【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171125132545.html
ロリータ女子の特徴

ロリータ女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
ロリータ女子の特徴

街を歩くと時々遭遇する、漫画から出てきたようなひらひらスカートの女子について、「彼女らは一体何なのか」不思議に思っては忘れる、ロリータ女子とはあなたにとってそんな存在かもしれません。

彼女らの実態を紹介します。

  • ロリータ女子の年齢層、時代背景
  • ロリータファッションの誕生と歴史
  • ロリータ女子のファッション
  • ロリータ女子の好きなもの
  • ロリータファッション女子の持ち物
  • ロリータファッション女子の行動範囲

1. ロリータ女子の年齢層、時代背景

ロリータ女子の年齢層、時代背景

現在、ロリータファッションを好む女子の年齢層は中学生〜20歳前後まで広く、「ロリータ」というジャンルが市民権を得ている現代においては、ひとつの「ファッションのジャンル」として多くの人に認識されています。

ロリータファッション愛好家である彼女らの中には、ロリータを一つのファッションとして軽やかに楽しみ、ある年齢に達すると、いわゆる「卒業」をする者と、ロリータを自らの「個性」「表現」として愛し、「卒業」をせず、成人後もロリータファッションを極める者に分かれます。

2. ロリータファッションの誕生と歴史

ロリータファッションの誕生と歴史

ロリータは1990年代前半ごろ発生し、今やファッションの聖地であるフランスのパリにもショップを展開するブランドもあります。

それらのブランドは主に90年代に立ち上げられ、90年代後半に少数派の女子に圧倒的人気を得、2000年代に入ると、海外進出するブランドが出てきました。

ロリータブームの背景には、ロリータファッションの好きな女子に人気があったヴィジュアル系ロックバンドの流行があり、90年代前半から後半にかけて、次々と名のあるロリータブランドが生まれました。

「ルーズソックス」「アムラー」「援助交際」などの「女子高生ブーム」とは対極の、フランスロココ時代に始まる豪華絢爛な時代・文化は、「究極の乙女の世界」として一部の少女らの心を掴み、それらを愛し、それらへの深い理解と知識を必要とする為、その閉鎖的で独特な世界観は他者には理解を得難く、また彼女らもそれを望んでおらず、刹那的、破壊的なまでに「純粋」な世界を追求する乙女たちがこの文化を支えました。

3. ロリータ女子のファッション

ロリータ女子のファッション

現在のロリータファッションと言えば、ピンク、淡いブルーを中心とした、ふわふわとしたレース、リボンのついた飴玉のようなファッションだと捉えられていることが多く、また、ハロウィンなどのお祭りでのコスチューム・プレイとして特別な「変装」としても認識されています。

ロリータ女子自身と社会の認識の差はここにもあり、ロリータファッションとは、もともと、別珍素材などの黒色の分厚い生地と高級レースを用いて丁寧に誂えられた豪華絢爛なフランス人形的衣装が基本です。

スカートは下着とパネルでしっかりとふくらみを持たせ、基本的には素肌を徒に露出せず、必ずタイツを着用し、たっぷりと生地とレースを使用したブラウスのボタンを首元まで留め、頭にはヘッドドレスで日常性を消し去り、いわゆる「色気」を排除した形が正当なるロリータファッションです。

正当なるロリータ女子は、大人になることに背を向け、永遠に守られた少女趣味の世界の中でピュアに生きていたい、純粋な思いを抱えています。

ロリータファッションの各ブランドでは、軽やかなデザインのものも多く発表されていますが、ロリータ女子は、それらは各ブランドが正当なるロリータファッションに敬意を払いつつ「今」という時代を反映させている為、それに対しては比較的理解を示しており、ロリータ女子それぞれの許容範囲でそれらを楽しんでいます。

ロリータファッションのカリスマ的ブランドには、Jane Marple、Innocent World、Angelic Pretty、BABY、THE STARS SHINE BRIGHT などが代表的です。

4. ロリータ女子の好きなもの

ロリータ女子の好きなもの

映画「下妻物語」の原作者で作家の嶽本野ばら氏の作品は、ロリータ女子のバイブルとして愛されています。

ロリータ女子の心理を深く理解し、作品に投影した嶽本氏は、ロリータファッション・文化の時代を牽引した重要人物として、ロリータ女子に知られ、尊敬されています。

映画「下妻物語」は、BABY, THE STARS SHINE BRIGHTの衣装を愛する主人公を女優・深田恭子が演じました。

ロリータ女子の青春がきらきらと描かれている名作です。

正当なるロリータ乙女は、クラシック室内楽、交響楽に造詣が深く、絵画、芸術作品を好みます。

90年代ヴィジュアル系ロックバンドの打ち出した破滅的世界観に、世紀末美術との共通点を見出した乙女が多く存在していたのは事実で、現在もそういった乙女もいます。

ネオ・ロリータ時代である現在では、ポップな音楽を好むロリータ乙女も多く、音楽の趣味は時代と共に幅広くなっています。

海外のロリータファンに特徴的な点は、現代のアートともいえるアニメファンが多く、ポップカルチャーの聖地として日本を観ている海外のロリータと数世紀前のフランスに憧れの源泉を持つ日本のロリータ乙女との差は否定できない点があります。

5. ロリータファッション女子の持ち物

ロリータファッション女子の持ち物

豪華絢爛な装飾の手鏡やの乙女家具などはロリータ乙女の部屋に必ずあります。

色合いはヴェルサイユ宮殿の豪華絢爛な内装は憧れの的であり、また、プチ・トリアノンの、淡い水色や白を基調とした、かわいらしい内装もロリータ乙女の心を掴んで話しません。

また、サンリオやスイマーなどの乙女趣味の雑貨はいつの時代もロリータ乙女の必須アイテムです。

このように、時に「幼い」「気味が悪い」「大人になれない」と思われても、それが彼女らの望むところ、他者、特に男性によって侵されることのない少女趣味を徹底的に守りたいのがロリータ女子の特徴です。

6. ロリータファッション女子の行動範囲

ロリータファッション女子の行動範囲は、各ブランドショップ、ブランドが開催する「茶会」、美術館、サンリオショップ、乙女向けカフェ、アーティストのコンサート・ライブの会場となります。

正当なるロリータ女子は、基本的に男女交際に慎重であり、高額な衣装を手に入れる為、ノーメイクでアルバイトに勤しんでいることが多いので、外出時以外は非常に勤勉で地味な生活をしていることが多いと言えます。

街を歩くと時々遭遇する、漫画から出てきたようなひらひらスカートの女子について、「彼女らは一体何なのか」不思議に思っては忘れる、ロリータ女子とはあなたにとってそんな存在かもしれません。

彼女らの実態を紹介します。


ロリータ女子の年齢層、時代背景

現在、ロリータファッションを好む女子の年齢層は中学生〜20歳前後まで広く、「ロリータ」というジャンルが市民権を得ている現代においては、ひとつの「ファッションのジャンル」として多くの人に認識されています。

ロリータファッション愛好家である彼女らの中には、ロリータを一つのファッションとして軽やかに楽しみ、ある年齢に達すると、いわゆる「卒業」をする者と、ロリータを自らの「個性」「表現」として愛し、「卒業」をせず、成人後もロリータファッションを極める者に分かれます。

ロリータファッションの誕生と歴史

ロリータは1990年代前半ごろ発生し、今やファッションの聖地であるフランスのパリにもショップを展開するブランドもあります。

それらのブランドは主に90年代に立ち上げられ、90年代後半に少数派の女子に圧倒的人気を得、2000年代に入ると、海外進出するブランドが出てきました。

ロリータブームの背景には、ロリータファッションの好きな女子に人気があったヴィジュアル系ロックバンドの流行があり、90年代前半から後半にかけて、次々と名のあるロリータブランドが生まれました。

「ルーズソックス」「アムラー」「援助交際」などの「女子高生ブーム」とは対極の、フランスロココ時代に始まる豪華絢爛な時代・文化は、「究極の乙女の世界」として一部の少女らの心を掴み、それらを愛し、それらへの深い理解と知識を必要とする為、その閉鎖的で独特な世界観は他者には理解を得難く、また彼女らもそれを望んでおらず、刹那的、破壊的なまでに「純粋」な世界を追求する乙女たちがこの文化を支えました。

ロリータ女子のファッション

現在のロリータファッションと言えば、ピンク、淡いブルーを中心とした、ふわふわとしたレース、リボンのついた飴玉のようなファッションだと捉えられていることが多く、また、ハロウィンなどのお祭りでのコスチューム・プレイとして特別な「変装」としても認識されています。

ロリータ女子自身と社会の認識の差はここにもあり、ロリータファッションとは、もともと、別珍素材などの黒色の分厚い生地と高級レースを用いて丁寧に誂えられた豪華絢爛なフランス人形的衣装が基本です。

スカートは下着とパネルでしっかりとふくらみを持たせ、基本的には素肌を徒に露出せず、必ずタイツを着用し、たっぷりと生地とレースを使用したブラウスのボタンを首元まで留め、頭にはヘッドドレスで日常性を消し去り、いわゆる「色気」を排除した形が正当なるロリータファッションです。

正当なるロリータ女子は、大人になることに背を向け、永遠に守られた少女趣味の世界の中でピュアに生きていたい、純粋な思いを抱えています。

ロリータファッションの各ブランドでは、軽やかなデザインのものも多く発表されていますが、ロリータ女子は、それらは各ブランドが正当なるロリータファッションに敬意を払いつつ「今」という時代を反映させている為、それに対しては比較的理解を示しており、ロリータ女子それぞれの許容範囲でそれらを楽しんでいます。

ロリータファッションのカリスマ的ブランドには、Jane Marple、Innocent World、Angelic Pretty、BABY、THE STARS SHINE BRIGHT などが代表的です。

ロリータ女子の好きなもの

映画「下妻物語」の原作者で作家の嶽本野ばら氏の作品は、ロリータ女子のバイブルとして愛されています。

ロリータ女子の心理を深く理解し、作品に投影した嶽本氏は、ロリータファッション・文化の時代を牽引した重要人物として、ロリータ女子に知られ、尊敬されています。

映画「下妻物語」は、BABY, THE STARS SHINE BRIGHTの衣装を愛する主人公を女優・深田恭子が演じました。

ロリータ女子の青春がきらきらと描かれている名作です。

正当なるロリータ乙女は、クラシック室内楽、交響楽に造詣が深く、絵画、芸術作品を好みます。

90年代ヴィジュアル系ロックバンドの打ち出した破滅的世界観に、世紀末美術との共通点を見出した乙女が多く存在していたのは事実で、現在もそういった乙女もいます。

ネオ・ロリータ時代である現在では、ポップな音楽を好むロリータ乙女も多く、音楽の趣味は時代と共に幅広くなっています。

海外のロリータファンに特徴的な点は、現代のアートともいえるアニメファンが多く、ポップカルチャーの聖地として日本を観ている海外のロリータと数世紀前のフランスに憧れの源泉を持つ日本のロリータ乙女との差は否定できない点があります。

ロリータファッション女子の持ち物

豪華絢爛な装飾の手鏡やの乙女家具などはロリータ乙女の部屋に必ずあります。

色合いはヴェルサイユ宮殿の豪華絢爛な内装は憧れの的であり、また、プチ・トリアノンの、淡い水色や白を基調とした、かわいらしい内装もロリータ乙女の心を掴んで話しません。

また、サンリオやスイマーなどの乙女趣味の雑貨はいつの時代もロリータ乙女の必須アイテムです。

このように、時に「幼い」「気味が悪い」「大人になれない」と思われても、それが彼女らの望むところ、他者、特に男性によって侵されることのない少女趣味を徹底的に守りたいのがロリータ女子の特徴です。

ロリータファッション女子の行動範囲は、各ブランドショップ、ブランドが開催する「茶会」、美術館、サンリオショップ、乙女向けカフェ、アーティストのコンサート・ライブの会場となります。

正当なるロリータ女子は、基本的に男女交際に慎重であり、高額な衣装を手に入れる為、ノーメイクでアルバイトに勤しんでいることが多いので、外出時以外は非常に勤勉で地味な生活をしていることが多いと言えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-