【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171208103528.html
パステルカラーの服が似合う女性の特徴

パステルカラーの服が似合う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
パステルカラーの服が似合う女性の特徴

好感度が高く、見ているだけで華やかな気持ちになる「パステルカラーの服が似合う女性の特徴」をご紹介します。

  • パーソナルカラーがスプリングタイプである
  • 実際の年齢より若く見える
  • イエローベースの明るい肌色をしている
  • 髪色がブラウンがかっている
  • 瞳の色が真っ黒ではなく茶色がかっている
  • 甘さや可憐さが残るファッションが得意
  • アクセサリーはシルバーよりゴールドカラーを
  • オレンジやコーラル系のコスメが似合う
  • 柔らかいパーマスタイルや丸みのあるボブが似合う
  • まとめ

1. パーソナルカラーがスプリングタイプである

パーソナルカラーがスプリングタイプである

肌、瞳、髪の色には個人差があり、それぞれに調和しやすい色の系統があると言われています。

これがいわゆる「パーソナルカラー」です。

その色の系統は4種類に分類することができ、それぞれが四季の名前にちなみ「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」と名付けられています。

その中でスプリング(春)のパーソナルカラーをもつ女性は、パステルカラーの服が最もよく似合い、その魅力を最大限に活かすことができるとされています。

2. 実際の年齢より若く見える

実際の年齢より若く見える

パステルカラーの服が似合う女性は、春のように明るく爽やかで、全体に可愛らしくキュートな印象をもっています。

この印象はパーソナルカラー診断でも、スプリングタイプの女性にも同じ条件があてはまります。

親しみやすくキュートで、年齢を重ねていっても若々しいため、実際の年齢より若く見られることが多いのも特徴となっています。

3. イエローベースの明るい肌色をしている

イエローベースの明るい肌色をしている

一般的に肌色はピンク系とイエロー系の2つに大別されますが、パステルカラーの服が似合う女性はイエローベースの肌に区分けされます。

また一般に「ベージュ系」と言われる肌の方もパステルカラーが似合います。

ツヤツヤで透明感があり、黄味がかった白い肌がベストで、総じて健康的な印象をもたれます。

日焼けすると真っ赤になりやすく、すぐ皮がむけるタイプで、肌色が悪いと言われることはあまりありません。

4. 髪色がブラウンがかっている

髪色がブラウンがかっている

パステルカラーの洋服が似合う女性は、髪の毛の色がブラウン系統の色味をもっていることも特徴です。

髪は、染めることで自由に色を変えられるため、パステルカラーの服が似合うかどうかは、地毛の色ではなく、染めた後の色が勝負です。

真っ黒な地毛の方が、パステルカラーの服が似合うような女性に憧れる場合は、髪をやや明るめのブラウン、イエロー系、オレンジ系のカラーに染めるようにしましょう。

5. 瞳の色が真っ黒ではなく茶色がかっている

瞳の色が真っ黒ではなく茶色がかっている

瞳の色がライトブラウンの女性は、パステルカラーの服に似合うと言われています。

ライトブラウンの瞳は、瞳の周囲の線がくっきりとしているのが特徴で、瞳全体が明るいブラウンカラーをしています。

瞳に透明感があり、澄んだ瞳という印象が強く、虹彩の模様がはっきりと判別できる場合も多いです。

こちらも髪を染めるのと同様で、カラーコンタクトレンズ等で色補正をし、パステルカラーの服に似合う色にすることができます。

6. 甘さや可憐さが残るファッションが得意

甘さや可憐さが残るファッションが得意

パステルカラーの服が似合う女性は、パーソナルカラー診断によればスプリングタイプと判定されます。

スプリングタイプの女性は、若々しく華やかな印象が強く、甘さや可憐さを含んだカジュアルなコーディネイトが得意です。

ドレープ、フリル、プリーツなどが入ったファッションや、サテン、シフォン、オーガンジー、薄手のウールなどの柔らかい素材も魅力を引き立てます。

7. アクセサリーはシルバーよりゴールドカラーを

アクセサリーはシルバーよりゴールドカラーを

パステルカラーの服が似合う女性は、淡い色や軽やかな色のファッションが得意です。

その可憐で可愛らしい印象を活かすためには、デザインやコーディネイトにもフェミニンな要素をプラスすると効果が高く、少し冷たい印象のあるシルバーカラーより、小ぶりでキラリと光るイエローゴールドのアクセサリーの方が似合います。

ビーズやビジュー、レジンのアクセサリー等、春を感じさせるポップなデザインのものや、パールのアクセサリーも似合います。

8. オレンジやコーラル系のコスメが似合う

オレンジやコーラル系のコスメが似合う

パステルカラーの服が似合う女性は、肌の色がイエローベースの色白さんです。

その肌の色にあうメイクアップカラーは、オレンジ系やコーラル系となりますので、コスメを選ぶ際は、これらを念頭に置いておくと、髪や瞳の色との相性がいいメイクになります。

顔の色味の印象は、ファンデーション、アイシャドウ、リップ、チークで決まりますので、その4つのコスメのカラーを、オレンジまたはコーラル系統の色で揃えるようにしましょう。

9. 柔らかいパーマスタイルや丸みのあるボブが似合う

柔らかいパーマスタイルや丸みのあるボブが似合う

可愛らしくて華やかなパステルカラーが似合う女性は、ストレートでシャープより、ウェーブがかった、丸みのあるヘアースタイルが似合います。

芸能人を例に挙げますと、井川遥さんや小嶋陽菜さんのようなロング+ゆるやかウェーブ、永作博美さんや上戸彩さんのようなキュートなボブスタイルになります。

大きめのカーラーを使った全体に丸みを帯びたシルエットや、軽さのある前髪スタイルも似合います。

まとめ

パステルカラーの服が似合う女性は、可愛らしくキュートなイメージがあります。

その魅力をより引き出すには、女らしく柔らかいデザインのファッションがベストで、髪型やアクセサリー、コスメ等を統一していくことで、さらに可憐な印象をアップさせることができます。

これらのアイテムを少しずつ揃えて、パステルカラーのお洒落を楽しんでみてください。

好感度が高く、見ているだけで華やかな気持ちになる「パステルカラーの服が似合う女性の特徴」をご紹介します。


パーソナルカラーがスプリングタイプである

肌、瞳、髪の色には個人差があり、それぞれに調和しやすい色の系統があると言われています。

これがいわゆる「パーソナルカラー」です。

その色の系統は4種類に分類することができ、それぞれが四季の名前にちなみ「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」と名付けられています。

その中でスプリング(春)のパーソナルカラーをもつ女性は、パステルカラーの服が最もよく似合い、その魅力を最大限に活かすことができるとされています。

実際の年齢より若く見える

パステルカラーの服が似合う女性は、春のように明るく爽やかで、全体に可愛らしくキュートな印象をもっています。

この印象はパーソナルカラー診断でも、スプリングタイプの女性にも同じ条件があてはまります。

親しみやすくキュートで、年齢を重ねていっても若々しいため、実際の年齢より若く見られることが多いのも特徴となっています。

イエローベースの明るい肌色をしている

一般的に肌色はピンク系とイエロー系の2つに大別されますが、パステルカラーの服が似合う女性はイエローベースの肌に区分けされます。

また一般に「ベージュ系」と言われる肌の方もパステルカラーが似合います。

ツヤツヤで透明感があり、黄味がかった白い肌がベストで、総じて健康的な印象をもたれます。

日焼けすると真っ赤になりやすく、すぐ皮がむけるタイプで、肌色が悪いと言われることはあまりありません。

髪色がブラウンがかっている

パステルカラーの洋服が似合う女性は、髪の毛の色がブラウン系統の色味をもっていることも特徴です。

髪は、染めることで自由に色を変えられるため、パステルカラーの服が似合うかどうかは、地毛の色ではなく、染めた後の色が勝負です。

真っ黒な地毛の方が、パステルカラーの服が似合うような女性に憧れる場合は、髪をやや明るめのブラウン、イエロー系、オレンジ系のカラーに染めるようにしましょう。

瞳の色が真っ黒ではなく茶色がかっている

瞳の色がライトブラウンの女性は、パステルカラーの服に似合うと言われています。

ライトブラウンの瞳は、瞳の周囲の線がくっきりとしているのが特徴で、瞳全体が明るいブラウンカラーをしています。

瞳に透明感があり、澄んだ瞳という印象が強く、虹彩の模様がはっきりと判別できる場合も多いです。

こちらも髪を染めるのと同様で、カラーコンタクトレンズ等で色補正をし、パステルカラーの服に似合う色にすることができます。

甘さや可憐さが残るファッションが得意

パステルカラーの服が似合う女性は、パーソナルカラー診断によればスプリングタイプと判定されます。

スプリングタイプの女性は、若々しく華やかな印象が強く、甘さや可憐さを含んだカジュアルなコーディネイトが得意です。

ドレープ、フリル、プリーツなどが入ったファッションや、サテン、シフォン、オーガンジー、薄手のウールなどの柔らかい素材も魅力を引き立てます。

アクセサリーはシルバーよりゴールドカラーを

パステルカラーの服が似合う女性は、淡い色や軽やかな色のファッションが得意です。

その可憐で可愛らしい印象を活かすためには、デザインやコーディネイトにもフェミニンな要素をプラスすると効果が高く、少し冷たい印象のあるシルバーカラーより、小ぶりでキラリと光るイエローゴールドのアクセサリーの方が似合います。

ビーズやビジュー、レジンのアクセサリー等、春を感じさせるポップなデザインのものや、パールのアクセサリーも似合います。

オレンジやコーラル系のコスメが似合う

パステルカラーの服が似合う女性は、肌の色がイエローベースの色白さんです。

その肌の色にあうメイクアップカラーは、オレンジ系やコーラル系となりますので、コスメを選ぶ際は、これらを念頭に置いておくと、髪や瞳の色との相性がいいメイクになります。

顔の色味の印象は、ファンデーション、アイシャドウ、リップ、チークで決まりますので、その4つのコスメのカラーを、オレンジまたはコーラル系統の色で揃えるようにしましょう。

柔らかいパーマスタイルや丸みのあるボブが似合う

可愛らしくて華やかなパステルカラーが似合う女性は、ストレートでシャープより、ウェーブがかった、丸みのあるヘアースタイルが似合います。

芸能人を例に挙げますと、井川遥さんや小嶋陽菜さんのようなロング+ゆるやかウェーブ、永作博美さんや上戸彩さんのようなキュートなボブスタイルになります。

大きめのカーラーを使った全体に丸みを帯びたシルエットや、軽さのある前髪スタイルも似合います。

パステルカラーの服が似合う女性は、可愛らしくキュートなイメージがあります。

その魅力をより引き出すには、女らしく柔らかいデザインのファッションがベストで、髪型やアクセサリー、コスメ等を統一していくことで、さらに可憐な印象をアップさせることができます。

これらのアイテムを少しずつ揃えて、パステルカラーのお洒落を楽しんでみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-