【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171127092356.html
流行に乗るのがうまい女性の特徴

流行に乗るのがうまい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
流行に乗るのがうまい女性の特徴

世の中には様々なカテゴリーの中で「流行」というものがありその中でも 主に「ファッション」という自己実現や個人の個性の表現である文化での流行をしっかりと自分の中に取り入れている女性のポイントを ここでその背景と特徴をあわせてご紹介します。

  • 飽き性である
  • 感性が鋭い
  • 流行に自分を合わせる
  • どんなに最新のものでも着こなす
  • とはいっても失敗もある
  • まとめ

1. 飽き性である

飽き性である

毎日同じじゃつまらない、毎日平穏でいたくない、なにかハプニングが起きて欲しいなどの欲求を常にいだいています。

その欲求をまず簡単に満たしてくれるのが「ファッションの流行をとりいれること」 とっかかりはじめも早いが超スピード、1週間ぐらいでそのスタイルは飽きてしまいます。

だから自分が身に着けていた時期から一般的に浸透するまでのブランクがすごいのです。

だからといって「今頃あのスタイルをみんな着ているなんでダサいわ」なんで思わないのです。

そのときはもう次に乗り換えているので。

飽きたら何にも気にしないのです。

2. 感性が鋭い

感性が鋭い

無意識に天然のアンテナがビンビン立っています。

ちょっとした色や形の違いに反応してしまうのです。

そしてファッションの流行というものには必ず背景やストーリーがつきます。

それもしっかり理解したうえではまってしまうのです。

実はハイセンスの条件としてひとつはこの背景やストーリーを理解できる能力があることこれも業界ではあたりまえことです。

3. 流行に自分を合わせる

流行に自分を合わせる

普通は自分を基本に「これは合う」「これは合わない」をサイズ、色、デザインなどで洋服を決めていくものですよね。

日本では「流行服は敬遠される」風潮があります。

それは日本人はその体型に合わせた直線的な和服で長い歴史を過ごして着ており素晴らしい文化を築き上げたこと、これが要因にあることは間違いないです。

また素晴らしい着物の特徴としては自分に合わせて調整が出来ること、このような素晴らしい機能もあります。

だから日本人はその観点で洋服を自分に合わせようとします。

よって洋服を選ぶ選択肢が激減するのです。

よく思い出してみると洋服の起源は古くはヨーロッパ中世のドレスなど、あれはコルセットを極限まで締め上げて服のためにウィッグを変えたり ドレスに合わせて自分をそこまで持っていっていますね。

和服と洋服の着方は根本的に違うのです。

話はそれましたが流行のファッションを自分のものにしている女性は服に自分を合わせていくのです。

服のもつストーリーやテイスト、またクオリティの高いものならば自分のクオリティも上げていく。

そんなしなやかな心の持ち主でもあります。

まれにですが、流行であるならばサイズが違っていてもそのサイズに合わせていきます。

大きくても小さくても。

着用の考えが根本的に違うので苦痛ではないのです。

4. どんなに最新のものでも着こなす

どんなに最新のものでも着こなす

去年は長い丈だったんだけれども、今年は短くなっている。

去年は細いシルエットだったんだけれども、今年はルーズなシルエットになっている。

毎年毎シーズン、流行というものは極端に変動します。

真逆のディテールになることの方が多いのです。

このタイプの女性は「今着ているスタイルが安心」なんて一言も言いません。

そう思った時点でファッショニスタとしては命取りなのです。

基本的に自分の体型を網羅しておりバランスのとり方などしっかりと把握しています。

でもバランスをとるだけだったら素人はいつもと同じになってしまいがち。

彼女の場合はそのトレンドの意味をきっちり理解した上で着用しそれを損なうスタイリングはタブーとし スタイルが良かろうが悪かろうがそのへんもどうにかうまくカバーして仕上げます。

そうです。

天才レベルなのです。

だから流行を「自分のものにしている」「取り入れている」「着こなしている」憧れの存在になるのです。

5. とはいっても失敗もある

とはいっても失敗もある

初めて着るものの形や色、これにはどんなに頑張ったとしても外出してから「失敗した」と思うことはつきものです。

しかしそこで初めて不足がわかります。

こんな色の服を着たらアイシャドーやリップの色はこうだ、ボタンはここまであけたほうがよさそうだ、縦に一本スカーフかネックレスかでラインを入れたほうが良さそうだ、など次につながることがでてきます。

また同時に他人の反応も見ています。

上品に着こなせているのか、だらしなく見えていないか、この新しい服にどれくらいの人が興味をもっているのか、など。

そういった無意識潜在データーをもとにスタイリングに改善を重ね、日に日にかっこよく着こなしていくのです。

そのための失敗や恥ずかしい思いも恐れません。

まとめ

まとめ

流行の服を身に着けているあなたの周りの女性へのイメージってどうでしたか? 表面的だとかっこよすぎてとっつきにくい、プライドが高いなどそういう声も聞こえてきそうです。

でも実態は違っていて流行を自分のものにしている=新しいものを自分の身をもって取り入れることができるということはまず性格が非常に素直であること、 女性としてしなやかであること、料理や人間関係と一緒でバランス力に長けているということ。

女性としてただ年をとるだけではない成長への意欲がある飽き性なこんな素敵な女性、あなたの周りにはいませんか。

世の中には様々なカテゴリーの中で「流行」というものがありその中でも 主に「ファッション」という自己実現や個人の個性の表現である文化での流行をしっかりと自分の中に取り入れている女性のポイントを ここでその背景と特徴をあわせてご紹介します。


飽き性である

毎日同じじゃつまらない、毎日平穏でいたくない、なにかハプニングが起きて欲しいなどの欲求を常にいだいています。

その欲求をまず簡単に満たしてくれるのが「ファッションの流行をとりいれること」 とっかかりはじめも早いが超スピード、1週間ぐらいでそのスタイルは飽きてしまいます。

だから自分が身に着けていた時期から一般的に浸透するまでのブランクがすごいのです。

だからといって「今頃あのスタイルをみんな着ているなんでダサいわ」なんで思わないのです。

そのときはもう次に乗り換えているので。

飽きたら何にも気にしないのです。

感性が鋭い

無意識に天然のアンテナがビンビン立っています。

ちょっとした色や形の違いに反応してしまうのです。

そしてファッションの流行というものには必ず背景やストーリーがつきます。

それもしっかり理解したうえではまってしまうのです。

実はハイセンスの条件としてひとつはこの背景やストーリーを理解できる能力があることこれも業界ではあたりまえことです。

流行に自分を合わせる

普通は自分を基本に「これは合う」「これは合わない」をサイズ、色、デザインなどで洋服を決めていくものですよね。

日本では「流行服は敬遠される」風潮があります。

それは日本人はその体型に合わせた直線的な和服で長い歴史を過ごして着ており素晴らしい文化を築き上げたこと、これが要因にあることは間違いないです。

また素晴らしい着物の特徴としては自分に合わせて調整が出来ること、このような素晴らしい機能もあります。

だから日本人はその観点で洋服を自分に合わせようとします。

よって洋服を選ぶ選択肢が激減するのです。

よく思い出してみると洋服の起源は古くはヨーロッパ中世のドレスなど、あれはコルセットを極限まで締め上げて服のためにウィッグを変えたり ドレスに合わせて自分をそこまで持っていっていますね。

和服と洋服の着方は根本的に違うのです。

話はそれましたが流行のファッションを自分のものにしている女性は服に自分を合わせていくのです。

服のもつストーリーやテイスト、またクオリティの高いものならば自分のクオリティも上げていく。

そんなしなやかな心の持ち主でもあります。

まれにですが、流行であるならばサイズが違っていてもそのサイズに合わせていきます。

大きくても小さくても。

着用の考えが根本的に違うので苦痛ではないのです。

どんなに最新のものでも着こなす

去年は長い丈だったんだけれども、今年は短くなっている。

去年は細いシルエットだったんだけれども、今年はルーズなシルエットになっている。

毎年毎シーズン、流行というものは極端に変動します。

真逆のディテールになることの方が多いのです。

このタイプの女性は「今着ているスタイルが安心」なんて一言も言いません。

そう思った時点でファッショニスタとしては命取りなのです。

基本的に自分の体型を網羅しておりバランスのとり方などしっかりと把握しています。

でもバランスをとるだけだったら素人はいつもと同じになってしまいがち。

彼女の場合はそのトレンドの意味をきっちり理解した上で着用しそれを損なうスタイリングはタブーとし スタイルが良かろうが悪かろうがそのへんもどうにかうまくカバーして仕上げます。

そうです。

天才レベルなのです。

だから流行を「自分のものにしている」「取り入れている」「着こなしている」憧れの存在になるのです。

とはいっても失敗もある

初めて着るものの形や色、これにはどんなに頑張ったとしても外出してから「失敗した」と思うことはつきものです。

しかしそこで初めて不足がわかります。

こんな色の服を着たらアイシャドーやリップの色はこうだ、ボタンはここまであけたほうがよさそうだ、縦に一本スカーフかネックレスかでラインを入れたほうが良さそうだ、など次につながることがでてきます。

また同時に他人の反応も見ています。

上品に着こなせているのか、だらしなく見えていないか、この新しい服にどれくらいの人が興味をもっているのか、など。

そういった無意識潜在データーをもとにスタイリングに改善を重ね、日に日にかっこよく着こなしていくのです。

そのための失敗や恥ずかしい思いも恐れません。

まとめ

流行の服を身に着けているあなたの周りの女性へのイメージってどうでしたか? 表面的だとかっこよすぎてとっつきにくい、プライドが高いなどそういう声も聞こえてきそうです。

でも実態は違っていて流行を自分のものにしている=新しいものを自分の身をもって取り入れることができるということはまず性格が非常に素直であること、 女性としてしなやかであること、料理や人間関係と一緒でバランス力に長けているということ。

女性としてただ年をとるだけではない成長への意欲がある飽き性なこんな素敵な女性、あなたの周りにはいませんか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-