【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171211141329.html
末っ子の女性の特徴

末っ子の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
末っ子の女性の特徴

末っ子の女性というのはわがままで甘えん坊というイメージが多いですが、器用で賢くなんでもできたりするものです。

そんな末っ子の女性に多い性格や特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

9つの点を考えてみましょう。

  • 頭がいい
  • 女姉妹の中では一番背が高いことが多い
  • 甘え上手
  • 負けず嫌いなところがある
  • 人間関係は良好である
  • 愛されやすい
  • 寂しがり屋である
  • 妬まれやすい
  • いつもお下がりばかりでセカンドものを身に着ける
  • まとめ

1. 頭がいい

頭がいい

末っ子の女の子は特に頭がいいことが多いです。

それは上の兄弟たちを見てきているからであり、長男とか長女というのはあまり器用ではないことが多いのですが、そんな 兄弟たちがどんなことをしてどんなふうになるのかを自然に観察することになり、賢さが身に着きます。

失敗しないことが多く、なんでも器用にこなしてしまうところがちょっと憎いくらいに感じることでしょう。

2. 女姉妹の中では一番背が高いことが多い

女姉妹の中では一番背が高いことが多い

3姉妹の家族の中で末っ子の女の子が一番背が高いと言うことが多いように感じる人たちは多いでしょう。

背が高いので長女や次女から羨ましいと思われたりすることが多く、スタイルが一番よいのも末っ子だったりします。

3. 甘え上手

甘え上手

末っ子の女は実に甘え上手であり、なんでも兄弟や姉妹に頼って甘えてしまいます。

その女の子はできないからやってとか、助けてといって年上の兄弟姉妹にお願いすると、彼らはそんな姿がかわいいので仕方がなく受け入れてしまうところがあり、甘えさせてしまうのです。

要領よく甘えることが上手で賢さがあります。

4. 負けず嫌いなところがある

負けず嫌いなところがある

いつも比べられることが多い環境で育つこともあり、自分の兄弟や姉妹には負けたくないという気持ちがあったりします。

負けず嫌いであり、たかがゲームでもむきになるところがあったりします。

負けるともう一回やるといったり、勝つまではやめないとわがままに振舞うことも少なくありません。

時には年上の兄弟がわざと負けて妹の機嫌を考えて勝たせてあげると言うこともあるに違いありません。

5. 人間関係は良好である

人間関係は良好である

末っ子の女の子は比較的世渡り上手なところがあり、誰とでもそれなりにうまく付き合うことができる器用な一面があります。

敵を作らないようにして相手の気持ちや雰囲気を読むことができたりするので、それに応じた対応ができたりします。

それで人間関係は良好であり、家庭の中だけではなく、職場でも上手に振舞うことができたりします。

6. 愛されやすい

愛されやすい

甘え上手というのは得なもので、愛され上手であるともいえます。

人は甘えられるとかわいがりたくなるのであり、異性との恋愛において甘えることができる女性というのは愛されます。

男性はそんな女性を愛するし、逆につんとしていて男に甘えることができない女性は異性を寄せ付けないような雰囲気を与えてしまいます。

末っ子女子は隙のある雰囲気があり、人懐っこかったりするので、特に異性からはモテるかもしれません。

7. 寂しがり屋である

寂しがり屋である

いつもちやほやされて育ったところがある末っ子の女の子は、大人になってもちやほやされていたいし、放っとかれて一人になるのはとても寂しく我慢ができなかったりします。

誰かに構って欲しい、そんな気持ちが強く、相手にされないことはかなりつらいのです。

寂しがり屋であり、誰かと一緒にいたい気持ちがあります。

8. 妬まれやすい

妬まれやすい

末っ子というのは甘やかれて育つゆえに兄弟や姉妹から妬まれやすいし、恨まれることさえあるかもしれません。

なんでも要領よく苦労していないように見えてずるい女であるという見方をする人もいることでしょう。

自分は苦労して育ったけど末っ子はほとんど苦労はないし、なんでも与えられるしお調子者だと、まるで不公平な気持ちになるのです。

兄弟や姉妹、また他の人からも妬まれて嫌な思いをすることがあるかもしれません。

9. いつもお下がりばかりでセカンドものを身に着ける

いつもお下がりばかりでセカンドものを身に着ける

末っ子というのはなにかと上の兄弟や姉妹が使っていたものがおさがりとして自分の前に置かれることが多く、新品をあまり購入してもらえないというつらい経験をすることがあります。

いつもセカンドものであり、長女や次女の名前の書いてあるものばかりを使うことは珍しいことではありません。

それに家庭環境も子供が増えていることであまり贅沢はできず、節約する毎日という感じになりやすいので、その点ではちょっと我慢することが多いのです。

とはいえいろいろな人たちからプレゼントとして貰ったりすることも多く、ワクワクすることがないわけではありません。

まとめ

末っ子というのは、かわいがられて育つことが多いので、愛をいっぱい受けるし、どちらかというと伸び伸びとした環境で大きくなったところがあるので、多少わがままで甘えん坊とはいえ愛されやすく誰とでも仲良くすることができる賢さを身に着けていることが多いです。

他の人に器用に甘えることができるというのはなかなかできないことですが、末っ子女子というのは、そのようなことが自然にできてしまうところがあり羨ましいと思われたりします。

人恋しくて良好な人間関係を必要とするところがあります。

末っ子の女性というのはわがままで甘えん坊というイメージが多いですが、器用で賢くなんでもできたりするものです。

そんな末っ子の女性に多い性格や特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

9つの点を考えてみましょう。


頭がいい

末っ子の女の子は特に頭がいいことが多いです。

それは上の兄弟たちを見てきているからであり、長男とか長女というのはあまり器用ではないことが多いのですが、そんな 兄弟たちがどんなことをしてどんなふうになるのかを自然に観察することになり、賢さが身に着きます。

失敗しないことが多く、なんでも器用にこなしてしまうところがちょっと憎いくらいに感じることでしょう。

女姉妹の中では一番背が高いことが多い

3姉妹の家族の中で末っ子の女の子が一番背が高いと言うことが多いように感じる人たちは多いでしょう。

背が高いので長女や次女から羨ましいと思われたりすることが多く、スタイルが一番よいのも末っ子だったりします。

甘え上手

末っ子の女は実に甘え上手であり、なんでも兄弟や姉妹に頼って甘えてしまいます。

その女の子はできないからやってとか、助けてといって年上の兄弟姉妹にお願いすると、彼らはそんな姿がかわいいので仕方がなく受け入れてしまうところがあり、甘えさせてしまうのです。

要領よく甘えることが上手で賢さがあります。

負けず嫌いなところがある

いつも比べられることが多い環境で育つこともあり、自分の兄弟や姉妹には負けたくないという気持ちがあったりします。

負けず嫌いであり、たかがゲームでもむきになるところがあったりします。

負けるともう一回やるといったり、勝つまではやめないとわがままに振舞うことも少なくありません。

時には年上の兄弟がわざと負けて妹の機嫌を考えて勝たせてあげると言うこともあるに違いありません。

人間関係は良好である

末っ子の女の子は比較的世渡り上手なところがあり、誰とでもそれなりにうまく付き合うことができる器用な一面があります。

敵を作らないようにして相手の気持ちや雰囲気を読むことができたりするので、それに応じた対応ができたりします。

それで人間関係は良好であり、家庭の中だけではなく、職場でも上手に振舞うことができたりします。

愛されやすい

甘え上手というのは得なもので、愛され上手であるともいえます。

人は甘えられるとかわいがりたくなるのであり、異性との恋愛において甘えることができる女性というのは愛されます。

男性はそんな女性を愛するし、逆につんとしていて男に甘えることができない女性は異性を寄せ付けないような雰囲気を与えてしまいます。

末っ子女子は隙のある雰囲気があり、人懐っこかったりするので、特に異性からはモテるかもしれません。

寂しがり屋である

いつもちやほやされて育ったところがある末っ子の女の子は、大人になってもちやほやされていたいし、放っとかれて一人になるのはとても寂しく我慢ができなかったりします。

誰かに構って欲しい、そんな気持ちが強く、相手にされないことはかなりつらいのです。

寂しがり屋であり、誰かと一緒にいたい気持ちがあります。

妬まれやすい

末っ子というのは甘やかれて育つゆえに兄弟や姉妹から妬まれやすいし、恨まれることさえあるかもしれません。

なんでも要領よく苦労していないように見えてずるい女であるという見方をする人もいることでしょう。

自分は苦労して育ったけど末っ子はほとんど苦労はないし、なんでも与えられるしお調子者だと、まるで不公平な気持ちになるのです。

兄弟や姉妹、また他の人からも妬まれて嫌な思いをすることがあるかもしれません。

いつもお下がりばかりでセカンドものを身に着ける

末っ子というのはなにかと上の兄弟や姉妹が使っていたものがおさがりとして自分の前に置かれることが多く、新品をあまり購入してもらえないというつらい経験をすることがあります。

いつもセカンドものであり、長女や次女の名前の書いてあるものばかりを使うことは珍しいことではありません。

それに家庭環境も子供が増えていることであまり贅沢はできず、節約する毎日という感じになりやすいので、その点ではちょっと我慢することが多いのです。

とはいえいろいろな人たちからプレゼントとして貰ったりすることも多く、ワクワクすることがないわけではありません。

末っ子というのは、かわいがられて育つことが多いので、愛をいっぱい受けるし、どちらかというと伸び伸びとした環境で大きくなったところがあるので、多少わがままで甘えん坊とはいえ愛されやすく誰とでも仲良くすることができる賢さを身に着けていることが多いです。

他の人に器用に甘えることができるというのはなかなかできないことですが、末っ子女子というのは、そのようなことが自然にできてしまうところがあり羨ましいと思われたりします。

人恋しくて良好な人間関係を必要とするところがあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-