【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171216133335.html
黄色の服が似合う女性の特徴

黄色の服が似合う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
黄色の服が似合う女性の特徴

黄色は好きだけど黄色い服はあまり着ないという女性もいますよね。

街を歩いていても黄色い服の人が少なく感じるのはコーディネートするのが難しい色だからです。

そんな黄色い服が似合う女性のタイプはどんな特徴があるのでしょうか。

  • 性格が明るい
  • よく笑う
  • 年齢よりも若く見える
  • 金髪が似合う人
  • ぽっちゃりしている
  • 素朴な顔立ちの人
  • おバカキャラ
  • まとめ

1. 性格が明るい

性格が明るい

黄色でも色々な種類がありますが、闇を感じさせるような暗い黄色はありません。

どの色でも黄色は明るい印象を与えます。

そこはやっぱり性格が明るい女性が黄色い服を着ると似合います。

元気が良くてみんなのムードメーカーになってくれるような人は黄色を着ても全く違和感はありません。

まさにその人にぴったりのイメージカラーを着ているような形となります。

黄色の服は派手ですが、若い明るい性格の子にしか似合わないというわけではありません。

50代くらいの方でも性格が明るい方にはマッチします。

2. よく笑う

よく笑う

性格が明るい人に少し似ていますが、よく笑うという笑う回数が多い女性も黄色が似合います。

想像して頂きたいのですが、黄色い服を着ていて暗い表情をずっとしている人に似合うと思いますか?

それなら断然よく笑う人の方がずっと黄色の服が似合うことは一目瞭然だと思います。

おしとやかな女優さんよりもアイドルの方が黄色い衣装を着ていることが多いと思いますが、よく笑顔を見せるアイドルはそれだけ黄色が似合うということです。

3. 年齢よりも若く見える

年齢よりも若く見える

子供はよく黄色い服を着ていますが、大人では黄色い服を着ている人はあまりいません。

冒頭で書いたように大人になるとコーディネートをするのが難しくなります。

黄色というのはどうしても派手な色なので大人になると派手過ぎないような着こなしをしたいと思うようになります。

そんなこともお構いなしに黄色を着こなすことが出来るのは年齢よりも顔が若く見える女性です。

他の言い方をすると童顔ですが、黄色はちょっと子供っぽく見える女性の方が違和感なく着こなすことが出来ます。

4. 金髪が似合う人

金髪が似合う人

一時期は金髪にしている女性も沢山いましたが、今はあまり見掛けなくなり茶髪の人が多いですよね。

ですが金髪にした時に似合うと言われた経験のある人であれば間違いなく黄色の服を着ても違和感はないでしょう。

日本人は黒髪がベースですが、金髪にしても変じゃないということは黄色い服を着てもちゃんと着こなすことが出来ます。

金髪にしているということは常に頭に黄色い帽子を身につけているようなものだからです。

逆に金髪にして違和感を感じる人は黄色い服を着てもやっぱり違和感が出てしまうでしょう。

5. ぽっちゃりしている

ぽっちゃりしている

意外にもぽっちゃりしている女性は黄色い服が似合います。

ぽっちゃりしているというだけで朗らかなイメージを抱く人も多いです。

黄色もお日様の光のような優しく朗らかなイメージがあるので丸顔でぽっちゃりしている女性が着ることでイメージに上手にマッチします。

痩せている女性ですとどうしても病的なイメージもありますが、ぽっちゃり女性からはそのようなイメージはありません。

太りすぎでなければ明るく健康な印象です。

ただ、黄色というカラーは似合いますがコーディネートをよく考えないと余計に太って見えてしまう色でもあるので自分に似合うデザインの服を選んだりコーデをよく考えましょう。

6. 素朴な顔立ちの人

素朴な顔立ちの人

これも意外かも知れませんが、美人な女性でも黄色が似合う人がいますが特別美人ではない素朴な顔立ちの女性も黄色の服は似合います。

もう黄色という色自体が既に派手なので、顔に派手さを求める必要はありません。

素朴な顔、言い方は悪いですが地味な顔と言われる人が派手である黄色い服を着ることにより派手すぎにならず良い感じに中和されることが出来るのです。

自分は地味顔だからと思っている人こそに黄色い服を着ることにチャレンジして欲しいです。

7. おバカキャラ

おバカキャラ

此処で言うおバカキャラというのは中傷するような意味でのバカではありません。

おバカなんだけどなんだか憎めないキャラクターを持っている女性も黄色の服が似合います。

女性ではありませんが、某長寿番組でおバカキャラの落語家が黄色い着物を着てテレビに出演していますが、ちょっと天然が入っていておバカなことを言ったりして人を笑わせるのが上手な人が黄色い服を着ていると違和感がありません。

もしこの落語家さんのカラーが黄色じゃない色の着物を着ていたらなんとなく違和感があると思いませんか?

バカでもいいから楽しければいいやというポジティブな気持ちが黄色を似合うようにさせているのです。

おバカキャラには無邪気で子供っぽさもあるのでそういう点も似合う理由です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

黄色い服が似合う女性の特徴をあれこれご紹介させて頂きましたが、これを読んで「もしかして自分も似合うかも知れない」と思った方は是非黄色い服を着て街に繰り出してみましょう。

性格が明るいただそれだけでも黄色い服は似合うので、似合う女性になりたいのならば明るい性格を目指してみるのも良いでしょう。

黄色は好きだけど黄色い服はあまり着ないという女性もいますよね。

街を歩いていても黄色い服の人が少なく感じるのはコーディネートするのが難しい色だからです。

そんな黄色い服が似合う女性のタイプはどんな特徴があるのでしょうか。


性格が明るい

黄色でも色々な種類がありますが、闇を感じさせるような暗い黄色はありません。

どの色でも黄色は明るい印象を与えます。

そこはやっぱり性格が明るい女性が黄色い服を着ると似合います。

元気が良くてみんなのムードメーカーになってくれるような人は黄色を着ても全く違和感はありません。

まさにその人にぴったりのイメージカラーを着ているような形となります。

黄色の服は派手ですが、若い明るい性格の子にしか似合わないというわけではありません。

50代くらいの方でも性格が明るい方にはマッチします。

よく笑う

性格が明るい人に少し似ていますが、よく笑うという笑う回数が多い女性も黄色が似合います。

想像して頂きたいのですが、黄色い服を着ていて暗い表情をずっとしている人に似合うと思いますか?

それなら断然よく笑う人の方がずっと黄色の服が似合うことは一目瞭然だと思います。

おしとやかな女優さんよりもアイドルの方が黄色い衣装を着ていることが多いと思いますが、よく笑顔を見せるアイドルはそれだけ黄色が似合うということです。

年齢よりも若く見える

子供はよく黄色い服を着ていますが、大人では黄色い服を着ている人はあまりいません。

冒頭で書いたように大人になるとコーディネートをするのが難しくなります。

黄色というのはどうしても派手な色なので大人になると派手過ぎないような着こなしをしたいと思うようになります。

そんなこともお構いなしに黄色を着こなすことが出来るのは年齢よりも顔が若く見える女性です。

他の言い方をすると童顔ですが、黄色はちょっと子供っぽく見える女性の方が違和感なく着こなすことが出来ます。

金髪が似合う人

一時期は金髪にしている女性も沢山いましたが、今はあまり見掛けなくなり茶髪の人が多いですよね。

ですが金髪にした時に似合うと言われた経験のある人であれば間違いなく黄色の服を着ても違和感はないでしょう。

日本人は黒髪がベースですが、金髪にしても変じゃないということは黄色い服を着てもちゃんと着こなすことが出来ます。

金髪にしているということは常に頭に黄色い帽子を身につけているようなものだからです。

逆に金髪にして違和感を感じる人は黄色い服を着てもやっぱり違和感が出てしまうでしょう。

ぽっちゃりしている

意外にもぽっちゃりしている女性は黄色い服が似合います。

ぽっちゃりしているというだけで朗らかなイメージを抱く人も多いです。

黄色もお日様の光のような優しく朗らかなイメージがあるので丸顔でぽっちゃりしている女性が着ることでイメージに上手にマッチします。

痩せている女性ですとどうしても病的なイメージもありますが、ぽっちゃり女性からはそのようなイメージはありません。

太りすぎでなければ明るく健康な印象です。

ただ、黄色というカラーは似合いますがコーディネートをよく考えないと余計に太って見えてしまう色でもあるので自分に似合うデザインの服を選んだりコーデをよく考えましょう。

素朴な顔立ちの人

これも意外かも知れませんが、美人な女性でも黄色が似合う人がいますが特別美人ではない素朴な顔立ちの女性も黄色の服は似合います。

もう黄色という色自体が既に派手なので、顔に派手さを求める必要はありません。

素朴な顔、言い方は悪いですが地味な顔と言われる人が派手である黄色い服を着ることにより派手すぎにならず良い感じに中和されることが出来るのです。

自分は地味顔だからと思っている人こそに黄色い服を着ることにチャレンジして欲しいです。

おバカキャラ

此処で言うおバカキャラというのは中傷するような意味でのバカではありません。

おバカなんだけどなんだか憎めないキャラクターを持っている女性も黄色の服が似合います。

女性ではありませんが、某長寿番組でおバカキャラの落語家が黄色い着物を着てテレビに出演していますが、ちょっと天然が入っていておバカなことを言ったりして人を笑わせるのが上手な人が黄色い服を着ていると違和感がありません。

もしこの落語家さんのカラーが黄色じゃない色の着物を着ていたらなんとなく違和感があると思いませんか?

バカでもいいから楽しければいいやというポジティブな気持ちが黄色を似合うようにさせているのです。

おバカキャラには無邪気で子供っぽさもあるのでそういう点も似合う理由です。

いかがでしたでしょうか。

黄色い服が似合う女性の特徴をあれこれご紹介させて頂きましたが、これを読んで「もしかして自分も似合うかも知れない」と思った方は是非黄色い服を着て街に繰り出してみましょう。

性格が明るいただそれだけでも黄色い服は似合うので、似合う女性になりたいのならば明るい性格を目指してみるのも良いでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-