【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171127133208.html
ナチュラルメイクのイメージや特徴

ナチュラルメイクのイメージや特徴 | LADYCO

LADYCO
ナチュラルメイクのイメージや特徴

ナチュラルメイクが女性に人気が出てきていますが、ナチュラルメイクにはどのような特徴があるのでしょうか?

どのようなメイクなのかその特徴とイメージを紹介します。

  • ベースはしっかり作っている
  • 薄いわけではない
  • ポイントメイクに重点を置いている
  • アイブロウがナチュラル
  • 派手すぎない
  • 男性ウケが良い
  • 学生向きなメイク
  • パウダー系のメイク
  • 大人可愛い
  • まとめ

1. ベースはしっかり作っている

ベースはしっかり作っている

ナチュラルメイクはぱっと見は自然な雰囲気なのですが、ベースメイクをしっかり作っています。

基礎がしっかりしているからこそ、メイクの仕上がりがナチュラルに仕上がっています。

メイクをする時にもベースに時間をかけています。

ベースメイクの時にはただファンデを塗るだけではありません。

仕上げに肌の質感を均一にするためにフェースパウダーを使います。

パールが入っていると自然な光沢が出て皮膚の凹凸が目立ちにくく陶器のような肌になります。

2. 薄いわけではない

薄いわけではない

ナチュラルメイクというと、すっぴんに近いメイクと思われがちですが実はそうではありません。

ただメイクが薄いだけなのは薄化粧ですが、薄いわけではなくすっぴん風に見えるようなメイクがナチュラルメイクです。

ですからナチュラルだから時間がかかっていない、メイクを手抜きしているわけでもありません。

むしろベースメイクで肌色をしっかり整えている分、肌自体は厚塗りだったりもします。

しっかりとベースを作ることにより元々あった肌のアラが隠すことが出来て、マットな肌になります。

本当のすっぴんでは肌のアラが見えてしまいますので残念な結果になりますが、ナチュラルメイクは良い具合にアラを隠すことができるのです。

3. ポイントメイクに重点を置いている

ポイントメイクに重点を置いている

ナチュラルメイクではポイントメイクが重要です。

全体的にメイクをごてごてするのではなく、自分の顔の中でどのパーツを目立たせたいかも自然と決まってきます。

ですから濃いアイシャドウを使うことはありませんが、その代わりチークや口紅で自然な肌の色合いを出します。

この時に使うチークや口紅は鮮やかな色よりも、血色を良く見せるような自分の肌色に合ったものを使います。

お風呂上りのようなほんのりピンク色の頬など可愛い雰囲気を演出することができます。

4. アイブロウがナチュラル

アイブロウがナチュラル

自眉を剃って整えている人は多いですが、ナチュラルメイクではアイブロウもナチュラルです。

自眉を生かしてアイブロウを引いているため、表情と共にきちんと眉毛が動きます。

色は髪の毛の色などと合わせるようにしているため、眉毛だけ浮いてしまうこともありません。

ペンシルタイプは描きやすいけれどナチュラルではなくなってしまうため、パウダータイプがナチュラルメイクには好まれます。

5. 派手すぎない

派手すぎない

パーティなどはばっちりメイクでいかにもメイクしています!といった顔に仕上げます。

ナチュラルメイクは派手すぎないためシーンを選ぶことがありません。

ビジネスシーンだけではなく、プライベートにもぴったりなメイクです。

そのため、ほぼどのようなシチュエーションでも受け入れられます。

6. 男性ウケが良い

男性ウケが良い

ばっちりメイク顔が好きという男性もいますが、ナチュラルメイクが好きという男性はとても多いです。

男性は好きな女性のすっぴんを知りたいものですが、ナチュラルメイクは一瞬すっぴんを思わせるメイクですので男性からすると好感が持てるのです。

女性もあまり派手なメイクの女性よりも、ナチュラルなメイクのほうが好きという人が少なくはありませんので男女問わずウケは良いです。

人との出会いの時に第一印象はとても大切です。

ですから男性との出会いの場にも使えるメイクです。

7. 学生向きなメイク

学生向きなメイク

まだ学校に行っている年齢の女性が、あまり濃いメイクだと見分不相応な印象になってしまいます。

ナチュラルメイクはその点、学生向きなメイクです。

女性の身だしなみとしてメイクをしたいけれど、派手なメイクをしたくないという人にもぴったりです。

大人から見ても好感の持てるメイクです。

8. パウダー系のメイク

パウダー系のメイク

リキッドタイプのファンデだとどうしてもマットに厚塗りになりやすいです。

アラも隠れますが、分厚くなってしまうと厚塗り感は出てしまいます。

ナチュラルメイクでは仕上がりが軽くなるパウダー系のメイクをします。

粉が毛穴などに入り凹凸を隠しますので、ライトなのに肌を均一にすることができます。

クレンジングが不要なミネラルファンデーションもパウダーなので、ナチュラルメイク向きです。

9. 大人可愛い

大人可愛い

大人の女性でも「可愛い」という印象に仕上がるのがナチュラルメイクです。

年齢と共にメイクを変えていかないと、どうしても時代遅れな印象になりがちなのがメイクです。

ナチュラルメイクならしっかりと下地を作ったうえに、あとは流行のカラーを載せるだけで簡単に大人可愛い雰囲気を作ることができます。

若い雰囲気を作りたい女性に好まれています。

まとめ

ナチュラルという名前からすると、自然で薄化粧をイメージします。

ですが実はその影には隠された努力があるのがナチュラルメイクです。

ベースメイクをしっかり行って、ポイントメイクが派手すぎない仕上がりになっているのがナチュラルメイクなのです。

ナチュラルメイクが女性に人気が出てきていますが、ナチュラルメイクにはどのような特徴があるのでしょうか?

どのようなメイクなのかその特徴とイメージを紹介します。


ベースはしっかり作っている

ナチュラルメイクはぱっと見は自然な雰囲気なのですが、ベースメイクをしっかり作っています。

基礎がしっかりしているからこそ、メイクの仕上がりがナチュラルに仕上がっています。

メイクをする時にもベースに時間をかけています。

ベースメイクの時にはただファンデを塗るだけではありません。

仕上げに肌の質感を均一にするためにフェースパウダーを使います。

パールが入っていると自然な光沢が出て皮膚の凹凸が目立ちにくく陶器のような肌になります。

薄いわけではない

ナチュラルメイクというと、すっぴんに近いメイクと思われがちですが実はそうではありません。

ただメイクが薄いだけなのは薄化粧ですが、薄いわけではなくすっぴん風に見えるようなメイクがナチュラルメイクです。

ですからナチュラルだから時間がかかっていない、メイクを手抜きしているわけでもありません。

むしろベースメイクで肌色をしっかり整えている分、肌自体は厚塗りだったりもします。

しっかりとベースを作ることにより元々あった肌のアラが隠すことが出来て、マットな肌になります。

本当のすっぴんでは肌のアラが見えてしまいますので残念な結果になりますが、ナチュラルメイクは良い具合にアラを隠すことができるのです。

ポイントメイクに重点を置いている

ナチュラルメイクではポイントメイクが重要です。

全体的にメイクをごてごてするのではなく、自分の顔の中でどのパーツを目立たせたいかも自然と決まってきます。

ですから濃いアイシャドウを使うことはありませんが、その代わりチークや口紅で自然な肌の色合いを出します。

この時に使うチークや口紅は鮮やかな色よりも、血色を良く見せるような自分の肌色に合ったものを使います。

お風呂上りのようなほんのりピンク色の頬など可愛い雰囲気を演出することができます。

アイブロウがナチュラル

自眉を剃って整えている人は多いですが、ナチュラルメイクではアイブロウもナチュラルです。

自眉を生かしてアイブロウを引いているため、表情と共にきちんと眉毛が動きます。

色は髪の毛の色などと合わせるようにしているため、眉毛だけ浮いてしまうこともありません。

ペンシルタイプは描きやすいけれどナチュラルではなくなってしまうため、パウダータイプがナチュラルメイクには好まれます。

派手すぎない

パーティなどはばっちりメイクでいかにもメイクしています!といった顔に仕上げます。

ナチュラルメイクは派手すぎないためシーンを選ぶことがありません。

ビジネスシーンだけではなく、プライベートにもぴったりなメイクです。

そのため、ほぼどのようなシチュエーションでも受け入れられます。

男性ウケが良い

ばっちりメイク顔が好きという男性もいますが、ナチュラルメイクが好きという男性はとても多いです。

男性は好きな女性のすっぴんを知りたいものですが、ナチュラルメイクは一瞬すっぴんを思わせるメイクですので男性からすると好感が持てるのです。

女性もあまり派手なメイクの女性よりも、ナチュラルなメイクのほうが好きという人が少なくはありませんので男女問わずウケは良いです。

人との出会いの時に第一印象はとても大切です。

ですから男性との出会いの場にも使えるメイクです。

学生向きなメイク

まだ学校に行っている年齢の女性が、あまり濃いメイクだと見分不相応な印象になってしまいます。

ナチュラルメイクはその点、学生向きなメイクです。

女性の身だしなみとしてメイクをしたいけれど、派手なメイクをしたくないという人にもぴったりです。

大人から見ても好感の持てるメイクです。

パウダー系のメイク

リキッドタイプのファンデだとどうしてもマットに厚塗りになりやすいです。

アラも隠れますが、分厚くなってしまうと厚塗り感は出てしまいます。

ナチュラルメイクでは仕上がりが軽くなるパウダー系のメイクをします。

粉が毛穴などに入り凹凸を隠しますので、ライトなのに肌を均一にすることができます。

クレンジングが不要なミネラルファンデーションもパウダーなので、ナチュラルメイク向きです。

大人可愛い

大人の女性でも「可愛い」という印象に仕上がるのがナチュラルメイクです。

年齢と共にメイクを変えていかないと、どうしても時代遅れな印象になりがちなのがメイクです。

ナチュラルメイクならしっかりと下地を作ったうえに、あとは流行のカラーを載せるだけで簡単に大人可愛い雰囲気を作ることができます。

若い雰囲気を作りたい女性に好まれています。

ナチュラルという名前からすると、自然で薄化粧をイメージします。

ですが実はその影には隠された努力があるのがナチュラルメイクです。

ベースメイクをしっかり行って、ポイントメイクが派手すぎない仕上がりになっているのがナチュラルメイクなのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-