【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171124110537.html
恋愛において主導権を握る女性の特徴

恋愛において主導権を握る女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
恋愛において主導権を握る女性の特徴

相手に振り回されるのではなく、自分が相手を振り回し恋愛において主導権を握りたいと思う女性はどうすればいいのでしょうか。

これから挙げる8つの特徴は恋愛において自分中心に勧めたい女性に役立つものとなるでしょう。

  • 相手から告白をされた
  • 彼よりも仕事のできる女性になる
  • 頭がいい女性
  • わがままになること
  • 口の達者な女性
  • メールを頻繁に送らない
  • 強い女性
  • 彼よりも忙しい予定を持っている
  • まとめ

1. 相手から告白をされた

相手から告白をされた

自分が男性を大好きで好き好きモードだと、男性の機嫌を良くしようとか、振られないために一生懸命尽くすことをして、少しでも男性が自分のことを好きになってくれることを願うものですが、それでは主導権を握ることはできません。

ですが彼から告白されるのであれば、それを受け入れるも受け入れないも、女性が決めるのであり、相手の上に立てることになります。

結果として主導権を握れるのであり、男性の気持ちを利用してなにかとパシリにしたり、用事に付き合わせたりすることができるでしょう。

2. 彼よりも仕事のできる女性になる

彼よりも仕事のできる女性になる

彼の収入よりも女性の収入の方が多くて仕事の内容そのものもはるかに良い場合、恋愛においても優位に立てる可能性が高いです。

貯金も月給も彼よりも上なので、立地の良いところに住めるし、仕事そのものを誇れることで恋愛でも主導権を握りやすいでしょう。

男は仕事で女性に勝てない立場だとどうしても強く出ることができなところがあります。

自分のペースや仕事の都合を優先したお付き合いができるという意味で彼の上の立つような立場になるでしょう。

3. 頭がいい女性

頭がいい女性

頭が良くてデートの段取りや遊び、その他のことにおいても女性がどんどん決めたり提案を出すことができるというタイプは、主導権を握っています。

男性としても、自分で計画するよりも彼女にやってもらった方が良いし、上手く行くという感じになるために主導権を握ることができるでしょう。

彼の提案や意見をはるかに上回るベストなアイデアを出すことができるゆえに彼は頭が上がらなくなってしまうのです。

4. わがままになること

わがままになること

彼が自分のことを好きであるのであれば、わがままになることも主導権を握る方法の1つです。

わがままに振舞うことで、あるいは自分の思い通りにならないと暴れたり機嫌が悪くなったりすることで、それをなだめようと彼がしてくれることでしょう。

気分屋なところがあり、そうすることで彼を振り回すことができれば、それは主導権を握っているのと同じです。

ただ度を超すと振られてしまう原因になりますので注意が必要です。

5. 口の達者な女性

口の達者な女性

とにかく口が上手で言い合いになると男性に負けることがないというくらいにしゃべりのできる女性は恋愛においても主導権を握ることができるでしょう。

口が達者というのは大きな武器であり、相手を黙らせてしまうこともできるし、理詰めで納得させてしまうこともできるでしょう。

自分がやりたいようにやることができ、そのメリットもはっきりと説明することができるので、彼は従わざるを得なくなるのです。

6. メールを頻繁に送らない

メールを頻繁に送らない

いつも頻繁にメールを送ると好き好きモードをアピールしていることになるし、彼も自分からメールをするという気持ちにならないものです。

それでは彼がいつも受身になってしまうことになります。

メールを送る回数を減らしたり、自分からはメールを送らないことで、彼がどうしたのかという心配な気持ちにさせることが、優位に立つ状況を作ることになります。

彼からメールが来るようになると、その対応をすることで自分が主導権を握るような恋愛ができる可能性が高まります。

7. 強い女性

強い女性

背も高いし力もある、男にも負けないような体力的な強さそして豪快さや大胆さを持っていると、恋愛においても主導権を握ることができるでしょう。

男性もその強さや大胆さに圧倒されるし、彼女を怒らせないようにした方がいいという気持ちになることでしょう。

結果としてなにかと自分中心に恋愛が進んでいくことになるでしょう。

特に肉食系の女性は全体的に草食系男子を好む傾向にあり、そうした立場ゆえに自然に彼をリードするようになるかもしれません。

8. 彼よりも忙しい予定を持っている

彼よりも忙しい予定を持っている

彼以上に忙しくて仕事やプライベート、趣味その他副業などもしているかもしれません。

まるで彼と恋愛する時間がないとばかりに忙しくしていると、自分が彼に合わせるのではなく、彼が女性の都合に合わせてくれるようになるでしょう。

そうした状況は恋愛において主導権を握れることになり、自分のペースで交際を進めていけるようになる可能性が高いです。

まとめ

恋愛というのはお互いのことですが、主導権を握れるというのは有利であり、気持ちもよいものです。

あまりそれが過ぎると気まずい雰囲気や交際関係になってしまうので、ほどほどに保つことが良いのかもしれません。

そして恋愛において主導権を握ることで自分が彼に合わせるということが少なくなり、プライベートでのストレスを軽減していくことができるようになりますので、女性にとってはメリットが多いと感じることでしょう。

相手に振り回されるのではなく、自分が相手を振り回し恋愛において主導権を握りたいと思う女性はどうすればいいのでしょうか。

これから挙げる8つの特徴は恋愛において自分中心に勧めたい女性に役立つものとなるでしょう。


相手から告白をされた

自分が男性を大好きで好き好きモードだと、男性の機嫌を良くしようとか、振られないために一生懸命尽くすことをして、少しでも男性が自分のことを好きになってくれることを願うものですが、それでは主導権を握ることはできません。

ですが彼から告白されるのであれば、それを受け入れるも受け入れないも、女性が決めるのであり、相手の上に立てることになります。

結果として主導権を握れるのであり、男性の気持ちを利用してなにかとパシリにしたり、用事に付き合わせたりすることができるでしょう。

彼よりも仕事のできる女性になる

彼の収入よりも女性の収入の方が多くて仕事の内容そのものもはるかに良い場合、恋愛においても優位に立てる可能性が高いです。

貯金も月給も彼よりも上なので、立地の良いところに住めるし、仕事そのものを誇れることで恋愛でも主導権を握りやすいでしょう。

男は仕事で女性に勝てない立場だとどうしても強く出ることができなところがあります。

自分のペースや仕事の都合を優先したお付き合いができるという意味で彼の上の立つような立場になるでしょう。

頭がいい女性

頭が良くてデートの段取りや遊び、その他のことにおいても女性がどんどん決めたり提案を出すことができるというタイプは、主導権を握っています。

男性としても、自分で計画するよりも彼女にやってもらった方が良いし、上手く行くという感じになるために主導権を握ることができるでしょう。

彼の提案や意見をはるかに上回るベストなアイデアを出すことができるゆえに彼は頭が上がらなくなってしまうのです。

わがままになること

彼が自分のことを好きであるのであれば、わがままになることも主導権を握る方法の1つです。

わがままに振舞うことで、あるいは自分の思い通りにならないと暴れたり機嫌が悪くなったりすることで、それをなだめようと彼がしてくれることでしょう。

気分屋なところがあり、そうすることで彼を振り回すことができれば、それは主導権を握っているのと同じです。

ただ度を超すと振られてしまう原因になりますので注意が必要です。

口の達者な女性

とにかく口が上手で言い合いになると男性に負けることがないというくらいにしゃべりのできる女性は恋愛においても主導権を握ることができるでしょう。

口が達者というのは大きな武器であり、相手を黙らせてしまうこともできるし、理詰めで納得させてしまうこともできるでしょう。

自分がやりたいようにやることができ、そのメリットもはっきりと説明することができるので、彼は従わざるを得なくなるのです。

メールを頻繁に送らない

いつも頻繁にメールを送ると好き好きモードをアピールしていることになるし、彼も自分からメールをするという気持ちにならないものです。

それでは彼がいつも受身になってしまうことになります。

メールを送る回数を減らしたり、自分からはメールを送らないことで、彼がどうしたのかという心配な気持ちにさせることが、優位に立つ状況を作ることになります。

彼からメールが来るようになると、その対応をすることで自分が主導権を握るような恋愛ができる可能性が高まります。

強い女性

背も高いし力もある、男にも負けないような体力的な強さそして豪快さや大胆さを持っていると、恋愛においても主導権を握ることができるでしょう。

男性もその強さや大胆さに圧倒されるし、彼女を怒らせないようにした方がいいという気持ちになることでしょう。

結果としてなにかと自分中心に恋愛が進んでいくことになるでしょう。

特に肉食系の女性は全体的に草食系男子を好む傾向にあり、そうした立場ゆえに自然に彼をリードするようになるかもしれません。

彼よりも忙しい予定を持っている

彼以上に忙しくて仕事やプライベート、趣味その他副業などもしているかもしれません。

まるで彼と恋愛する時間がないとばかりに忙しくしていると、自分が彼に合わせるのではなく、彼が女性の都合に合わせてくれるようになるでしょう。

そうした状況は恋愛において主導権を握れることになり、自分のペースで交際を進めていけるようになる可能性が高いです。

恋愛というのはお互いのことですが、主導権を握れるというのは有利であり、気持ちもよいものです。

あまりそれが過ぎると気まずい雰囲気や交際関係になってしまうので、ほどほどに保つことが良いのかもしれません。

そして恋愛において主導権を握ることで自分が彼に合わせるということが少なくなり、プライベートでのストレスを軽減していくことができるようになりますので、女性にとってはメリットが多いと感じることでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-