【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171203133725.html
陸上部のあるあるな特徴

陸上部のあるあるな特徴 | LADYCO

LADYCO
陸上部のあるあるな特徴

花形の部活動である陸上部で活躍する陸上部員は、爽やかでまさに青春を謳歌している印象があります。

綺麗な走りで駆け抜ける陸上部員のあるあるをまとめてみました。

  • コツコツ努力する事が好き
  • 運動会が大好き
  • 勉強も出来る
  • 硬派
  • 時間を大切にする
  • 階段を見ると駆け上がってしまう
  • ストップウォッチで遊んでしまう
  • 走っている人のフォームが気になる
  • 後輩想い
  • 種目ごとに体型に特徴がある
  • まとめ

1. コツコツ努力する事が好き

コツコツ努力する事が好き

陸上競技は、走りを競うトラック競技と、投てき、跳躍といったフィールド競技からなるスポーツですが、いずれの部門も基本は「走る」事にあります。

「走る」という運動の中でも最もベーシックな動作を競う為には、地味な練習をコツコツと重ねる必要があります。

陸上競技を長く続けている人は、コツコツと地道な努力を重ねる事が苦にならない真面目な人が多いのが特徴です。

2. 運動会が大好き

運動会が大好き

運動会は、全校生徒の前で自分の実力を見せられる格好の機会なので、競技会よりも燃える陸上部員が多い様です。

簡単な様で意外と難しい、綺麗な走りのフォームで駆け抜けた時に聴こえる全校生徒からの歓声を浴びながら走る運動会に快感を感じるのです。

3. 勉強も出来る

勉強も出来る

陸上部には文武両道を心がけて練習に励む生徒がほとんどです。

根が真面目な陸上部員は、学生である本分も忘れてはいません。

持ち前の真面目さとバランスの良さで、きちんと勉強と部活を両立させて、テストでも必ず良い結果を叩き出すのです。

4. 硬派

硬派

サッカー部やバスケ部といった華やかな部活の中には、女子にモテる事に情熱を注ぐようなチャラい部員も見かけますが、陸上部員の中にはチャラい人はまず見かけません。

モテたくても、シャイでちょっぴり不器用な陸上部員は、硬派でいる事が美学でもあります。

その爽やかさに惹かれる女子も少なくありません。

5. 時間を大切にする

時間を大切にする

コンマの世界で戦う陸上部員は、誰よりも時間の大切さを知っています。

試合前の召集で遅れてしまうと迷惑がかかったり、現地入りが遅くなって思うようにウォーミングアップが出来ずにコンディションが悪くなる事を身を以て知っているのです。

日常生活でも時間の使い方に注意して、人との約束を時間通り守る事が多い様です。

6. 階段を見ると駆け上がってしまう

階段を見ると駆け上がってしまう

日々のトレーニングによっていつでも脚が軽いので、急いでいないときでも階段を見るとつい駆け足で階段を駆け上がってしまう癖があります。

学校の廊下や階段は走ってはいけない決まりになっていますが、人目がないとついつい走って階段を上ってしまうのです。

7. ストップウォッチで遊んでしまう

ストップウォッチで遊んでしまう

ストップウォッチは陸上競技者の相棒とも言えるでしょう。

練習でもいつもそばにあるストップウォッチは身近過ぎて暇になるとオモチャにして遊んでしまいます。

顧問の目を盗んで、「10秒ぴったりにストップウォッチを止められるか」という遊びをほとんどの陸上部員がやっています。

8. 走っている人のフォームが気になる

走っている人のフォームが気になる

健康志向が高まる世の中で、早朝のランニングをする人や、会社に遅れそうで慌てて走っている人がいると、つい走っているフォームをチェックしてしまうのが陸上部員のサガです。

フォームを見ながら「腕の振りがイマイチ」とか「ストライドが伸びていて良い走りだ!」など、他人の日常の走りが無性に気になってしまうのです。

9. 後輩想い

後輩想い

陸上部員は部員同士の仲が良い事が多く、特に後輩想いの優しい先輩が多いのが特徴です。

ライバルを蹴落として、自分が注目されたいだとか、ズルをして良い結果を残そうとする卑怯なやり方をする事は頭の片隅にもありません。

調子の悪い後輩をかばったり、落ち込んでいる後輩の相談に乗ってあげたりと、心の優しい後輩想いの先輩が多いのが陸上部なのです。

10. 種目ごとに体型に特徴がある

種目ごとに体型に特徴がある

10-1. 短距離選手

瞬発力と地面を捉える強い脚力を持った脚は、足首がキュッと締まったしなやかな脚をしています。

ふくらはぎ、太もも、上半身には大きく盛り上がってついた筋肉が強さを感じさせます。

速筋が発達しており、盛り上がった大きな筋肉は瞬間的に大きなパワーを発揮できます。

10-2. 長距離選手

男女共に華奢でスレンダーな体をしています。

同じ運動を持続させる為に発達したのが遅筋で、スリムでしなやかに見えます。

細くしなやかな筋肉は、疲れを溜めにくく遠くまで体を運ぶ事に適したエコな筋肉です。

10-3. 跳躍

跳ぶ一瞬に備えなくてはならない跳躍選手たちの体の特徴の中で目を引くのは、長い手足です。

重量に逆らって競技しなくてはならない走り高跳びの選手は、皆、長い手足でありながらモデルの様にスレンダーな体型をしています。

走り幅跳びの選手は、長い手足に短距離選手のようなパワーを持つ盛り上がった大きな筋肉も付くので、高跳び選手に比べるとがっしりとした体つきです。

10-4. 投てき

砲丸や円盤、ハンマーや槍などをいかに遠くまで飛ばせるかを競う投てき選手たちは、どっしりとした体型の選手がほとんどです。

ユニフォームを着ていない選手の姿を見ると運動が苦手で肥満気味と見られてしまうこともあります。

しかし、脂肪に見える体には強い肩と、しっかりとした筋肉を纏っているのです。

まとめ

真面目な性格な故に、日常生活にも陸上競技がチラついてしまう陸上部員を観察してみると、まだまだ面白い発見が出来そうです。

「どこまでも速く、どこまでも遠く、どこまでも高く」と自らの目標に向かって地道に努力を重ねる陸上部員は強い忍耐力と部員の個性を思い遣る優しさを持った人が集まった集団が陸上部員という場所なのでしょう。

花形の部活動である陸上部で活躍する陸上部員は、爽やかでまさに青春を謳歌している印象があります。

綺麗な走りで駆け抜ける陸上部員のあるあるをまとめてみました。


コツコツ努力する事が好き

陸上競技は、走りを競うトラック競技と、投てき、跳躍といったフィールド競技からなるスポーツですが、いずれの部門も基本は「走る」事にあります。

「走る」という運動の中でも最もベーシックな動作を競う為には、地味な練習をコツコツと重ねる必要があります。

陸上競技を長く続けている人は、コツコツと地道な努力を重ねる事が苦にならない真面目な人が多いのが特徴です。

運動会が大好き

運動会は、全校生徒の前で自分の実力を見せられる格好の機会なので、競技会よりも燃える陸上部員が多い様です。

簡単な様で意外と難しい、綺麗な走りのフォームで駆け抜けた時に聴こえる全校生徒からの歓声を浴びながら走る運動会に快感を感じるのです。

勉強も出来る

陸上部には文武両道を心がけて練習に励む生徒がほとんどです。

根が真面目な陸上部員は、学生である本分も忘れてはいません。

持ち前の真面目さとバランスの良さで、きちんと勉強と部活を両立させて、テストでも必ず良い結果を叩き出すのです。

硬派

サッカー部やバスケ部といった華やかな部活の中には、女子にモテる事に情熱を注ぐようなチャラい部員も見かけますが、陸上部員の中にはチャラい人はまず見かけません。

モテたくても、シャイでちょっぴり不器用な陸上部員は、硬派でいる事が美学でもあります。

その爽やかさに惹かれる女子も少なくありません。

時間を大切にする

コンマの世界で戦う陸上部員は、誰よりも時間の大切さを知っています。

試合前の召集で遅れてしまうと迷惑がかかったり、現地入りが遅くなって思うようにウォーミングアップが出来ずにコンディションが悪くなる事を身を以て知っているのです。

日常生活でも時間の使い方に注意して、人との約束を時間通り守る事が多い様です。

階段を見ると駆け上がってしまう

日々のトレーニングによっていつでも脚が軽いので、急いでいないときでも階段を見るとつい駆け足で階段を駆け上がってしまう癖があります。

学校の廊下や階段は走ってはいけない決まりになっていますが、人目がないとついつい走って階段を上ってしまうのです。

ストップウォッチで遊んでしまう

ストップウォッチは陸上競技者の相棒とも言えるでしょう。

練習でもいつもそばにあるストップウォッチは身近過ぎて暇になるとオモチャにして遊んでしまいます。

顧問の目を盗んで、「10秒ぴったりにストップウォッチを止められるか」という遊びをほとんどの陸上部員がやっています。

走っている人のフォームが気になる

健康志向が高まる世の中で、早朝のランニングをする人や、会社に遅れそうで慌てて走っている人がいると、つい走っているフォームをチェックしてしまうのが陸上部員のサガです。

フォームを見ながら「腕の振りがイマイチ」とか「ストライドが伸びていて良い走りだ!」など、他人の日常の走りが無性に気になってしまうのです。

後輩想い

陸上部員は部員同士の仲が良い事が多く、特に後輩想いの優しい先輩が多いのが特徴です。

ライバルを蹴落として、自分が注目されたいだとか、ズルをして良い結果を残そうとする卑怯なやり方をする事は頭の片隅にもありません。

調子の悪い後輩をかばったり、落ち込んでいる後輩の相談に乗ってあげたりと、心の優しい後輩想いの先輩が多いのが陸上部なのです。

種目ごとに体型に特徴がある

10-1. 短距離選手

瞬発力と地面を捉える強い脚力を持った脚は、足首がキュッと締まったしなやかな脚をしています。

ふくらはぎ、太もも、上半身には大きく盛り上がってついた筋肉が強さを感じさせます。

速筋が発達しており、盛り上がった大きな筋肉は瞬間的に大きなパワーを発揮できます。

10-2. 長距離選手

男女共に華奢でスレンダーな体をしています。

同じ運動を持続させる為に発達したのが遅筋で、スリムでしなやかに見えます。

細くしなやかな筋肉は、疲れを溜めにくく遠くまで体を運ぶ事に適したエコな筋肉です。

10-3. 跳躍

跳ぶ一瞬に備えなくてはならない跳躍選手たちの体の特徴の中で目を引くのは、長い手足です。

重量に逆らって競技しなくてはならない走り高跳びの選手は、皆、長い手足でありながらモデルの様にスレンダーな体型をしています。

走り幅跳びの選手は、長い手足に短距離選手のようなパワーを持つ盛り上がった大きな筋肉も付くので、高跳び選手に比べるとがっしりとした体つきです。

10-4. 投てき

砲丸や円盤、ハンマーや槍などをいかに遠くまで飛ばせるかを競う投てき選手たちは、どっしりとした体型の選手がほとんどです。

ユニフォームを着ていない選手の姿を見ると運動が苦手で肥満気味と見られてしまうこともあります。

しかし、脂肪に見える体には強い肩と、しっかりとした筋肉を纏っているのです。

真面目な性格な故に、日常生活にも陸上競技がチラついてしまう陸上部員を観察してみると、まだまだ面白い発見が出来そうです。

「どこまでも速く、どこまでも遠く、どこまでも高く」と自らの目標に向かって地道に努力を重ねる陸上部員は強い忍耐力と部員の個性を思い遣る優しさを持った人が集まった集団が陸上部員という場所なのでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-