【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171130122557.html
エレガントメイクの特徴

エレガントメイクの特徴 | LADYCO

LADYCO
エレガントメイクの特徴

華やかで品のある女性は、どんな時でも憧れの的です。

そんな上品な女性をイメージさせる「エレガントメイク」の特徴をご紹介します。

  • 上品で知的な印象
  • 素材を活かすメイクを心がける
  • マットタイプのファンデーションを使う
  • 眉メイクは丸みを活かす
  • チークもカーブを意識して
  • アイシャドウはシンプルに
  • アイラインとマスカラはしっかり入れる
  • リップラインにもなだらかな丸みをもたせる
  • まとめ

1. 上品で知的な印象

上品で知的な印象

「エレガントメイク」は女性だけでなく、男性からの支持率も高く、洗練された華やかさもあり、パーティやおよばれの席にもぴったりのメイクです。

エレガントメイクは、上質な素材感が重要であり、優美で、気品に満ちた、落ち着きのある印象を感じさせることが目標となります。

過度な色っぽさはあえて作らず、スイートな甘さより、シャープな凛とした女性らしさを目指し、全体のバランスを見て、少し抜け感をプラスすることもあります。

2. 素材を活かすメイクを心がける

素材を活かすメイクを心がける

上品なお嬢さんメイクに、知的さやシャープをブレンドするエレガントメイクは、女優の北川景子さんのような凛とした顔つきがお手本です。

エレガントメイクは基本的に顔のどのパーツも手を抜きませんが、全てのメイクに気合を入れ過ぎて、派手な厚化粧的印象になるのは避けねばなりません。

そのため、眉や目元、鼻筋等のパーツを見定めて、素材をできる限り活かします。

具体的には、太い眉と自然な毛流れを活かす、唇の輪郭を丁寧になぞって活かし、流行を追い過ぎないことなどを指します。

3. マットタイプのファンデーションを使う

マットタイプのファンデーションを使う

上質な素材感を大切にするエレガントメイクのベースには、リキッドファンデーションを多用します。

エレガントさを感じさせる肌には、余分なツヤ感やパール感は不要ですので、メイクアップベースにはマットタイプのものを選び、とことんマットな肌質を目指します。

パウダー類にもパールなどキラキラ感のないものを選び、パフでおさえて、余分な粉をブラシで払って質感を整えます。

4. 眉メイクは丸みを活かす

眉メイクは丸みを活かす

エレガントさは滑らかさやスムーズさを基調としますので、眉や目のメイク時には「丸み」を意識して描くようにします。

従って、眉山もはっきりと作らないようにし、自然な毛流れを活かしつつ、毛の密度の薄い箇所をアイブロウパウダーで埋めていきます。

やや太眉ぐらいがちょうどよく、眉の中で強弱をあまりつけず、地眉っぽい印象を持たせることが重要です。

5. チークもカーブを意識して

チークもカーブを意識して

にっこりとほほ笑んだ顔は、頬骨が上がります。

その頬骨の頂点から、こめかみに至るラインにチークを入れて、丁寧にぼかします。

ブラシや指、パフやスポンジ等を使うとよいでしょう。

エレガントメイクに使うチーク色は、ローズ系またはコーラル系を使うことが多いです。

ここでもやはり「丸み」を意識し、チークをふんわりと描きます。

さらに目の下あたりに、パールの入っていないハイライトを入れるのも有効です。

目元をパッと明るくさせる効果があり、よりエレガントな印象になります。

6. アイシャドウはシンプルに

アイシャドウはシンプルに

エレガントメイクは、派手さを感じさせる一歩手前で、メイクを控える潔さも必要です。

そのため、アイシャドウは三色、四色とつけてグラデーションをつけるような、はっきりとした多色塗りはせず、ブラウンやグレーやベージュ等の肌なじみのよい色を選び、単色で勝負します。

また、アイホール全体にベージュやブラウンカラーを薄くのせ、目元の凹凸やメリハリを感じさせるテクニックも有効です。

7. アイラインとマスカラはしっかり入れる

アイラインとマスカラはしっかり入れる

くっきりと跳ね上げたような小悪魔系アイラインは禁物です。

まつ毛の生え際を埋めるように、アイライナーを塗り込んでいきましょう。

アイライナーの色はブラックが定番ですが、瞳の色によってはブラウン色のアイラインやペンシルタイプが有効で、自然でエレガントな印象がプラスされることもあります。

マスカラは、長さとカール力に優れたものを選び、まつ毛全体にたっぷり塗ります。

ダマがあるとエレガントな印象が損なわれてしまいますので、最後に出来上がりをきちんとチェックしましょう。

8. リップラインにもなだらかな丸みをもたせる

リップラインにもなだらかな丸みをもたせる

エレガントメイクにおける口元も、やはり丸みが重要です。

ブラシを使って、輪郭をキチンと丁寧にとり、上品さをイメージさせる唇にします。

唇の山は角度をつけず、なだらかに描き、口角までほんの少しはみ出すように、丸みを意識して塗っていきます。

イメージとしては「ぽってり」「ふっくり」ですが、やりすぎると不自然な印象になりますので、ほどほどに。

リップカラーは肌の色との相性を見ながら選びますが、エレガントメイクには特にコーラルやピンクベージュ等が多用されます。

まとめ

エレガントメイクは、顔のパーツを見極めて活かしつつ、上品で、凛としたイメージを目標にします。

顔の全パーツにばっちりメイクを施すことはせず、どこか抜け感を作り、お嬢さんらしさや上質さをイメージさせることがポイントです。

特別なコスメを入手しなくても、ちょっとした工夫で、エレガントな印象を作ることができますので、ぜひ次のメイクの機会にチャレンジしてみてください。

華やかで品のある女性は、どんな時でも憧れの的です。

そんな上品な女性をイメージさせる「エレガントメイク」の特徴をご紹介します。


上品で知的な印象

「エレガントメイク」は女性だけでなく、男性からの支持率も高く、洗練された華やかさもあり、パーティやおよばれの席にもぴったりのメイクです。

エレガントメイクは、上質な素材感が重要であり、優美で、気品に満ちた、落ち着きのある印象を感じさせることが目標となります。

過度な色っぽさはあえて作らず、スイートな甘さより、シャープな凛とした女性らしさを目指し、全体のバランスを見て、少し抜け感をプラスすることもあります。

素材を活かすメイクを心がける

上品なお嬢さんメイクに、知的さやシャープをブレンドするエレガントメイクは、女優の北川景子さんのような凛とした顔つきがお手本です。

エレガントメイクは基本的に顔のどのパーツも手を抜きませんが、全てのメイクに気合を入れ過ぎて、派手な厚化粧的印象になるのは避けねばなりません。

そのため、眉や目元、鼻筋等のパーツを見定めて、素材をできる限り活かします。

具体的には、太い眉と自然な毛流れを活かす、唇の輪郭を丁寧になぞって活かし、流行を追い過ぎないことなどを指します。

マットタイプのファンデーションを使う

上質な素材感を大切にするエレガントメイクのベースには、リキッドファンデーションを多用します。

エレガントさを感じさせる肌には、余分なツヤ感やパール感は不要ですので、メイクアップベースにはマットタイプのものを選び、とことんマットな肌質を目指します。

パウダー類にもパールなどキラキラ感のないものを選び、パフでおさえて、余分な粉をブラシで払って質感を整えます。

眉メイクは丸みを活かす

エレガントさは滑らかさやスムーズさを基調としますので、眉や目のメイク時には「丸み」を意識して描くようにします。

従って、眉山もはっきりと作らないようにし、自然な毛流れを活かしつつ、毛の密度の薄い箇所をアイブロウパウダーで埋めていきます。

やや太眉ぐらいがちょうどよく、眉の中で強弱をあまりつけず、地眉っぽい印象を持たせることが重要です。

チークもカーブを意識して

にっこりとほほ笑んだ顔は、頬骨が上がります。

その頬骨の頂点から、こめかみに至るラインにチークを入れて、丁寧にぼかします。

ブラシや指、パフやスポンジ等を使うとよいでしょう。

エレガントメイクに使うチーク色は、ローズ系またはコーラル系を使うことが多いです。

ここでもやはり「丸み」を意識し、チークをふんわりと描きます。

さらに目の下あたりに、パールの入っていないハイライトを入れるのも有効です。

目元をパッと明るくさせる効果があり、よりエレガントな印象になります。

アイシャドウはシンプルに

エレガントメイクは、派手さを感じさせる一歩手前で、メイクを控える潔さも必要です。

そのため、アイシャドウは三色、四色とつけてグラデーションをつけるような、はっきりとした多色塗りはせず、ブラウンやグレーやベージュ等の肌なじみのよい色を選び、単色で勝負します。

また、アイホール全体にベージュやブラウンカラーを薄くのせ、目元の凹凸やメリハリを感じさせるテクニックも有効です。

アイラインとマスカラはしっかり入れる

くっきりと跳ね上げたような小悪魔系アイラインは禁物です。

まつ毛の生え際を埋めるように、アイライナーを塗り込んでいきましょう。

アイライナーの色はブラックが定番ですが、瞳の色によってはブラウン色のアイラインやペンシルタイプが有効で、自然でエレガントな印象がプラスされることもあります。

マスカラは、長さとカール力に優れたものを選び、まつ毛全体にたっぷり塗ります。

ダマがあるとエレガントな印象が損なわれてしまいますので、最後に出来上がりをきちんとチェックしましょう。

リップラインにもなだらかな丸みをもたせる

エレガントメイクにおける口元も、やはり丸みが重要です。

ブラシを使って、輪郭をキチンと丁寧にとり、上品さをイメージさせる唇にします。

唇の山は角度をつけず、なだらかに描き、口角までほんの少しはみ出すように、丸みを意識して塗っていきます。

イメージとしては「ぽってり」「ふっくり」ですが、やりすぎると不自然な印象になりますので、ほどほどに。

リップカラーは肌の色との相性を見ながら選びますが、エレガントメイクには特にコーラルやピンクベージュ等が多用されます。

エレガントメイクは、顔のパーツを見極めて活かしつつ、上品で、凛としたイメージを目標にします。

顔の全パーツにばっちりメイクを施すことはせず、どこか抜け感を作り、お嬢さんらしさや上質さをイメージさせることがポイントです。

特別なコスメを入手しなくても、ちょっとした工夫で、エレガントな印象を作ることができますので、ぜひ次のメイクの機会にチャレンジしてみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-