【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171124170259.html
嫌われないために上から目線の女性の特徴

嫌われないために上から目線の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
嫌われないために上から目線の女性の特徴

上から目線の女性は明らかに他の人を不機嫌にさせ喧嘩になってしまうこともあります。

そうならないために上から目線の女性の特徴を9つ考えてみましょう。

  • 相手を尊敬する気持ちがない
  • 他の人と比較をしている
  • 立派と思える仕事をしている
  • 美人である
  • 努力家である
  • 自分をわかっていない
  • 人気者である
  • 優越感を得たい
  • 自分もできていない
  • まとめ

1. 相手を尊敬する気持ちがない

相手を尊敬する気持ちがない

どこか敬意を示しにくい相手なのかもしれませんが、自分ならばこうするのに、頭が良くない行動が多いと思っているとそれがあるときに態度に出てしまうことがあります。

上司に対しても上から目線になってしまう言動が出てしまうのであり、失敗するのは当然なのではないでしょうか、とか要領が悪いとばかりに別の提案をしたりということをしてしまうでしょう。

相手に対して敬意を持つことができないのです。

2. 他の人と比較をしている

他の人と比較をしている

他の人とその人を比較することで、いかにも動きが良くないという見方をしてしまうことです。

能力は人それぞれであり、方法にも違いがあるのですが、自分の価値観で判断し、相手を仕事のできない人と決めつけてしまう女性はまさに上から目線であり、過去の自分の仕事ぶりと比較しているのかもしれません。

3. 立派と思える仕事をしている

立派と思える仕事をしている

収入が良くて誰が見てもやりがいを感じている仕事をしていると、彼の仕事や給料そして彼の人間性にもあまり評価できなくなってしまい、自然に上から目線になってしまうことがあります。

彼を見下げてしまい、ちょっとおっちょこちょいだと、そんなだから収入もそのくらいしか得ることができないのではないか、ダメな人間のように言葉に出してしまうことがあり、喧嘩の原因を作ってしまうことになりかねません。

4. 美人である

美人である

どう見ても不釣り合いと思えるほどきれいな美人で付き合う男性が男前でないと美人な女性は上から目線になってしまうかもしれません。

私のために尽くしてちょうだいと言わんばかりの態度を取ってしまったり、私は別にあなたでなくても他にその気になればいくらでも恋ができるから、というようなことを言ったりしてしまうかもしれません。

まるで付き合ってあげてるというような感じであり、明らかに上から目線になってしまっています。

これまで美人でモテたゆえのおごりなのです。

5. 努力家である

努力家である

女性でも男性に負けないくらい一生懸命努力して人一倍頑張ってきた女性は他の人を上から目線で見てしまうことがあります。

もっと努力できるはずだ、まだまだ甘いと相手に対する要求が高くなり、自分と同じくらいのレベルを求めてしまうのです。

努力家だけに他の人のしている努力は大したほどではないという上から目線になってしまうことがあります。

6. 自分をわかっていない

自分をわかっていない

立場や経験というのは人と仲良く付き合う面で考慮すべきことのポイントになるのですが、新人でちやほやされまた仕事を覚えることが早いと、自分の方が上で会社にも貢献しているという思い込みをしてしまうことがあります。

自分よりもずーっと経験の長くて年上の人たちにも失礼なことを言ってしまったりするのは、自分をわかっていないからであり、同時に相手のこともわかっていません。

その人がこれまでどのような仕事をしてきたのかを表面的なものだけで、自分が知り得た少ない情報だけで判断しているのです。

7. 人気者である

人気者である

きれいで反応がかわいくて男性たちから人気があるとすぐに職場で人気者になるかもしれません。

合コンでも異性がすぐに寄ってくるような感じだと、モテない女性や華のない女性を見下げてしまうことでしょう。

相手の気持ちなど理解しようとすることなく、ダメだしばかりするようになってしまうと明らかに上から目線になってしまっています。

8. 優越感を得たい

優越感を得たい

人よりも優れているという気持ちは時に優越感を生むものですが、それがあまりにも気持ちがいいと上から目線で何でも見るようになってしまいます。

家柄がいいとかお金持ちの女性と結婚できた、裕福な家庭を築いている、そんな環境を得ていることで、いつまでも独身で売れ残っている女性のことを話題に出したりして優越感を得るのかもしれません。

そうしたことをあからさまにすると嫌われてしまうし、ある時に悲劇を経験するかもしれません。

9. 自分もできていない

自分もできていない

勘違い女子でもあるのですが、自分もできていないのに相手をできていないと批判することがあります。

全く自分の事を考えていない例であり、他の人からするとあなたに言われたくないという気持ちでしょう。

自分もろくにできていないくせによくそんなことが言えるものだという気持ちになるわけですが、自分もできていないことは普通上から目線で言えないものですが、そんなことお構いなしなのです。

まとめ

上から目線の女というのは自分ができているので、できていない相手を見下してしまうだけではなく、自分ができていなくても上から目線になれるという図太さを持っていたりします。

いずれにしても誇りやプライドなどが関係するゆえにそうした態度になってしまうのであり、謙虚さがないと他の人の怒りを招くことになりかねません。

上から目線の女性は明らかに他の人を不機嫌にさせ喧嘩になってしまうこともあります。

そうならないために上から目線の女性の特徴を9つ考えてみましょう。


相手を尊敬する気持ちがない

どこか敬意を示しにくい相手なのかもしれませんが、自分ならばこうするのに、頭が良くない行動が多いと思っているとそれがあるときに態度に出てしまうことがあります。

上司に対しても上から目線になってしまう言動が出てしまうのであり、失敗するのは当然なのではないでしょうか、とか要領が悪いとばかりに別の提案をしたりということをしてしまうでしょう。

相手に対して敬意を持つことができないのです。

他の人と比較をしている

他の人とその人を比較することで、いかにも動きが良くないという見方をしてしまうことです。

能力は人それぞれであり、方法にも違いがあるのですが、自分の価値観で判断し、相手を仕事のできない人と決めつけてしまう女性はまさに上から目線であり、過去の自分の仕事ぶりと比較しているのかもしれません。

立派と思える仕事をしている

収入が良くて誰が見てもやりがいを感じている仕事をしていると、彼の仕事や給料そして彼の人間性にもあまり評価できなくなってしまい、自然に上から目線になってしまうことがあります。

彼を見下げてしまい、ちょっとおっちょこちょいだと、そんなだから収入もそのくらいしか得ることができないのではないか、ダメな人間のように言葉に出してしまうことがあり、喧嘩の原因を作ってしまうことになりかねません。

美人である

どう見ても不釣り合いと思えるほどきれいな美人で付き合う男性が男前でないと美人な女性は上から目線になってしまうかもしれません。

私のために尽くしてちょうだいと言わんばかりの態度を取ってしまったり、私は別にあなたでなくても他にその気になればいくらでも恋ができるから、というようなことを言ったりしてしまうかもしれません。

まるで付き合ってあげてるというような感じであり、明らかに上から目線になってしまっています。

これまで美人でモテたゆえのおごりなのです。

努力家である

女性でも男性に負けないくらい一生懸命努力して人一倍頑張ってきた女性は他の人を上から目線で見てしまうことがあります。

もっと努力できるはずだ、まだまだ甘いと相手に対する要求が高くなり、自分と同じくらいのレベルを求めてしまうのです。

努力家だけに他の人のしている努力は大したほどではないという上から目線になってしまうことがあります。

自分をわかっていない

立場や経験というのは人と仲良く付き合う面で考慮すべきことのポイントになるのですが、新人でちやほやされまた仕事を覚えることが早いと、自分の方が上で会社にも貢献しているという思い込みをしてしまうことがあります。

自分よりもずーっと経験の長くて年上の人たちにも失礼なことを言ってしまったりするのは、自分をわかっていないからであり、同時に相手のこともわかっていません。

その人がこれまでどのような仕事をしてきたのかを表面的なものだけで、自分が知り得た少ない情報だけで判断しているのです。

人気者である

きれいで反応がかわいくて男性たちから人気があるとすぐに職場で人気者になるかもしれません。

合コンでも異性がすぐに寄ってくるような感じだと、モテない女性や華のない女性を見下げてしまうことでしょう。

相手の気持ちなど理解しようとすることなく、ダメだしばかりするようになってしまうと明らかに上から目線になってしまっています。

優越感を得たい

人よりも優れているという気持ちは時に優越感を生むものですが、それがあまりにも気持ちがいいと上から目線で何でも見るようになってしまいます。

家柄がいいとかお金持ちの女性と結婚できた、裕福な家庭を築いている、そんな環境を得ていることで、いつまでも独身で売れ残っている女性のことを話題に出したりして優越感を得るのかもしれません。

そうしたことをあからさまにすると嫌われてしまうし、ある時に悲劇を経験するかもしれません。

自分もできていない

勘違い女子でもあるのですが、自分もできていないのに相手をできていないと批判することがあります。

全く自分の事を考えていない例であり、他の人からするとあなたに言われたくないという気持ちでしょう。

自分もろくにできていないくせによくそんなことが言えるものだという気持ちになるわけですが、自分もできていないことは普通上から目線で言えないものですが、そんなことお構いなしなのです。

上から目線の女というのは自分ができているので、できていない相手を見下してしまうだけではなく、自分ができていなくても上から目線になれるという図太さを持っていたりします。

いずれにしても誇りやプライドなどが関係するゆえにそうした態度になってしまうのであり、謙虚さがないと他の人の怒りを招くことになりかねません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-