【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171210130854.html
近寄りがたいオーラのある人の特徴

近寄りがたいオーラのある人の特徴 | LADYCO

LADYCO
近寄りがたいオーラのある人の特徴

近寄り難いオーラのある人が時々います。

異質な雰囲気であり、近づくと問題に巻き込まれそうという感じを与えてしまっているのです。

どのようなタイプがそうした人になるのか、10の特徴を考えてみましょう。

  • ギラギラしている
  • 美し過ぎる女性
  • 入れ墨やタトゥーを入れている人
  • ギャルメイクな女性
  • 笑顔がなく冷酷な雰囲気を出している人
  • 芸術肌な人
  • 目力が強くて怖い雰囲気
  • 頭が良くてなんでも見透かしているような雰囲気の人
  • きれいな白人
  • すぐにキレる人
  • まとめ

1. ギラギラしている

ギラギラしている

とっても派手でギラギラした服を着ている人は近寄り難い感じがします。

マイワールドに入っているのであり、あまりに異質の雰囲気なので一緒にいたいという気持ちにもなりません。

派手で独特のセンスをしており、人を寄せ付けないようなオーラを発しています。

2. 美し過ぎる女性

美し過ぎる女性

あまりにもきれいでモデルのような美しさを持つ女性には近寄り難いオーラを感じることがあります。

きれいでメイクもばっちり、住む世界がまるで違うような雰囲気を放っており、庶民的なところが全くありません。

そのような美しくてきれいな女性は異性はもちろんのこと、同性でも近寄りにくいと感じてしまいますし、そのような女性は意外と恋がなかなかできないタイプかもしれません。

3. 入れ墨やタトゥーを入れている人

入れ墨やタトゥーを入れている人

入れ墨やタトゥーを入れている人、特にそれもワンポイントではなく、けっこう大きめであり、目立つ感じだと近寄り難いオーラのようなものを感じます。

男性であればやくざ系かもしれないという意味で近寄り難いですし、女性のタトゥーもやはりちょっと異質な感じがして怖さというか気軽な雰囲気はしません。

そしてそのような肌に入れ墨を入れている人というのは、ちょっと反抗的なイメージで見られてしまいやすいのも確かです。

4. ギャルメイクな女性

ギャルメイクな女性

とっても厚くて派手な化粧をしている、いわばギャルメイクな若い女性は近寄り難いオーラを出しており、人を寄せ付けないような雰囲気があります。

肌の色も凄いし、髪型も洋服のセンスもぶっ飛んでいる感じであり、まるで誰も来ないで、と言っているような雰囲気さえあります。

まるで別の世界から来たようなそんな感じがしてしまいます。

5. 笑顔がなく冷酷な雰囲気を出している人

笑顔がなく冷酷な雰囲気を出している人

笑顔が全くなくていったい何を考えているのかわからない、何に関心があるのか、謎な雰囲気のする人はオーラを出しており、近づきにくさを感じるものです。

少しでも笑顔を出してくれるとほっとするのですが、無愛想に無表情、何を言うか何をするのか、全く予想ができないような雰囲気の人にはできるだけ近づきたくないという気持ちになってしまいます。

6. 芸術肌な人

芸術肌な人

カリスマ的な雰囲気があり、独自路線を突き進む、ある意味芸術家に多いタイプの人です。

誰かの物まねをしようとすることがなく、誰かの影響もほとんど受けない、自分がしたいと思うことだけをし、他の人がなにをするかにあまり関心がありません。

人を寄せ付けないタイプであり、そんなカリスマ的な、あるいは芸術肌を持っている人にはオーラが出ています。

7. 目力が強くて怖い雰囲気

目力が強くて怖い雰囲気

目が大きくてぎろっとしており、睨まれると凄い雰囲気を持つ人です。

目のその特徴が強過ぎて怖いと感じますし、そんな人に冷めた目で見られると自分がなにか悪いことをしたのか不安になってしまいます。

目つきが悪く、目力があり過ぎる人というのは、独特のオーラがあります。

8. 頭が良くてなんでも見透かしているような雰囲気の人

頭が良くてなんでも見透かしているような雰囲気の人

頭が良くて1を聞けば10を知るくらいに他の人を分析したりすることができてしまう人です。

その人に見られると、まるで心の中まで見透かされているような気がして嫌なものです。

そしてそのような人はいつもあの人はこういうタイプの人、この人はこんなところがあるということを自慢げに話しており、そんなことをするような人のそばには近寄りたくないと思ってしまいます。

9. きれいな白人

きれいな白人

日本人は特にきれいな白人、背が高くてお洒落で素敵な人がいると近づきがたいオーラを感じてしまいます。

英語が苦手ということもありますが、その文化の違いと美しさ、脚の長さや背丈、髪の色などどれをとっても自分と比較されるように見られることが嫌ですし、コミュニケーションそのものに問題が起きることは見えているために、近づくことができません。

10. すぐにキレる人

すぐにキレる人

すぐにキレる人は近寄り難いオーラのようなものがあります。

そのような人には腫物に触るようなところがあるために、できるだけ触りたくないし関わり合いを持ちたくない気持ちゆえに近づきたくないのです。

どこのタイミングで切れるのかがわからないし予想がつかない部分があるために、恐ろしくて近寄れません。

まとめ

近寄り難いオーラを出す人というのは意識してそうしている人もいれば、その人の性格や雰囲気ゆえに結果としてそうなってしまっている人もいます。

近寄り難い雰囲気を持つ人というのは、性格に問題があったり扱いにくいという印象を与えており、人間関係は希薄で難しくなりやすいです。

女性はあまりにも美にこだわり過ぎるあまり異性を寄せ付けないイメージを与えてしまうこともあるために、ほどほどにした方がよいこともあります。

近寄り難いオーラのある人が時々います。

異質な雰囲気であり、近づくと問題に巻き込まれそうという感じを与えてしまっているのです。

どのようなタイプがそうした人になるのか、10の特徴を考えてみましょう。


ギラギラしている

とっても派手でギラギラした服を着ている人は近寄り難い感じがします。

マイワールドに入っているのであり、あまりに異質の雰囲気なので一緒にいたいという気持ちにもなりません。

派手で独特のセンスをしており、人を寄せ付けないようなオーラを発しています。

美し過ぎる女性

あまりにもきれいでモデルのような美しさを持つ女性には近寄り難いオーラを感じることがあります。

きれいでメイクもばっちり、住む世界がまるで違うような雰囲気を放っており、庶民的なところが全くありません。

そのような美しくてきれいな女性は異性はもちろんのこと、同性でも近寄りにくいと感じてしまいますし、そのような女性は意外と恋がなかなかできないタイプかもしれません。

入れ墨やタトゥーを入れている人

入れ墨やタトゥーを入れている人、特にそれもワンポイントではなく、けっこう大きめであり、目立つ感じだと近寄り難いオーラのようなものを感じます。

男性であればやくざ系かもしれないという意味で近寄り難いですし、女性のタトゥーもやはりちょっと異質な感じがして怖さというか気軽な雰囲気はしません。

そしてそのような肌に入れ墨を入れている人というのは、ちょっと反抗的なイメージで見られてしまいやすいのも確かです。

ギャルメイクな女性

とっても厚くて派手な化粧をしている、いわばギャルメイクな若い女性は近寄り難いオーラを出しており、人を寄せ付けないような雰囲気があります。

肌の色も凄いし、髪型も洋服のセンスもぶっ飛んでいる感じであり、まるで誰も来ないで、と言っているような雰囲気さえあります。

まるで別の世界から来たようなそんな感じがしてしまいます。

笑顔がなく冷酷な雰囲気を出している人

笑顔が全くなくていったい何を考えているのかわからない、何に関心があるのか、謎な雰囲気のする人はオーラを出しており、近づきにくさを感じるものです。

少しでも笑顔を出してくれるとほっとするのですが、無愛想に無表情、何を言うか何をするのか、全く予想ができないような雰囲気の人にはできるだけ近づきたくないという気持ちになってしまいます。

芸術肌な人

カリスマ的な雰囲気があり、独自路線を突き進む、ある意味芸術家に多いタイプの人です。

誰かの物まねをしようとすることがなく、誰かの影響もほとんど受けない、自分がしたいと思うことだけをし、他の人がなにをするかにあまり関心がありません。

人を寄せ付けないタイプであり、そんなカリスマ的な、あるいは芸術肌を持っている人にはオーラが出ています。

目力が強くて怖い雰囲気

目が大きくてぎろっとしており、睨まれると凄い雰囲気を持つ人です。

目のその特徴が強過ぎて怖いと感じますし、そんな人に冷めた目で見られると自分がなにか悪いことをしたのか不安になってしまいます。

目つきが悪く、目力があり過ぎる人というのは、独特のオーラがあります。

頭が良くてなんでも見透かしているような雰囲気の人

頭が良くて1を聞けば10を知るくらいに他の人を分析したりすることができてしまう人です。

その人に見られると、まるで心の中まで見透かされているような気がして嫌なものです。

そしてそのような人はいつもあの人はこういうタイプの人、この人はこんなところがあるということを自慢げに話しており、そんなことをするような人のそばには近寄りたくないと思ってしまいます。

きれいな白人

日本人は特にきれいな白人、背が高くてお洒落で素敵な人がいると近づきがたいオーラを感じてしまいます。

英語が苦手ということもありますが、その文化の違いと美しさ、脚の長さや背丈、髪の色などどれをとっても自分と比較されるように見られることが嫌ですし、コミュニケーションそのものに問題が起きることは見えているために、近づくことができません。

すぐにキレる人

すぐにキレる人は近寄り難いオーラのようなものがあります。

そのような人には腫物に触るようなところがあるために、できるだけ触りたくないし関わり合いを持ちたくない気持ちゆえに近づきたくないのです。

どこのタイミングで切れるのかがわからないし予想がつかない部分があるために、恐ろしくて近寄れません。

近寄り難いオーラを出す人というのは意識してそうしている人もいれば、その人の性格や雰囲気ゆえに結果としてそうなってしまっている人もいます。

近寄り難い雰囲気を持つ人というのは、性格に問題があったり扱いにくいという印象を与えており、人間関係は希薄で難しくなりやすいです。

女性はあまりにも美にこだわり過ぎるあまり異性を寄せ付けないイメージを与えてしまうこともあるために、ほどほどにした方がよいこともあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-