【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171203133309.html
キョロ充の特徴

キョロ充の特徴 | LADYCO

LADYCO
キョロ充の特徴

キョロ充とは自分がリア充グループの一員だと思い込んでいる人々のことです。

つまり誰かと引っ付いている人たちのことを指す言葉です。

どのような特徴があるのかを調べてみました。

  • 一人で過ごすことができない
  • 人に何でも合わせる
  • ボッチやオタクなどを見下す
  • 普段の自分より自分を良く見せようとする
  • 目立ちたがり
  • 人間関係が薄っぺらい
  • 実はグループ内でも浮いている
  • SNSにとにかく張り付いている
  • 一人の時と複数でいるときの性格が違う
  • まとめ

1. 一人で過ごすことができない

一人で過ごすことができない

キョロ充と呼ばれる人たちは自分がボッチになることを非常に嫌がるため、常にだれかと一緒に過ごそうとします。

そのため、講義で一人になりそうなときや昼休みに一緒にご飯を食べる人がいないときにはどうにかして呼び出し、一人になることを回避しようとするといった特徴があります。

常に一人を回避するべく、周りをきょろきょろと見まわしています。

2. 人に何でも合わせる

人に何でも合わせる

キョロ充は、一人になりたくないので人に話や趣味を合わせようとします。

そのため自分が一体どのようなことがしたかったのかを忘れてしまうことがあります。

人と仲良くなるために自分の好きでもないことを好きなふりをすることもあります。

また、人の趣味などを否定してしまうことなどによって孤立してしまうことを防ぐためにどうしても合わせようとするといった特徴があります。

3. ボッチやオタクなどを見下す

ボッチやオタクなどを見下す

キョロ充は人といることで自分がリア充になったと思い込んでいるのでボッチの人たちよりも自分が優位に立ったと思い込んでいます。

自分は一緒にいてうんうん頷いているだけなのに、なぜか優越感に浸っています。

基本的には自分から話題を出すこともなくリア充の話に乗っかるだけなのになぜボッチに対してそこまで強気になれるのでしょうか。

また、自分よりカーストが低いと思う人物を見下そうとするので、オタクグループや根暗グループなどを自分より下だと思い込んでいることがあります。

自分のランクを気にしている人物がキョロ充には非常に多いです。

4. 普段の自分より自分を良く見せようとする

普段の自分より自分を良く見せようとする

キョロ充によくありがちなのが、自分を良く、大きく見せようとすることです。

自分がリア充たちの輪の中に入りたいがためにあまり性格が明るくなくても、明るく見えるようにふるまおうとします。

普段は暗い性格だったとしても、強気な姿勢を見せることで普段の自分とは違う雰囲気を出そうとしています。

たいていはうまくいかないことが多いです。

普段より明るく振舞おうとすることで調子に乗ってしまい、人に迷惑をかけることもあります。

5. 目立ちたがり

目立ちたがり

自分をリア充だと思い込んでいるためグループの中でも無理をしている人物が多いです。

周りにもこのグループの中心人物と思わせたいのか、目立つような行動をとったり取らされたりしています。

ですが、周りの人が見てもわかるように明らかに無理をしていることが簡単にわかります。

6. 人間関係が薄っぺらい

人間関係が薄っぺらい

周りの目を気にしてグループに属したり友達を作ったりするためグループの人たちとそれほど仲が良くない場合が多く、大学の外では一緒に遊んだこともないということが多いです。

一人を避けるためだけに群れているので、仲良くなることもできないのでしょう。

7. 実はグループ内でも浮いている

実はグループ内でも浮いている

類は友を呼ぶという言葉があるようにリア充と呼ばれる人たちの周りにはリア充に似た人が集まってきます。

そんな集まりの中にも数人キョロ充と呼ばれる人たちが入ってきます。

彼らは気に入られようとしてリア充のところに行きますが、リア充にとってはどうでもいい人物で実際はいなくてもいい、もしくは来ないでほしいと思われている人が多いです。

リア充になる人は性格の良い人も多く、キョロ充を拒まない人が多いのでグループでキョロ充が浮いてしまうようなことが起こってしまいます。

8. SNSにとにかく張り付いている

SNSにとにかく張り付いている

とにかく自分の評価などを気にする人が多いため、他人が何を考えているのかや何をしているのかを気にする人が多いです。

自分が楽しむことを考えることができていない人が多く感じます。

SNSにアップされた画像を見て自分がリア充であると思い込んだり、自分でもSNSに投稿することで承認欲求を満たそうとしていることが多いです。

9. 一人の時と複数でいるときの性格が違う

一人の時と複数でいるときの性格が違う

キョロ充は一人ではいられない人たちなどで複数人でいるときは強気な正確なことが多いのに、一人でいるときはまともにコミュニケーションが取れないことが多いです。

そのため、どうしても自分を強く見せるために人が多くいるところに行くのだと考えられます。

まとめ

キョロ充の人たちにはこのような特徴があります。

このような人たちは大学にも多く存在していて一人では何もできません。

しかしコミュ障やボッチとはちがって友達が完全にいないわけではなく、何らかのコミュニティに属している場合が多いです。

そのため人間関係を有効に使ったり、強いものにすることができれば大学生活も充実したものになるでしょうし、必ずしもキョロ充でいることが悪いわけだはないと思います。

学生生活が楽しくなるように時には周りの目を気にせず行動してみることが大切なのではないでしょうか。

キョロ充とは自分がリア充グループの一員だと思い込んでいる人々のことです。

つまり誰かと引っ付いている人たちのことを指す言葉です。

どのような特徴があるのかを調べてみました。


一人で過ごすことができない

キョロ充と呼ばれる人たちは自分がボッチになることを非常に嫌がるため、常にだれかと一緒に過ごそうとします。

そのため、講義で一人になりそうなときや昼休みに一緒にご飯を食べる人がいないときにはどうにかして呼び出し、一人になることを回避しようとするといった特徴があります。

常に一人を回避するべく、周りをきょろきょろと見まわしています。

人に何でも合わせる

キョロ充は、一人になりたくないので人に話や趣味を合わせようとします。

そのため自分が一体どのようなことがしたかったのかを忘れてしまうことがあります。

人と仲良くなるために自分の好きでもないことを好きなふりをすることもあります。

また、人の趣味などを否定してしまうことなどによって孤立してしまうことを防ぐためにどうしても合わせようとするといった特徴があります。

ボッチやオタクなどを見下す

キョロ充は人といることで自分がリア充になったと思い込んでいるのでボッチの人たちよりも自分が優位に立ったと思い込んでいます。

自分は一緒にいてうんうん頷いているだけなのに、なぜか優越感に浸っています。

基本的には自分から話題を出すこともなくリア充の話に乗っかるだけなのになぜボッチに対してそこまで強気になれるのでしょうか。

また、自分よりカーストが低いと思う人物を見下そうとするので、オタクグループや根暗グループなどを自分より下だと思い込んでいることがあります。

自分のランクを気にしている人物がキョロ充には非常に多いです。

普段の自分より自分を良く見せようとする

キョロ充によくありがちなのが、自分を良く、大きく見せようとすることです。

自分がリア充たちの輪の中に入りたいがためにあまり性格が明るくなくても、明るく見えるようにふるまおうとします。

普段は暗い性格だったとしても、強気な姿勢を見せることで普段の自分とは違う雰囲気を出そうとしています。

たいていはうまくいかないことが多いです。

普段より明るく振舞おうとすることで調子に乗ってしまい、人に迷惑をかけることもあります。

目立ちたがり

自分をリア充だと思い込んでいるためグループの中でも無理をしている人物が多いです。

周りにもこのグループの中心人物と思わせたいのか、目立つような行動をとったり取らされたりしています。

ですが、周りの人が見てもわかるように明らかに無理をしていることが簡単にわかります。

人間関係が薄っぺらい

周りの目を気にしてグループに属したり友達を作ったりするためグループの人たちとそれほど仲が良くない場合が多く、大学の外では一緒に遊んだこともないということが多いです。

一人を避けるためだけに群れているので、仲良くなることもできないのでしょう。

実はグループ内でも浮いている

類は友を呼ぶという言葉があるようにリア充と呼ばれる人たちの周りにはリア充に似た人が集まってきます。

そんな集まりの中にも数人キョロ充と呼ばれる人たちが入ってきます。

彼らは気に入られようとしてリア充のところに行きますが、リア充にとってはどうでもいい人物で実際はいなくてもいい、もしくは来ないでほしいと思われている人が多いです。

リア充になる人は性格の良い人も多く、キョロ充を拒まない人が多いのでグループでキョロ充が浮いてしまうようなことが起こってしまいます。

SNSにとにかく張り付いている

とにかく自分の評価などを気にする人が多いため、他人が何を考えているのかや何をしているのかを気にする人が多いです。

自分が楽しむことを考えることができていない人が多く感じます。

SNSにアップされた画像を見て自分がリア充であると思い込んだり、自分でもSNSに投稿することで承認欲求を満たそうとしていることが多いです。

一人の時と複数でいるときの性格が違う

キョロ充は一人ではいられない人たちなどで複数人でいるときは強気な正確なことが多いのに、一人でいるときはまともにコミュニケーションが取れないことが多いです。

そのため、どうしても自分を強く見せるために人が多くいるところに行くのだと考えられます。

キョロ充の人たちにはこのような特徴があります。

このような人たちは大学にも多く存在していて一人では何もできません。

しかしコミュ障やボッチとはちがって友達が完全にいないわけではなく、何らかのコミュニティに属している場合が多いです。

そのため人間関係を有効に使ったり、強いものにすることができれば大学生活も充実したものになるでしょうし、必ずしもキョロ充でいることが悪いわけだはないと思います。

学生生活が楽しくなるように時には周りの目を気にせず行動してみることが大切なのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-