【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171130122000.html
DQNが好きな女の特徴

DQNが好きな女の特徴 | LADYCO

LADYCO
DQNが好きな女の特徴

DQNとは不良っぽいとかヤンキーなどの悪そうなイメージを持った人達の事を指します。

そのようなDQNが好きな女性の特徴とは

  • 小さな時から絡みがあった
  • 兄弟の関係
  • 家族絡みがある
  • 寂しい思いをしてきた
  • 守られている感じがある
  • 男性の事をよく知っている
  • はしゃぐのが好き
  • 憧れていた人がDQNだった
  • まとめ

1. 小さな時から絡みがあった

小さな時から絡みがあった

DQNが好きな女性は環境によって大きく変わっていきます。

周りの友達たちがそういう人が多かったり、仲良くなれた親友の友達DQNのような人であったり育った環境で多き く変わっていきます。

自分は元々そういうDQNのようなタイプがあまり好きでもなかったとしても周りにそういう人達が多かったりすると自然と自分もその輪の中に入る事となっていきます。

気がつけば、居心地はよくなり話しやすくDQNの人達に怖いと言う印象が自然と無くなっていきます。

小さな時から絡みがあると言うのはとても大きな変化です。

2. 兄弟の関係

兄弟の関係

兄弟の影響も大きく周りの遊ぶ人達が男性ばかりでいつもお兄ちゃんに手を引かれて遊びに行く事を繰り返していくと中学から高校にかけてもその絡みは続き今でも関わっている人達がいると言う状況です。

その輪の中にいてずっと成長してきたため、他の絡みを知らない事もあります。

環境と言うのは人生を大きく変えていくものです。

何もそれが悪いわけではありませんが兄弟との絡みからDQNの人達がカッコいいと思えるように自然となっていく傾向もあります。

3. 家族絡みがある

家族絡みがある

家族関係と言うのも大きな影響が出てきます。

元々、両親もそのようなタイプであり子供たちがそのような輪の中にいても若いとき、自分たちもそうであったからDQNの友達が遊びに来ても何も抵抗がありません。

親からすると、髪の毛が金髪の友達の子が遊びに来たりすると少々不安を隠せませんが元々DQNであった両親はそういう事に違和感を何も感じません。

結婚する相手が昔ヤンチャであったとしても何の抵抗も無い事が多いです。

そもそも両親が常に金髪であったりすると、自然とそういうのに憧れる事はあります。

4. 寂しい思いをしてきた

寂しい思いをしてきた

家に帰っても1人ぼっちの時間を過ごす日々が続くと成長に連れてその寂しさを紛らわすために大きくなると外へ出歩くようになります。

そこで同じような仲間がいたりすると自分の気持ちも楽になりその人達の方が過ごす時間が長くなっていきます。

見た目とは裏腹に外見がDQNだったとしても中身はそうでもなかったりなどとそこに辿り着いた事情が自分と似てたりすると自然にそういう世界の居心地も安心して過ごせるようになっていきます。

家に帰っても1人なら彼等とずっといる方が寂しさを紛らわすにはちょうど良い入り口なのだと確信してしまう事もあります。

5. 守られている感じがある

守られている感じがある

DQNの人達にはあまり弱々しそうな人は少なく見た目の印象から強そうな印象があるのは言わなくても分かる事です。

そんな彼等とそばにいる事によって彼女達はとても守れているような環境であり、何かあったとしても男性がどうにかしてくれると言う気持ちがあります。

女性はいつの日も男性に守られたいと思う気持ちが強く強そうな男性にも憧れを持っていきます。

1人でもDQNの友達がもう1人などと自然と仲間が増えていき安心感が生まれ行くものです。

6. 男性の事をよく知っている

男性の事をよく知っている

DQNの人達は心がオープンである事が多く、女性たちにも色々とお話を聞かせてもらえる機会が多いため、男性とはどのようなものなのかを沢山知る事ができます。

男性の特徴を知る事で騙される機会も減り相談できる仲間も沢山いますから様々な面で学んできた女性とも言えます。

普段の見た目はDQNがそんなに好みではなさそうでなかったとしても今までにそういう人達と関わってきた期間が長いと男性とはどのようなものなのかをいち早く友達などに説明できたりします。

一つの特技を身に付ける事のできる事がでます。

7. はしゃぐのが好き

はしゃぐのが好き

夜出歩いていたりする事の多いDQNの人達は周りから迷惑がられたとしてもお構い無しに仲間同士で騒ぎ立てる事ができます。

そのような世界にいると自分もそのようにはしゃぐこと面白さに味をしめる事ができていきます。

人のパワーと言うのは元気のない人が元気のある人のパワーを吸収し、元気のある人が元気のない人へと吸収されていきます。

彼女達はもともとはしゃぐのが好きではなかった人もいますが、そういう世界に引き込まれていくと大きな成長を成し遂げていきます。

8. 憧れていた人がDQNだった

憧れていた人がDQNだった

始めて好きになった男性がDQNであったりするとその印象が忘れられずにずっとDQNが好きであると言う女性もいます。

インドア派の男性と付き合ってみてもやはり気乗りしない部分などが見えてきたり、昔の匂いが忘れられずに今もDQNのタイプが好きだと言うこともあります。

まとめ

女性の憧れと言うのは秋の空のようにコロコロと気が変わっていく事は確かです。

それは好きだった人の事を忘れるだけであり、根本的な好きなタイプと言うのはよっぽどの事がない限り好みは変わっていきません。

強い憧れと言うのはいつでも女性の目に焼きついています。

DQNとは不良っぽいとかヤンキーなどの悪そうなイメージを持った人達の事を指します。

そのようなDQNが好きな女性の特徴とは


小さな時から絡みがあった

DQNが好きな女性は環境によって大きく変わっていきます。

周りの友達たちがそういう人が多かったり、仲良くなれた親友の友達DQNのような人であったり育った環境で多き く変わっていきます。

自分は元々そういうDQNのようなタイプがあまり好きでもなかったとしても周りにそういう人達が多かったりすると自然と自分もその輪の中に入る事となっていきます。

気がつけば、居心地はよくなり話しやすくDQNの人達に怖いと言う印象が自然と無くなっていきます。

小さな時から絡みがあると言うのはとても大きな変化です。

兄弟の関係

兄弟の影響も大きく周りの遊ぶ人達が男性ばかりでいつもお兄ちゃんに手を引かれて遊びに行く事を繰り返していくと中学から高校にかけてもその絡みは続き今でも関わっている人達がいると言う状況です。

その輪の中にいてずっと成長してきたため、他の絡みを知らない事もあります。

環境と言うのは人生を大きく変えていくものです。

何もそれが悪いわけではありませんが兄弟との絡みからDQNの人達がカッコいいと思えるように自然となっていく傾向もあります。

家族絡みがある

家族関係と言うのも大きな影響が出てきます。

元々、両親もそのようなタイプであり子供たちがそのような輪の中にいても若いとき、自分たちもそうであったからDQNの友達が遊びに来ても何も抵抗がありません。

親からすると、髪の毛が金髪の友達の子が遊びに来たりすると少々不安を隠せませんが元々DQNであった両親はそういう事に違和感を何も感じません。

結婚する相手が昔ヤンチャであったとしても何の抵抗も無い事が多いです。

そもそも両親が常に金髪であったりすると、自然とそういうのに憧れる事はあります。

寂しい思いをしてきた

家に帰っても1人ぼっちの時間を過ごす日々が続くと成長に連れてその寂しさを紛らわすために大きくなると外へ出歩くようになります。

そこで同じような仲間がいたりすると自分の気持ちも楽になりその人達の方が過ごす時間が長くなっていきます。

見た目とは裏腹に外見がDQNだったとしても中身はそうでもなかったりなどとそこに辿り着いた事情が自分と似てたりすると自然にそういう世界の居心地も安心して過ごせるようになっていきます。

家に帰っても1人なら彼等とずっといる方が寂しさを紛らわすにはちょうど良い入り口なのだと確信してしまう事もあります。

守られている感じがある

DQNの人達にはあまり弱々しそうな人は少なく見た目の印象から強そうな印象があるのは言わなくても分かる事です。

そんな彼等とそばにいる事によって彼女達はとても守れているような環境であり、何かあったとしても男性がどうにかしてくれると言う気持ちがあります。

女性はいつの日も男性に守られたいと思う気持ちが強く強そうな男性にも憧れを持っていきます。

1人でもDQNの友達がもう1人などと自然と仲間が増えていき安心感が生まれ行くものです。

男性の事をよく知っている

DQNの人達は心がオープンである事が多く、女性たちにも色々とお話を聞かせてもらえる機会が多いため、男性とはどのようなものなのかを沢山知る事ができます。

男性の特徴を知る事で騙される機会も減り相談できる仲間も沢山いますから様々な面で学んできた女性とも言えます。

普段の見た目はDQNがそんなに好みではなさそうでなかったとしても今までにそういう人達と関わってきた期間が長いと男性とはどのようなものなのかをいち早く友達などに説明できたりします。

一つの特技を身に付ける事のできる事がでます。

はしゃぐのが好き

夜出歩いていたりする事の多いDQNの人達は周りから迷惑がられたとしてもお構い無しに仲間同士で騒ぎ立てる事ができます。

そのような世界にいると自分もそのようにはしゃぐこと面白さに味をしめる事ができていきます。

人のパワーと言うのは元気のない人が元気のある人のパワーを吸収し、元気のある人が元気のない人へと吸収されていきます。

彼女達はもともとはしゃぐのが好きではなかった人もいますが、そういう世界に引き込まれていくと大きな成長を成し遂げていきます。

憧れていた人がDQNだった

始めて好きになった男性がDQNであったりするとその印象が忘れられずにずっとDQNが好きであると言う女性もいます。

インドア派の男性と付き合ってみてもやはり気乗りしない部分などが見えてきたり、昔の匂いが忘れられずに今もDQNのタイプが好きだと言うこともあります。

女性の憧れと言うのは秋の空のようにコロコロと気が変わっていく事は確かです。

それは好きだった人の事を忘れるだけであり、根本的な好きなタイプと言うのはよっぽどの事がない限り好みは変わっていきません。

強い憧れと言うのはいつでも女性の目に焼きついています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-