【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171203133456.html
リア充の女子の特徴

リア充の女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
リア充の女子の特徴

リア充女子。

人によっては『高嶺の花である優美な女性』や『クラスの中心にいる活発的な少女』など、イメージはそれぞれだと思いますが、今回はそのリア充女子の特徴を書いていきたいと思います。

  • いつも一緒にいる友達が決まっている
  • 笑い声が大きい
  • ツイッターに現れる際には必ず写真付きのツイートをする
  • ツイッターのフォロー数とフォロワーの比率がおかしい
  • とにかく季節ごとのイベントに参加している
  • 外敵を攻撃する嫌いがある
  • かなりあっさりそのグループが解散することがある
  • まとめ

1. いつも一緒にいる友達が決まっている

いつも一緒にいる友達が決まっている。<br><br>

これはかなり多くみられる特徴で、今風の言葉でいえば『イツメン』です。

どの学生、社会人もそうだと思いますが、特に仲が良く一緒に遊ぶ子がいるというのは普通だと思います。

ですがこのイツメンという括りはそれに収まらず、何処でも何でもいつも一緒。

最小ペアから大規模なグループまでそういうイツメンという異常なほど強固な仲間意識のあるグループに所属していることが多いです。

2. 笑い声が大きい

笑い声が大きい

これは先述のイツメンと呼ばれるグループの中で彼女たちの世界が完結しているために起こる現象です。

周りの目を気にしなくなるため、まるで自分たちしかいないのでは? と勘違いできるほどの大声で笑うことができます。

良くも悪くも自分たちの世界に引きこもっているため、友人関係にあまり悩まされることもなく、人生を歩んでいけます。

3. ツイッターに現れる際には必ず写真付きのツイートをする

ツイッターに現れる際には必ず写真付きのツイートをする。<br><br>

これまでの流れでいくと、彼女たちは強固なグループに所属しており、尚且つその閉じた世界の中で生きているため自身のストレスになるようなことがなく生きている人種。

ということになります。

そのためツイッターに限らず多くのSNSではいわゆる病みツイートなどはせず、そのグループでのイベントを掲載していくため自然と写真付きのツイートで溢れかえっていきます。

あと、そのためかなりツイート数が少ないというのも特徴でしょうか。

4. ツイッターのフォロー数とフォロワーの比率がおかしい

ツイッターのフォロー数とフォロワーの比率がおかしい

楽しいだけの写真で溢れかえるツイッター。

とりあえず自身のグループから飛んでくるいいねとリツイート。

通知がそれで溢れかえっているのかは分かりませんし、そもそも先述の通りあまりツイッターにログインしないという特徴があります。

そのため、気づいていないのか分かりませんが彼女らは何故かフォローを返さないという行為をしていることがありフォローに比べてフォロワーの数が多すぎるということになったりします。

適当にフォローにいる女の子を辿っていき、リア充かな? と思われる写真付きツイートのある女性のその比率は常にそうなっている。

ここにどんな思惑が絡んでいるかは各々の思考を覗けるわけではないので不確定。

それを断定してしまうわけにもいかないので割愛しますが、そういう特徴があります。

5. とにかく季節ごとのイベントに参加している

とにかく季節ごとのイベントに参加している

春ならば花見。

夏ならば海。

秋ならばハロウィン。

冬ならば年越しから初詣。

その全てのイベントにリア充は参加しています。

結局、彼女らはグループを形成しているため、その中で得られる無敵感とでもいえる謎の自身を持って全てのイベントに突貫していきます。

そういうことを数年続けていると、彼女らは「あ、私たちはリア充なんだな」という意識が芽生え始め、より世間一般のリア充というイメージに近づいていきます。

そうなりたい紛いものではなく、長年で積み上げてきた確信により彼女たちはもう止まることを知りません。

6. 外敵を攻撃する嫌いがある

外敵を攻撃する嫌いがある

これはかなり顕著であり、ここまで築いてきたグループの中に異物が入ってくることを頑なに拒むことがあります。

それを突破して強引に中へ入り込む豪胆な女性もいるでしょうが、大体は壁に阻まれてしまいます。

壁は強固であり、下手をすれば共通の敵として認識されてしまうことがあり、逆にその中の一体感を高めるためのダシにされてしまうことも。

結局彼女たちはそのこの外敵、というのにイケメンや活発的な男性は含みません。

7. かなりあっさりそのグループが解散することがある

かなりあっさりそのグループが解散することがある。<br><br>

転校。

卒業。

就職。

男の取り合いの内部問題。

あれほど強固だった壁はあっさり崩れ去ることがあります。

前者はどうしようもない理由で破壊されてしまったため、その後地元で遊ぶということもできるでしょうが、また別の環境に移った瞬間同じような仲間とグループを形成し同じような壁を築いてしまいます。

また、強固な壁の内側は意外にも脆く、男の問題や些細な喧嘩からそのグループが破壊されることがあります。

その後はグループが二分されたり、あぶれていた人とくっついたり。

様々な結末を辿った後、彼女たちはまた同じようなグループを形成して世界を自分たちだけのものにしてリアルを充実させていきます。

まとめ

ここまで散々に言ってきましたが、世界に閉じこもることも強固なグループを作ることも悪くはないと思います。

それがリアルを充実させ、華やかな日常を送れる一因になっていることは分かっていますし、それを羨ましいと思う人たちも多いでしょう。

リアルを充実させるというのは結局、ストレスフリーな環境を作って生活していくということに収束していくので、やはりこういうグループを本能的に作っていける女性たちはリア充の素質、というものがあったんだと思います。

リア充女子。

人によっては『高嶺の花である優美な女性』や『クラスの中心にいる活発的な少女』など、イメージはそれぞれだと思いますが、今回はそのリア充女子の特徴を書いていきたいと思います。


いつも一緒にいる友達が決まっている。<br><br>

これはかなり多くみられる特徴で、今風の言葉でいえば『イツメン』です。

どの学生、社会人もそうだと思いますが、特に仲が良く一緒に遊ぶ子がいるというのは普通だと思います。

ですがこのイツメンという括りはそれに収まらず、何処でも何でもいつも一緒。

最小ペアから大規模なグループまでそういうイツメンという異常なほど強固な仲間意識のあるグループに所属していることが多いです。

笑い声が大きい

これは先述のイツメンと呼ばれるグループの中で彼女たちの世界が完結しているために起こる現象です。

周りの目を気にしなくなるため、まるで自分たちしかいないのでは? と勘違いできるほどの大声で笑うことができます。

良くも悪くも自分たちの世界に引きこもっているため、友人関係にあまり悩まされることもなく、人生を歩んでいけます。

ツイッターに現れる際には必ず写真付きのツイートをする。<br><br>

これまでの流れでいくと、彼女たちは強固なグループに所属しており、尚且つその閉じた世界の中で生きているため自身のストレスになるようなことがなく生きている人種。

ということになります。

そのためツイッターに限らず多くのSNSではいわゆる病みツイートなどはせず、そのグループでのイベントを掲載していくため自然と写真付きのツイートで溢れかえっていきます。

あと、そのためかなりツイート数が少ないというのも特徴でしょうか。

ツイッターのフォロー数とフォロワーの比率がおかしい

楽しいだけの写真で溢れかえるツイッター。

とりあえず自身のグループから飛んでくるいいねとリツイート。

通知がそれで溢れかえっているのかは分かりませんし、そもそも先述の通りあまりツイッターにログインしないという特徴があります。

そのため、気づいていないのか分かりませんが彼女らは何故かフォローを返さないという行為をしていることがありフォローに比べてフォロワーの数が多すぎるということになったりします。

適当にフォローにいる女の子を辿っていき、リア充かな? と思われる写真付きツイートのある女性のその比率は常にそうなっている。

ここにどんな思惑が絡んでいるかは各々の思考を覗けるわけではないので不確定。

それを断定してしまうわけにもいかないので割愛しますが、そういう特徴があります。

とにかく季節ごとのイベントに参加している

春ならば花見。

夏ならば海。

秋ならばハロウィン。

冬ならば年越しから初詣。

その全てのイベントにリア充は参加しています。

結局、彼女らはグループを形成しているため、その中で得られる無敵感とでもいえる謎の自身を持って全てのイベントに突貫していきます。

そういうことを数年続けていると、彼女らは「あ、私たちはリア充なんだな」という意識が芽生え始め、より世間一般のリア充というイメージに近づいていきます。

そうなりたい紛いものではなく、長年で積み上げてきた確信により彼女たちはもう止まることを知りません。

外敵を攻撃する嫌いがある

これはかなり顕著であり、ここまで築いてきたグループの中に異物が入ってくることを頑なに拒むことがあります。

それを突破して強引に中へ入り込む豪胆な女性もいるでしょうが、大体は壁に阻まれてしまいます。

壁は強固であり、下手をすれば共通の敵として認識されてしまうことがあり、逆にその中の一体感を高めるためのダシにされてしまうことも。

結局彼女たちはそのこの外敵、というのにイケメンや活発的な男性は含みません。

かなりあっさりそのグループが解散することがある。<br><br>

転校。

卒業。

就職。

男の取り合いの内部問題。

あれほど強固だった壁はあっさり崩れ去ることがあります。

前者はどうしようもない理由で破壊されてしまったため、その後地元で遊ぶということもできるでしょうが、また別の環境に移った瞬間同じような仲間とグループを形成し同じような壁を築いてしまいます。

また、強固な壁の内側は意外にも脆く、男の問題や些細な喧嘩からそのグループが破壊されることがあります。

その後はグループが二分されたり、あぶれていた人とくっついたり。

様々な結末を辿った後、彼女たちはまた同じようなグループを形成して世界を自分たちだけのものにしてリアルを充実させていきます。

ここまで散々に言ってきましたが、世界に閉じこもることも強固なグループを作ることも悪くはないと思います。

それがリアルを充実させ、華やかな日常を送れる一因になっていることは分かっていますし、それを羨ましいと思う人たちも多いでしょう。

リアルを充実させるというのは結局、ストレスフリーな環境を作って生活していくということに収束していくので、やはりこういうグループを本能的に作っていける女性たちはリア充の素質、というものがあったんだと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-