【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171202155431.html
ハーフ顔メイクのイメージや特徴

ハーフ顔メイクのイメージや特徴 | LADYCO

LADYCO
ハーフ顔メイクのイメージや特徴

近ごろ、テレビやCMで見ない日はないというくらい多く目にするのがハーフ。

雑誌でもハーフのモデルさんを目にすることがとても多いですよね。

一例を挙げるだけでも、長谷川潤さん・ローラさん・トリンドル玲奈さん・中条あやみさん・マギーさん、みなさんとっても可愛くて綺麗でスタイル抜群。

多くの方は一度くらい“ハーフになりたいなぁ"、“ハーフはうらやましいなぁ"と感じたことがあるのではないでしょうか。

生まれ持った髪や目や肌の色、骨格・体型など違いはもちろんありますし、元を変えることは出来ないですが、メイクの力を借りてハーフに近づくことは出来るんです。

今回は、ハーフ顔メイクについてお話ししたいと思います。

  • ハーフ顔とは
  • 1-彫りが深い
  • 1-目と眉毛の間隔が狭い
  • 1-顔が小さい
  • ハーフ顔のベースメイク
  • ハーフ顔のシェーディング・ハイライト
  • ハーフ顔のアイメイク
  • ハーフ顔のアイブロウ
  • ハーフ顔のカラコン
  • まとめ

1. ハーフ顔とは

ハーフ顔とは

まず、ハーフ顔になりたいと言っても何をどうすればいいの?と思ってしまいますよね。

ここでは、ハーフ顔の特徴について知っていきましょう。

1-1. 彫りが深い

1-彫りが深い

ハーフと言ったら大きな目に高い鼻のくっきりした顔立ちというイメージがありますよね。

1-2. 目と眉毛の間隔が狭い

1-目と眉毛の間隔が狭い

目と眉毛の間隔なんてあまり気にしたことがないかもしれませんが、日本人は間隔が開いている方が多いです。

しかし、上に挙げたハーフの芸能人の方を思い浮かべてもらうとわかりやすいのですが、たいていの方の目と眉毛の間隔は狭いはずです。

目力をより引き立てることにもつながってあるのかもしれませんね。

1-3. 顔が小さい

1-顔が小さい

やはり日本人とは骨格が違うためでしょうか、ハーフには小顔の方が多いですよね。

顔が小さいと全体のバランスがよく見えますし、色んなスタイルを楽しめそうです。

2. ハーフ顔のベースメイク

ハーフ顔のベースメイク

では、ハーフ顔の特徴を掴んだところで、ハーフ顔に近づくためのメイク方法を知っていきましょう。

まずはベースメイクです。

ハーフならではの透明感を出すためには下地やコンシーラーをしっかり塗り、ファンデーションは薄めにすることをおすすめします。

ファンデーションを薄くすることでナチュラルな肌質になるので、透明感を出すことができます。

透明感を出す下地としては、パープルをおすすめします。

ファンデーションはパウダーをブラシにとってササっと軽く肌につけるのがポイントです。

3. ハーフ顔のシェーディング・ハイライト

ハーフ顔のシェーディング・ハイライト

ハーフ顔メイクに欠かせないのが、シェーディングとハイライトです。

シェーディングとは、顔の影になる部分を強調して立体感を出すもので、顔の輪郭を引き締め小顔に見せてくれる効果があります。

影を作るわけですから、自分の肌より2トーンほど暗めのカラーのパウダーをブラシにとり、鼻筋の脇と頬骨の下に入れます。

ハイライトとは、顔の何ヵ所かに明るいカラーをのせてツヤ感を出し、肌を立体的に見せてくれる効果があります。

ハイライトパウダーを、骨格に沿って顔の高い部分(Tゾーンや頬骨の高い位置・あご先)に入れます。

ハイライトとシェーディング効果で、顔の立体感や影を作り出し、かなりハーフ顔に近づくはずです。

4. ハーフ顔のアイメイク

ハーフ顔のアイメイク

アイシャドウはブラウン系で統一し、目元の彫りをつくっていきましょう。

まぶた全体にハイライトカラーをのせます。

肌なじみのよい少し明るめのブラウンがいいですね。

細かいラメやパールが入ったものだとツヤ感が出てさらにおすすめです。

次に二重幅にミディアムカラーをのせます。

最後に一番色の濃いダークカラーをアイラインを引くような感じで目のキワにのせます。

ぷっくりした涙袋も欠かせないので、涙袋にはほんのりキラキラしたピンクやベージュのアイシャドウをのせましょう。

ハーフといえば、ボリュームたっぷりのまつげですよね。

マスカラは上下にしっかりつけましょう。

ブラックだとどうしてもキツイ印象になってしまうので、ブラウンのマスカラがおすすめです。

アイラインはまつ毛とまつ毛の間を埋めるように引いていきましょう。

アイラインをあまり太く引いてしまうとバランスがおかしくなってしまうので、自然に見えるように細めに、でもぱっちりとした目に見せるためにもしっかりと引くことが大切です。

ペンシルだと滲みやすいので、リキッドアイライナーがおすすめです。

5. ハーフ顔のアイブロウ

ハーフ顔のアイブロウ

ハーフ顔の特徴として挙げた一つが眉毛でしたね。

アイブロウペンシルとパウダーを使って、ハーフ眉毛に近づきましょう。

目と眉毛の間隔を狭くするように眉毛を描くのがポイントです。

アイブロウペンシルで目に近づけるようにして形をしっかり描き、パウダーでふんわりぼかしていきます。

アイブロウマスカラを使うと、より自然に仕上がりますよ。

6. ハーフ顔のカラコン

ハーフ顔のカラコン

ハーフと言えば、ブラウンやグレーの瞳というイメージがありますよね。

今では様々なカラーのコンタクトが簡単に手に入るようになったので、気分に合わせて好きなカラコンを選ぶのもいいですね。

ナチュラルに仕上げたい時にはブラウンやグレー・冒険したい時にはブルーやグリーンなどと言った感じで。

一色だけでなく、グラデーションのかかったカラコンなどもあるようなので、色々試してみましょう。

まとめ

ハーフ顔メイク、いかがでしたでしょうか。

ハーフは憧れの存在ですが、メイクを工夫するだけでハーフに近づくことは可能なのです。

シェーディングやハイライトは難しそうに思えますが、意外と簡単にできるんですよ。

ぜひ試してみてください。

近ごろ、テレビやCMで見ない日はないというくらい多く目にするのがハーフ。

雑誌でもハーフのモデルさんを目にすることがとても多いですよね。

一例を挙げるだけでも、長谷川潤さん・ローラさん・トリンドル玲奈さん・中条あやみさん・マギーさん、みなさんとっても可愛くて綺麗でスタイル抜群。

多くの方は一度くらい“ハーフになりたいなぁ"、“ハーフはうらやましいなぁ"と感じたことがあるのではないでしょうか。

生まれ持った髪や目や肌の色、骨格・体型など違いはもちろんありますし、元を変えることは出来ないですが、メイクの力を借りてハーフに近づくことは出来るんです。

今回は、ハーフ顔メイクについてお話ししたいと思います。


ハーフ顔とは

まず、ハーフ顔になりたいと言っても何をどうすればいいの?と思ってしまいますよね。

ここでは、ハーフ顔の特徴について知っていきましょう。

1-彫りが深い

ハーフと言ったら大きな目に高い鼻のくっきりした顔立ちというイメージがありますよね。

1-目と眉毛の間隔が狭い

目と眉毛の間隔なんてあまり気にしたことがないかもしれませんが、日本人は間隔が開いている方が多いです。

しかし、上に挙げたハーフの芸能人の方を思い浮かべてもらうとわかりやすいのですが、たいていの方の目と眉毛の間隔は狭いはずです。

目力をより引き立てることにもつながってあるのかもしれませんね。

1-顔が小さい

やはり日本人とは骨格が違うためでしょうか、ハーフには小顔の方が多いですよね。

顔が小さいと全体のバランスがよく見えますし、色んなスタイルを楽しめそうです。

ハーフ顔のベースメイク

では、ハーフ顔の特徴を掴んだところで、ハーフ顔に近づくためのメイク方法を知っていきましょう。

まずはベースメイクです。

ハーフならではの透明感を出すためには下地やコンシーラーをしっかり塗り、ファンデーションは薄めにすることをおすすめします。

ファンデーションを薄くすることでナチュラルな肌質になるので、透明感を出すことができます。

透明感を出す下地としては、パープルをおすすめします。

ファンデーションはパウダーをブラシにとってササっと軽く肌につけるのがポイントです。

ハーフ顔のシェーディング・ハイライト

ハーフ顔メイクに欠かせないのが、シェーディングとハイライトです。

シェーディングとは、顔の影になる部分を強調して立体感を出すもので、顔の輪郭を引き締め小顔に見せてくれる効果があります。

影を作るわけですから、自分の肌より2トーンほど暗めのカラーのパウダーをブラシにとり、鼻筋の脇と頬骨の下に入れます。

ハイライトとは、顔の何ヵ所かに明るいカラーをのせてツヤ感を出し、肌を立体的に見せてくれる効果があります。

ハイライトパウダーを、骨格に沿って顔の高い部分(Tゾーンや頬骨の高い位置・あご先)に入れます。

ハイライトとシェーディング効果で、顔の立体感や影を作り出し、かなりハーフ顔に近づくはずです。

ハーフ顔のアイメイク

アイシャドウはブラウン系で統一し、目元の彫りをつくっていきましょう。

まぶた全体にハイライトカラーをのせます。

肌なじみのよい少し明るめのブラウンがいいですね。

細かいラメやパールが入ったものだとツヤ感が出てさらにおすすめです。

次に二重幅にミディアムカラーをのせます。

最後に一番色の濃いダークカラーをアイラインを引くような感じで目のキワにのせます。

ぷっくりした涙袋も欠かせないので、涙袋にはほんのりキラキラしたピンクやベージュのアイシャドウをのせましょう。

ハーフといえば、ボリュームたっぷりのまつげですよね。

マスカラは上下にしっかりつけましょう。

ブラックだとどうしてもキツイ印象になってしまうので、ブラウンのマスカラがおすすめです。

アイラインはまつ毛とまつ毛の間を埋めるように引いていきましょう。

アイラインをあまり太く引いてしまうとバランスがおかしくなってしまうので、自然に見えるように細めに、でもぱっちりとした目に見せるためにもしっかりと引くことが大切です。

ペンシルだと滲みやすいので、リキッドアイライナーがおすすめです。

ハーフ顔のアイブロウ

ハーフ顔の特徴として挙げた一つが眉毛でしたね。

アイブロウペンシルとパウダーを使って、ハーフ眉毛に近づきましょう。

目と眉毛の間隔を狭くするように眉毛を描くのがポイントです。

アイブロウペンシルで目に近づけるようにして形をしっかり描き、パウダーでふんわりぼかしていきます。

アイブロウマスカラを使うと、より自然に仕上がりますよ。

ハーフ顔のカラコン

ハーフと言えば、ブラウンやグレーの瞳というイメージがありますよね。

今では様々なカラーのコンタクトが簡単に手に入るようになったので、気分に合わせて好きなカラコンを選ぶのもいいですね。

ナチュラルに仕上げたい時にはブラウンやグレー・冒険したい時にはブルーやグリーンなどと言った感じで。

一色だけでなく、グラデーションのかかったカラコンなどもあるようなので、色々試してみましょう。

ハーフ顔メイク、いかがでしたでしょうか。

ハーフは憧れの存在ですが、メイクを工夫するだけでハーフに近づくことは可能なのです。

シェーディングやハイライトは難しそうに思えますが、意外と簡単にできるんですよ。

ぜひ試してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-