【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171204133116.html
謙遜し過ぎる女性の特徴

謙遜し過ぎる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
謙遜し過ぎる女性の特徴

謙遜するのは良いことですが、謙遜し過ぎることは時に相手に誤解や不快感、また出世のチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

そうならないためにいき過ぎた謙遜さを示す女にはどのような特徴があるのかを考えて自己吟味してみることができるかもしれません。

  • 年齢への意識が強い
  • 自分は何もできないと思い込んでいる
  • 上司なのに遠慮がちである
  • 自分の評価を下げるようなことを言う
  • 問題に巻き込まれたくない
  • 謙遜はし過ぎる程良いと思っている
  • 謙遜し過ぎというのは相手に不快感を与える
  • 相手に良く思われたい気持ちが強い
  • まとめ

1. 年齢への意識が強い

年齢への意識が強い

上下関係がはっきりしていて、学校でいえば先輩後輩であり、会社でも入った時期や年齢などへの過剰意識のある女性です。

自分は若くて周囲は年上なので発言を求められてもそうしたことをしませんし、誰かについていくだけという立場を取り続けるかもしれません。

謙遜であることはとても良いことなのですが、謙遜し過ぎてしまうとチャンスを逃したり、自分をアピールする機会を逸してしまう可能性があります。

2. 自分は何もできないと思い込んでいる

自分は何もできないと思い込んでいる

自分に自信を持つことができないゆえに自尊心が欠けており、とにかく謙遜にするしかないという気持ちのある女性です。

会社でも自分は取柄がないからという見方であり、それでは多くの仕事を任せられることはないかもしれません。

自分の評価と他の人の評価は違っていることがあり、あまりに謙遜し過ぎるというのもよいことではありません。

実はそれなりに良い働きをしているということもあるのです。

3. 上司なのに遠慮がちである

上司なのに遠慮がちである

女性の上司も増える傾向にありますが、偉そうにはしたくないという気持ちで謙遜に仕事をする姿はとても好感されます。

ですが、それをするあまりに、大切なところで決定をしないとか、言うべきところで言わない、あるいは謙遜であるゆえに他の人の意見もどんどん尊重するというのは、いき過ぎているという印象を与えてしまいます。

上に立つ人たちというのはある程度の権限というものがあり、それを行使し、従わせるのは必要なのです。

4. 自分の評価を下げるようなことを言う

自分の評価を下げるようなことを言う

自分はきれいではないし、頭も良くないし、他の人の方が自分よりもずーっと魅力があるということを事あるほどに連発するかもしれません。

あまりにも謙遜し過ぎであり、そのようには見えないのにそうしたことを言うのです。

とはいえあまりに連発すると、あまり好感されないかもしれず、かわいそうな女と思われてしまうこともあるかもしれません。

5. 問題に巻き込まれたくない

問題に巻き込まれたくない

問題が起きた時に、何らかの意見を言ってしまうとそこに関わらなくてはなりません。

自分は知らないしわからない、賢くないのでそうしたことは自分では無理という謙遜な態度を取るのです。

謙遜し過ぎるくらい謙遜にしておけば、相談されることは少なくなるし、煩い事に関わらなくてストレスを多くすることがないというずるさを持っているということがあります。

6. 謙遜はし過ぎる程良いと思っている

謙遜はし過ぎる程良いと思っている

謙遜することはするほど良いという思考を持っていることもあるかもしれません。

自分を高めるような高飛車な女にはなりたくない、いつもいつも目立たない小さな女として行動したい、それが女の美徳であるという考えを持っていることもあるでしょう。

確かに高慢な女よりは謙遜な女性の方に美徳がありますが、あまりにも謙遜していると、なにもできない女というふうに見られてしまう可能性があるかもしれないことを覚えておくべきでしょう。

7. 謙遜し過ぎというのは相手に不快感を与える

謙遜し過ぎというのは相手に不快感を与える

謙遜し過ぎな女はどう見ても美人なのに美人ではないと言い張ったりするので嫌味に聞こえてきたり、お金持ちなのにお金がない貧乏であると言ったりします。

でもやはりいつもきれいな恰好はしているし、貧乏には見えないし、ブランド物を持っていたりすればそれは見せかけだけの謙遜であり、本当の謙遜ではないかもしれません。

謙遜しているようには見えないし、相手に不快な気持ちを与えるだけなのです。

8. 相手に良く思われたい気持ちが強い

相手に良く思われたい気持ちが強い

とにかく相手に良く思われたい、印象を良くしたいという気持ちが強過ぎることが謙遜し過ぎてしまうのかもしれません。

とはいえ印象というのは失礼はよくありませんが、ある程度自分を出さないとわからないし、腰を低くしたところでそれほど印象には残らないでしょう。

嫌いに思われたくないということから謙遜しても、それは不自然であり、むしろ自分らしさを出したほうが好感されることは少なくなく、この場合には逆効果かもしれません。

まとめ

謙遜し過ぎる女性は自分に自信がない自尊心を保てないことが原因だったりします。

褒められることを経験せずに育った家庭環境が影響していたり、いつもダメ出しされるばかりだったゆえにそうなってしまったのかもしれません。

謙遜そのものは美徳であり、女性を美しくするものですが、謙遜し過ぎることは明らかに良いものではありません。

その点でバランスが必要であり、適度に自尊心を保つこと、他の人から褒められた時にはそれを素直に受けることもまたかわいがられるためには必要だったりします。

謙遜し過ぎていないかどうか、自分を正直に見つめ直すことができるでしょう。

謙遜するのは良いことですが、謙遜し過ぎることは時に相手に誤解や不快感、また出世のチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

そうならないためにいき過ぎた謙遜さを示す女にはどのような特徴があるのかを考えて自己吟味してみることができるかもしれません。


年齢への意識が強い

上下関係がはっきりしていて、学校でいえば先輩後輩であり、会社でも入った時期や年齢などへの過剰意識のある女性です。

自分は若くて周囲は年上なので発言を求められてもそうしたことをしませんし、誰かについていくだけという立場を取り続けるかもしれません。

謙遜であることはとても良いことなのですが、謙遜し過ぎてしまうとチャンスを逃したり、自分をアピールする機会を逸してしまう可能性があります。

自分は何もできないと思い込んでいる

自分に自信を持つことができないゆえに自尊心が欠けており、とにかく謙遜にするしかないという気持ちのある女性です。

会社でも自分は取柄がないからという見方であり、それでは多くの仕事を任せられることはないかもしれません。

自分の評価と他の人の評価は違っていることがあり、あまりに謙遜し過ぎるというのもよいことではありません。

実はそれなりに良い働きをしているということもあるのです。

上司なのに遠慮がちである

女性の上司も増える傾向にありますが、偉そうにはしたくないという気持ちで謙遜に仕事をする姿はとても好感されます。

ですが、それをするあまりに、大切なところで決定をしないとか、言うべきところで言わない、あるいは謙遜であるゆえに他の人の意見もどんどん尊重するというのは、いき過ぎているという印象を与えてしまいます。

上に立つ人たちというのはある程度の権限というものがあり、それを行使し、従わせるのは必要なのです。

自分の評価を下げるようなことを言う

自分はきれいではないし、頭も良くないし、他の人の方が自分よりもずーっと魅力があるということを事あるほどに連発するかもしれません。

あまりにも謙遜し過ぎであり、そのようには見えないのにそうしたことを言うのです。

とはいえあまりに連発すると、あまり好感されないかもしれず、かわいそうな女と思われてしまうこともあるかもしれません。

問題に巻き込まれたくない

問題が起きた時に、何らかの意見を言ってしまうとそこに関わらなくてはなりません。

自分は知らないしわからない、賢くないのでそうしたことは自分では無理という謙遜な態度を取るのです。

謙遜し過ぎるくらい謙遜にしておけば、相談されることは少なくなるし、煩い事に関わらなくてストレスを多くすることがないというずるさを持っているということがあります。

謙遜はし過ぎる程良いと思っている

謙遜することはするほど良いという思考を持っていることもあるかもしれません。

自分を高めるような高飛車な女にはなりたくない、いつもいつも目立たない小さな女として行動したい、それが女の美徳であるという考えを持っていることもあるでしょう。

確かに高慢な女よりは謙遜な女性の方に美徳がありますが、あまりにも謙遜していると、なにもできない女というふうに見られてしまう可能性があるかもしれないことを覚えておくべきでしょう。

謙遜し過ぎというのは相手に不快感を与える

謙遜し過ぎな女はどう見ても美人なのに美人ではないと言い張ったりするので嫌味に聞こえてきたり、お金持ちなのにお金がない貧乏であると言ったりします。

でもやはりいつもきれいな恰好はしているし、貧乏には見えないし、ブランド物を持っていたりすればそれは見せかけだけの謙遜であり、本当の謙遜ではないかもしれません。

謙遜しているようには見えないし、相手に不快な気持ちを与えるだけなのです。

相手に良く思われたい気持ちが強い

とにかく相手に良く思われたい、印象を良くしたいという気持ちが強過ぎることが謙遜し過ぎてしまうのかもしれません。

とはいえ印象というのは失礼はよくありませんが、ある程度自分を出さないとわからないし、腰を低くしたところでそれほど印象には残らないでしょう。

嫌いに思われたくないということから謙遜しても、それは不自然であり、むしろ自分らしさを出したほうが好感されることは少なくなく、この場合には逆効果かもしれません。

謙遜し過ぎる女性は自分に自信がない自尊心を保てないことが原因だったりします。

褒められることを経験せずに育った家庭環境が影響していたり、いつもダメ出しされるばかりだったゆえにそうなってしまったのかもしれません。

謙遜そのものは美徳であり、女性を美しくするものですが、謙遜し過ぎることは明らかに良いものではありません。

その点でバランスが必要であり、適度に自尊心を保つこと、他の人から褒められた時にはそれを素直に受けることもまたかわいがられるためには必要だったりします。

謙遜し過ぎていないかどうか、自分を正直に見つめ直すことができるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-