【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171126140425.html
自分が大好きな女性の特徴

自分が大好きな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分が大好きな女性の特徴

人間には誰にでも自己愛がありますが、自己愛が強く「自分が大好き」という人も少なくありません。

ここでは、自分が大好きな女性に注目し、どんな特徴を持っているのか見ていくことにしましょう。

  • 自分のことばかり話す
  • 自分のことを好きになってくれる人しか好きにならない
  • 自分は人から正しく評価されていないと思う
  • 人と違う自分が好き
  • ダメな自分がかわいい
  • ミスをした時には自己弁護をする
  • まとめ

1. 自分のことばかり話す

自分のことばかり話す

自分が大好きな女性は、自分に強い興味を持っていますから、その話の内容はどうしても自分のことになりがちです。

自分はどういう人間か、どんな魅力があるのかを人にアピールしようとします。

また、日常的に自分が経験したことを人に知ってもらおうとするため、「こんなことがあった、あんなことを経験した」と言うように、自分の日記の内容を人に報告するような話をすることが多くなります。

逆に、人が自分の話をしていても、ほとんど関心を持ちません。

いちおう聞いているようにはふるまい、適当に相づちは打ちますが、その内容はあまり耳に入っていないと考えたほうがいいでしょう。

自分のことばかり話そうとし、人が自分のことを話しているときは話を聞き流してしまうというのが、自分が大好きな女性の特徴なのです。

2. 自分のことを好きになってくれる人しか好きにならない

自分のことを好きになってくれる人しか好きにならない

自分が大好きな人は、片思いに胸を焦がすということがあまりありません。

たとえば、ある男性に一目ぼれしたとしましょう。

自分が大好きな女性は自分が傷つくことを恐れますから、いきなり告白するということはしません。

慎重にアプローチして、相手が脈ありかどうかを確かめます。

そして、「どうも脈はなさそうだ」と感じると、かんたんにあきらめることができるのです。

それは、自分を好きになってくれそうもない男性には好意を感じなくなるためです。

自分が大好きな女性は、自分のことを好きになってくれる男性しか好きになれません。

大好きな自分のことを好きにならない男性は、それだけで恋愛の対象外になるのです。

3. 自分は人から正しく評価されていないと思う

自分は人から正しく評価されていないと思う

自分が大好きな人は、人から自分がどう評価されているかを気にします。

そして、「自分は人から正しく評価されていない」と感じることが少なくありません。

自己評価が高いというのが、自分が大好きな女性の共通点と言っていいでしょう。

これは、自分以外の人のことを考えてみると理解しやすいはずです。

「大好きな友達」に対する評価は、どうしても高くなるに違いありません。

大好きな人に対する評価が高くなるのが、人間心理と言うものです。

そのように、自己評価が高くなるために、「人は自分のことをそれほど高く評価してくれていない」という不満を持つようになるのです。

「自分は人から、もっと高い評価をされるべきだ」という不満を持っているのが、自分が大好きな女性の特徴ということになるでしょう。

4. 人と違う自分が好き

人と違う自分が好き

「人と違う自分」のことが好きというのも、自分が好きな女性の心理的特徴の一つです。

「みんなと同じ」ということを、自分が大好きな女性は快く思いません。

みんなと同じになると、みんなの中に自分が埋没してしまい、大好きな自分が目立たなくなってしまうからです。

ですから、たとえばファッションなども、流行を真似して人と同じようなスタイルにならないよう気を配り、個性的なファッションを選びます。

意見を言うときも、人と違う意見を言うように意識します。

みんなが「あり」という時には、あえて「なし」という意見を持ちます。

そのように人と違う言動をすることによって、大好きな自分を目立たせようとするためです。

そこには同時に、「人とは違う個性的な自分が好き」という心理が働いていると考えていいでしょう。

5. ダメな自分がかわいい

ダメな自分がかわいい

自分が大好きな女性も、人間ですから欠点や弱点はもっていますし、ミスをすることも当然あります。

そういう自分の短所を認識したり、ミスをしたりした時でも、自分が大好きな女性は、自己嫌悪に陥るということはありません。

自分のダメなところや、ミスをする自分のことも好きで、「そんなところがかわいい」という認識を持つのです。

たとえば、恋愛して、相手に夢中になったとしましょう。

そういうラブラブ状態の時には、相手の欠点すらよく見えてしまうものです。

冷静に考えれば、欠点でしかないようなところも、「そういうところが人間的で好き」と言うように思えてしまうのが恋愛心理にちがいありません。

自分が大好きな女性は、いわば自分に恋しているような心理状態なために、「ダメな自分がかわいい」と感じるわけです。

6. ミスをした時には自己弁護をする

ミスをした時には自己弁護をする

何かミスをして、人を怒らせてしまったような時には、必死に自己弁護しようとするのが、自分が大好きな女性の特徴といっていいでしょう。

大好きな自分がピンチに立たされているのですから、何とか自分を守ってあげたいという心理が働くのは自然です。

ですから、「いかに自分は悪くないか」を主張しようとします。

責任転嫁をしてしまうこともめずらしくありません。

自分を弁護して、自分を守ろうとするのが、自分が大好きな女性の特徴なのです。

まとめ

自己愛の大変強い、自分が大好きな女性にはどんな特徴があるのか、主に心理的な特徴を紹介してきました。

身近にいるナルシストの女性のことを知るための参考になさってください。

人間には誰にでも自己愛がありますが、自己愛が強く「自分が大好き」という人も少なくありません。

ここでは、自分が大好きな女性に注目し、どんな特徴を持っているのか見ていくことにしましょう。


自分のことばかり話す

自分が大好きな女性は、自分に強い興味を持っていますから、その話の内容はどうしても自分のことになりがちです。

自分はどういう人間か、どんな魅力があるのかを人にアピールしようとします。

また、日常的に自分が経験したことを人に知ってもらおうとするため、「こんなことがあった、あんなことを経験した」と言うように、自分の日記の内容を人に報告するような話をすることが多くなります。

逆に、人が自分の話をしていても、ほとんど関心を持ちません。

いちおう聞いているようにはふるまい、適当に相づちは打ちますが、その内容はあまり耳に入っていないと考えたほうがいいでしょう。

自分のことばかり話そうとし、人が自分のことを話しているときは話を聞き流してしまうというのが、自分が大好きな女性の特徴なのです。

自分のことを好きになってくれる人しか好きにならない

自分が大好きな人は、片思いに胸を焦がすということがあまりありません。

たとえば、ある男性に一目ぼれしたとしましょう。

自分が大好きな女性は自分が傷つくことを恐れますから、いきなり告白するということはしません。

慎重にアプローチして、相手が脈ありかどうかを確かめます。

そして、「どうも脈はなさそうだ」と感じると、かんたんにあきらめることができるのです。

それは、自分を好きになってくれそうもない男性には好意を感じなくなるためです。

自分が大好きな女性は、自分のことを好きになってくれる男性しか好きになれません。

大好きな自分のことを好きにならない男性は、それだけで恋愛の対象外になるのです。

自分は人から正しく評価されていないと思う

自分が大好きな人は、人から自分がどう評価されているかを気にします。

そして、「自分は人から正しく評価されていない」と感じることが少なくありません。

自己評価が高いというのが、自分が大好きな女性の共通点と言っていいでしょう。

これは、自分以外の人のことを考えてみると理解しやすいはずです。

「大好きな友達」に対する評価は、どうしても高くなるに違いありません。

大好きな人に対する評価が高くなるのが、人間心理と言うものです。

そのように、自己評価が高くなるために、「人は自分のことをそれほど高く評価してくれていない」という不満を持つようになるのです。

「自分は人から、もっと高い評価をされるべきだ」という不満を持っているのが、自分が大好きな女性の特徴ということになるでしょう。

人と違う自分が好き

「人と違う自分」のことが好きというのも、自分が好きな女性の心理的特徴の一つです。

「みんなと同じ」ということを、自分が大好きな女性は快く思いません。

みんなと同じになると、みんなの中に自分が埋没してしまい、大好きな自分が目立たなくなってしまうからです。

ですから、たとえばファッションなども、流行を真似して人と同じようなスタイルにならないよう気を配り、個性的なファッションを選びます。

意見を言うときも、人と違う意見を言うように意識します。

みんなが「あり」という時には、あえて「なし」という意見を持ちます。

そのように人と違う言動をすることによって、大好きな自分を目立たせようとするためです。

そこには同時に、「人とは違う個性的な自分が好き」という心理が働いていると考えていいでしょう。

ダメな自分がかわいい

自分が大好きな女性も、人間ですから欠点や弱点はもっていますし、ミスをすることも当然あります。

そういう自分の短所を認識したり、ミスをしたりした時でも、自分が大好きな女性は、自己嫌悪に陥るということはありません。

自分のダメなところや、ミスをする自分のことも好きで、「そんなところがかわいい」という認識を持つのです。

たとえば、恋愛して、相手に夢中になったとしましょう。

そういうラブラブ状態の時には、相手の欠点すらよく見えてしまうものです。

冷静に考えれば、欠点でしかないようなところも、「そういうところが人間的で好き」と言うように思えてしまうのが恋愛心理にちがいありません。

自分が大好きな女性は、いわば自分に恋しているような心理状態なために、「ダメな自分がかわいい」と感じるわけです。

ミスをした時には自己弁護をする

何かミスをして、人を怒らせてしまったような時には、必死に自己弁護しようとするのが、自分が大好きな女性の特徴といっていいでしょう。

大好きな自分がピンチに立たされているのですから、何とか自分を守ってあげたいという心理が働くのは自然です。

ですから、「いかに自分は悪くないか」を主張しようとします。

責任転嫁をしてしまうこともめずらしくありません。

自分を弁護して、自分を守ろうとするのが、自分が大好きな女性の特徴なのです。

自己愛の大変強い、自分が大好きな女性にはどんな特徴があるのか、主に心理的な特徴を紹介してきました。

身近にいるナルシストの女性のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-