欲を持ちあれもこれも欲しいという願いを達成するためにちょっと背伸びをし過ぎて消費者金融に借金をしたりして、それがどんどん膨らみかなりの苦労をしてしまった女性です。

そのような苦労をしたことで、物欲を持つことがいかに危険で追い求めてもきりがないこと、そして平衡の取れた見方を失わせる可能性さえあることを学び、物欲を持つことを意図的に避けるようにしているのです。

4. 節約の楽しさを味わっている女性

節約の楽しさを味わっている女性

物欲を追い求める毎日よりも、いかに節約して貯金をすることができるのかに楽しみを見いだしている女性です。

物欲などどうでもよくなり、いかにして少ないお金で健康的な食事を作れるのかとか、少ない給料でもこれだけ貯金ができた、などそんな節約生活というのはいつも最低限のものだけあればそれで十分という価値観に変わっていき、物欲などどいうものがなくなってしまいます。

節約が趣味になりそれを楽しむことさえある女性は確かに物を欲しがるようなところがありません。

5. 趣味やスポーツに没頭している

趣味やスポーツに没頭している

趣味やスポーツなどに没頭しているところがあり、あれこれと物が欲しいという気持ちになりません。

趣味が楽しくスポーツに喜びを見いだしているのであり、それで満足しているところがあります。

物欲がないというよりも、そんなことをしている時間があればもっと楽しいことをしたいという気持ちであり、没頭できるものを見つけているゆえに、今はそれに夢中になっています。

6. 地方のかなりの田舎に住んでいる女性

地方のかなりの田舎に住んでいる女性

地方のかなりの田舎に住んでおり、場合によっては小さな島に住んでいたりする女性は物欲がほとんどありません。

近くには物欲をそそるようなものは一切ありませんし、自然と一体になっているような暮らしは以前は物欲を持っていても、こうした辺ぴなところに来てしまうとその意欲さえなくなります。

物欲を得ることは無駄だし追い求めるような環境にないことが理由であり、誰かと比較したり刺激を受けるようなこともないので、生活はシンプルになります。

7. 物を持つことが自慢になりそうで嫌な女性

物を持つことが自慢になりそうで嫌な女性

物欲そのものはあるのですが、そうしたものを持つと他の友人たちが見て羨ましく思ったり妬まれたり、誤解を与えるかもしれないということを気にし過ぎるあまりに物欲をあえて持たないようにしている女性です。

この場合自分を犠牲にして他の人の感情を優先している利他的な気持ちのある女性であり、お金持ちであったとしても物欲を持たず、自慢せず、慎み深く生きたいという気持ちがあります。

8. 物欲には終わりがない

物欲には終わりがない

物欲というのはいくらでも追い求めることができますが、どこまで得てもさらに上がありきりがありません。

一時の満足もやがては空しいものに思えてきますし、そのために仕事をし時間を使うのがもったいないように感じるかもしれません。

女性たちの中にはとっても現実的であり、ほどほどが一番よいと思っていて物欲もあまり持たないようにしている場合があります。

ちょっと冷めているようにも思えますが冷静なのです。

まとめ

物欲を煽るような宣伝や新商品が洪水のように次々とお店に出てきており、買わせようとそしてそれを買わないと損をするような気持ちにさせたりしますが、そうしたものにあまり固執せず影響を受けない、今の生活で十分に満足できると感じている女性たちは、物に振り回されることのなくしっかりと自分を意識しており、物欲よりももっと大切なものを見いだしていることが多いです。

物に溢れた時代だからこそ、物では買えないものを得ることの大切さを理解しているのです。

物欲が少ない女性というのはちょっと冷めている部分があるように見えるかもしれません。

意識してそうしていることも少なくありませんが、物欲があまりないあるいはそれを持とうとしない女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

8つほど取り上げてみましょう。


今の生活で不満がない

生活に困っていることはなく素敵な彼氏や旦那がいる、家もそれなりの広くて快適であり、これ以上あまり望むものがないという感じがしている女性は特別な物欲というものがありません。

あれば便利なものはいくらでもあるとはいえ、欲しいという気持ちにならないし今が幸せなので満足しているので別に物には興味がなくなってしまっている女性はそのような感じになりやすいです。

物質のものでは幸福を得ることができないと悟っている

女性たちの中には究極的な人生の目的について考えており、物質のものでは本当の意味で満足することができないという悟りを得ている女性はモノが欲しいという気持ちがあまり起こりません。

それよりももっと大切なものがあるということを理解し、そこに思いが向いているので、どんなに魅力的と思えるような商品を見ても、それほど興味が沸いてきません。

そのような女性は宗教を熱心にしているかもしれず、もっと価値ある生き方を追い求めていたりします。

お金で苦労した女性

物欲を持ちあれもこれも欲しいという願いを達成するためにちょっと背伸びをし過ぎて消費者金融に借金をしたりして、それがどんどん膨らみかなりの苦労をしてしまった女性です。

そのような苦労をしたことで、物欲を持つことがいかに危険で追い求めてもきりがないこと、そして平衡の取れた見方を失わせる可能性さえあることを学び、物欲を持つことを意図的に避けるようにしているのです。

節約の楽しさを味わっている女性

物欲を追い求める毎日よりも、いかに節約して貯金をすることができるのかに楽しみを見いだしている女性です。

物欲などどうでもよくなり、いかにして少ないお金で健康的な食事を作れるのかとか、少ない給料でもこれだけ貯金ができた、などそんな節約生活というのはいつも最低限のものだけあればそれで十分という価値観に変わっていき、物欲などどいうものがなくなってしまいます。

節約が趣味になりそれを楽しむことさえある女性は確かに物を欲しがるようなところがありません。

趣味やスポーツに没頭している

趣味やスポーツなどに没頭しているところがあり、あれこれと物が欲しいという気持ちになりません。

趣味が楽しくスポーツに喜びを見いだしているのであり、それで満足しているところがあります。

物欲がないというよりも、そんなことをしている時間があればもっと楽しいことをしたいという気持ちであり、没頭できるものを見つけているゆえに、今はそれに夢中になっています。

地方のかなりの田舎に住んでいる女性

地方のかなりの田舎に住んでおり、場合によっては小さな島に住んでいたりする女性は物欲がほとんどありません。

近くには物欲をそそるようなものは一切ありませんし、自然と一体になっているような暮らしは以前は物欲を持っていても、こうした辺ぴなところに来てしまうとその意欲さえなくなります。

物欲を得ることは無駄だし追い求めるような環境にないことが理由であり、誰かと比較したり刺激を受けるようなこともないので、生活はシンプルになります。

物を持つことが自慢になりそうで嫌な女性

物欲そのものはあるのですが、そうしたものを持つと他の友人たちが見て羨ましく思ったり妬まれたり、誤解を与えるかもしれないということを気にし過ぎるあまりに物欲をあえて持たないようにしている女性です。

この場合自分を犠牲にして他の人の感情を優先している利他的な気持ちのある女性であり、お金持ちであったとしても物欲を持たず、自慢せず、慎み深く生きたいという気持ちがあります。

物欲には終わりがない

物欲というのはいくらでも追い求めることができますが、どこまで得てもさらに上がありきりがありません。

一時の満足もやがては空しいものに思えてきますし、そのために仕事をし時間を使うのがもったいないように感じるかもしれません。

女性たちの中にはとっても現実的であり、ほどほどが一番よいと思っていて物欲もあまり持たないようにしている場合があります。

ちょっと冷めているようにも思えますが冷静なのです。

物欲を煽るような宣伝や新商品が洪水のように次々とお店に出てきており、買わせようとそしてそれを買わないと損をするような気持ちにさせたりしますが、そうしたものにあまり固執せず影響を受けない、今の生活で十分に満足できると感じている女性たちは、物に振り回されることのなくしっかりと自分を意識しており、物欲よりももっと大切なものを見いだしていることが多いです。

物に溢れた時代だからこそ、物では買えないものを得ることの大切さを理解しているのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-