【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171203133532.html
絵が下手な人の特徴

絵が下手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
絵が下手な人の特徴

あなたの周りには頭がいいのに絵は驚くほど下手!っていう人はいませんか?

絵が下手な人にはいくつかの特徴があるので覗いてみましょう。

  • 小さい頃からあまり絵を描いてこなかった
  • 絵を褒められた経験がない
  • さっさと完成させてしまう
  • よく考えずに感覚だけで進めてしまう
  • 絵が下手だと思い込んでいる
  • 教科書に載っているような綺麗な絵を描こうとする
  • 描いた絵を分析しない
  • 机周りが散らかっている
  • まとめ

1. 小さい頃からあまり絵を描いてこなかった

小さい頃からあまり絵を描いてこなかった

小さい頃からあまり絵を描くことをしてこなかったような人は、根本的な絵を描くというスキルが足りないため基本的な技術がぜんぜん身についていないことが多いものです。

小さい頃はどうしても自分の興味のある遊びをしたがるため、絵を描いてこなかったということは絵にもともと興味が薄かったということではないでしょうか。

そんな人が絵を上手くなろうとか描いてみようなんて思えないのも当然のことであり、大人になってからもわざわざ苦手なことをやろうとは思わないでしょう。

2. 絵を褒められた経験がない

絵を褒められた経験がない

人は誰かに褒めてもらうことでやる気になったり好きになったりもします。

そう考えると絵が下手な人は自分の絵を褒められた経験の少ない可哀想な人なのかもしれません。

親や先生が優しければお世辞でも褒めてもらうことはできますし、自分自身がいい子だったなら周りも多少は気を遣ってくれます。

絵を褒められてきたかどうかはその人の人気や受けた愛情の深さもはかることができてしまいそうで怖くなります。

まずは得意な絵から描いて誰かに見てもらいましょう。

3. さっさと完成させてしまう

さっさと完成させてしまう

絵が下手な人はせっかちな人です。

細かい部分にこだわりをもって仕上げることをせず、だいたい大まかな部分を描くと「完成した!」と終わらせてしまいます。

そうすると絵が思ったよりつまらない状態で仕上がってしまいますし、あっけない作業だと感じて絵を描くことを楽しいと思うことができません。

つまらないから描きたくない、描かないから上手くならないという連鎖が生まれてしまいます。

4. よく考えずに感覚だけで進めてしまう

よく考えずに感覚だけで進めてしまう

絵が上手い人はいきなり描かずにバランスなどを考えてから丁寧に描き始めます。

しかし、絵が下手な人はそんなことをするのが面倒でいきなり描き出してしまいます。

そして描いては消してを繰り返し、時にはペン描きから始めてしまって取り返しのつかないことになる場合もあります。

ダイナミックにインスピレーションで描けるほどの才能もなく、かといって緻密に構想を練るほどの能力や関心もありません。

5. 絵が下手だと思い込んでいる

絵が下手だと思い込んでいる

絵が下手な人は自分は絵が下手だと思い込んでしまっている場合もあります。

自信がなければ絵にも迷いが生じ、いつも同じような作品しか仕上がりません。

そしてワンパターンで何とも感じないありがちな絵などという評価になります。

絵が下手でも上手くなりたいと思っていたりどうすれば上手くなるのか人の絵を見て研究できたりするといいですね。

絵が下手だと思い込んでそれより上を先に諦めてしまっては成長するはずもありません。

6. 教科書に載っているような綺麗な絵を描こうとする

教科書に載っているような綺麗な絵を描こうとする

教科書に載っているような綺麗な絵を描こうとすると「迫力に欠ける」とか「よくある普通の絵」などと言われてしまう場合があります。

本人は見本に忠実に美しく描いているつもりなのですが、かえってそれが個性や魅力を潰してしまっています。

それに気づくことができると「人と違ってもいいんだ」となり、もっとダイナミックな絵も描いていけるようになるのでしょう。

7. 描いた絵を分析しない

描いた絵を分析しない

絵が下手な人は絵に対する興味が薄いので描いた絵を分析しようとしません。

描いたというだけで満足してしまっており、もっとここをこうすればという風に考えずに投げ出してしまいます。

絵が上手くなるにはセンスだけではダメです。

勉強でもスポーツでもそうですが、上手くいってもいかなくてもより上を目指して考えてみるという工程が大切になってきます。

8. 机周りが散らかっている

机周りが散らかっている

絵が下手な人は机周りが散らかっている場合があります。

物の上で描けば上手く描くことなどできませんし、気がいってしまう物があるとついそちらに目がいってしまってなかなか絵を描くことに集中できないなんてこともあります。

絵が上手くなりたいなら机を片付けて落ち着いて描ける環境に変えましょう。

そうすれば創作意欲もわいてくるはずです。

物が崩れてきて絵を汚したりすることもなくなります。

まとめ

いかがでしたか?

絵が下手な人は生まれつきセンスがないからと諦めずにまずはこれらの特徴を知って改善しようとしてみてください。

そして。

今よりもっと積極的に絵を描いていきましょう。

自分だけでじっくり練習に励むのもいいですが、たまには人に見せてアドバイスを貰うとなおいいです。

自分にとっては上手く描けていると感じていた部分でも直すべきところに意見をもらうことで違うアイデアが思い浮かんだりします。

また、人に見られると思えばもっと丁寧にじっくり描こうとしていつもよりは完成度の高いものとなったりもします。

嫌いと思うからこそ好きになるためにトライしましょう。

あなたの周りには頭がいいのに絵は驚くほど下手!っていう人はいませんか?

絵が下手な人にはいくつかの特徴があるので覗いてみましょう。


小さい頃からあまり絵を描いてこなかった

小さい頃からあまり絵を描くことをしてこなかったような人は、根本的な絵を描くというスキルが足りないため基本的な技術がぜんぜん身についていないことが多いものです。

小さい頃はどうしても自分の興味のある遊びをしたがるため、絵を描いてこなかったということは絵にもともと興味が薄かったということではないでしょうか。

そんな人が絵を上手くなろうとか描いてみようなんて思えないのも当然のことであり、大人になってからもわざわざ苦手なことをやろうとは思わないでしょう。

絵を褒められた経験がない

人は誰かに褒めてもらうことでやる気になったり好きになったりもします。

そう考えると絵が下手な人は自分の絵を褒められた経験の少ない可哀想な人なのかもしれません。

親や先生が優しければお世辞でも褒めてもらうことはできますし、自分自身がいい子だったなら周りも多少は気を遣ってくれます。

絵を褒められてきたかどうかはその人の人気や受けた愛情の深さもはかることができてしまいそうで怖くなります。

まずは得意な絵から描いて誰かに見てもらいましょう。

さっさと完成させてしまう

絵が下手な人はせっかちな人です。

細かい部分にこだわりをもって仕上げることをせず、だいたい大まかな部分を描くと「完成した!」と終わらせてしまいます。

そうすると絵が思ったよりつまらない状態で仕上がってしまいますし、あっけない作業だと感じて絵を描くことを楽しいと思うことができません。

つまらないから描きたくない、描かないから上手くならないという連鎖が生まれてしまいます。

よく考えずに感覚だけで進めてしまう

絵が上手い人はいきなり描かずにバランスなどを考えてから丁寧に描き始めます。

しかし、絵が下手な人はそんなことをするのが面倒でいきなり描き出してしまいます。

そして描いては消してを繰り返し、時にはペン描きから始めてしまって取り返しのつかないことになる場合もあります。

ダイナミックにインスピレーションで描けるほどの才能もなく、かといって緻密に構想を練るほどの能力や関心もありません。

絵が下手だと思い込んでいる

絵が下手な人は自分は絵が下手だと思い込んでしまっている場合もあります。

自信がなければ絵にも迷いが生じ、いつも同じような作品しか仕上がりません。

そしてワンパターンで何とも感じないありがちな絵などという評価になります。

絵が下手でも上手くなりたいと思っていたりどうすれば上手くなるのか人の絵を見て研究できたりするといいですね。

絵が下手だと思い込んでそれより上を先に諦めてしまっては成長するはずもありません。

教科書に載っているような綺麗な絵を描こうとする

教科書に載っているような綺麗な絵を描こうとすると「迫力に欠ける」とか「よくある普通の絵」などと言われてしまう場合があります。

本人は見本に忠実に美しく描いているつもりなのですが、かえってそれが個性や魅力を潰してしまっています。

それに気づくことができると「人と違ってもいいんだ」となり、もっとダイナミックな絵も描いていけるようになるのでしょう。

描いた絵を分析しない

絵が下手な人は絵に対する興味が薄いので描いた絵を分析しようとしません。

描いたというだけで満足してしまっており、もっとここをこうすればという風に考えずに投げ出してしまいます。

絵が上手くなるにはセンスだけではダメです。

勉強でもスポーツでもそうですが、上手くいってもいかなくてもより上を目指して考えてみるという工程が大切になってきます。

机周りが散らかっている

絵が下手な人は机周りが散らかっている場合があります。

物の上で描けば上手く描くことなどできませんし、気がいってしまう物があるとついそちらに目がいってしまってなかなか絵を描くことに集中できないなんてこともあります。

絵が上手くなりたいなら机を片付けて落ち着いて描ける環境に変えましょう。

そうすれば創作意欲もわいてくるはずです。

物が崩れてきて絵を汚したりすることもなくなります。

いかがでしたか?

絵が下手な人は生まれつきセンスがないからと諦めずにまずはこれらの特徴を知って改善しようとしてみてください。

そして。

今よりもっと積極的に絵を描いていきましょう。

自分だけでじっくり練習に励むのもいいですが、たまには人に見せてアドバイスを貰うとなおいいです。

自分にとっては上手く描けていると感じていた部分でも直すべきところに意見をもらうことで違うアイデアが思い浮かんだりします。

また、人に見られると思えばもっと丁寧にじっくり描こうとしていつもよりは完成度の高いものとなったりもします。

嫌いと思うからこそ好きになるためにトライしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-