【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171203133241.html
お嬢様の特徴

お嬢様の特徴 | LADYCO

LADYCO
お嬢様の特徴

お嬢様と呼びたくなるような女性が存在します。

そのような女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

いくつかご紹介します。

  • 服装や持ち物が高級で上品
  • 鷹揚でおっとりしている
  • 教養や礼儀作法が身についている
  • 下世話なテレビ番組や漫画などについてあまり知らない
  • 自分を「お嬢様」だとは思っていない
  • まとめ

1. 服装や持ち物が高級で上品

服装や持ち物が高級で上品

お嬢様と言うからには、実家は大会社を経営していたり代々続く名家であったりして、裕福な暮らしをしています。

なので、服装や持ち物が同世代の女性よりもワンランク上の高級品です。

例えばユニクロやしまむらの服を着ていることなんてめったになく、サラリと百貨店のブランドの服を着こなしていたりします。

バッグや靴もハイブランドのものであったりします。

もっと上級クラスのお嬢様だと、オーダーメイドだったりもします。

ただ高い物を身につけているというだけではありません。

お嬢様の服装や持ち物は上品です。

一時的な流行のものであったり、過度に露出していたり、派手で下品なものではなく、祖父母世代の人からも褒められるような普遍的な美しさがあり、節度もある、上品な服装や持ち物です。

お嬢様は、外見からすぐに見分けることができます。

2. 鷹揚でおっとりしている

鷹揚でおっとりしている

お嬢様は実家が裕福なために、お金のことで悩んだことがありません。

また困ったことがあってもお金で解決できることであればすぐにそうすることができます。

なので細かいことでけちけちしたり、イライラカリカリしたりせず、何事にも鷹揚でおっとりとしています。

例えば、「食事会に行って皆それぞれ頼んだメニューが違うのに、会計は割り勘だった」というような場合。

お金のことで悩んで育った人の場合100円の違いも許せなくて、モヤモヤしてしまうでしょう。

買い物やレジャーに行って、支払った額の分だけ価値ある物ではなかった場合、「損してしまった」とモヤモヤしてしまうでしょう。

でもお嬢様はそんなこと気にしません。

お金のことで怒ったり悩んだりすることはなく、おっとりとしています。

「貸した物が返ってこない」とか「貸した物を汚されたり壊されたりした」という場合もそうです。

裕福であれば何も悩まずにまた買うことができます。

そもそも貸す時点で、相手にあげるような気でいることも多いです。

だから怒ったりすることはありません。

3. 教養や礼儀作法が身についている

教養や礼儀作法が身についている

お嬢様は、幼い頃から高級店での食事やコンサート、パーティなど礼儀が必要な場面に連れて行かれることが多いです。

そのために、テーブルマナーをはじめとしたさまざまな礼儀作法が身についています。

箸使いがきれいで食事の仕方が美しいのも特徴です。

また、ピアノやバレエ、茶道や生け花といった習い事をさせてもらえているので、いろいろな教養、女性としてのたしなみも身についています。

乗馬や琴などあまり庶民にはなじみのない習い事の経験があるのもお嬢様ならではです。

親も歴史や文化に造詣が深いため、文化遺産や寺社仏閣、美術館や博物館などに連れて行かれることも多く、教科書で学ぶだけではない知識を深く身につけています。

海外旅行の経験も豊富です。

さらに言葉遣いも丁寧です。

「ごきげんよう」という庶民にはあまりなじみのない挨拶をサラリと交わすことができるし、「召し上がる」「ごらんになる」「~でございます」などの敬語の中でもさらに丁寧な言葉を自然に使うことができます。

また話し方もゆっくりと穏やかで、しかしはっきりと伝えることができます。

会話の中で大声で笑ったり、大袈裟な身振り手振りやボディタッチなどをしたりすることはありません。

常に上品で物静かな態度を崩さないのがお嬢様です。

4. 下世話なテレビ番組や漫画などについてあまり知らない

下世話なテレビ番組や漫画などについてあまり知らない

お嬢様は家庭で下世話なテレビ番組を観たり、漫画雑誌を買って読んだりすることはありません。

そのため、同世代の女性なら皆が知っているようなお笑い芸人のギャグやドラマの名セリフを知りません。

「ラッスンゴレライ」と言われて「ああ、そんな人たちいたね」ではなく「何のことですか?

と返ってきたら、その人はお嬢様かもしれません。

漫画に関しても、「天上の虹」「ベルサイユのばら」「あさきゆめみし」など教養を深めるものでかなり昔から名作と名高いものならともかく、近ごろの「壁ドン」など出てくるような少女漫画や、まして少年漫画など読んだことはほとんどありません。

アニメなども観たことはあまりありません。

その代わり「若草物語」「赤毛のアン」といった往年の名作少女文学については愛読していて詳しいです。

5. 自分を「お嬢様」だとは思っていない

自分を「お嬢様」だとは思っていない

意外かもしれませんが、真のお嬢様こそ自分を「お嬢様」だと思っていないことがあります。

お嬢様は、幼い頃から私立のエスカレーター式の女子高、いわゆる「お嬢様学校」に通っていることが多いです。

ということは、周りにいるのは皆お嬢様。

これまで挙げた「お嬢様の特徴」をすべて兼ね備えたお嬢様たちの中で育ってきているのです。

そもそも、お嬢様の母親も元お嬢様、祖母も元お嬢様であることが多いです。

従姉妹など親戚の女性たちもお嬢様か元お嬢様。

そんな中にいたら、特別に自分がお嬢様であると自覚することはないでしょう。

庶民と触れ合ってはじめて、自分の境遇の特別さに気が付くのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

お嬢様の特徴を挙げてみました。

庶民には羨ましく、憧れの対象であるお嬢様。

ですが彼女たちには彼女たちなりの苦労や悩みもあるのかもしれません。

また庶民であっても見習い、お嬢様に近づくことができるのかもしれませんね。

お嬢様と呼びたくなるような女性が存在します。

そのような女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

いくつかご紹介します。


服装や持ち物が高級で上品

お嬢様と言うからには、実家は大会社を経営していたり代々続く名家であったりして、裕福な暮らしをしています。

なので、服装や持ち物が同世代の女性よりもワンランク上の高級品です。

例えばユニクロやしまむらの服を着ていることなんてめったになく、サラリと百貨店のブランドの服を着こなしていたりします。

バッグや靴もハイブランドのものであったりします。

もっと上級クラスのお嬢様だと、オーダーメイドだったりもします。

ただ高い物を身につけているというだけではありません。

お嬢様の服装や持ち物は上品です。

一時的な流行のものであったり、過度に露出していたり、派手で下品なものではなく、祖父母世代の人からも褒められるような普遍的な美しさがあり、節度もある、上品な服装や持ち物です。

お嬢様は、外見からすぐに見分けることができます。

鷹揚でおっとりしている

お嬢様は実家が裕福なために、お金のことで悩んだことがありません。

また困ったことがあってもお金で解決できることであればすぐにそうすることができます。

なので細かいことでけちけちしたり、イライラカリカリしたりせず、何事にも鷹揚でおっとりとしています。

例えば、「食事会に行って皆それぞれ頼んだメニューが違うのに、会計は割り勘だった」というような場合。

お金のことで悩んで育った人の場合100円の違いも許せなくて、モヤモヤしてしまうでしょう。

買い物やレジャーに行って、支払った額の分だけ価値ある物ではなかった場合、「損してしまった」とモヤモヤしてしまうでしょう。

でもお嬢様はそんなこと気にしません。

お金のことで怒ったり悩んだりすることはなく、おっとりとしています。

「貸した物が返ってこない」とか「貸した物を汚されたり壊されたりした」という場合もそうです。

裕福であれば何も悩まずにまた買うことができます。

そもそも貸す時点で、相手にあげるような気でいることも多いです。

だから怒ったりすることはありません。

教養や礼儀作法が身についている

お嬢様は、幼い頃から高級店での食事やコンサート、パーティなど礼儀が必要な場面に連れて行かれることが多いです。

そのために、テーブルマナーをはじめとしたさまざまな礼儀作法が身についています。

箸使いがきれいで食事の仕方が美しいのも特徴です。

また、ピアノやバレエ、茶道や生け花といった習い事をさせてもらえているので、いろいろな教養、女性としてのたしなみも身についています。

乗馬や琴などあまり庶民にはなじみのない習い事の経験があるのもお嬢様ならではです。

親も歴史や文化に造詣が深いため、文化遺産や寺社仏閣、美術館や博物館などに連れて行かれることも多く、教科書で学ぶだけではない知識を深く身につけています。

海外旅行の経験も豊富です。

さらに言葉遣いも丁寧です。

「ごきげんよう」という庶民にはあまりなじみのない挨拶をサラリと交わすことができるし、「召し上がる」「ごらんになる」「~でございます」などの敬語の中でもさらに丁寧な言葉を自然に使うことができます。

また話し方もゆっくりと穏やかで、しかしはっきりと伝えることができます。

会話の中で大声で笑ったり、大袈裟な身振り手振りやボディタッチなどをしたりすることはありません。

常に上品で物静かな態度を崩さないのがお嬢様です。

下世話なテレビ番組や漫画などについてあまり知らない

お嬢様は家庭で下世話なテレビ番組を観たり、漫画雑誌を買って読んだりすることはありません。

そのため、同世代の女性なら皆が知っているようなお笑い芸人のギャグやドラマの名セリフを知りません。

「ラッスンゴレライ」と言われて「ああ、そんな人たちいたね」ではなく「何のことですか?

と返ってきたら、その人はお嬢様かもしれません。

漫画に関しても、「天上の虹」「ベルサイユのばら」「あさきゆめみし」など教養を深めるものでかなり昔から名作と名高いものならともかく、近ごろの「壁ドン」など出てくるような少女漫画や、まして少年漫画など読んだことはほとんどありません。

アニメなども観たことはあまりありません。

その代わり「若草物語」「赤毛のアン」といった往年の名作少女文学については愛読していて詳しいです。

自分を「お嬢様」だとは思っていない

意外かもしれませんが、真のお嬢様こそ自分を「お嬢様」だと思っていないことがあります。

お嬢様は、幼い頃から私立のエスカレーター式の女子高、いわゆる「お嬢様学校」に通っていることが多いです。

ということは、周りにいるのは皆お嬢様。

これまで挙げた「お嬢様の特徴」をすべて兼ね備えたお嬢様たちの中で育ってきているのです。

そもそも、お嬢様の母親も元お嬢様、祖母も元お嬢様であることが多いです。

従姉妹など親戚の女性たちもお嬢様か元お嬢様。

そんな中にいたら、特別に自分がお嬢様であると自覚することはないでしょう。

庶民と触れ合ってはじめて、自分の境遇の特別さに気が付くのかもしれません。

いかがでしたか?

お嬢様の特徴を挙げてみました。

庶民には羨ましく、憧れの対象であるお嬢様。

ですが彼女たちには彼女たちなりの苦労や悩みもあるのかもしれません。

また庶民であっても見習い、お嬢様に近づくことができるのかもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-