【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171208103617.html
紫色の服が似合う女性の特徴

紫色の服が似合う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
紫色の服が似合う女性の特徴

紫色は赤や青の配分や明度により印象が変わります。

それぞれの紫色の服が似合う女性の特徴をご紹介します。

  • 実は全て女性には、それぞれ似合う紫色がある
  • 紫色の中から自分に紫を探す
  • 明るい紫色が似合う女性は
  • ラベンダーのような涼しげな紫色が似合う女性は
  • くすんだ濃紫色が似合う女性は
  • ロイヤルパープルが似合う女性は
  • 自分に似合う紫色で個性的なスタイルを楽しむ
  • まとめ

1. 実は全て女性には、それぞれ似合う紫色がある

実は全て女性には、それぞれ似合う紫色がある

紫色には優美、風雅といった、ポジティブなイメージがある反面、下品、奇怪といったネガティブな印象ももたれます。

このイメージの振れ幅の大きさは、紫色がもつ色の幅広さと連動していると言われています。

赤みの多い紫、青みの多い紫、淡い紫、濃い紫など、一口に「紫色」といっても多様であり、印象に差異が生じるのです。

全ての女性は、実はいずれかの紫が似合います。

しかし、濃淡の違いや赤青の配合により紫には幅があるため、似合う紫がわからず、似合わない紫色を選んでしまうことで、紫に対してネガティブな印象を持ってしまうのです。

2. 紫色の中から自分に紫を探す

紫色の中から自分に紫を探す

紫色には、鮮やかな紫、淡い紫、濃い紫、青の強い紫、ラベンダーや紺色に近い紫、ピンクパープルなどのバリエーションがあります。

紫色の服が似合う女性は、いろいろな紫色の中で、自分が似合う特別な紫色を特定していて、その色を選んで着ている可能性が高いのです。

実は女性には、誰もが似合う紫色があり、それを知らないだけなのです。

もし「この紫色の洋服を着ると顔色がよく見える」という紫色があれば、それを覚えておくことが大切です。

自分は紫が似合わないと思っている女性は、色選びで損をしている可能性が高いのです。

3. 明るい紫色が似合う女性は

明るい紫色が似合う女性は

藤やビオラの花のような明るく鮮やかな紫色が似合う女性は、女性らしく華やかで可愛らしく、実際の年齢より若く見える傾向があります。

紫色からは、不安定や下品、孤独といったネガディブなイメージもありますが、スミレの花のような鮮やかな紫色にはそういった印象はなく、むしろ、可憐さ、知的といったポジティブな印象があり、この紫色が似合う女性も同じようなイメージを連想されることが多いです。

同時に鮮やかな紫色があう女性は、明度が高い色、すなわちパステル系のカラーも似合います。

4. ラベンダーのような涼しげな紫色が似合う女性は

ラベンダーのような涼しげな紫色が似合う女性は

爽やかで涼しげな紫色が似合う女性の場合は、上品で優しい印象をもたれることが多く、全体にソフトな雰囲気をもっています。

ラベンダーやアジサイの花のように、楚々とした風情で、ニュアンスカラーが似合うため、他の人とは違ったおしゃれが楽しめます。

こういった女性はエレガントなおしゃれを目指すと上手くいく場合が多く、一方で、モダンなスタイルもよく合います。

5. くすんだ濃紫色が似合う女性は

くすんだ濃紫色が似合う女性は

少しくすんだ紫色や濃い紫色が似合う女性は、実年齢より大人びて見えるタイプで、凛とした強さや知性を秘めている印象です。

シックで落ち着いた印象をもたれることが多く、実直さや包容力も感じさせます。

こういった暗めの紫色の服が似合う女性は、明度が低く、深みのある、濃い色の洋服を着こなすのが得意で、ダークレッドやフォレストグリーン、ダークブラウン等も似合います。

軽やかさや子どもっぽいコーディネイトは、マッチングしにくいものの、濃いめの色でまとめすぎると地味な印象になりがちなので、顔から離した位置に中間色を挿し色として使うようにしましょう。

6. ロイヤルパープルが似合う女性は

ロイヤルパープルが似合う女性は

高貴な印象の濃い紫色と透けるように淡い紫色、両方の紫色が似合う女性は、クールでシャープで知的な印象をもたれる女性が多いです。

ロイヤルパープルやアイシーバイオレットといった寒色系が似合う女性は、ワインレッドやマゼンタといった暖色系の色も似合うのですが、中間色や明るい色はやや苦手で、洋服が顔色をぼかしてしまう傾向があります。

ファッションのコーディネートの際は、複数の色をあれこれ取り入れるより、単色や二色くらいで全体をすっきりまとめて、シャープなイメージにもっていく方が似合います。

7. 自分に似合う紫色で個性的なスタイルを楽しむ

自分に似合う紫色で個性的なスタイルを楽しむ

紫色は幅広く、自分にあう紫色を見つけるのは難しいものです。

しかし、その紫色が特定できれば、ファッションの楽しみが広がります。

一般的に、自分で紫色が似合うと思っている女性は少なく、これが紫色の洋服を着ている人の少なさにつながっています。

自分に似合う紫色を知れば、紫色をファッションに取り入れて幅を広げることができ、自分らしい、個性的なオシャレが楽しめ、周囲からもセンスがいいと感じてもらえることになります。

紫色が似合う女性は、自分の印象を良くする特定の紫色を知っている可能性が高いのです。

まとめ

紫色は赤紫から青紫、紺に近い紫など、色に幅があります。

洋服を買う際は、紫色を見ただけで選ぶのではなく、顔の下に紫色の洋服をあてて、是非顔映りの良さを確かめてみてください。

こうして、自分の顔色や髪色にあう紫色がわかれば、それに合う色の系統やファッションのスタイルを知ることにつながります。

ぜひご自身に似合う紫色を特定して、紫色の服でファッションコーディネートを楽しんでみてください。

紫色は赤や青の配分や明度により印象が変わります。

それぞれの紫色の服が似合う女性の特徴をご紹介します。


実は全て女性には、それぞれ似合う紫色がある

紫色には優美、風雅といった、ポジティブなイメージがある反面、下品、奇怪といったネガティブな印象ももたれます。

このイメージの振れ幅の大きさは、紫色がもつ色の幅広さと連動していると言われています。

赤みの多い紫、青みの多い紫、淡い紫、濃い紫など、一口に「紫色」といっても多様であり、印象に差異が生じるのです。

全ての女性は、実はいずれかの紫が似合います。

しかし、濃淡の違いや赤青の配合により紫には幅があるため、似合う紫がわからず、似合わない紫色を選んでしまうことで、紫に対してネガティブな印象を持ってしまうのです。

紫色の中から自分に紫を探す

紫色には、鮮やかな紫、淡い紫、濃い紫、青の強い紫、ラベンダーや紺色に近い紫、ピンクパープルなどのバリエーションがあります。

紫色の服が似合う女性は、いろいろな紫色の中で、自分が似合う特別な紫色を特定していて、その色を選んで着ている可能性が高いのです。

実は女性には、誰もが似合う紫色があり、それを知らないだけなのです。

もし「この紫色の洋服を着ると顔色がよく見える」という紫色があれば、それを覚えておくことが大切です。

自分は紫が似合わないと思っている女性は、色選びで損をしている可能性が高いのです。

明るい紫色が似合う女性は

藤やビオラの花のような明るく鮮やかな紫色が似合う女性は、女性らしく華やかで可愛らしく、実際の年齢より若く見える傾向があります。

紫色からは、不安定や下品、孤独といったネガディブなイメージもありますが、スミレの花のような鮮やかな紫色にはそういった印象はなく、むしろ、可憐さ、知的といったポジティブな印象があり、この紫色が似合う女性も同じようなイメージを連想されることが多いです。

同時に鮮やかな紫色があう女性は、明度が高い色、すなわちパステル系のカラーも似合います。

ラベンダーのような涼しげな紫色が似合う女性は

爽やかで涼しげな紫色が似合う女性の場合は、上品で優しい印象をもたれることが多く、全体にソフトな雰囲気をもっています。

ラベンダーやアジサイの花のように、楚々とした風情で、ニュアンスカラーが似合うため、他の人とは違ったおしゃれが楽しめます。

こういった女性はエレガントなおしゃれを目指すと上手くいく場合が多く、一方で、モダンなスタイルもよく合います。

くすんだ濃紫色が似合う女性は

少しくすんだ紫色や濃い紫色が似合う女性は、実年齢より大人びて見えるタイプで、凛とした強さや知性を秘めている印象です。

シックで落ち着いた印象をもたれることが多く、実直さや包容力も感じさせます。

こういった暗めの紫色の服が似合う女性は、明度が低く、深みのある、濃い色の洋服を着こなすのが得意で、ダークレッドやフォレストグリーン、ダークブラウン等も似合います。

軽やかさや子どもっぽいコーディネイトは、マッチングしにくいものの、濃いめの色でまとめすぎると地味な印象になりがちなので、顔から離した位置に中間色を挿し色として使うようにしましょう。

ロイヤルパープルが似合う女性は

高貴な印象の濃い紫色と透けるように淡い紫色、両方の紫色が似合う女性は、クールでシャープで知的な印象をもたれる女性が多いです。

ロイヤルパープルやアイシーバイオレットといった寒色系が似合う女性は、ワインレッドやマゼンタといった暖色系の色も似合うのですが、中間色や明るい色はやや苦手で、洋服が顔色をぼかしてしまう傾向があります。

ファッションのコーディネートの際は、複数の色をあれこれ取り入れるより、単色や二色くらいで全体をすっきりまとめて、シャープなイメージにもっていく方が似合います。

自分に似合う紫色で個性的なスタイルを楽しむ

紫色は幅広く、自分にあう紫色を見つけるのは難しいものです。

しかし、その紫色が特定できれば、ファッションの楽しみが広がります。

一般的に、自分で紫色が似合うと思っている女性は少なく、これが紫色の洋服を着ている人の少なさにつながっています。

自分に似合う紫色を知れば、紫色をファッションに取り入れて幅を広げることができ、自分らしい、個性的なオシャレが楽しめ、周囲からもセンスがいいと感じてもらえることになります。

紫色が似合う女性は、自分の印象を良くする特定の紫色を知っている可能性が高いのです。

紫色は赤紫から青紫、紺に近い紫など、色に幅があります。

洋服を買う際は、紫色を見ただけで選ぶのではなく、顔の下に紫色の洋服をあてて、是非顔映りの良さを確かめてみてください。

こうして、自分の顔色や髪色にあう紫色がわかれば、それに合う色の系統やファッションのスタイルを知ることにつながります。

ぜひご自身に似合う紫色を特定して、紫色の服でファッションコーディネートを楽しんでみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-