【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171127161254.html
人に怒れない女性の特徴

人に怒れない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
人に怒れない女性の特徴

女性はヒステリックだと人は言いますが、女性の中には人に対して怒ることができないような女性もいます。

その特徴についてまとめてみました。

  • 怒っても無駄な相手だと諦めている
  • 怒ると取り乱してしまう自分が嫌い
  • 怒って言い争いになるのが面倒である
  • 相手も怒ってくるかもしれないが勝てる気がしない
  • 優し過ぎて怒りたいより心配になる
  • 怒ってしまったら相手と同レベルになるから我慢している
  • 気が短い器の小さい人間だと思われるのが嫌
  • 人に怒られるストレスをよく理解している
  • 鈍いせいでいつも誰かに怒るのを横取りされる
  • まとめ

1. 怒っても無駄な相手だと諦めている

怒っても無駄な相手だと諦めている

人を怒れない女性の特徴のひとつは「怒っても無駄な相手だと諦めてしまっている」ということが挙げられます。

誰に対してもそう思うのではなく、言っても響かなそうに感じる人に対して「どうせ怒ったって…」となってしまいます。

人が怒る時は相手のためを思ってという場合も多く、怒ってもらえなくなってはおしまいとも言います。

すぐに怒っても無駄に思ってしまう女性は人を思いやれない冷たい女性なのかもしれません。

2. 怒ると取り乱してしまう自分が嫌い

怒ると取り乱してしまう自分が嫌い

怒ると感情があらわになって取り乱してしまう自分が嫌いという女性も人を怒ることができません。

自分をコントロールできずに相手に暴力をふるってしまったり、言いすぎて関係がこじれてしまった経験もあるのでしょう。

反省していればしているほど次からは人を怒れなくなっていきます。

怒ってすっきりするよりも我慢してやり過ごそうとしますし、その結果静かにおさまればそれが正しい対応だったのだと確信してしまいます。

3. 怒って言い争いになるのが面倒である

怒って言い争いになるのが面倒である

人を怒れない女性は怒ることで言い争いになることを好みません。

時間の無駄であり、いちいち反応して返すというやりとりが面倒だと思っています。

忙しい人や人と分かり合おうとしない人ならこれが当てはまります。

また、言い争いは何もいいものを生み出さないとわかっている人も人を怒ることに虚しさを感じるようになります。

怒るよりも話し合いで和解する道を探るか、それも面倒であればなんとなく流します。

4. 相手も怒ってくるかもしれないが勝てる気がしない

相手も怒ってくるかもしれないが勝てる気がしない

人に怒ると相手をよけいに怒らせてしまうかもしれません。

しかし、怒った相手に勝てそうにないと考える女性もいます。

相手が年上で理論的な人であったりするとまさにそうです。

怒ったってねじ伏せられてしまうと想像し、その時の自分が惨めな思いをするくらいならここら辺でやめておこうとなります。

その態度が相手をイライラさせることもありそうです。

5. 優し過ぎて怒りたいより心配になる

優し過ぎて怒りたいより心配になる

優し過ぎる性格の女性は相手を怒りたいというよりも心配になって寄り添ってあげたくなります。

怒るという感情は制御できない自分の不満や相手への苛立ちとも取れますが、心配して語りかけて気づいてもらおうとするような女性もいるのです。

また、あまりにも理不尽なことを言う相手に対して怒りを通り越して可哀想に思えることもあり、怒る気持ちも湧いてきません。

6. 怒ってしまったら相手と同レベルになるから我慢している

怒ってしまったら相手と同レベルになるから我慢している

冷静に対応できる自分は相手より優位で大人だと思っている場合、ここで怒ってしまうと未熟なその人と同レベルになってしまうのではないかと感じることでしょう。

それはプライドが許さないということで我慢して怒りを押し殺す女性もいます。

それができる自分に自信がありますし、相手が嫌いであればあるほどより差をつけるためにがんばります。

7. 気が短い器の小さい人間だと思われるのが嫌

気が短い器の小さい人間だと思われるのが嫌

人に怒ってしまうと周りの人は気が短い器の小さい人間だと思う可能性があります。

たとえ相手のために心を鬼にして怒ったとしてもそれは伝わらないこともありますし、せっかくしたことが誤解されたまま自分の印象を下げることになります。

そんなことはプライドの高い女性からすると耐えられません。

そして、人を怒らず許せる器の大きい女性でいようとします。

8. 人に怒られるストレスをよく理解している

人に怒られるストレスをよく理解している

親や先生、上司など人から怒られる経験の多かった女性は怒られることにトラウマがあります。

また、その時のストレスもよく理解しているのでとてもじゃないですが人を怒ってコントロールしようなどとは思いません。

無関心なフリを装って自由にさせてあげようと思ったり、怒らない形で遠回しに伝えてあげようと努めます。

自分のように人に怒られて自分に自信の持てない人間になってほしくないと思っています。

9. 鈍いせいでいつも誰かに怒るのを横取りされる

鈍いせいでいつも誰かに怒るのを横取りされる

ちょっと鈍い女性なら怒るような相手の言動にもとっさに気づくことができず、他の誰かに怒るのを横取りされてしまいます。

たまには凛々しい誰かのようにしっかり怒って見たいと思うこともありますが、マイペースな性格であればそれも難しく、気づけばいつも事が終わっています。

ただ鈍臭いだけですが周りからは穏やかでイイ人だと思われることでしょう。

まとめ

人を怒れない女性は怒ったり怒られたりすることの嫌な部分をよく理解しています。

怒ることですっきりする人ばかりではなくストレスとなってしまう人もいますし、怒られる相手を見るのも罪悪感や苛立ちでストレスになる場合もあります。

それをわかっていれば怒る道を避けようとするのも納得ですし、誰だって怒るよりも優しく伝えて気持ちよく関わることができればベストだと感じているでしょう。

人との関係を重視するからこそ怒れないというのであればそれも正しい選択肢のひとつであり、決して情けないとは言えません。

女性はヒステリックだと人は言いますが、女性の中には人に対して怒ることができないような女性もいます。

その特徴についてまとめてみました。


怒っても無駄な相手だと諦めている

人を怒れない女性の特徴のひとつは「怒っても無駄な相手だと諦めてしまっている」ということが挙げられます。

誰に対してもそう思うのではなく、言っても響かなそうに感じる人に対して「どうせ怒ったって…」となってしまいます。

人が怒る時は相手のためを思ってという場合も多く、怒ってもらえなくなってはおしまいとも言います。

すぐに怒っても無駄に思ってしまう女性は人を思いやれない冷たい女性なのかもしれません。

怒ると取り乱してしまう自分が嫌い

怒ると感情があらわになって取り乱してしまう自分が嫌いという女性も人を怒ることができません。

自分をコントロールできずに相手に暴力をふるってしまったり、言いすぎて関係がこじれてしまった経験もあるのでしょう。

反省していればしているほど次からは人を怒れなくなっていきます。

怒ってすっきりするよりも我慢してやり過ごそうとしますし、その結果静かにおさまればそれが正しい対応だったのだと確信してしまいます。

怒って言い争いになるのが面倒である

人を怒れない女性は怒ることで言い争いになることを好みません。

時間の無駄であり、いちいち反応して返すというやりとりが面倒だと思っています。

忙しい人や人と分かり合おうとしない人ならこれが当てはまります。

また、言い争いは何もいいものを生み出さないとわかっている人も人を怒ることに虚しさを感じるようになります。

怒るよりも話し合いで和解する道を探るか、それも面倒であればなんとなく流します。

相手も怒ってくるかもしれないが勝てる気がしない

人に怒ると相手をよけいに怒らせてしまうかもしれません。

しかし、怒った相手に勝てそうにないと考える女性もいます。

相手が年上で理論的な人であったりするとまさにそうです。

怒ったってねじ伏せられてしまうと想像し、その時の自分が惨めな思いをするくらいならここら辺でやめておこうとなります。

その態度が相手をイライラさせることもありそうです。

優し過ぎて怒りたいより心配になる

優し過ぎる性格の女性は相手を怒りたいというよりも心配になって寄り添ってあげたくなります。

怒るという感情は制御できない自分の不満や相手への苛立ちとも取れますが、心配して語りかけて気づいてもらおうとするような女性もいるのです。

また、あまりにも理不尽なことを言う相手に対して怒りを通り越して可哀想に思えることもあり、怒る気持ちも湧いてきません。

怒ってしまったら相手と同レベルになるから我慢している

冷静に対応できる自分は相手より優位で大人だと思っている場合、ここで怒ってしまうと未熟なその人と同レベルになってしまうのではないかと感じることでしょう。

それはプライドが許さないということで我慢して怒りを押し殺す女性もいます。

それができる自分に自信がありますし、相手が嫌いであればあるほどより差をつけるためにがんばります。

気が短い器の小さい人間だと思われるのが嫌

人に怒ってしまうと周りの人は気が短い器の小さい人間だと思う可能性があります。

たとえ相手のために心を鬼にして怒ったとしてもそれは伝わらないこともありますし、せっかくしたことが誤解されたまま自分の印象を下げることになります。

そんなことはプライドの高い女性からすると耐えられません。

そして、人を怒らず許せる器の大きい女性でいようとします。

人に怒られるストレスをよく理解している

親や先生、上司など人から怒られる経験の多かった女性は怒られることにトラウマがあります。

また、その時のストレスもよく理解しているのでとてもじゃないですが人を怒ってコントロールしようなどとは思いません。

無関心なフリを装って自由にさせてあげようと思ったり、怒らない形で遠回しに伝えてあげようと努めます。

自分のように人に怒られて自分に自信の持てない人間になってほしくないと思っています。

鈍いせいでいつも誰かに怒るのを横取りされる

ちょっと鈍い女性なら怒るような相手の言動にもとっさに気づくことができず、他の誰かに怒るのを横取りされてしまいます。

たまには凛々しい誰かのようにしっかり怒って見たいと思うこともありますが、マイペースな性格であればそれも難しく、気づけばいつも事が終わっています。

ただ鈍臭いだけですが周りからは穏やかでイイ人だと思われることでしょう。

人を怒れない女性は怒ったり怒られたりすることの嫌な部分をよく理解しています。

怒ることですっきりする人ばかりではなくストレスとなってしまう人もいますし、怒られる相手を見るのも罪悪感や苛立ちでストレスになる場合もあります。

それをわかっていれば怒る道を避けようとするのも納得ですし、誰だって怒るよりも優しく伝えて気持ちよく関わることができればベストだと感じているでしょう。

人との関係を重視するからこそ怒れないというのであればそれも正しい選択肢のひとつであり、決して情けないとは言えません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-