【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171203155940.html
勘が鋭い女性の特徴

勘が鋭い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
勘が鋭い女性の特徴

みなさんの周りにも「この人は勘が鋭いなと思う女性がいるのではないでしょうか。

ではそんな勘の鋭い女性の特徴をあげていきます。

  • 普段から周りを見ている
  • 色んな経験をしている
  • 周りの空気を読める
  • わりと人付き合いは得意ではない
  • 人を疑いやすい
  • 自分の考えには自信がある
  • まとめ

1. 普段から周りを見ている

普段から周りを見ている

勘が鋭い女性は普段から自分の周りのことをよく見ていると言えるでしょう。

色んな情景や周りにいる人の言動などをさりげなくキャッチしているのです。

それにより物事の流れや人の癖を発見して、後に勘のよさに繋がるのです。

勘は普段見ていることの点と点が線で結び付くことを言います。

ですので全くの情報がないところには勘は働きません。

つまり勘が鋭い女性は、普段から周りを見ていてしっかりキャッチしているのです。

2. 色んな経験をしている

色んな経験をしている

勘が鋭い女性は沢山の経験をしているのです。

趣味が多かったり知り合いが多いことで、色んな情報が入ってくるのですね。

過去の経験により色んな場面をみてきたことから、その一つ一つの事が勘に繋がる材料となっているのです。

先程も言いましたように、その一つ一つの別の材料が頭のなかで合致する、いわゆる点と点が線になり勘が働くのです。

3. 周りの空気を読める

周りの空気を読める

勘が鋭い女性は周りの空気を読むことができる人です。

勘の鋭さは洞察力にも近いものがあります。

その人の本心、言葉の本当の意味を理解すること、すなわち洞察力があることで表には見えていないものを察知して勘になるのですね。

日常的にそのように頭が働いていますので、天の邪鬼のような思ってもいないことを口にする人に対しても言葉の真意を読み取り、そして適切な行動をとるのです。

これが空気の読めるということにもなりますよね。

例えば会社から「忙しそうだから無理はしないように」と言われても、本音は「でも、この仕事だけは今日中に終わらせなきゃだよ」と言うことはよくあることです。

その言葉通りに「ではこの仕事は明日に回します」とならずに、しっかり今日中に終わらせるようにできる人なのですね。

4. わりと人付き合いは得意ではない

わりと人付き合いは得意ではない

勘が鋭い女性はわりと人付き合いはそんなに得意な方ではありません。

普段はあまりしゃべることもなく、どちらかというと話すより聞く側となっているでしょう。

話すことが苦手な人は、違う角度でみると自分を言葉で表現的ないということにもなります。

ですので嫌なことを言われても言い返すことができないこともあるのです。

その時にただ悲しくなったり密かに怒っているのではなく、「この人はなんでこんなことを言ってきたのか」と考えるようになるのですね。

いわゆる自分を守るための考え方です。

「昔からこの人は悪く言われてきてのだろう、だから今私に同じように悪く言ってくる」と洞察力を働かせることで自分を楽にすると同時に、この洞察力が次第に鍛えられて勘が鋭くなるのですね。

このように勘が鋭どい女性は、人付き合いが苦手なところから養われた能力なのですね。

5. 人を疑いやすい

人を疑いやすい

勘が鋭い女性は人を疑いやすいと言えるでしょう。

勘が鋭いと言うことは人が普通に考えていることとは違う風に考えるものです。

つまりいつも笑顔でいるような人がいても、「あの人はいつも笑顔だね」「良いことでもあったのかな」と軽く見ているのではなくて、「なぜあんなに笑顔でいれるのか」「普段はどんな環境にいるのか」と笑顔でいることの根本を知りたがるのです。

そして、「仕事であんなに怒られているのに、笑顔を出し続けるなんて無理だろう」と疑いはじめて、その人の本心を探っていくのですね。

その結果、「あの人は本当は辛いのだけど、そんな自分を認めたくないから頑張って笑顔を出しているのだ」と答えを出すのです。

そう思っていればその人の笑顔が無くなったときに勘が働くのです。

周りの人が「笑顔が無くなったけど、なんか嫌なことでもあったのかな」と思うところを、勘の鋭い女性は「今回はかなり強く怒られてしまい我慢しきれなくなったのでしょう」と勘が働くのです。

つまり勘が鋭くなるのです女性は人を疑いやすいとなるのです。

6. 自分の考えには自信がある

自分の考えには自信がある

勘の鋭い女性は自分の考えには自信があります。

そもそも自信がなければ勘は働きませんよね。

「私はこう思ったけど、みんなが違う考えだったらどうしよう」なんて思っていたら閃くものも閃きません。

自分の思ったことには自信を持っているのです。

「絶対にこうなるはずだ」という強い信念がベースとなり、また他の情報と結び付いて勘として働くようになるのですね。

ですので勘の鋭い女性は自分の考えには自信があるのです。

まとめ

勘の鋭い女性の特徴をあげていきました。

やはり普段から色んなものを見て細かく把握しているからこそ、そこに勘が働くのですね。

人に対しては洞察力を働かせて本心を探っていたり、自分を守るために相手のことを知ろうとしたり、そのような繰り返しで勘の働く女性になったと言えるでしょう。

楽観的ではないので付き合いにくいと感じる方もいると思いますが、勘が鋭いというのはひとつの能力とも言えるでしょう。

みなさんの周りにも「この人は勘が鋭いなと思う女性がいるのではないでしょうか。

ではそんな勘の鋭い女性の特徴をあげていきます。


普段から周りを見ている

勘が鋭い女性は普段から自分の周りのことをよく見ていると言えるでしょう。

色んな情景や周りにいる人の言動などをさりげなくキャッチしているのです。

それにより物事の流れや人の癖を発見して、後に勘のよさに繋がるのです。

勘は普段見ていることの点と点が線で結び付くことを言います。

ですので全くの情報がないところには勘は働きません。

つまり勘が鋭い女性は、普段から周りを見ていてしっかりキャッチしているのです。

色んな経験をしている

勘が鋭い女性は沢山の経験をしているのです。

趣味が多かったり知り合いが多いことで、色んな情報が入ってくるのですね。

過去の経験により色んな場面をみてきたことから、その一つ一つの事が勘に繋がる材料となっているのです。

先程も言いましたように、その一つ一つの別の材料が頭のなかで合致する、いわゆる点と点が線になり勘が働くのです。

周りの空気を読める

勘が鋭い女性は周りの空気を読むことができる人です。

勘の鋭さは洞察力にも近いものがあります。

その人の本心、言葉の本当の意味を理解すること、すなわち洞察力があることで表には見えていないものを察知して勘になるのですね。

日常的にそのように頭が働いていますので、天の邪鬼のような思ってもいないことを口にする人に対しても言葉の真意を読み取り、そして適切な行動をとるのです。

これが空気の読めるということにもなりますよね。

例えば会社から「忙しそうだから無理はしないように」と言われても、本音は「でも、この仕事だけは今日中に終わらせなきゃだよ」と言うことはよくあることです。

その言葉通りに「ではこの仕事は明日に回します」とならずに、しっかり今日中に終わらせるようにできる人なのですね。

わりと人付き合いは得意ではない

勘が鋭い女性はわりと人付き合いはそんなに得意な方ではありません。

普段はあまりしゃべることもなく、どちらかというと話すより聞く側となっているでしょう。

話すことが苦手な人は、違う角度でみると自分を言葉で表現的ないということにもなります。

ですので嫌なことを言われても言い返すことができないこともあるのです。

その時にただ悲しくなったり密かに怒っているのではなく、「この人はなんでこんなことを言ってきたのか」と考えるようになるのですね。

いわゆる自分を守るための考え方です。

「昔からこの人は悪く言われてきてのだろう、だから今私に同じように悪く言ってくる」と洞察力を働かせることで自分を楽にすると同時に、この洞察力が次第に鍛えられて勘が鋭くなるのですね。

このように勘が鋭どい女性は、人付き合いが苦手なところから養われた能力なのですね。

人を疑いやすい

勘が鋭い女性は人を疑いやすいと言えるでしょう。

勘が鋭いと言うことは人が普通に考えていることとは違う風に考えるものです。

つまりいつも笑顔でいるような人がいても、「あの人はいつも笑顔だね」「良いことでもあったのかな」と軽く見ているのではなくて、「なぜあんなに笑顔でいれるのか」「普段はどんな環境にいるのか」と笑顔でいることの根本を知りたがるのです。

そして、「仕事であんなに怒られているのに、笑顔を出し続けるなんて無理だろう」と疑いはじめて、その人の本心を探っていくのですね。

その結果、「あの人は本当は辛いのだけど、そんな自分を認めたくないから頑張って笑顔を出しているのだ」と答えを出すのです。

そう思っていればその人の笑顔が無くなったときに勘が働くのです。

周りの人が「笑顔が無くなったけど、なんか嫌なことでもあったのかな」と思うところを、勘の鋭い女性は「今回はかなり強く怒られてしまい我慢しきれなくなったのでしょう」と勘が働くのです。

つまり勘が鋭くなるのです女性は人を疑いやすいとなるのです。

自分の考えには自信がある

勘の鋭い女性は自分の考えには自信があります。

そもそも自信がなければ勘は働きませんよね。

「私はこう思ったけど、みんなが違う考えだったらどうしよう」なんて思っていたら閃くものも閃きません。

自分の思ったことには自信を持っているのです。

「絶対にこうなるはずだ」という強い信念がベースとなり、また他の情報と結び付いて勘として働くようになるのですね。

ですので勘の鋭い女性は自分の考えには自信があるのです。

勘の鋭い女性の特徴をあげていきました。

やはり普段から色んなものを見て細かく把握しているからこそ、そこに勘が働くのですね。

人に対しては洞察力を働かせて本心を探っていたり、自分を守るために相手のことを知ろうとしたり、そのような繰り返しで勘の働く女性になったと言えるでしょう。

楽観的ではないので付き合いにくいと感じる方もいると思いますが、勘が鋭いというのはひとつの能力とも言えるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-