【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171130121927.html
おフェロメイクの特徴

おフェロメイクの特徴 | LADYCO

LADYCO
おフェロメイクの特徴

おしゃれでフェロモンたっぷりな「おフェロメイク」の特徴と「おフェロ顔」を上手に仕上げるコツをご紹介します。

  • おフェロメイクとは
  • みずみずしく素肌のようなツヤのある肌のために
  • ピンク色の化粧下地を使う
  • コントロールカラーで肌の悩みをカバー
  • リキッドファンデーションとパールのフェイスパウダー
  • チークはリキッドかクリームを使う
  • リップは血色のよさとセクシーさ
  • アイメイクはキチンとでも控えめに
  • まとめ

1. おフェロメイクとは

おフェロメイクとは

「おフェロメイク」は女性向け人気ファッション雑誌で紹介されたメイク法で、「おしゃれ」「フェロモン」の2つの要素をたっぷり組み合わせた化粧法を言います。

ベースメイクやチーク、グロスの入れ方等に特徴があり、お風呂上りをイメージさせる血色の良さがポイントとなります。

セクシーすぎない自然な可愛さと女らしさの両方を兼ね備えていて、女優の石原さとみさんや有村架純さんのような「上品な色気」を感じさせることが目標となっています。

2. みずみずしく素肌のようなツヤのある肌のために

みずみずしく素肌のようなツヤのある肌のために

おフェロメイクの特徴の一つに「お風呂上りのようなツヤを感じさせる肌」が挙げられます。

ぷるぷると潤う肌やほてったような印象の顔を実現させるためには、メイク前のケアが大変重要です。

洗顔後、肌にたっぷりと化粧水を浸透させ、乳液やクリーム等でしっかり保湿し、肌に潤いを与えます。

肌に水分をより浸透させるため、シートマスク等を使うのもお勧めです。

3. ピンク色の化粧下地を使う

ピンク色の化粧下地を使う

自然な雰囲気をキープしたまま、血色のいい印象を演出するために、ファンデーションの前にしっかりと化粧下地を塗りましょう。

次にのせるファンデーションのもちをよくするだけでなく、肌色を一段と華やかに美しく感じさせることができます。

おフェロメイクでは、血色のよさを感じさせるようにするため、化粧下地に「ピンク色」をチョイスします。

化粧下地を指かスポンジに適量とり、顔全体に薄く均一にのばします。

4. コントロールカラーで肌の悩みをカバー

コントロールカラーで肌の悩みをカバー

肌のツヤ感の出来上がりが印象を左右する「おフェロメイク」

化粧下地だけでは肌の「くすみ」「色ムラ」がカバーできないと、想像していたようなおフェロ顔にならない場合があります。

そんな時はコントロールカラーを使いましょう。

さまざまな肌の悩みを目立たなくすることができ、更にファンデを崩れにくくする効果もあります。

肌全体に透明感をもたせるためにはパープル系のコントロールカラーを、くすみを目立たせたくない時にはオレンジ系のコントロールカラーの使用がお勧めです。

5. リキッドファンデーションとパールのフェイスパウダー

リキッドファンデーションとパールのフェイスパウダー

ここまで入念にベースを作ってきたら、いよいよファンデーションです。

「おフェロメイク」は素肌感が大事ですので、厚く塗っているような印象はNGです。

肌色にあったリキッドタイプのファンデーションを、肌に薄く乗せていきましょう。

ムラがないように丁寧にのばし、最後にスポンジを使って軽く押さえて、肌になじむように塗り込みます。

「おフェロ」に大切なツヤ感を感じさせるため、パール入りのフェイスパウダーを使うのもお勧めです。

6. チークはリキッドかクリームを使う

チークはリキッドかクリームを使う

おフェロメイクの最大の特徴は、チーク選びやチークの入れ方にあります。

お風呂上りのような上気した色っぽさを実現させるため、頬骨の頂点より上方の、目の下の位置に、リキッドかクリームのチークをブラシで置いた後、指やスポンジなどでポンポンと優しく叩きつつ、頬の上でぼかしてなじませていきます。

一般的なチークより、やや顔の中央寄りに、横長にぼかすと、ほてった印象になります。

チークカラーは、血色の良さを感じさせる赤色やコーラル系がお勧めです。

7. リップは血色のよさとセクシーさ

リップは血色のよさとセクシーさ

おフェロメイクで使うリップには、やはり血色がよく見えるようなものを選びます。

ぽってり、ふっくらとした質感とツヤ感を感じさせる唇が目標なので、リップカラーを選ぶ際は、マットな赤やピンク色は避けます。

チークと同じブランドの同じ色のものを選ぶと、頬色とマッチしやすいのでお勧めです。

不自然さはおフェロ感を損なうので、唇の形より無理に大きく塗ったり、小さくしたりせず、唇の形をにあわせてリップを塗ります。

最後に唇の中央の上下に、同系色のグロスを乗せてツヤを出します。

8. アイメイクはキチンとでも控えめに

アイメイクはキチンとでも控えめに

おフェロメイクはお風呂上りのような、ほてった印象にするメイクアップ法で、ツヤ感のある肌や血色のいい頬、ぽってりとした唇をチャームポイントにします。

そのため、アイメイクはやや控えめにし、顔の中で抜け感を作ります。

これは、顔の全パーツにばっちりメイクを施すことにより、派手な印象に傾いてしまうのを避けるためです。

おフェロメイクでは、アイメイクはマスカラ程度にとどめ、目の印象が弱めな場合は、マスカラとアイシャドウと細いアイラインを控えめに施し、あくまでナチュラルな印象になるよう心がけます。

まとめ

「おフェロメイク」はアイメイクをできる限り減らし、肌やチーク、リップ等を重視させるメイクアップ法になります。

お風呂上りのような艶っぽさを感じさせることが目標で、リラックス感のある可愛さを演出できます。

他のメイクに比べて、ナチュラル感がある仕上がりのため、女子からの支持率も高く、男子ウケもいいので、彼氏とのデートや合コンの時に、是非チャレンジしてみてください。

おしゃれでフェロモンたっぷりな「おフェロメイク」の特徴と「おフェロ顔」を上手に仕上げるコツをご紹介します。


おフェロメイクとは

「おフェロメイク」は女性向け人気ファッション雑誌で紹介されたメイク法で、「おしゃれ」「フェロモン」の2つの要素をたっぷり組み合わせた化粧法を言います。

ベースメイクやチーク、グロスの入れ方等に特徴があり、お風呂上りをイメージさせる血色の良さがポイントとなります。

セクシーすぎない自然な可愛さと女らしさの両方を兼ね備えていて、女優の石原さとみさんや有村架純さんのような「上品な色気」を感じさせることが目標となっています。

みずみずしく素肌のようなツヤのある肌のために

おフェロメイクの特徴の一つに「お風呂上りのようなツヤを感じさせる肌」が挙げられます。

ぷるぷると潤う肌やほてったような印象の顔を実現させるためには、メイク前のケアが大変重要です。

洗顔後、肌にたっぷりと化粧水を浸透させ、乳液やクリーム等でしっかり保湿し、肌に潤いを与えます。

肌に水分をより浸透させるため、シートマスク等を使うのもお勧めです。

ピンク色の化粧下地を使う

自然な雰囲気をキープしたまま、血色のいい印象を演出するために、ファンデーションの前にしっかりと化粧下地を塗りましょう。

次にのせるファンデーションのもちをよくするだけでなく、肌色を一段と華やかに美しく感じさせることができます。

おフェロメイクでは、血色のよさを感じさせるようにするため、化粧下地に「ピンク色」をチョイスします。

化粧下地を指かスポンジに適量とり、顔全体に薄く均一にのばします。

コントロールカラーで肌の悩みをカバー

肌のツヤ感の出来上がりが印象を左右する「おフェロメイク」

化粧下地だけでは肌の「くすみ」「色ムラ」がカバーできないと、想像していたようなおフェロ顔にならない場合があります。

そんな時はコントロールカラーを使いましょう。

さまざまな肌の悩みを目立たなくすることができ、更にファンデを崩れにくくする効果もあります。

肌全体に透明感をもたせるためにはパープル系のコントロールカラーを、くすみを目立たせたくない時にはオレンジ系のコントロールカラーの使用がお勧めです。

リキッドファンデーションとパールのフェイスパウダー

ここまで入念にベースを作ってきたら、いよいよファンデーションです。

「おフェロメイク」は素肌感が大事ですので、厚く塗っているような印象はNGです。

肌色にあったリキッドタイプのファンデーションを、肌に薄く乗せていきましょう。

ムラがないように丁寧にのばし、最後にスポンジを使って軽く押さえて、肌になじむように塗り込みます。

「おフェロ」に大切なツヤ感を感じさせるため、パール入りのフェイスパウダーを使うのもお勧めです。

チークはリキッドかクリームを使う

おフェロメイクの最大の特徴は、チーク選びやチークの入れ方にあります。

お風呂上りのような上気した色っぽさを実現させるため、頬骨の頂点より上方の、目の下の位置に、リキッドかクリームのチークをブラシで置いた後、指やスポンジなどでポンポンと優しく叩きつつ、頬の上でぼかしてなじませていきます。

一般的なチークより、やや顔の中央寄りに、横長にぼかすと、ほてった印象になります。

チークカラーは、血色の良さを感じさせる赤色やコーラル系がお勧めです。

リップは血色のよさとセクシーさ

おフェロメイクで使うリップには、やはり血色がよく見えるようなものを選びます。

ぽってり、ふっくらとした質感とツヤ感を感じさせる唇が目標なので、リップカラーを選ぶ際は、マットな赤やピンク色は避けます。

チークと同じブランドの同じ色のものを選ぶと、頬色とマッチしやすいのでお勧めです。

不自然さはおフェロ感を損なうので、唇の形より無理に大きく塗ったり、小さくしたりせず、唇の形をにあわせてリップを塗ります。

最後に唇の中央の上下に、同系色のグロスを乗せてツヤを出します。

アイメイクはキチンとでも控えめに

おフェロメイクはお風呂上りのような、ほてった印象にするメイクアップ法で、ツヤ感のある肌や血色のいい頬、ぽってりとした唇をチャームポイントにします。

そのため、アイメイクはやや控えめにし、顔の中で抜け感を作ります。

これは、顔の全パーツにばっちりメイクを施すことにより、派手な印象に傾いてしまうのを避けるためです。

おフェロメイクでは、アイメイクはマスカラ程度にとどめ、目の印象が弱めな場合は、マスカラとアイシャドウと細いアイラインを控えめに施し、あくまでナチュラルな印象になるよう心がけます。

「おフェロメイク」はアイメイクをできる限り減らし、肌やチーク、リップ等を重視させるメイクアップ法になります。

お風呂上りのような艶っぽさを感じさせることが目標で、リラックス感のある可愛さを演出できます。

他のメイクに比べて、ナチュラル感がある仕上がりのため、女子からの支持率も高く、男子ウケもいいので、彼氏とのデートや合コンの時に、是非チャレンジしてみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-