【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171204132919.html
デニムが似合う女性の特徴

デニムが似合う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
デニムが似合う女性の特徴

オシャレにデニムを穿きこなしたいと思ったときに、穿きこなせますか。

特にスタイルに自信のない人や、身長が低い人は少しコツが必要かもしれません。

  • デニムが似合う人
  • デニムの似合う足
  • デニムはスタイルアップになるとは限らない
  • デニムのワイドパンツは子どもっぽく見えるか
  • 身長が低い人のジーンズの魅せ方
  • 子どもっぽく見えない髪型
  • まとめ

1. デニムが似合う人

デニムが似合う人

デニムジーンズは、誰でも着こなせる服として多くの人に愛用されてきました。

デニム素材の服は、今やスタイルの良い人がオシャレに着こなすものとなりつつあります。

着こなせるかでオシャレの度合いがわかってきてしまいます。

サイズがないわけではないけれど、体型によってはオシャレになりきれていないように見られ、少し残念な思いをします。

スタイルがあまり良くない人は、何故オシャレに見えないのでしょうか。

それは、足のラインが出てしまうからでしょう。

デニムも様々な色があります。

自分に似合う色だったとしても、足がパンパンだったり、太ももとふくらはぎだけがボコッと出っ張っているような足では、残念な姿に見られてしまいます。

2. デニムの似合う足

デニムの似合う足

デニムはシャツやジーンズ、ジャケットなど様々なものがあります。

しかし、誰にでも似合うわけではないオシャレ度がわかてしまう服を魅力的に穿きこなしてみたいと思いませんか。

似合う人を選ぶ服となってしまっているかつての無難な服が似合うのはどのような体型でしょうか。

ジーンズだと足のラインが出ます。

その足のラインが良くないとオシャレには見えません。

それは、程良い肉付きのセクシーな女性の足だと思います。

О脚やX脚などのトラブルがあったら、ラインは綺麗にはなりませんし、細い足では似合うというよりは健康的には見えません。

セクシーな足は健康的なものです。

3. デニムはスタイルアップになるとは限らない

デニムはスタイルアップになるとは限らない

足のラインの問題をクリアしたとして、果たして誰でもオシャレに着こなせるのでしょうか。

以前ショップの店員に聞いたところ、「誰でもスタイルアップができるわけではない」という話を聞かせていただきました。

どのような人がスタイルアップできるのかというと、ある程度身長のある人です。

ハイウエストだったり、裾が広がっていたりするものは特に身長165cmほどの人にはスタイルアップになるとお勧めするそうです。

身長の低い人はスタイルアップを諦めなければいけないのかというと、そういうわけではありません。

ただ、流行のものは身長を選ぶものがあるということだそうです。

4. デニムのワイドパンツは子どもっぽく見えるか

デニムのワイドパンツは子どもっぽく見えるか

ショップでもインターネット通販でも、ワイドパンツが流行しています。

穿いていて楽だし、購入した人も多いのではないでしょうか。

街を歩いていてもよく見かけます。

身長が低い女性がワイドパンツを穿くとき、どう見えるでしょうか。

オシャレに見せたい、流行っているから穿きこなしたい、そう思っても現実は子どもっぽく見えてしまう可能性があります。

子どもの動きやすい服装みたいに見えてしまうのです。

それでは流行も追えません。

そういうときは、肌が見える面積を増やしてみましょう。

足の甲や手首など、首と名の付く部位を肌見せをすれば、子どもっぽさは減ると思います。

あか抜けたように見せることができます。

5. 身長が低い人のジーンズの魅せ方

身長が低い人のジーンズの魅せ方

かつて無難な服であったデニムスタイルを、背が低い女性も穿きこなす方法を調べてみました。

背が低い人はどうしても縦ラインが短いです。

だから、縦ラインを作りましょう。

そして、首と名の付く部位を露出します。

肌を見せることで、全体に統一感ができて、オシャレに見えるようになります。

そのときに、裾を小さくロールアップすると良いです。

大きくロールアップをすると子どもっぽさが増します。

あか抜けた感じを出すためにも、身長の低い人は、小さくロールアップしてみてください。

自分の身長に合った魅せ方を知っておくと、オシャレが楽しくなります。

6. 子どもっぽく見えない髪型

子どもっぽく見えない髪型

身長の低い人がいくらロールアップをしてジーンズを穿いたところで、子どもっぽさは完全にはなくなりません。

それをさらにカバーするのがメイクや髪型です。

どうせ子どもっぽく見えるからといって可愛さ重視ばかりしていると、服装と合っていないかもしれません。

髪型はあまり高い位置で結ばない髪型が良いと思います。

高い位置で結ぶと子どもっぽくなります。

二つ結びをしたいときは要注意です。

きっちり結んでしまうと学生っぽくなってしまったり、高い位置でツインテールをしたら子どもっぽく見せたいようにしか見えません。

まとめ

オシャレは身長によってもその人の雰囲気でも魅せ方は変わります。

モデルが似合うからといって、自分に似合うとは限らないように、「自分の魅せ方」というものがあります。

身長が低い人はメイクや髪型でも子どもっぽくなりがちです。

そこでデニムの穿きこなし方が子どもっぽいと、トータルバランスでも完全に子どもになってしまいます。

しかし、魅せ方を意識すればオシャレに穿きこなせます。

自分なりの魅せ方を探してみてはいかがでしょうか。

オシャレにデニムを穿きこなしたいと思ったときに、穿きこなせますか。

特にスタイルに自信のない人や、身長が低い人は少しコツが必要かもしれません。


デニムが似合う人

デニムジーンズは、誰でも着こなせる服として多くの人に愛用されてきました。

デニム素材の服は、今やスタイルの良い人がオシャレに着こなすものとなりつつあります。

着こなせるかでオシャレの度合いがわかってきてしまいます。

サイズがないわけではないけれど、体型によってはオシャレになりきれていないように見られ、少し残念な思いをします。

スタイルがあまり良くない人は、何故オシャレに見えないのでしょうか。

それは、足のラインが出てしまうからでしょう。

デニムも様々な色があります。

自分に似合う色だったとしても、足がパンパンだったり、太ももとふくらはぎだけがボコッと出っ張っているような足では、残念な姿に見られてしまいます。

デニムの似合う足

デニムはシャツやジーンズ、ジャケットなど様々なものがあります。

しかし、誰にでも似合うわけではないオシャレ度がわかてしまう服を魅力的に穿きこなしてみたいと思いませんか。

似合う人を選ぶ服となってしまっているかつての無難な服が似合うのはどのような体型でしょうか。

ジーンズだと足のラインが出ます。

その足のラインが良くないとオシャレには見えません。

それは、程良い肉付きのセクシーな女性の足だと思います。

О脚やX脚などのトラブルがあったら、ラインは綺麗にはなりませんし、細い足では似合うというよりは健康的には見えません。

セクシーな足は健康的なものです。

デニムはスタイルアップになるとは限らない

足のラインの問題をクリアしたとして、果たして誰でもオシャレに着こなせるのでしょうか。

以前ショップの店員に聞いたところ、「誰でもスタイルアップができるわけではない」という話を聞かせていただきました。

どのような人がスタイルアップできるのかというと、ある程度身長のある人です。

ハイウエストだったり、裾が広がっていたりするものは特に身長165cmほどの人にはスタイルアップになるとお勧めするそうです。

身長の低い人はスタイルアップを諦めなければいけないのかというと、そういうわけではありません。

ただ、流行のものは身長を選ぶものがあるということだそうです。

デニムのワイドパンツは子どもっぽく見えるか

ショップでもインターネット通販でも、ワイドパンツが流行しています。

穿いていて楽だし、購入した人も多いのではないでしょうか。

街を歩いていてもよく見かけます。

身長が低い女性がワイドパンツを穿くとき、どう見えるでしょうか。

オシャレに見せたい、流行っているから穿きこなしたい、そう思っても現実は子どもっぽく見えてしまう可能性があります。

子どもの動きやすい服装みたいに見えてしまうのです。

それでは流行も追えません。

そういうときは、肌が見える面積を増やしてみましょう。

足の甲や手首など、首と名の付く部位を肌見せをすれば、子どもっぽさは減ると思います。

あか抜けたように見せることができます。

身長が低い人のジーンズの魅せ方

かつて無難な服であったデニムスタイルを、背が低い女性も穿きこなす方法を調べてみました。

背が低い人はどうしても縦ラインが短いです。

だから、縦ラインを作りましょう。

そして、首と名の付く部位を露出します。

肌を見せることで、全体に統一感ができて、オシャレに見えるようになります。

そのときに、裾を小さくロールアップすると良いです。

大きくロールアップをすると子どもっぽさが増します。

あか抜けた感じを出すためにも、身長の低い人は、小さくロールアップしてみてください。

自分の身長に合った魅せ方を知っておくと、オシャレが楽しくなります。

子どもっぽく見えない髪型

身長の低い人がいくらロールアップをしてジーンズを穿いたところで、子どもっぽさは完全にはなくなりません。

それをさらにカバーするのがメイクや髪型です。

どうせ子どもっぽく見えるからといって可愛さ重視ばかりしていると、服装と合っていないかもしれません。

髪型はあまり高い位置で結ばない髪型が良いと思います。

高い位置で結ぶと子どもっぽくなります。

二つ結びをしたいときは要注意です。

きっちり結んでしまうと学生っぽくなってしまったり、高い位置でツインテールをしたら子どもっぽく見せたいようにしか見えません。

オシャレは身長によってもその人の雰囲気でも魅せ方は変わります。

モデルが似合うからといって、自分に似合うとは限らないように、「自分の魅せ方」というものがあります。

身長が低い人はメイクや髪型でも子どもっぽくなりがちです。

そこでデニムの穿きこなし方が子どもっぽいと、トータルバランスでも完全に子どもになってしまいます。

しかし、魅せ方を意識すればオシャレに穿きこなせます。

自分なりの魅せ方を探してみてはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-