【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171128141024.html
ファザコンになる女性の特徴

ファザコンになる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ファザコンになる女性の特徴

父親が大好きで仕方が無いと言う女性たちがいます。

彼女はなぜそこまで父親に愛情を注いでいく生き物なのでしょうか。

ファザコンである特徴をご紹介します。

  • 父親と過ごした時間が長かった
  • 男兄弟で唯一の女で育った
  • 保育園のお迎えに来てくれた
  • 母親があまり頼れなかった
  • お小遣いをくれたのが父親だった
  • 強い反抗期がなく育った
  • 共働きの家庭であった
  • 父親と二人でよく出かけた事があった
  • まとめ

1. 父親と過ごした時間が長かった

父親と過ごした時間が長かった

母親以上に父親と過ごした時間が長いと自然と学校の事や友人との出来事なども全て父親にお話する事になります。

コミュニケーションを取る時間が長ければ長くなるほど何でも話せるようになっていきます。

過程によっては母親の方が厳しい人で父親の方が優しかったりすると、子供は優しく接してくれる人についていくようになっていきます。

ファザコンの女性と言うのはそれなりに父親の事をよく知っていて今までに沢山のコミュニケーションを多く取る事によって生まれるものです。

2. 男兄弟で唯一の女で育った

男兄弟で唯一の女で育った

自分以外の兄弟が男で唯一の女性で育ったケースです。

子供の頃は近所の子や兄弟などと遊ぶ機会が多いので、二人以上男兄弟がいて自分が唯一女性であったりすると、自然と遊び方も男の子が遊ぶような事で遊び始めます。

家で折り紙などをして遊ぶ事よりも外でお兄ちゃん達とサッカーをやったりして楽しむ時間が多いと関わる人自体も男性が多くなってきます。

父親も1人しかいない娘にはかなりの愛情を注ぎます。

自然と彼女達は父親が好きになり、一緒に行動するの父親との機会が増えていきます。

3. 保育園のお迎えに来てくれた

保育園のお迎えに来てくれた

母親が忙しくいつも父親が保育園のお迎えなどを着てくたと言うのは子供の頃の彼女たちにとって、とても大きな影響となります。

彼女たちはどちらが来てくれたのが嬉しいとかではなく、迎えに来てくれる事が何よりも嬉しい事なのです。

自然と会話をする事から始まり今度はどこかへ出かけたりするなどの発展があったり距離はどんどんと近づいていきます。

周りは母親と関わる時間が長くても本人は何も気にしません。

大切な家族がそばに居てくれる事を望みます。

日常的な距離が母親よりも父親の方が近かった事によってファザコンになります。

4. 母親があまり頼れなかった

母親があまり頼れなかった

母親が料理を作る事をあまりしてくれず、自分が作る事が多かった人はファザコンになる傾向は高いです。

料理と言うのは愛情表現の一つであってとても大切な事です。

お腹が空いてしまうと何事にも不満が増えていきます。

しかし、母親よりも父親の方が料理に力を入れていたりいつも美味しい物を食べさせてくれたなどの経験があると、子供の頃だとその光景をよく覚えている事が多く今でも料理を作ってくれる父親だと言う印象は忘れられません。

ファザコンの女性には父親が料理をよく作ってくれた人に多いです。

5. お小遣いをくれたのが父親だった

お小遣いをくれたのが父親だった

物を与えるのが全てではないとよく言いますが、お小遣いを貰ったのが父親か母親かによって変わって行きます。

子供にとって物を与えられると言う機会はとても少なくお小遣いやお年玉などはとても喜べるイベントとなっています。

家庭によって様々ですが、母親がお小遣いをくれる家庭が基本的には多く中には父親がお金の管理をしていたりすると、父親からお小遣いを貰える家庭もあります。

手渡しで渡せて貰えるので子供にとってその気持ちは有頂天になっていきます。

物を貰えると言うのはいつになっても嬉しい事です。

その印象がどちらが強かったかによってその後の人生も変わって行きます。

6. 強い反抗期がなく育った

強い反抗期がなく育った

小学校高学年から高校生ぐらいの間に女の子は反抗期と言う物がやってきます。

家族と出かけたりする事をとても嫌がり、地域のイベント行事などにも参加しなくなっていきます。

反抗期に八つ当たりされるのは比較的父親が多く「お父さんの次のお風呂は入れない」などとお風呂を入る事すら抵抗し始めます。

父親の気持ちとしてはとても切ない時期を過ごします。

しかし、ファザコンの女性にはそういう反抗する期間があまりなく平常心を保っていきます。

父親の良さを存分に分かっているから父親に反抗するような行為はしません。

反抗期が無いと言うのもファザコンの特徴です。

7. 共働きの家庭であった

共働きの家庭であった

両親が家にいる事が少なく身の回りの事をよく自分でやっていた環境で育ったりすると母親よりも父親の方がやった事に対して褒めてくれる傾向が強く出ています。

なぜなら、母親は今まで家事を基本的に行ってきたから感覚が当たり前と言う認識を強く持ちますが、父親の場合そのような感覚があまりなくむしろやってこないで育った人もいるので父親の方が自分ができない事をよく褒めてくれます。

子供にとって気づいてくれると言うのはありがたい事で褒めてくれる人に近寄ろうとする傾向もあります。

母親からでも時には褒めてもらいたいものです。

8. 父親と二人でよく出かけた事があった

父親と二人でよく出かけた事があった

父親と二人で出かける機会が多く、クリスマスプレゼントなども父が直接買いに連れてってくれた印象もある方もいます。

子供の時に一緒に出かけたと言うのはかなり強い印象があり親は購入したものを忘れてしまいますが、子供はいつに何を購入してもらったかなど結構はっきりと覚えています。

その印象が父親だと言うイメージが残っていた場合は少なからず出かけた事の多い回数自体が父親と言う事になります。

どこへ出かけたというよりも、何か心に残る印象が強くあったと言う方が思い出に残ってしまうものです。

まとめ

ファザコンの女性とはしっかりとした愛情を注がれてきたと言う事です。

父親に良い思いをさせてもらったと言うのが自分の中ではっきりと覚えているからこそ言い切れるものです。

彼女がファザコンであったとしても多めに見守ってあげる気持ちを持ってください。

父親が大好きで仕方が無いと言う女性たちがいます。

彼女はなぜそこまで父親に愛情を注いでいく生き物なのでしょうか。

ファザコンである特徴をご紹介します。


父親と過ごした時間が長かった

母親以上に父親と過ごした時間が長いと自然と学校の事や友人との出来事なども全て父親にお話する事になります。

コミュニケーションを取る時間が長ければ長くなるほど何でも話せるようになっていきます。

過程によっては母親の方が厳しい人で父親の方が優しかったりすると、子供は優しく接してくれる人についていくようになっていきます。

ファザコンの女性と言うのはそれなりに父親の事をよく知っていて今までに沢山のコミュニケーションを多く取る事によって生まれるものです。

男兄弟で唯一の女で育った

自分以外の兄弟が男で唯一の女性で育ったケースです。

子供の頃は近所の子や兄弟などと遊ぶ機会が多いので、二人以上男兄弟がいて自分が唯一女性であったりすると、自然と遊び方も男の子が遊ぶような事で遊び始めます。

家で折り紙などをして遊ぶ事よりも外でお兄ちゃん達とサッカーをやったりして楽しむ時間が多いと関わる人自体も男性が多くなってきます。

父親も1人しかいない娘にはかなりの愛情を注ぎます。

自然と彼女達は父親が好きになり、一緒に行動するの父親との機会が増えていきます。

保育園のお迎えに来てくれた

母親が忙しくいつも父親が保育園のお迎えなどを着てくたと言うのは子供の頃の彼女たちにとって、とても大きな影響となります。

彼女たちはどちらが来てくれたのが嬉しいとかではなく、迎えに来てくれる事が何よりも嬉しい事なのです。

自然と会話をする事から始まり今度はどこかへ出かけたりするなどの発展があったり距離はどんどんと近づいていきます。

周りは母親と関わる時間が長くても本人は何も気にしません。

大切な家族がそばに居てくれる事を望みます。

日常的な距離が母親よりも父親の方が近かった事によってファザコンになります。

母親があまり頼れなかった

母親が料理を作る事をあまりしてくれず、自分が作る事が多かった人はファザコンになる傾向は高いです。

料理と言うのは愛情表現の一つであってとても大切な事です。

お腹が空いてしまうと何事にも不満が増えていきます。

しかし、母親よりも父親の方が料理に力を入れていたりいつも美味しい物を食べさせてくれたなどの経験があると、子供の頃だとその光景をよく覚えている事が多く今でも料理を作ってくれる父親だと言う印象は忘れられません。

ファザコンの女性には父親が料理をよく作ってくれた人に多いです。

お小遣いをくれたのが父親だった

物を与えるのが全てではないとよく言いますが、お小遣いを貰ったのが父親か母親かによって変わって行きます。

子供にとって物を与えられると言う機会はとても少なくお小遣いやお年玉などはとても喜べるイベントとなっています。

家庭によって様々ですが、母親がお小遣いをくれる家庭が基本的には多く中には父親がお金の管理をしていたりすると、父親からお小遣いを貰える家庭もあります。

手渡しで渡せて貰えるので子供にとってその気持ちは有頂天になっていきます。

物を貰えると言うのはいつになっても嬉しい事です。

その印象がどちらが強かったかによってその後の人生も変わって行きます。

強い反抗期がなく育った

小学校高学年から高校生ぐらいの間に女の子は反抗期と言う物がやってきます。

家族と出かけたりする事をとても嫌がり、地域のイベント行事などにも参加しなくなっていきます。

反抗期に八つ当たりされるのは比較的父親が多く「お父さんの次のお風呂は入れない」などとお風呂を入る事すら抵抗し始めます。

父親の気持ちとしてはとても切ない時期を過ごします。

しかし、ファザコンの女性にはそういう反抗する期間があまりなく平常心を保っていきます。

父親の良さを存分に分かっているから父親に反抗するような行為はしません。

反抗期が無いと言うのもファザコンの特徴です。

共働きの家庭であった

両親が家にいる事が少なく身の回りの事をよく自分でやっていた環境で育ったりすると母親よりも父親の方がやった事に対して褒めてくれる傾向が強く出ています。

なぜなら、母親は今まで家事を基本的に行ってきたから感覚が当たり前と言う認識を強く持ちますが、父親の場合そのような感覚があまりなくむしろやってこないで育った人もいるので父親の方が自分ができない事をよく褒めてくれます。

子供にとって気づいてくれると言うのはありがたい事で褒めてくれる人に近寄ろうとする傾向もあります。

母親からでも時には褒めてもらいたいものです。

父親と二人でよく出かけた事があった

父親と二人で出かける機会が多く、クリスマスプレゼントなども父が直接買いに連れてってくれた印象もある方もいます。

子供の時に一緒に出かけたと言うのはかなり強い印象があり親は購入したものを忘れてしまいますが、子供はいつに何を購入してもらったかなど結構はっきりと覚えています。

その印象が父親だと言うイメージが残っていた場合は少なからず出かけた事の多い回数自体が父親と言う事になります。

どこへ出かけたというよりも、何か心に残る印象が強くあったと言う方が思い出に残ってしまうものです。

ファザコンの女性とはしっかりとした愛情を注がれてきたと言う事です。

父親に良い思いをさせてもらったと言うのが自分の中ではっきりと覚えているからこそ言い切れるものです。

彼女がファザコンであったとしても多めに見守ってあげる気持ちを持ってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-