【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171128141328.html
周りにダサいと思われる女性の特徴

周りにダサいと思われる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
周りにダサいと思われる女性の特徴

ダサいとはかっこよくないと言う意味ですが、男性にはよく使いますが女性で周りからダサいと言われてしまうのはどのような特徴があるのかご紹介します。

  • 会うたびに同じ服を着ている
  • 持っている服を生かしていない
  • 相性を考えられない
  • 種類を持っていない
  • 地味な服ばかり着てしまう
  • 力を入れない部分が気づきやすい
  • 髪型に力を入れない
  • リア充に興味が無い
  • まとめ

1. 会うたびに同じ服を着ている

会うたびに同じ服を着ている

オシャレな事にそこまで興味が無く、毎週会うたびに同じ服を着ている女性を見かける事があります。

普段は仕事でスーツを着ているため、私服を着るのが土曜と日曜しかない人は確かに服装を多く持っている必要はありません。

毎週会ってしまうと、さすがに同じ服装だと分かってしまうためパンツだけ変えたりなどの工夫を本人なりにしますが、それも去年と変わらないものであったりすると服装に力を入れていない事が逆によく分かってしまいます。

服装に興味が無かったとしても最低限の服装を用意する事は大切です。

特別な出会いなどはいつ来るか分からないのでチャンスを待ちましょう。

2. 持っている服を生かしていない

持っている服を生かしていない

女性にとって服のセンスと言うのはその人そのものです。

服のセンスが無いとせっかく良い服を持っているのに生かせないなんて事は非常に勿体無い事です。

服にあまりお金をかけないように上下の服装を別の店で買ってしまったり、着こなしのイメージが完成する前に気に入ったと言う理由で服を買ってしまうとそれに合わせるものがなかなか見つからずになんかダサいような仕上がりになってしまいます。

別の店で購入して安く済ませようと言う事自体は良い事ですが、あまりにも上はオシャレなショップで購入したけど、下は大幡チェーン店などの組み合わせをしてしまうと極端になってしまいます。

安い物でも上下セットで合わせていくような購入をしていきましょう。

3. 相性を考えられない

相性を考えられない

服装はとても良いんだけど、持っているカバンで台無しになってしまう事もあります。

その服装になるべく合うような物を選んでいきましょう。

失敗する多い例として、色々な服装でも使えるバッグを購入してみたけれど、合わせるのが難しく使わないと購入した意味が無いから結局それを妥協して使ってしまうパターンです。

本人は分からないと思っていますが、結構気づかれている事はあります。

気に入った物を使用するのではなく相性を考えてから買い物をするようにしましょう。

4. 種類を持っていない

種類を持っていない

どの小物でも言える事ですが、カバンも靴も腕時計もいつも同じ物を使っている。

違うのは服装だけなどの女性もいます。

それは確かに強い個性なのかもしれません。

時が経つと何も変わらない女性だと言うイメージが周りから自然とついてしまいます。

小物はコレがあるから良いと言う感覚ではなく適度に種類を持つ事をオススメします。

しかし、例外がありましてブランド物に関しては小物であっても長く使う事をオススメします。

当然その時代の流行などはあるかもしれませんが、長く使う事によって味が出ていきます。

そのブランドに似合う女性を目指して行く方向性を持っていきましょう。

5. 地味な服ばかり着てしまう

地味な服ばかり着てしまう

あまり目立ちたくないからと言って黒や茶色などの服装を着てしまう女性たちがいます。

オシャレなデザインでしたありだと思いますが、下がジーパンなどで組み合わせると女性らしさが大きく欠けてしまいます。

服装の色はその人の第一印象を示します。

ですので、男性と関わる機会がある場などでしたらなるべく地味な服装は避けていきましょう。

着てみると以外に似合ったりする事もあります。

服装のセンス一つで男性の見る目はだいぶ変わってきますので自分らしさを生かすような服装を着ていきましょう。

6. 力を入れない部分が気づきやすい

力を入れない部分が気づきやすい

趣味ではお金を結構使っているのに、オシャレに関しては全く力を入れていないタイプの人もいます。

それがかなり極端となってしまうと、それこそダサい女性と見られる部分が多くなってしまいます。

ダサい女性の特徴として、力を入れていない部分があからさまと言う事が多く何年も前らか使っている物など一つでもあれば見ている人は見ています。

ダサいと思われないコツは長い間の使い回しをしない事がコツでできるだけ、使いまわしなどのような事は避けて行きましょう。

7. 髪型に力を入れない

髪型に力を入れない

美容院はいつも親の知り合いの店に行ってたり、髪の毛をどこで切っても同じと言う認識を無くし色々な美容院に行く事にチャレンジしてみましょう。

最近は美容院の初回料金で安くカットをしたりできるサービスのお店が増えています。

比較的若い女性が多い店員のお店などでは最近の流行などを気にかけてくれて今風にカットしてもらえる事などができます。

いつも同じ髪型ばかりではなく、たまにやパーマなどをかけたり女性らしさをアピールするだけで雰囲気が変わります。

8. リア充に興味が無い

リア充に興味が無い

ゲームやアニメの事ばかりに夢中になって何もかもおろそかになってしまうパターンの女性がいます。

趣味や息抜きとしてやる分には問題ありませんが、依存しない事に注意して下さい。

そればかりに時間をかけてしまうと何もかもが手遅れになり、気づいたときには遅いだなんて事になってしまいます。

周りに素敵な恋愛をしている人がいるならその人を見習い自分にも良い出会いがある事で少しでも行動範囲を広げていきましょう。

依存と言うのは何事にも時間をかけてしまうのは付き物ですので十分に注意することをオススメします。

まとめ

ダサいと周りから言われてしまう女性は基本的に外見を重視しないと言った方が分かりやすいはずです。

もちろん、内面でダサい部分と言うのもありますが、女性で生まれた以上の価値観を重視していき、周りに影響を受けていくような女性を目指していきましょう。

ダサいとはかっこよくないと言う意味ですが、男性にはよく使いますが女性で周りからダサいと言われてしまうのはどのような特徴があるのかご紹介します。


会うたびに同じ服を着ている

オシャレな事にそこまで興味が無く、毎週会うたびに同じ服を着ている女性を見かける事があります。

普段は仕事でスーツを着ているため、私服を着るのが土曜と日曜しかない人は確かに服装を多く持っている必要はありません。

毎週会ってしまうと、さすがに同じ服装だと分かってしまうためパンツだけ変えたりなどの工夫を本人なりにしますが、それも去年と変わらないものであったりすると服装に力を入れていない事が逆によく分かってしまいます。

服装に興味が無かったとしても最低限の服装を用意する事は大切です。

特別な出会いなどはいつ来るか分からないのでチャンスを待ちましょう。

持っている服を生かしていない

女性にとって服のセンスと言うのはその人そのものです。

服のセンスが無いとせっかく良い服を持っているのに生かせないなんて事は非常に勿体無い事です。

服にあまりお金をかけないように上下の服装を別の店で買ってしまったり、着こなしのイメージが完成する前に気に入ったと言う理由で服を買ってしまうとそれに合わせるものがなかなか見つからずになんかダサいような仕上がりになってしまいます。

別の店で購入して安く済ませようと言う事自体は良い事ですが、あまりにも上はオシャレなショップで購入したけど、下は大幡チェーン店などの組み合わせをしてしまうと極端になってしまいます。

安い物でも上下セットで合わせていくような購入をしていきましょう。

相性を考えられない

服装はとても良いんだけど、持っているカバンで台無しになってしまう事もあります。

その服装になるべく合うような物を選んでいきましょう。

失敗する多い例として、色々な服装でも使えるバッグを購入してみたけれど、合わせるのが難しく使わないと購入した意味が無いから結局それを妥協して使ってしまうパターンです。

本人は分からないと思っていますが、結構気づかれている事はあります。

気に入った物を使用するのではなく相性を考えてから買い物をするようにしましょう。

種類を持っていない

どの小物でも言える事ですが、カバンも靴も腕時計もいつも同じ物を使っている。

違うのは服装だけなどの女性もいます。

それは確かに強い個性なのかもしれません。

時が経つと何も変わらない女性だと言うイメージが周りから自然とついてしまいます。

小物はコレがあるから良いと言う感覚ではなく適度に種類を持つ事をオススメします。

しかし、例外がありましてブランド物に関しては小物であっても長く使う事をオススメします。

当然その時代の流行などはあるかもしれませんが、長く使う事によって味が出ていきます。

そのブランドに似合う女性を目指して行く方向性を持っていきましょう。

地味な服ばかり着てしまう

あまり目立ちたくないからと言って黒や茶色などの服装を着てしまう女性たちがいます。

オシャレなデザインでしたありだと思いますが、下がジーパンなどで組み合わせると女性らしさが大きく欠けてしまいます。

服装の色はその人の第一印象を示します。

ですので、男性と関わる機会がある場などでしたらなるべく地味な服装は避けていきましょう。

着てみると以外に似合ったりする事もあります。

服装のセンス一つで男性の見る目はだいぶ変わってきますので自分らしさを生かすような服装を着ていきましょう。

力を入れない部分が気づきやすい

趣味ではお金を結構使っているのに、オシャレに関しては全く力を入れていないタイプの人もいます。

それがかなり極端となってしまうと、それこそダサい女性と見られる部分が多くなってしまいます。

ダサい女性の特徴として、力を入れていない部分があからさまと言う事が多く何年も前らか使っている物など一つでもあれば見ている人は見ています。

ダサいと思われないコツは長い間の使い回しをしない事がコツでできるだけ、使いまわしなどのような事は避けて行きましょう。

髪型に力を入れない

美容院はいつも親の知り合いの店に行ってたり、髪の毛をどこで切っても同じと言う認識を無くし色々な美容院に行く事にチャレンジしてみましょう。

最近は美容院の初回料金で安くカットをしたりできるサービスのお店が増えています。

比較的若い女性が多い店員のお店などでは最近の流行などを気にかけてくれて今風にカットしてもらえる事などができます。

いつも同じ髪型ばかりではなく、たまにやパーマなどをかけたり女性らしさをアピールするだけで雰囲気が変わります。

リア充に興味が無い

ゲームやアニメの事ばかりに夢中になって何もかもおろそかになってしまうパターンの女性がいます。

趣味や息抜きとしてやる分には問題ありませんが、依存しない事に注意して下さい。

そればかりに時間をかけてしまうと何もかもが手遅れになり、気づいたときには遅いだなんて事になってしまいます。

周りに素敵な恋愛をしている人がいるならその人を見習い自分にも良い出会いがある事で少しでも行動範囲を広げていきましょう。

依存と言うのは何事にも時間をかけてしまうのは付き物ですので十分に注意することをオススメします。

ダサいと周りから言われてしまう女性は基本的に外見を重視しないと言った方が分かりやすいはずです。

もちろん、内面でダサい部分と言うのもありますが、女性で生まれた以上の価値観を重視していき、周りに影響を受けていくような女性を目指していきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-