【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171126174753.html
山ガールコーデの特徴

山ガールコーデの特徴 | LADYCO

LADYCO
山ガールコーデの特徴

快適で実用的で、なにより可愛い!登山やキャンプ地で褒められる、オシャレな山ガールコーデをご紹介します。

  • 挿し色に好みの女性らしい色を選ぶ
  • 上手く柄物を取り入れる
  • スカートの下にはショートパンツをはいておく
  • 可愛くて実用的な帽子は必需品
  • 山ガールは下着にもこだわる
  • 用途に合わせた靴下を選ぶ
  • 小物に凝る
  • 目的にあった靴の中からデザインを選ぶ
  • まとめ

1. 挿し色に好みの女性らしい色を選ぶ

挿し色に好みの女性らしい色を選ぶ

登山用品の専門店等で販売されている山ガールコーデは、どれもカラフルでオシャレで、複数の独特な色使いが魅力です。

そんな中、これから山ガールアイテムを揃えていく予定の方は、まず、基本となる好みの「挿し色」を決めるのをオススメします。

特に、年間通して使いまわすことが多い、帽子やバックパック、シューズ(や靴紐)、雨具やストックといった、一連のアウトドアアイテムの使用色が一致していると、トータルでコーディネイトされている印象が高まり、山ガールコーデの完成度がぐんとアップします。

2. 上手く柄物を取り入れる

上手く柄物を取り入れる

隠れた部分にオシャレな模様が入っていると、山ガールコーデらしい、お洒落な印象がアップします。

幾何学模様入りのTシャツやインナー、可愛いデザインが入ったタイツ、編み込み模様が入った靴下等を取り入れてみましょう。

ジャケットや靴を脱いだ時に、チラッと見える模様は、細かい部分にまで気を配っている女の子、という好印象につながります。

3. スカートの下にはショートパンツをはいておく

スカートの下にはショートパンツをはいておく

山ガールコーデはカラフルキュートな可愛さが大切ですが、その一方、登山やキャンプ時の様々な動作についてよく知り、それらを想定したファッションをすることが大切です。

爽やかな気候の登山には、スカートとタイツという組合せも人気がありますが、坂道や段差などでは、後ろや下方からの視線が気になります。

そんなシチュエーションに対応するのが、ショートパンツです。

スカートの下にショートパンツをはいておけば、スカートの中を覗かれる心配がなくなり、動きも軽快になります。

同様の対策としてキュロットもオススメです。

4. 可愛くて実用的な帽子は必需品

可愛くて実用的な帽子は必需品

山ガールコーデはおしゃれで可愛いといった「外見」が大切ですが、それと同じぐらい、登山やキャンプ地の「天候や環境に合っている」ことが重要です。

夏の暑い時は日差しを遮り、冬の寒い時は寒さや風をしのげるため、帽子はとても重要なアイテムです。

見た目の可愛さも大切ですが、頭とのサイズが合っていること、風に吹き飛ばない工夫(ひもやピンチが付いている)、防水・撥水など、実用性も考えて選びましょう。

5. 山ガールは下着にもこだわる

山ガールは下着にもこだわる

デキる山ガールと思われるためには、外見だけでなく内側も大切です。

登山やトレッキングには用途に合わせて下着も販売されています。

長時間山道を歩くと、夏だけでなく冬も汗をかくのですが、冬は下着が吸った汗が冷たくなり、身体の冷えを誘います。

この不快さを解消するのが、ウールや新素材でできている登山用下着です。

また、寒い時期の登山は、金属部分が冷えるため、ワイヤー入りブラではなく、スポーツブラ等を利用する山ガールも多いです。

有名アウトドアブランドからは、こうした点に配慮されたブラやショーツ等も販売しています。

6. 用途に合わせた靴下を選ぶ

用途に合わせた靴下を選ぶ

山ガールコーデは外見やデザインの組合せに気を取られがちですが、実は登山やキャンプ、野外フェス等、目的にあっていることも重要です。

そんな中、意外と見落としがちな重要アイテムが、靴下です。

登山の場合は特に、登山用の靴下を用意しましょう。

快適さがぐんとアップし、より登山を楽しむ事ができます。

登山用の靴下は一般の靴下より高価ですが、ムレにくく、肌触りがよく、靴擦れもしにくく、快適な登山のためには必須といえます。

7. 小物に凝る

小物に凝る

アームカバー、レッグウォーマー、グローブ、レイングッズ等、普段は使わないけれど登山やキャンプには必需品というアイテムがあります。

おしゃれな山ガールコーデの特徴として、これらのトータルコーディネイト感が大切です。

ブランドを統一したり、色の組合せを3色以内に抑える等の工夫をしましょう。

また余力があれば、山ガールコーデのファッションとは別に、ウエットシート、コップ、手ぬぐい等、ザックに入れておく小物達にも気を配りましょう。

8. 目的にあった靴の中からデザインを選ぶ

目的にあった靴の中からデザインを選ぶ

ハイキング程度であればタウン用のスニーカーを使うこともできますが、本格的な登山を目指しているなら登山靴も用意しましょう。

登山靴は用途に合わせて様々な種類があり、足首を保護するハイカットやミッドカット、岩場向きの厚めソールもの、トレッキングやハイキング向きのもの等があります。

最初から全てを揃える必要はありませんが、友達やお店の人に相談して、実際に専用靴を試しばきして、自分好みのデザインの靴を選びましょう。

まとめ

山ガールコーデはとかくそのルックスのみに注目が集まりますが、実は目的地の環境や急な天気の変化に対応できる実用性も極めて重要です。

見た目と性能の2点を重視しつつコーディネイトを考えるため、難易度は高めですが、好みのファッションが決まれば、登山やトレッキングに行く楽しみは2倍、3倍に膨らみます。

ぜひ、ご自身に似合う山ガールコーデを見つけて、アウトドアライフを楽しんでみて下さい。

快適で実用的で、なにより可愛い!登山やキャンプ地で褒められる、オシャレな山ガールコーデをご紹介します。


挿し色に好みの女性らしい色を選ぶ

登山用品の専門店等で販売されている山ガールコーデは、どれもカラフルでオシャレで、複数の独特な色使いが魅力です。

そんな中、これから山ガールアイテムを揃えていく予定の方は、まず、基本となる好みの「挿し色」を決めるのをオススメします。

特に、年間通して使いまわすことが多い、帽子やバックパック、シューズ(や靴紐)、雨具やストックといった、一連のアウトドアアイテムの使用色が一致していると、トータルでコーディネイトされている印象が高まり、山ガールコーデの完成度がぐんとアップします。

上手く柄物を取り入れる

隠れた部分にオシャレな模様が入っていると、山ガールコーデらしい、お洒落な印象がアップします。

幾何学模様入りのTシャツやインナー、可愛いデザインが入ったタイツ、編み込み模様が入った靴下等を取り入れてみましょう。

ジャケットや靴を脱いだ時に、チラッと見える模様は、細かい部分にまで気を配っている女の子、という好印象につながります。

スカートの下にはショートパンツをはいておく

山ガールコーデはカラフルキュートな可愛さが大切ですが、その一方、登山やキャンプ時の様々な動作についてよく知り、それらを想定したファッションをすることが大切です。

爽やかな気候の登山には、スカートとタイツという組合せも人気がありますが、坂道や段差などでは、後ろや下方からの視線が気になります。

そんなシチュエーションに対応するのが、ショートパンツです。

スカートの下にショートパンツをはいておけば、スカートの中を覗かれる心配がなくなり、動きも軽快になります。

同様の対策としてキュロットもオススメです。

可愛くて実用的な帽子は必需品

山ガールコーデはおしゃれで可愛いといった「外見」が大切ですが、それと同じぐらい、登山やキャンプ地の「天候や環境に合っている」ことが重要です。

夏の暑い時は日差しを遮り、冬の寒い時は寒さや風をしのげるため、帽子はとても重要なアイテムです。

見た目の可愛さも大切ですが、頭とのサイズが合っていること、風に吹き飛ばない工夫(ひもやピンチが付いている)、防水・撥水など、実用性も考えて選びましょう。

山ガールは下着にもこだわる

デキる山ガールと思われるためには、外見だけでなく内側も大切です。

登山やトレッキングには用途に合わせて下着も販売されています。

長時間山道を歩くと、夏だけでなく冬も汗をかくのですが、冬は下着が吸った汗が冷たくなり、身体の冷えを誘います。

この不快さを解消するのが、ウールや新素材でできている登山用下着です。

また、寒い時期の登山は、金属部分が冷えるため、ワイヤー入りブラではなく、スポーツブラ等を利用する山ガールも多いです。

有名アウトドアブランドからは、こうした点に配慮されたブラやショーツ等も販売しています。

用途に合わせた靴下を選ぶ

山ガールコーデは外見やデザインの組合せに気を取られがちですが、実は登山やキャンプ、野外フェス等、目的にあっていることも重要です。

そんな中、意外と見落としがちな重要アイテムが、靴下です。

登山の場合は特に、登山用の靴下を用意しましょう。

快適さがぐんとアップし、より登山を楽しむ事ができます。

登山用の靴下は一般の靴下より高価ですが、ムレにくく、肌触りがよく、靴擦れもしにくく、快適な登山のためには必須といえます。

小物に凝る

アームカバー、レッグウォーマー、グローブ、レイングッズ等、普段は使わないけれど登山やキャンプには必需品というアイテムがあります。

おしゃれな山ガールコーデの特徴として、これらのトータルコーディネイト感が大切です。

ブランドを統一したり、色の組合せを3色以内に抑える等の工夫をしましょう。

また余力があれば、山ガールコーデのファッションとは別に、ウエットシート、コップ、手ぬぐい等、ザックに入れておく小物達にも気を配りましょう。

目的にあった靴の中からデザインを選ぶ

ハイキング程度であればタウン用のスニーカーを使うこともできますが、本格的な登山を目指しているなら登山靴も用意しましょう。

登山靴は用途に合わせて様々な種類があり、足首を保護するハイカットやミッドカット、岩場向きの厚めソールもの、トレッキングやハイキング向きのもの等があります。

最初から全てを揃える必要はありませんが、友達やお店の人に相談して、実際に専用靴を試しばきして、自分好みのデザインの靴を選びましょう。

山ガールコーデはとかくそのルックスのみに注目が集まりますが、実は目的地の環境や急な天気の変化に対応できる実用性も極めて重要です。

見た目と性能の2点を重視しつつコーディネイトを考えるため、難易度は高めですが、好みのファッションが決まれば、登山やトレッキングに行く楽しみは2倍、3倍に膨らみます。

ぜひ、ご自身に似合う山ガールコーデを見つけて、アウトドアライフを楽しんでみて下さい。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-