【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171211140718.html
古風な女性の特徴

古風な女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
古風な女性の特徴

いつの時代も、どの年代の男性から愛される、古風な女性に共通する考え、性格、思想、特徴をご紹介します。

  • 見た目が地味で大人しい
  • 礼儀正しく、マナーが身についている
  • 家族を大切にしている
  • 家庭的で気配り上手である
  • 自己主張が控えめで、相手の意見を尊重する
  • 励まし上手、サポート上手である
  • 貞操観念が強い
  • 何事にも丁寧である
  • まとめ

1. 見た目が地味で大人しい

見た目が地味で大人しい

まず古風な女性は、見た目が控えめであることが特徴として挙げられます。

洋服は清楚さや上品さをモットーに選び、奇をてらったファッションを嫌います。

メイクは控えめで、口紅やチークに使う色も、派手に目立つカラーをつけません。

髪色は比較的黒色に近く、髪を染める場合も、ダークブラウン等の地味な色を選び、おとなしい印象のヘアスタイルにします。

爪にはネイルアートはせず、その代わりにいつもきちんと手入れがしてあります。

2. 礼儀正しく、マナーが身についている

礼儀正しく、マナーが身についている

古風な女性の特徴として、正しい礼儀作法が身についていることが挙げられます。

具体例としては、食事の時の箸の使い方が上手である、ちょっとした時にハンカチやティッシュがすぐに出せる、ラーメンを食べる時に髪をキチンと結う等です。

マナーが正しく実践できるということは、茶道や華道などの古風な習い事に由来する可能性もあり、日常的な動作の中で、育ちの良さや上品さが感じられ、ポイントが高いです。

それを見た男性は、高級なレストランに連れて行っても、両親の前に出しても恥ずかしくないな、という好印象を抱きます。

3. 家族を大切にしている

家族を大切にしている

古風な女性には、親に愛され大切にされてきたような、育ちの良さが感じられます。

例えば、親の誕生日をしっかり覚えていて贈り物をしている、定期的に家族の集まりごとが開かれている、兄弟姉妹で仲が良く連絡を取りあっている等です。

こうした話題は、その背景に家族の円満な関係がほの見え、保守的で古風な家庭で育ったのだという印象を抱きます。

そういう話を男性側が聞くと、彼女と結婚すれば、同じように円満な家庭が築けるのでは、というプラスのイメージにつながります。

4. 家庭的で気配り上手である

家庭的で気配り上手である

古風な女性は、家庭的な作業が得意です。

サザエさんに登場する「フネさん」のように、料理、洗濯、掃除といった、昔の専業主婦がこなす業務全般をそつなくこなします。

具体的には、手料理が上手、お茶やコーヒーの淹れ方が上手、シャツのアイロンがきちんとかかっている等です。

職場では、お客様へ上手にお茶をだす、ファイル整理が上手、日差しにあわせてブラインドを調節する、コピー用紙が途切れないようまめに補充する等で、こうした気配り上手な行動には、家庭でのしつけの良さや古風さが感じられます。

5. 自己主張が控えめで、相手の意見を尊重する

自己主張が控えめで、相手の意見を尊重する

古風な女性は、自己主張が控えめです。

性格的に、自分の主張を前面に押し出すのが苦手であり、いつも男性から一歩ひき、後ろについていく行動をとります。

古風な女性を奥さんや彼女にすると、常に男性の意見を尊重してくれるため、男性側は居心地がよいため、古風な女性がモテる理由となっています。

ただし「どんなもの食べたい?」と聞かれて「なんでもいい」と答えるのは古風な女性ではありません。

尋ねられた質問には、自分の気持ちや考えを素直に丁寧に伝えられることも、古風な女性の条件です。

6. 励まし上手、サポート上手である

励まし上手、サポート上手である

古風な女性は控えめな立場で、サポート役に徹するのが上手です。

落ち込んだ人や困っている人を支える方が得意で、内助の功として献身的に尽くします。

話すことより、聞くことの方が上手で、悩みや苦しみに対して、励ますことにも慣れています。

普段言えないことも言えるように引き出せる、聞き手としてのテクニックに長けているので、つい悩みを打ち明けて、励ましの言葉をもらいたくなる存在です。

7. 貞操観念が強い

貞操観念が強い

古風の対義語は今風、現代風になります。

時代を経るごとに、欧米的な思想に影響を強く受けてきている日本では、より自由な考えや恋愛が尊重され、モラルも徐々に低くなってきていると言われています。

古風な女性は、そういった現代におけるみだらさとは無縁であり、強い貞操観念をもっています。

恋愛に大らかで、異性関係が派手な女友達がいたとしても、古風な女性は進歩的な考えに流されることがありません。

8. 何事にも丁寧である

何事にも丁寧である

古風な女性は、斬新さより伝統的な方法を好みます。

そのため、最新アイテムより、少し前の、古さを感じるアイテムを上手に使います。

スマホよりガラケーを好んだり、編み物やミシンでハンドメイドを楽しんだり、時間があれば昆布と削り節で出汁をとる、といった行動をとります。

手紙や葉書きを書いて送るマメさもあり、季節の挨拶や返礼なども丁寧で、この点がどの年代にも好かれる要素にもなっています。

まとめ

古風な女性は、言い換えれば古めかしい行動がとれるということであり、日本の女性が昔から行ってきたような所作に、古風さが秘められています。

自己主張をせず、家庭的な行動が上手にでき、聞き上手であるといった古風な女性を真似るのは、現代の女性にはハードルが少し高いかもしれませんが、男性にとっては居心地のいい存在であることも事実です。

ぜひこれらの特徴を理解して、モテる古風な女性を目指してみてください。

いつの時代も、どの年代の男性から愛される、古風な女性に共通する考え、性格、思想、特徴をご紹介します。


見た目が地味で大人しい

まず古風な女性は、見た目が控えめであることが特徴として挙げられます。

洋服は清楚さや上品さをモットーに選び、奇をてらったファッションを嫌います。

メイクは控えめで、口紅やチークに使う色も、派手に目立つカラーをつけません。

髪色は比較的黒色に近く、髪を染める場合も、ダークブラウン等の地味な色を選び、おとなしい印象のヘアスタイルにします。

爪にはネイルアートはせず、その代わりにいつもきちんと手入れがしてあります。

礼儀正しく、マナーが身についている

古風な女性の特徴として、正しい礼儀作法が身についていることが挙げられます。

具体例としては、食事の時の箸の使い方が上手である、ちょっとした時にハンカチやティッシュがすぐに出せる、ラーメンを食べる時に髪をキチンと結う等です。

マナーが正しく実践できるということは、茶道や華道などの古風な習い事に由来する可能性もあり、日常的な動作の中で、育ちの良さや上品さが感じられ、ポイントが高いです。

それを見た男性は、高級なレストランに連れて行っても、両親の前に出しても恥ずかしくないな、という好印象を抱きます。

家族を大切にしている

古風な女性には、親に愛され大切にされてきたような、育ちの良さが感じられます。

例えば、親の誕生日をしっかり覚えていて贈り物をしている、定期的に家族の集まりごとが開かれている、兄弟姉妹で仲が良く連絡を取りあっている等です。

こうした話題は、その背景に家族の円満な関係がほの見え、保守的で古風な家庭で育ったのだという印象を抱きます。

そういう話を男性側が聞くと、彼女と結婚すれば、同じように円満な家庭が築けるのでは、というプラスのイメージにつながります。

家庭的で気配り上手である

古風な女性は、家庭的な作業が得意です。

サザエさんに登場する「フネさん」のように、料理、洗濯、掃除といった、昔の専業主婦がこなす業務全般をそつなくこなします。

具体的には、手料理が上手、お茶やコーヒーの淹れ方が上手、シャツのアイロンがきちんとかかっている等です。

職場では、お客様へ上手にお茶をだす、ファイル整理が上手、日差しにあわせてブラインドを調節する、コピー用紙が途切れないようまめに補充する等で、こうした気配り上手な行動には、家庭でのしつけの良さや古風さが感じられます。

自己主張が控えめで、相手の意見を尊重する

古風な女性は、自己主張が控えめです。

性格的に、自分の主張を前面に押し出すのが苦手であり、いつも男性から一歩ひき、後ろについていく行動をとります。

古風な女性を奥さんや彼女にすると、常に男性の意見を尊重してくれるため、男性側は居心地がよいため、古風な女性がモテる理由となっています。

ただし「どんなもの食べたい?」と聞かれて「なんでもいい」と答えるのは古風な女性ではありません。

尋ねられた質問には、自分の気持ちや考えを素直に丁寧に伝えられることも、古風な女性の条件です。

励まし上手、サポート上手である

古風な女性は控えめな立場で、サポート役に徹するのが上手です。

落ち込んだ人や困っている人を支える方が得意で、内助の功として献身的に尽くします。

話すことより、聞くことの方が上手で、悩みや苦しみに対して、励ますことにも慣れています。

普段言えないことも言えるように引き出せる、聞き手としてのテクニックに長けているので、つい悩みを打ち明けて、励ましの言葉をもらいたくなる存在です。

貞操観念が強い

古風の対義語は今風、現代風になります。

時代を経るごとに、欧米的な思想に影響を強く受けてきている日本では、より自由な考えや恋愛が尊重され、モラルも徐々に低くなってきていると言われています。

古風な女性は、そういった現代におけるみだらさとは無縁であり、強い貞操観念をもっています。

恋愛に大らかで、異性関係が派手な女友達がいたとしても、古風な女性は進歩的な考えに流されることがありません。

何事にも丁寧である

古風な女性は、斬新さより伝統的な方法を好みます。

そのため、最新アイテムより、少し前の、古さを感じるアイテムを上手に使います。

スマホよりガラケーを好んだり、編み物やミシンでハンドメイドを楽しんだり、時間があれば昆布と削り節で出汁をとる、といった行動をとります。

手紙や葉書きを書いて送るマメさもあり、季節の挨拶や返礼なども丁寧で、この点がどの年代にも好かれる要素にもなっています。

古風な女性は、言い換えれば古めかしい行動がとれるということであり、日本の女性が昔から行ってきたような所作に、古風さが秘められています。

自己主張をせず、家庭的な行動が上手にでき、聞き上手であるといった古風な女性を真似るのは、現代の女性にはハードルが少し高いかもしれませんが、男性にとっては居心地のいい存在であることも事実です。

ぜひこれらの特徴を理解して、モテる古風な女性を目指してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-