【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171208104203.html
羊(未)年の女性に多い特徴

羊(未)年の女性に多い特徴 | LADYCO

LADYCO
羊(未)年の女性に多い特徴

生まれた年の干支によって、人の性格や特徴は違ってきます。

ここでは未年生まれの女性に注目し、どんな特徴をもっているのか見ていくことにしましょう。

  • 平和主義で人との争いを好まない
  • 慎重派でリスクを避けるために、大きな失敗はしない
  • さみしがりやで恋愛は一途
  • 結婚すると良妻賢母タイプに
  • 芯は強い
  • 人に頼まれるとイヤと言えない
  • 協調性があり、空気が読める
  • まとめ

1. 平和主義で人との争いを好まない

平和主義で人との争いを好まない

羊という動物をイメージした時、多くの人が思い描くのが「平和そう」ということでしょう。

羊同士が争ったり、ケンカしているシーンをイメージすることは、なかなかむずかしいに違いありません。

そんな平和なイメージのある羊ですが、未年生まれの女性もまさにその通り、典型的な平和主義者なのです。

温厚な性格で、常に穏やかな表情を浮かべ、人に寛容で、人と争うことを好みません。

たとえば人と話をしていて、意見が衝突しそうになると、自分の意見は引っ込め、相手の意見を立てるようにします。

それでも時には相手を怒らせてしまうようなこともあるでしょう。

そんな時には、すぐに謝って、ことを荒だてないようにするのが、未年生まれの女性の特徴ということになるでしょう。

2. 慎重派でリスクを避けるために、大きな失敗はしない

慎重派でリスクを避けるために、大きな失敗はしない

草食動物である羊には、慎重でおくびょうなところがありますが、未年生まれの女性にも、慎重なところがあります。

なにか新しいことを始めるときなども、いきなり行動に起こすことはしません。

そのことについて、事前にいろいろ考察し、どんなリスクがあるのかを見極めようとします。

そして、リスクが大きそうだと判断すると、実行に移すことは断念します。

そのため、大きな失敗をするということはほとんどないのです。

人間関係についても、同様です。

初対面の相手について、どんな人なのかを慎重に見極めてからでないと、親しく接することはしません。

第一印象でかんたんにその人の人間性を判断し、「こういう人だ」と決めつけて人間関係を作るということはしないのです。

ですから、つきあってから、「こんな人だとは思わなかった。

見損なった」
というように、その人への評価を変えるということはありません。

3. さみしがりやで恋愛は一途

さみしがりやで恋愛は一途

未年の女性は大変にさみしがりやです。

これは、動物の羊が群れで行動することを考えれば、理解しやすいでしょう。

誰かといっしょにいることで安心感を得ることができ、一人でいる時間が長くなると、不安を感じてしまいます。

そのため、恋愛をすると、彼氏べったり。

彼氏と会えないとさみしくてしかたなく感じてしまいます。

ですから、未年の女性は遠距離恋愛には向いていないと考えていいでしょう。

ロマンチストで甘え上手、恋をすると彼氏ひとすじ、一途に愛しぬくというのが、未年の女性の恋愛に関する特徴なのです。

4. 結婚すると良妻賢母タイプに

結婚すると良妻賢母タイプに

人にやさしく、人を深く愛し、人を優先することができるのが、未年の女性の人間的な特徴です。

ですから、結婚すれば夫に尽くしますし、子どもができれば深い母親の愛情を子どもに注ぐことができます。

平和主義ですから、家族内のもめごとも避けようとします。

また、忍耐づよいところもありますから、子どもをしつけるときも、焦らず、時間をかけてきちんとしつけることができると考えていいでしょう。

つまり、結婚するといわゆる「良妻賢母」タイプになるのが、未年生まれの女性の特徴なのです。

5. 芯は強い

芯は強い

穏やかでやさしいのが未年生まれの特徴ですが、実は芯が強いという特徴ももっています。

人との争いを避けるために、自分の意見を言わない傾向がありますが、自分の意見はしっかり持っています。

そして、表面上、相手に合わせることはしても、かんたんに自分の意見を変えるということはしません。

そうすることが必要だと判断すると、自分の意見を堂々と発表することもあるのです。

また、ハートが強いところがあるため、逆境や困難にもくじけることなく、自力でそれを乗り越えたり、克服したりすることができます。

そんなところも、良き妻、良き母になる理由と考えていいでしょう。

6. 人に頼まれるとイヤと言えない

人に頼まれるとイヤと言えない

人に何か頼まれるとイヤと言えないのも、未年生まれの女性の特徴といっていいでしょう。

人にやさしく、人を優先するのが未年の女性の特徴ですが、そのため、人から何か頼まれごとをされると、「断ると、相手を困らせることになる」と考え、引き受けてしまうのです。

お人よしの人はよく人からの頼まれごとを引き受けてしまいますが、未年の女性は、お人よしというよりも、あくまでも人にやさしいと考えたほうがいいでしょう。

人からの依頼を引き受けた結果、自分にとってマイナスになることも少なくありませんが、それでも、人のためになるならOKと考えるのが未年の女性の特徴なのです。

7. 協調性があり、空気が読める

協調性があり、空気が読める

集団行動が好きで得意なのが未年の女性ですが、そこから生まれるのが「空気が読める」という特徴でしょう。

その場の空気を読んで、その場にふさわしい言動をすることができます。

それは、感性の鋭さによるものと考えていいでしょう。

感性が鋭いため、人がどんなことを感じているのかを、適切に察することができます。

そのため、その場にいる人たちが不快や違和感を感じるような言動は避けるのです。

協調性があって、その場の雰囲気を壊すことをしないのが、未年生まれの女性の特徴ということになるでしょう。

まとめ

十二支のうち、未年生まれの女性を取り上げ、7つの特徴を紹介しました。

身近に未年の女性がいる方は、その人のことを知るための参考になさってください。

生まれた年の干支によって、人の性格や特徴は違ってきます。

ここでは未年生まれの女性に注目し、どんな特徴をもっているのか見ていくことにしましょう。


平和主義で人との争いを好まない

羊という動物をイメージした時、多くの人が思い描くのが「平和そう」ということでしょう。

羊同士が争ったり、ケンカしているシーンをイメージすることは、なかなかむずかしいに違いありません。

そんな平和なイメージのある羊ですが、未年生まれの女性もまさにその通り、典型的な平和主義者なのです。

温厚な性格で、常に穏やかな表情を浮かべ、人に寛容で、人と争うことを好みません。

たとえば人と話をしていて、意見が衝突しそうになると、自分の意見は引っ込め、相手の意見を立てるようにします。

それでも時には相手を怒らせてしまうようなこともあるでしょう。

そんな時には、すぐに謝って、ことを荒だてないようにするのが、未年生まれの女性の特徴ということになるでしょう。

慎重派でリスクを避けるために、大きな失敗はしない

草食動物である羊には、慎重でおくびょうなところがありますが、未年生まれの女性にも、慎重なところがあります。

なにか新しいことを始めるときなども、いきなり行動に起こすことはしません。

そのことについて、事前にいろいろ考察し、どんなリスクがあるのかを見極めようとします。

そして、リスクが大きそうだと判断すると、実行に移すことは断念します。

そのため、大きな失敗をするということはほとんどないのです。

人間関係についても、同様です。

初対面の相手について、どんな人なのかを慎重に見極めてからでないと、親しく接することはしません。

第一印象でかんたんにその人の人間性を判断し、「こういう人だ」と決めつけて人間関係を作るということはしないのです。

ですから、つきあってから、「こんな人だとは思わなかった。

見損なった」
というように、その人への評価を変えるということはありません。

さみしがりやで恋愛は一途

未年の女性は大変にさみしがりやです。

これは、動物の羊が群れで行動することを考えれば、理解しやすいでしょう。

誰かといっしょにいることで安心感を得ることができ、一人でいる時間が長くなると、不安を感じてしまいます。

そのため、恋愛をすると、彼氏べったり。

彼氏と会えないとさみしくてしかたなく感じてしまいます。

ですから、未年の女性は遠距離恋愛には向いていないと考えていいでしょう。

ロマンチストで甘え上手、恋をすると彼氏ひとすじ、一途に愛しぬくというのが、未年の女性の恋愛に関する特徴なのです。

結婚すると良妻賢母タイプに

人にやさしく、人を深く愛し、人を優先することができるのが、未年の女性の人間的な特徴です。

ですから、結婚すれば夫に尽くしますし、子どもができれば深い母親の愛情を子どもに注ぐことができます。

平和主義ですから、家族内のもめごとも避けようとします。

また、忍耐づよいところもありますから、子どもをしつけるときも、焦らず、時間をかけてきちんとしつけることができると考えていいでしょう。

つまり、結婚するといわゆる「良妻賢母」タイプになるのが、未年生まれの女性の特徴なのです。

芯は強い

穏やかでやさしいのが未年生まれの特徴ですが、実は芯が強いという特徴ももっています。

人との争いを避けるために、自分の意見を言わない傾向がありますが、自分の意見はしっかり持っています。

そして、表面上、相手に合わせることはしても、かんたんに自分の意見を変えるということはしません。

そうすることが必要だと判断すると、自分の意見を堂々と発表することもあるのです。

また、ハートが強いところがあるため、逆境や困難にもくじけることなく、自力でそれを乗り越えたり、克服したりすることができます。

そんなところも、良き妻、良き母になる理由と考えていいでしょう。

人に頼まれるとイヤと言えない

人に何か頼まれるとイヤと言えないのも、未年生まれの女性の特徴といっていいでしょう。

人にやさしく、人を優先するのが未年の女性の特徴ですが、そのため、人から何か頼まれごとをされると、「断ると、相手を困らせることになる」と考え、引き受けてしまうのです。

お人よしの人はよく人からの頼まれごとを引き受けてしまいますが、未年の女性は、お人よしというよりも、あくまでも人にやさしいと考えたほうがいいでしょう。

人からの依頼を引き受けた結果、自分にとってマイナスになることも少なくありませんが、それでも、人のためになるならOKと考えるのが未年の女性の特徴なのです。

協調性があり、空気が読める

集団行動が好きで得意なのが未年の女性ですが、そこから生まれるのが「空気が読める」という特徴でしょう。

その場の空気を読んで、その場にふさわしい言動をすることができます。

それは、感性の鋭さによるものと考えていいでしょう。

感性が鋭いため、人がどんなことを感じているのかを、適切に察することができます。

そのため、その場にいる人たちが不快や違和感を感じるような言動は避けるのです。

協調性があって、その場の雰囲気を壊すことをしないのが、未年生まれの女性の特徴ということになるでしょう。

十二支のうち、未年生まれの女性を取り上げ、7つの特徴を紹介しました。

身近に未年の女性がいる方は、その人のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-