【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171210130801.html
パンクセクシャルの人の特徴

パンクセクシャルの人の特徴 | LADYCO

LADYCO
パンクセクシャルの人の特徴

最近、有名芸能人が自分の「性」についてカミングアウトをしたりすることもあり、世の中が「性」についてオープンになってきました。

それと同時に恋愛に関しても、さまざまなカタチが出てきましたし、そういったカタチを言葉にしてそれも浸透してきました。

恋愛対象が、女性であったり男性であったり、その両方という人もいます。

これの全てに当てはまり、またどれにも当てはまらないのが、「パンクセクシャル」です。

バイセクシャルと似てはいますが、少し違います。

パンクセクシャルの人にとって、恋愛対象者はその恋愛において「性」に頓着しないのです。

今回は「パンクセクシャルの特徴」について書いていきます。

  • ウワサに流されない人
  • 自分自身がジェンダーレスである
  • 女性であれ男性であれタッチが多い
  • 誰に対しても分け隔てなく親切である
  • 周りに人が集まりやすい
  • 聞き上手
  • まとめ

1. ウワサに流されない人

ウワサに流されない人

パンクセクシャルというのは、まだまだ少数派ということもあり恋愛に対して人とは異なった独特な感覚や価値観を持っていることが多いです。

ですので、恋愛対象者としての評価は自分の目で見て、関わって判断します。

そこに他人からの評価、つまりはウワサに影響を受けにくいのです。

ですので、人のウワサを聞いても同調することが少ないでしょう。

または、“ウワサをする"という状況を好まないということもあります。

2. 自分自身がジェンダーレスである

自分自身がジェンダーレスである

恋愛対象者の性別は、恋愛において重要ではないので自分自身においても、「性別」に関して頓着しないことが多いといえます。

人が「性」を表現する、1番手っ取り早い方法は「ファッション」です。

ジェンダーレスの人は、自分のファッションにおいて重要視することは「似合うかどうか」です。

男性でもスカートを穿いてみたり、女性でも髪を男性並みに短髪にしたりします。

それはときに、周囲からは“奇抜"とも受け取られることがあるでしょう。

3. 女性であれ男性であれタッチが多い

女性であれ男性であれタッチが多い

タッチが多いということは、人に対して距離感が近いということです。

それは、自分の性別に関わらずどんな人でも恋愛対象に入ってくる可能性があるからです。

女性や男性という枠に人をハメないことで、恋愛対象になり得る選択肢が通常の人よりも多いのです。

そして、パンクセクシャルの人は人の「性」にとらわれないので、その人の本質を見るために人との距離感が近くなりがちといえます。

その距離の近さが“タッチ"に現れるのです。

4. 誰に対しても分け隔てなく親切である

誰に対しても分け隔てなく親切である

パンクセクシャルの人は、漢字に表すと「全性愛」となります。

つまりは、女性や男性あるいは性同一性障害という人でも関係なく、恋愛対象者になり得るわけです。

これを簡単に理解しようとなると、「人が好き」なのです。

ですので、人に対して親切であるということがいえるのです。

5. 周りに人が集まりやすい

周りに人が集まりやすい

人は誰かと一緒にいるとき、異性といれば若干の緊張感を抱いたり、同性といるときの安心感や心地良さという気持ちを抱くことがあるでしょう。

それはお互いを、「性」として捉え相手が自分のことを「友人」と位置付けているのか、もしくは「恋人候補」という位置付けであるのかに大きく左右されます。

しかし、その相手が“パンクセクシャル"であればそのどちらにも当てはまる可能性があるのです。

となれば、パンクセクシャルの人と一緒にいる人は「緊張感」「安心感」「心地よさ」というさまざまな感情を抱くことになるのです。

そういったことは、なかなかあるものではありません。

その不思議な感情や気持ちを「神秘的」と感じたりして、人を惹きつけるのです。

6. 聞き上手

聞き上手

聞き上手というのは、人から相談されやすいということもあります。

パンクセクシャルの人が、他人を評価するときにはその人の本質を見ることが多いのである意味では「他人を見る目がある」という場合が多くなってきます。

そうなれば、周りの人からの信頼も厚くなってきやすいのです。

そうして、人から相談を持ちかけられたりする機会が多くなります。

こうして周囲の人からは「聞き上手」という印象を持たれやすいのです。

まとめ

パンクセクシャルというのは、人を「性」として捉えないことで、人をその本質で理解・評価するのです。

そのような他の人とは違った感性を持っているために、他人からの人に関する「ウワサ話」に流されることは少ないといえます。

また、恋愛対象者を「性」で判断することがないため自分自身が「性」に執着しないことが多いのです。

つまり“ジェンダーレス"であるということです。

パンクセクシャルの人にとって、恋愛において年齢や職業などの条件があったとしても「性」については関係がないために「恋人候補」になり得る人というのはほかの人に比べて、多いのです。

ですので人に対して距離感が近かったり、優しいという特徴があります。

そして、その優しいところや人とは異なる感覚を持っているということで、パンクセクシャルの人が他人に与える印象は独特なものになるのです。

それを「神秘的、ミステリアス」と感じる人も多く人を寄せ付ける魅力ともなるのです。

最近、有名芸能人が自分の「性」についてカミングアウトをしたりすることもあり、世の中が「性」についてオープンになってきました。

それと同時に恋愛に関しても、さまざまなカタチが出てきましたし、そういったカタチを言葉にしてそれも浸透してきました。

恋愛対象が、女性であったり男性であったり、その両方という人もいます。

これの全てに当てはまり、またどれにも当てはまらないのが、「パンクセクシャル」です。

バイセクシャルと似てはいますが、少し違います。

パンクセクシャルの人にとって、恋愛対象者はその恋愛において「性」に頓着しないのです。

今回は「パンクセクシャルの特徴」について書いていきます。


ウワサに流されない人

パンクセクシャルというのは、まだまだ少数派ということもあり恋愛に対して人とは異なった独特な感覚や価値観を持っていることが多いです。

ですので、恋愛対象者としての評価は自分の目で見て、関わって判断します。

そこに他人からの評価、つまりはウワサに影響を受けにくいのです。

ですので、人のウワサを聞いても同調することが少ないでしょう。

または、“ウワサをする"という状況を好まないということもあります。

自分自身がジェンダーレスである

恋愛対象者の性別は、恋愛において重要ではないので自分自身においても、「性別」に関して頓着しないことが多いといえます。

人が「性」を表現する、1番手っ取り早い方法は「ファッション」です。

ジェンダーレスの人は、自分のファッションにおいて重要視することは「似合うかどうか」です。

男性でもスカートを穿いてみたり、女性でも髪を男性並みに短髪にしたりします。

それはときに、周囲からは“奇抜"とも受け取られることがあるでしょう。

女性であれ男性であれタッチが多い

タッチが多いということは、人に対して距離感が近いということです。

それは、自分の性別に関わらずどんな人でも恋愛対象に入ってくる可能性があるからです。

女性や男性という枠に人をハメないことで、恋愛対象になり得る選択肢が通常の人よりも多いのです。

そして、パンクセクシャルの人は人の「性」にとらわれないので、その人の本質を見るために人との距離感が近くなりがちといえます。

その距離の近さが“タッチ"に現れるのです。

誰に対しても分け隔てなく親切である

パンクセクシャルの人は、漢字に表すと「全性愛」となります。

つまりは、女性や男性あるいは性同一性障害という人でも関係なく、恋愛対象者になり得るわけです。

これを簡単に理解しようとなると、「人が好き」なのです。

ですので、人に対して親切であるということがいえるのです。

周りに人が集まりやすい

人は誰かと一緒にいるとき、異性といれば若干の緊張感を抱いたり、同性といるときの安心感や心地良さという気持ちを抱くことがあるでしょう。

それはお互いを、「性」として捉え相手が自分のことを「友人」と位置付けているのか、もしくは「恋人候補」という位置付けであるのかに大きく左右されます。

しかし、その相手が“パンクセクシャル"であればそのどちらにも当てはまる可能性があるのです。

となれば、パンクセクシャルの人と一緒にいる人は「緊張感」「安心感」「心地よさ」というさまざまな感情を抱くことになるのです。

そういったことは、なかなかあるものではありません。

その不思議な感情や気持ちを「神秘的」と感じたりして、人を惹きつけるのです。

聞き上手

聞き上手というのは、人から相談されやすいということもあります。

パンクセクシャルの人が、他人を評価するときにはその人の本質を見ることが多いのである意味では「他人を見る目がある」という場合が多くなってきます。

そうなれば、周りの人からの信頼も厚くなってきやすいのです。

そうして、人から相談を持ちかけられたりする機会が多くなります。

こうして周囲の人からは「聞き上手」という印象を持たれやすいのです。

パンクセクシャルというのは、人を「性」として捉えないことで、人をその本質で理解・評価するのです。

そのような他の人とは違った感性を持っているために、他人からの人に関する「ウワサ話」に流されることは少ないといえます。

また、恋愛対象者を「性」で判断することがないため自分自身が「性」に執着しないことが多いのです。

つまり“ジェンダーレス"であるということです。

パンクセクシャルの人にとって、恋愛において年齢や職業などの条件があったとしても「性」については関係がないために「恋人候補」になり得る人というのはほかの人に比べて、多いのです。

ですので人に対して距離感が近かったり、優しいという特徴があります。

そして、その優しいところや人とは異なる感覚を持っているということで、パンクセクシャルの人が他人に与える印象は独特なものになるのです。

それを「神秘的、ミステリアス」と感じる人も多く人を寄せ付ける魅力ともなるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-