【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171123170409.html
ミステリアスな女子の特徴

ミステリアスな女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
ミステリアスな女子の特徴

ミステリアスな女子に出会った時、あなたならどうしますか。

今回はミステリアスな女性の特徴を挙げてみました。

  • 秘密主義
  • 友達が少ない
  • 自己主張が強くない
  • 秀でた才能がある
  • 口数が少ない
  • 自分の世界観を持っている
  • 空気が読めない
  • まとめ

1. 秘密主義

秘密主義

秘密主義な人は、自分のことを多く語りません。

たとえ相手がどれだけ聞き出そうとしても表面上の会話だけ取り繕って、肝心なことには堅く口を閉ざします。

そのため何が好きで何が嫌いか等の基本的なプロフィールや、何を考えていてどんな性格なのかという人物像を想像させる判断材料を全く与えないのです。

その状態を本人が望んでいる場合はむやみに相手の情報を聞き出すのは逆効果ですが、本人に自己開示をしたいという思いが少しでもあるならば、仲良くなるきっかけになるので、根気強く相手との会話を試みてみましょう。

2. 友達が少ない

友達が少ない

先程も述べたように、ミステリアスな人は表面上の付き合いが多いので腹を割って話したり、内容の濃い絡みをしたりしません。

その結果、誰とも親しくなることができず友達は少なくなってしまいます。

また人物像が分からないので生態が謎のベールに包まれており、近づくと何が起こるか分からないというリスクにも似た警戒心を抱くため、こちらから不用意に近づくことができないのです。

まさにこれらの悪循環により自然と人が遠のいて行ってしまいます。

3. 自己主張が強くない

自己主張が強くない

ミステリアスな人は自分の意見や気持ちをあらわにしないので、自ずと自己主張も弱くなります。

これは自分の意見というものを全くもっていないか、或いは自分の意見は持っているがそれが原因で人ともめることに抵抗がある等の原因が考えられます。

普段も口数が少ないため、自分の言動によって周りに与える影響を考慮して言わない方が得策と踏んでいるなど、見かけによらず周囲のことをよく考えている場合があります。

そのような場合は周りの雰囲気や働きかけによって口を開くこともあるので発言しやすい環境づくりを心がけてみましょう。

4. 秀でた才能がある

秀でた才能がある

人に対しての興味が薄い一方、自分の興味があることに対しては類まれな能力を発揮する場合があります。

それは日頃から人間関係を希薄にしているため自分の自由に使える時間が多く、人のうわさや意見が比較的耳に入らない環境にあり、物事に熱中しやすいからです。

もともと才能が備わっている場合もありますが、多くはその環境に起因しています。

そうして普通の人の理解が及ばないレベルまで上り詰めてしまうと、レベルの違う人間として認識されるため、相手の理解が得られなくなってしまいます。

そうしてお互い分かり合うことができず、相手からはミステリアスという印象を持たれてしまいます。

5. 口数が少ない

口数が少ない

人間は、主に会話によってコミュニケーションをとります。

世の中にはおしゃべり好きな人がいる一方、会話が苦手な人も存在します。

この会話が苦手な人は話題そのもの自体に興味がないか自分のコミュニケーション力に自信がないか、会話自体に慣れていない等の原因が考えられます。

そのため、人と上手くコミュニケーションをとることができず自ずと口数が少なくなってしまうのです。

これらの悪循環により自分の意志とは裏腹に会話ができないスパイラルに陥っている可能性があるので、本人に会話の意欲がある場合は相手のペースを乱さずにコミュニケーションをとるようにしましょう。

6. 自分の世界観を持っている

自分の世界観を持っている

ミステリアスな人は独自の世界観を持っており、さらにそれを理解できる人としか交流しない・世界観の違う人間とは一切合い入れないという極端な習性が見られる場合も少なくありません。

またその世界観は一般常識に当てはまるものばかりではないので、時に人の理解を得るのが難しいこともあります。

自分と違う意見や価値観を持つ人間を受け入れないので、上手く周りに溶け込むことができず、結果人の輪から外れてしまうのです。

この場合は相手の世界観を否定せずに、受け入れたうえでお互いが無理なく共存できる環境づくりが重要になってきます。

7. 空気が読めない

空気が読めない

ミステリアスな人は、自分の独特な世界観を持っている場合が多いため、時に他人に理解されない言動をとることがあります。

たとえ相手がどんな状況にあろうと自分の意志を押し通すので、盛り上がった場を盛り下げてしまったり、何気ない一言で場を凍りつかせたりするので周りからは「空気が読めない人」というレッテルを貼られてしまいます。

ただ悪気があるわけではなく、場の空気に疎かったり相手の気持ちを汲み取ることが苦手という悩みを抱えていたりするのでフォローやアフターケアを心がけるなど一定の理解を示すことで状況が好転することが期待できます。

まとめ

ミステリアスな人は、見えない部分を持っているからこそ知りたくなります。

あまり詮索されたくないという人もいますが、少しでも向うに歩み寄りがみられる場合はこのような特徴を理解した上で良好な関係を築いていきましょう。

ミステリアスな女子に出会った時、あなたならどうしますか。

今回はミステリアスな女性の特徴を挙げてみました。


秘密主義

秘密主義な人は、自分のことを多く語りません。

たとえ相手がどれだけ聞き出そうとしても表面上の会話だけ取り繕って、肝心なことには堅く口を閉ざします。

そのため何が好きで何が嫌いか等の基本的なプロフィールや、何を考えていてどんな性格なのかという人物像を想像させる判断材料を全く与えないのです。

その状態を本人が望んでいる場合はむやみに相手の情報を聞き出すのは逆効果ですが、本人に自己開示をしたいという思いが少しでもあるならば、仲良くなるきっかけになるので、根気強く相手との会話を試みてみましょう。

友達が少ない

先程も述べたように、ミステリアスな人は表面上の付き合いが多いので腹を割って話したり、内容の濃い絡みをしたりしません。

その結果、誰とも親しくなることができず友達は少なくなってしまいます。

また人物像が分からないので生態が謎のベールに包まれており、近づくと何が起こるか分からないというリスクにも似た警戒心を抱くため、こちらから不用意に近づくことができないのです。

まさにこれらの悪循環により自然と人が遠のいて行ってしまいます。

自己主張が強くない

ミステリアスな人は自分の意見や気持ちをあらわにしないので、自ずと自己主張も弱くなります。

これは自分の意見というものを全くもっていないか、或いは自分の意見は持っているがそれが原因で人ともめることに抵抗がある等の原因が考えられます。

普段も口数が少ないため、自分の言動によって周りに与える影響を考慮して言わない方が得策と踏んでいるなど、見かけによらず周囲のことをよく考えている場合があります。

そのような場合は周りの雰囲気や働きかけによって口を開くこともあるので発言しやすい環境づくりを心がけてみましょう。

秀でた才能がある

人に対しての興味が薄い一方、自分の興味があることに対しては類まれな能力を発揮する場合があります。

それは日頃から人間関係を希薄にしているため自分の自由に使える時間が多く、人のうわさや意見が比較的耳に入らない環境にあり、物事に熱中しやすいからです。

もともと才能が備わっている場合もありますが、多くはその環境に起因しています。

そうして普通の人の理解が及ばないレベルまで上り詰めてしまうと、レベルの違う人間として認識されるため、相手の理解が得られなくなってしまいます。

そうしてお互い分かり合うことができず、相手からはミステリアスという印象を持たれてしまいます。

口数が少ない

人間は、主に会話によってコミュニケーションをとります。

世の中にはおしゃべり好きな人がいる一方、会話が苦手な人も存在します。

この会話が苦手な人は話題そのもの自体に興味がないか自分のコミュニケーション力に自信がないか、会話自体に慣れていない等の原因が考えられます。

そのため、人と上手くコミュニケーションをとることができず自ずと口数が少なくなってしまうのです。

これらの悪循環により自分の意志とは裏腹に会話ができないスパイラルに陥っている可能性があるので、本人に会話の意欲がある場合は相手のペースを乱さずにコミュニケーションをとるようにしましょう。

自分の世界観を持っている

ミステリアスな人は独自の世界観を持っており、さらにそれを理解できる人としか交流しない・世界観の違う人間とは一切合い入れないという極端な習性が見られる場合も少なくありません。

またその世界観は一般常識に当てはまるものばかりではないので、時に人の理解を得るのが難しいこともあります。

自分と違う意見や価値観を持つ人間を受け入れないので、上手く周りに溶け込むことができず、結果人の輪から外れてしまうのです。

この場合は相手の世界観を否定せずに、受け入れたうえでお互いが無理なく共存できる環境づくりが重要になってきます。

空気が読めない

ミステリアスな人は、自分の独特な世界観を持っている場合が多いため、時に他人に理解されない言動をとることがあります。

たとえ相手がどんな状況にあろうと自分の意志を押し通すので、盛り上がった場を盛り下げてしまったり、何気ない一言で場を凍りつかせたりするので周りからは「空気が読めない人」というレッテルを貼られてしまいます。

ただ悪気があるわけではなく、場の空気に疎かったり相手の気持ちを汲み取ることが苦手という悩みを抱えていたりするのでフォローやアフターケアを心がけるなど一定の理解を示すことで状況が好転することが期待できます。

ミステリアスな人は、見えない部分を持っているからこそ知りたくなります。

あまり詮索されたくないという人もいますが、少しでも向うに歩み寄りがみられる場合はこのような特徴を理解した上で良好な関係を築いていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-