【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171205152946.html
占いに頼る人の特徴

占いに頼る人の特徴 | LADYCO

LADYCO
占いに頼る人の特徴

テレビや雑誌で見かける今日や今月の運勢から本格的にプロに占って貰う物まで様々な占いの種類があります。

占いは信じないというタイプの人もいますが、つい占いに頼りたくなってしまうタイプの特徴を見てみましょう。

  • ネガティブな性格
  • 将来に不安を感じている
  • 優柔不断
  • 相談相手がいない
  • 見えない力を信じている
  • 素敵な恋をしたいと思っている
  • 背中を押して貰いたい
  • 相手の気持ちを知りたい
  • まとめ

1. ネガティブな性格

ネガティブな性格

何故占いに頼りたくなってしまうのかと言うと、まず心がネガティブになっているからではないでしょうか。

占いというのは何か心配していることがあるからこそ鑑定して貰うものなので、普段から考えがネガティブな人は占いにハマる傾向が強いです。

しかし気を付けなければならないのは、ネガティブな性格の人が占いにどっぷりハマってしまうと悪い結果が出た時に納得が行かなくて色々な人に鑑定を繰り返しして貰う占いジプシーになってしまうこともあります。

2. 将来に不安を感じている

将来に不安を感じている

占い師が何も教えていないのに過去の出来事を当てたりするとびっくりすることがありますよね。

過去のことが視える占い師もいますが、占いをして貰う目的はこれからの未来のことが心配だから依頼をするのです。

近い将来でも遠い将来でも先のことで心配していることがある時、いてもたってもいられなくなってしまい占いに頼ってしまうのです。

少しでも良い未来を言われれば一時的にですが安心することも出来るからです。

3. 優柔不断

優柔不断

どちらかを選択しなければならない時などに自分で中々決められないタイプの人もいますよね。

占いをすることにより、選択肢がある場合どちらの道に進んだ方が良い未来が待っているということがわかります。

鑑定は必ず当たるというわけではありませんが、どうしても自分で選ぶことが出来ない場合は未来が見える占いが出来る人に頼りたくなってしまうのです。

4. 相談相手がいない

相談相手がいない

小さなことでも大きなことでも誰か親身に相談に乗ってくれる人がいるのならば良いのですが、友達には言いたくないようなことだってありますよね。

そんな時に役立つのが占い師なのです。

占い師は色々な人の相談事を沢山聞いていますから、鑑定をしてくれるだけではなく良い方向に進むように導いてくれます。

占い師は軽い悩みでも重い悩みでもなんでも相談に乗ってくれるので、お金は掛かりますが誰かに相談したいという時には打ってっけです。

5. 見えない力を信じている

見えない力を信じている

天気の場合は気象衛星の映像を見て予報をしているのでよく当たりますが、占いの場合はそういった画面を見ながら鑑定するわけではないので当たらない場合もあるわけです。

ですが占いに頼ってしまうという人は見えない力の存在を信じている純粋な人が多いです。

悪く言えば変な占い師に騙されやすいタイプという欠点も持っているのですが、純粋に心から信じることが出来ます。

少しでも疑いの目で見ているような人は占いに頼るなんてことはしないことでしょう。

6. 素敵な恋をしたいと思っている

素敵な恋をしたいと思っている

これは圧倒的に女性が多いのですが、占いは恋愛の相談が最も多いのです。

若い女の子だけではなく40代や50代女性が恋愛のことを鑑定して欲しくてやって来るというのも珍しい話ではありません。

パートナーがいる人もいない人も、現状に満足することが出来ない為占いで素敵な恋が出来るかどうか視て貰っています。

ですがこのタイプの女性は占いを魔法だと勘違いしているという特徴も持っています。

行動もしないのに願いが叶うと思っていたり、良い結果が出るまで何度も鑑定をして貰ったりすることもあります。

7. 背中を押して貰いたい

背中を押して貰いたい

行動しなければいけないのに出来ない人は沢山います。

そんな時に誰か背中を押してくれる人がいれば良いのですが、誰もいないから占い師を頼りにするという人もいます。

占いの中では良い部分や注意しなければいけないことなど色々なことを教えてくれます。

もし良い結果が出ているのであれば、背中を押されたような気分になることが出来ますし、迷っていたけど行動も何の躊躇いもなしに出来るようになるかも知れません。

8. 相手の気持ちを知りたい

相手の気持ちを知りたい

相手の気持ちを知りたいのならば、直接相手に聞けば占いにお金を使わなくて済みます。

けどそれが出来ない相手だからこそ直接聞きだすことが出来ず占いに頼ってしまうのです。

やはり恋愛系の相談が多いですが、恋愛以外でも相手の気持ちがどう思っているのか知りたくて占いに頼る人もいます。

例えば喧嘩中で相手はもう許しているのかどうか知りたい時などです。

占いの種類によっては亡くなってしまったペットの気持ちをメッセージとして伝えることが出来る占い師もいるくらいなので、気になる相手の気持ちを視て貰いたい人は沢山いるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

占いの結果が当たったらとても嬉しくてまた鑑定して貰いたくなってしまいますよね。

そんな占いですが、依存のし過ぎは要注意です。

本当に良い占い師は依存している人は鑑定をお断りすることもあるくらいなので、程ほどに頼って生活をかることがベストです。

テレビや雑誌で見かける今日や今月の運勢から本格的にプロに占って貰う物まで様々な占いの種類があります。

占いは信じないというタイプの人もいますが、つい占いに頼りたくなってしまうタイプの特徴を見てみましょう。


ネガティブな性格

何故占いに頼りたくなってしまうのかと言うと、まず心がネガティブになっているからではないでしょうか。

占いというのは何か心配していることがあるからこそ鑑定して貰うものなので、普段から考えがネガティブな人は占いにハマる傾向が強いです。

しかし気を付けなければならないのは、ネガティブな性格の人が占いにどっぷりハマってしまうと悪い結果が出た時に納得が行かなくて色々な人に鑑定を繰り返しして貰う占いジプシーになってしまうこともあります。

将来に不安を感じている

占い師が何も教えていないのに過去の出来事を当てたりするとびっくりすることがありますよね。

過去のことが視える占い師もいますが、占いをして貰う目的はこれからの未来のことが心配だから依頼をするのです。

近い将来でも遠い将来でも先のことで心配していることがある時、いてもたってもいられなくなってしまい占いに頼ってしまうのです。

少しでも良い未来を言われれば一時的にですが安心することも出来るからです。

優柔不断

どちらかを選択しなければならない時などに自分で中々決められないタイプの人もいますよね。

占いをすることにより、選択肢がある場合どちらの道に進んだ方が良い未来が待っているということがわかります。

鑑定は必ず当たるというわけではありませんが、どうしても自分で選ぶことが出来ない場合は未来が見える占いが出来る人に頼りたくなってしまうのです。

相談相手がいない

小さなことでも大きなことでも誰か親身に相談に乗ってくれる人がいるのならば良いのですが、友達には言いたくないようなことだってありますよね。

そんな時に役立つのが占い師なのです。

占い師は色々な人の相談事を沢山聞いていますから、鑑定をしてくれるだけではなく良い方向に進むように導いてくれます。

占い師は軽い悩みでも重い悩みでもなんでも相談に乗ってくれるので、お金は掛かりますが誰かに相談したいという時には打ってっけです。

見えない力を信じている

天気の場合は気象衛星の映像を見て予報をしているのでよく当たりますが、占いの場合はそういった画面を見ながら鑑定するわけではないので当たらない場合もあるわけです。

ですが占いに頼ってしまうという人は見えない力の存在を信じている純粋な人が多いです。

悪く言えば変な占い師に騙されやすいタイプという欠点も持っているのですが、純粋に心から信じることが出来ます。

少しでも疑いの目で見ているような人は占いに頼るなんてことはしないことでしょう。

素敵な恋をしたいと思っている

これは圧倒的に女性が多いのですが、占いは恋愛の相談が最も多いのです。

若い女の子だけではなく40代や50代女性が恋愛のことを鑑定して欲しくてやって来るというのも珍しい話ではありません。

パートナーがいる人もいない人も、現状に満足することが出来ない為占いで素敵な恋が出来るかどうか視て貰っています。

ですがこのタイプの女性は占いを魔法だと勘違いしているという特徴も持っています。

行動もしないのに願いが叶うと思っていたり、良い結果が出るまで何度も鑑定をして貰ったりすることもあります。

背中を押して貰いたい

行動しなければいけないのに出来ない人は沢山います。

そんな時に誰か背中を押してくれる人がいれば良いのですが、誰もいないから占い師を頼りにするという人もいます。

占いの中では良い部分や注意しなければいけないことなど色々なことを教えてくれます。

もし良い結果が出ているのであれば、背中を押されたような気分になることが出来ますし、迷っていたけど行動も何の躊躇いもなしに出来るようになるかも知れません。

相手の気持ちを知りたい

相手の気持ちを知りたいのならば、直接相手に聞けば占いにお金を使わなくて済みます。

けどそれが出来ない相手だからこそ直接聞きだすことが出来ず占いに頼ってしまうのです。

やはり恋愛系の相談が多いですが、恋愛以外でも相手の気持ちがどう思っているのか知りたくて占いに頼る人もいます。

例えば喧嘩中で相手はもう許しているのかどうか知りたい時などです。

占いの種類によっては亡くなってしまったペットの気持ちをメッセージとして伝えることが出来る占い師もいるくらいなので、気になる相手の気持ちを視て貰いたい人は沢山いるのです。

いかがでしたでしょうか。

占いの結果が当たったらとても嬉しくてまた鑑定して貰いたくなってしまいますよね。

そんな占いですが、依存のし過ぎは要注意です。

本当に良い占い師は依存している人は鑑定をお断りすることもあるくらいなので、程ほどに頼って生活をかることがベストです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-