【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171127092242.html
自分に自信のない女性の特徴

自分に自信のない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分に自信のない女性の特徴

自分に自信が無いと言うのはそれだけで生きる上で大きな損をしてしまいます。

今回は自信が持てない人の女性の特徴を書かせて頂きます。

  • 成功よりも失敗した事の方が多い
  • やる前から諦めてしまっている
  • 怒られすぎた経験がある
  • 自分を主張する事ができない
  • 外見で自信を無くしてしまう
  • 内面から自信を無くしてしまう
  • プライドが傷つくのが怖い
  • 失敗を忘れる事ができない
  • まとめ

1. 成功よりも失敗した事の方が多い

成功よりも失敗した事の方が多い

自信が持てない人の多くに何事も成功をした回数よりも失敗した回数の方が多いと言うのがポイントとなります。

人は一つの事を成し遂げる事によって+1の自信が得られる事があり、逆に一度挫折を味わってしまうと-1となってしまいます。

その両面を置き換え今まで生きてきたステータスの中で-の方が圧倒的に多かった女性は何事もマイナス思考に考えてしまうため全てに関して自信を無くしてしまいます。

受験戦争で生き残る事ができなかったり、就職面接にも落ちてしまったり色々な事を経験する事がありますが、必ずしも希望通りの人生を歩んでいる人はほとんどいません。

成功するのが全てではありません。

失敗した事があるからこそ学べる機会は多いものです。

2. やる前から諦めてしまっている

やる前から諦めてしまっている

何度も同じような事で失敗を繰り返すと、序盤のやる気さえ失ってしまいます。

チャレンジする事さえも躊躇してしまうようになってしまったパターンです。

アルバイトをしたいのだけれど、面接で落とされてしまったりそれが1回や2回ならまだしも3回を超えてくると受けるのすらイヤになってきます。

そうなると、「落ちてしまうからもう受けたくない」と言う気持ちの方が全面的に出てしまいます。

そんな状況では自信を持てと言われてもその人自信にも強いトラウマとなり、自信を無くしてしまいます。

始めから諦めている人で成功した人間は1人もいません。

できる事を探し、自信を少しづつつけていきましょう。

3. 怒られすぎた経験がある

怒られすぎた経験がある

人に怒られる事によって、大きく自信を無くしてしまうこともあります。

職場の人や家族なら切り替えは比較的早いんですが、友人や彼氏から怒られるのでは話が全く別物と言う根点となります。

人を怒らせたくないからと言う理由で自分の発言に自信を無くしてしまったり、怒られる事を怖がり怒られるような行動を避けて自信を無くしてしまうケースも多いです。

怒られる事によって成長はするものですが、それがひどい怒られ方であった場合はひどいトラウマとなりそこで成長は止まってしまいます。

怒られるような行動を少しでも避け自分の成長に磨きをかけていきましょう。

4. 自分を主張する事ができない

自分を主張する事ができない

あまり人に話しづらいことを友人に話してしまったら、ドン引きされた経験があるなどこちらもトラウマに関わる事です。

自己主張と言うのはその人の人物像を表す大切な要素の一つなのですが、自己主張をした事によってトラウマがあると発言にすら自信を無くす事となり、結果的に人と話す事に恐怖心を覚えてしまいます。

自信と言うのはメンタルから来る思考回路の一つであり、自分の発言に自信をつけたいと考えている人はネットの人や家族と周りの人と接点が無い人に自分の事を吐き出していきましょう。

笑顔で迎えてくれる事もあります。

5. 外見で自信を無くしてしまう

外見で自信を無くしてしまう

自分の外見に自信が無く、学校や職場でも綺麗な女性はいつでも話しかけられている存在を見て自分と比較してしまうパターンです。

そのような事を環境が変わるたびに見ていると、当然自信は無くしていきます。

顔や体にコンプレックスがあるのもこれと同様で一部の部分を気にするあまり前へ進む事ができず、大きな自信を失ってしまいます。

人間は個性の固まりです。

コンプレックスがあるなら何か他の部分で自分の強みをアピールしていきましょう。

6. 内面から自信を無くしてしまう

内面から自信を無くしてしまう

自分の性格に問題があると決め付けてしまい、人と関わっていく事から自信を無くしてしまう事があります。

自分の性格の部分で友人から強い指摘を受け気をつけてはいても自分をコントロールしきれずに結果、身動きが取れなくなってしまいます。

内面から自信を無くしてしまう美容などにも興味を失い心の核から様々な場所に転移していきます。

メンタルからの自信を無くしてしまった場合、復旧にはかなりの時間が経ちますが治らないわけではありません。

決して治療などで治るものではないので日々のモチベーションを高めていきましょう。

7. プライドが傷つくのが怖い

プライドが傷つくのが怖い

プライドは高いにしろ、低いにしろ誰にでも持っているものであり一度傷ついてしまうと次の行動が臆病となってしまいます。

特にプライドの高い人は負ける事が嫌いで曖昧な行動をする行為すら自分の中では許されない事となります。

プライドとはその人自信を現している象徴なので高い人は自信の無い物に触れる事を避ける事をオススメします。

逆にプライドが低い人は少しでも高いプライドの人を見習い意識していきましょう。

プライドと自信の関係性はかなり高いです。

8. 失敗を忘れる事ができない

失敗を忘れる事ができない

いつまでも失敗の事を忘れられずに悩んでいるタイプの人がいます。

何も気にせずより気にした人の方がより謙虚な気持ちで生きていますが、忘れようと思えば思うほど簡単な物ではありません。

忘れる事を考えるのではなく、「あの状況でまだ良かった」などと過去の履歴をポジティブに考える事で気持ちは楽になります。

悔やんでいる時間は決して無意味ではなく、次の自信に繋げる大きなチャンスです。

忘れる意識を持つのではなく、与えられた試練だと考えてみましょう。

まとめ

ここでも説明させて頂きましたが、自信と言うのは一度壊れるとその復旧は容易な事ではありません。

得に女性の場合、過去のできごとを深く引きずる人も多いので焦る事なく、ハードルの低い部分から成功を成し遂げ進んでいきましょう。

自分に自信が無いと言うのはそれだけで生きる上で大きな損をしてしまいます。

今回は自信が持てない人の女性の特徴を書かせて頂きます。


成功よりも失敗した事の方が多い

自信が持てない人の多くに何事も成功をした回数よりも失敗した回数の方が多いと言うのがポイントとなります。

人は一つの事を成し遂げる事によって+1の自信が得られる事があり、逆に一度挫折を味わってしまうと-1となってしまいます。

その両面を置き換え今まで生きてきたステータスの中で-の方が圧倒的に多かった女性は何事もマイナス思考に考えてしまうため全てに関して自信を無くしてしまいます。

受験戦争で生き残る事ができなかったり、就職面接にも落ちてしまったり色々な事を経験する事がありますが、必ずしも希望通りの人生を歩んでいる人はほとんどいません。

成功するのが全てではありません。

失敗した事があるからこそ学べる機会は多いものです。

やる前から諦めてしまっている

何度も同じような事で失敗を繰り返すと、序盤のやる気さえ失ってしまいます。

チャレンジする事さえも躊躇してしまうようになってしまったパターンです。

アルバイトをしたいのだけれど、面接で落とされてしまったりそれが1回や2回ならまだしも3回を超えてくると受けるのすらイヤになってきます。

そうなると、「落ちてしまうからもう受けたくない」と言う気持ちの方が全面的に出てしまいます。

そんな状況では自信を持てと言われてもその人自信にも強いトラウマとなり、自信を無くしてしまいます。

始めから諦めている人で成功した人間は1人もいません。

できる事を探し、自信を少しづつつけていきましょう。

怒られすぎた経験がある

人に怒られる事によって、大きく自信を無くしてしまうこともあります。

職場の人や家族なら切り替えは比較的早いんですが、友人や彼氏から怒られるのでは話が全く別物と言う根点となります。

人を怒らせたくないからと言う理由で自分の発言に自信を無くしてしまったり、怒られる事を怖がり怒られるような行動を避けて自信を無くしてしまうケースも多いです。

怒られる事によって成長はするものですが、それがひどい怒られ方であった場合はひどいトラウマとなりそこで成長は止まってしまいます。

怒られるような行動を少しでも避け自分の成長に磨きをかけていきましょう。

自分を主張する事ができない

あまり人に話しづらいことを友人に話してしまったら、ドン引きされた経験があるなどこちらもトラウマに関わる事です。

自己主張と言うのはその人の人物像を表す大切な要素の一つなのですが、自己主張をした事によってトラウマがあると発言にすら自信を無くす事となり、結果的に人と話す事に恐怖心を覚えてしまいます。

自信と言うのはメンタルから来る思考回路の一つであり、自分の発言に自信をつけたいと考えている人はネットの人や家族と周りの人と接点が無い人に自分の事を吐き出していきましょう。

笑顔で迎えてくれる事もあります。

外見で自信を無くしてしまう

自分の外見に自信が無く、学校や職場でも綺麗な女性はいつでも話しかけられている存在を見て自分と比較してしまうパターンです。

そのような事を環境が変わるたびに見ていると、当然自信は無くしていきます。

顔や体にコンプレックスがあるのもこれと同様で一部の部分を気にするあまり前へ進む事ができず、大きな自信を失ってしまいます。

人間は個性の固まりです。

コンプレックスがあるなら何か他の部分で自分の強みをアピールしていきましょう。

内面から自信を無くしてしまう

自分の性格に問題があると決め付けてしまい、人と関わっていく事から自信を無くしてしまう事があります。

自分の性格の部分で友人から強い指摘を受け気をつけてはいても自分をコントロールしきれずに結果、身動きが取れなくなってしまいます。

内面から自信を無くしてしまう美容などにも興味を失い心の核から様々な場所に転移していきます。

メンタルからの自信を無くしてしまった場合、復旧にはかなりの時間が経ちますが治らないわけではありません。

決して治療などで治るものではないので日々のモチベーションを高めていきましょう。

プライドが傷つくのが怖い

プライドは高いにしろ、低いにしろ誰にでも持っているものであり一度傷ついてしまうと次の行動が臆病となってしまいます。

特にプライドの高い人は負ける事が嫌いで曖昧な行動をする行為すら自分の中では許されない事となります。

プライドとはその人自信を現している象徴なので高い人は自信の無い物に触れる事を避ける事をオススメします。

逆にプライドが低い人は少しでも高いプライドの人を見習い意識していきましょう。

プライドと自信の関係性はかなり高いです。

失敗を忘れる事ができない

いつまでも失敗の事を忘れられずに悩んでいるタイプの人がいます。

何も気にせずより気にした人の方がより謙虚な気持ちで生きていますが、忘れようと思えば思うほど簡単な物ではありません。

忘れる事を考えるのではなく、「あの状況でまだ良かった」などと過去の履歴をポジティブに考える事で気持ちは楽になります。

悔やんでいる時間は決して無意味ではなく、次の自信に繋げる大きなチャンスです。

忘れる意識を持つのではなく、与えられた試練だと考えてみましょう。

ここでも説明させて頂きましたが、自信と言うのは一度壊れるとその復旧は容易な事ではありません。

得に女性の場合、過去のできごとを深く引きずる人も多いので焦る事なく、ハードルの低い部分から成功を成し遂げ進んでいきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-