【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171123170309.html
ヒョウ柄の似合う女性の特徴

ヒョウ柄の似合う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ヒョウ柄の似合う女性の特徴

ヒョウ柄の服を着ているマダムを、けっこう目にします。

でも、ヒョウ柄の服って、けっこう着る人を選びます。

ヒョウ柄の似合う女性の特徴を、考えてみましょう。

  • 髪を明るい色に染めている
  • メイクに気合いを入れる
  • 冬になるとフェイクのヒョウ柄のファーを身につける
  • ヒョウ柄服以外の服は地味目に
  • ヒョウ柄の相手にはピンヒールかぺたんこ靴
  • ヒョウ柄の魅力に深い共感を覚える
  • まとめ

1. 髪を明るい色に染めている

髪を明るい色に染めている

ヒョウ柄の似合う女性は、まさしく、ヒョウに近い色に髪を染めていることが多いですね。

金髪、白に近い金、とても明るいブラウン、など、黒髪が残っていたら一度色を抜かないと出せない色を選びます。

上から下まで、統一感を出そうとしているのがよくわかります。

逆に、白髪が大部分になっているマダム世代は、明るく染めるだけで似合う色のできあがりです。

高校生や大学生くらいの若い人でも、「ヒョウ柄はかわいい」と言って、茶色い髪にヒョウ柄を合わせます。

一時期、世界的なキャラクターである「ハローキティ」も、ヒョウ柄の製品を出していたことがあります。

2. メイクに気合いを入れる

メイクに気合いを入れる

なにしろ、ヒョウですから、華やかな顔立ちの人に似合いますね。

地味な顔の人には似合いません。

地味な顔の方は、ここで気合いを入れて大胆なメイクをします。

特に、目力にはこだわっています。

アイブロウに始まり、アイライナー、アイシャドウ(茶系の人が多いのですが、なぜかここだけ青い人もいます)、マスカラ、つけまつげは必須です。

口紅も、ブラウンは混ざっているかもしれませんけれど、はっきりとした赤系を選びます。

ネイルも、もちろんヒョウ柄にしてもらいます。

これだけの気合いをいれるのはちょっと. と思う人は、ヒョウ柄は着ないほうがよいでしょう。

ヒョウ柄ファッションは、あとで述べますが、もはや伝統的なものになっているからです。

3. 冬になるとフェイクのヒョウ柄のファーを身につける

冬になるとフェイクのヒョウ柄のファーを身につける

「服を作るためだけに毛の長い動物を殺すはやめよう」という風潮になっているので、毛皮製の衣料品は少なくなり、高騰しています。

しかし、冬場にヒョウ柄の服を着るからには、やはり、コートが決まります。

ここでアニマルな雰囲気を一気に出せます。

ここはフェイクファーであっても「動物愛護だから」と、堂々とヒョウ柄のファーを身につけます。

普通の服を着ていても、コートは一面ヒョウ柄で、えりにボア(これも毛皮っぽいフェイク)のついたものを着ていると、やっぱり一目置かれますね。

4. ヒョウ柄服以外の服は地味目に

ヒョウ柄服以外の服は地味目に

上がヒョウ柄、下もヒョウ柄を着ていて決まる人はなかなかいません。

パジャマに見えることさえあります。

上半身にヒョウ柄を着たら、下半身は、黒の細身のパンツを合わせることが多いですね。

いちばん無難です。

画像検索をして、いちばん多かったのがこのパターンでした。

下半身がヒョウ柄だったら、上半身は無地のモノトーンを合わせています。

ヒョウ柄のコートだったら、中身まではヒョウ柄にはしないほうが一般的です。

サーチエンジンで「ヒョウ柄」と検索すると、たまに上下ヒョウ柄の人が出てきますが、たいがいがモデルさんです。

5. ヒョウ柄の相手にはピンヒールかぺたんこ靴

ヒョウ柄の相手にはピンヒールかぺたんこ靴

前項の「細身のパンツ」に関わってくることなのですが、下半身をすっきり見せる、最後の決め手がピンヒールです。

ヒールがないとしたら、幅のあまり広くないぺたんこ靴をヒョウ柄の相手に選びます。

黒のウォーキングシューズもありですが、これはマダムのみの特権でしょう。

まれに、若い世代では靴もヒョウ柄になることがあります。

6. ヒョウ柄の魅力に深い共感を覚える

ヒョウ柄の魅力に深い共感を覚える

2015年12月26日付の日本経済新聞に、ヒョウ柄、絶滅危惧種?という記事が掲載されていました。

そこに、「大阪の女性はなぜヒョウ柄を選ぶのか?

という問いがあり、マダムと若い世代、両方の答えが書かれていたのが印象的です。

まず、マダム世代。

「着ると自分が強くなれる」「落ち込んだ気分を前向きに変えてくれる」「宴会芸で着るとはずかしくなくなる」少しのとまどいがありながらも、自分を強く、元気にしてくれるのがヒョウ柄なのですね。

若い世代は、かなり理由が違ってきます。

「かわいいので取り入れたい」「祖母や母を見て影響を受けた」「目立つので変わった気分になれる」ヒョウ柄は、若い世代の女性たちにとっては、ヒョウ柄は伝統的な柄であり、実際にそれを見て育ってきているのでとまどいはありません。

おそらく、絶滅はないでしょう。

その代わり、Tシャツ1面同じヒョウ柄ではなく、切り替えを入れて別色でヒョウ柄を入れてみたり、デザイン的に少し工夫をしています。

また、フェイクファーのヒョウ柄の小物は、彼女たちにとっては、とても「かわいい」と思えるようです。

まとめ

若い世代にとって、ヒョウ柄は伝統的なものとして受け入れられています。

ですから、ヒョウ柄の似合う女性はこれからも一定人数出てくるし、それに寄せよう目力の強いメイクをして「かわいい」といわれることになるでしょう。

ヒョウ柄の存在意義はマダムと若い世代では違いますけれど、それぞれがヒョウ柄を好きと思えたら、ヒョウ柄に寄った目力の強いメイクをして、ヒョウ柄を上手に身につけて街に出ていくことになるはずです。

いメイクをして「かわいい」といわれることになるでしょう。

ヒョウ柄の存在意義はマダムと若い世代では違いますけれど、それぞれがヒョウ柄を好きと思えたら、ヒョウ柄に寄った目力の強いメイクをして、ヒョウ柄を上手に身につけて街に出ていくことになるはずです。

ヒョウ柄の服を着ているマダムを、けっこう目にします。

でも、ヒョウ柄の服って、けっこう着る人を選びます。

ヒョウ柄の似合う女性の特徴を、考えてみましょう。


髪を明るい色に染めている

ヒョウ柄の似合う女性は、まさしく、ヒョウに近い色に髪を染めていることが多いですね。

金髪、白に近い金、とても明るいブラウン、など、黒髪が残っていたら一度色を抜かないと出せない色を選びます。

上から下まで、統一感を出そうとしているのがよくわかります。

逆に、白髪が大部分になっているマダム世代は、明るく染めるだけで似合う色のできあがりです。

高校生や大学生くらいの若い人でも、「ヒョウ柄はかわいい」と言って、茶色い髪にヒョウ柄を合わせます。

一時期、世界的なキャラクターである「ハローキティ」も、ヒョウ柄の製品を出していたことがあります。

メイクに気合いを入れる

なにしろ、ヒョウですから、華やかな顔立ちの人に似合いますね。

地味な顔の人には似合いません。

地味な顔の方は、ここで気合いを入れて大胆なメイクをします。

特に、目力にはこだわっています。

アイブロウに始まり、アイライナー、アイシャドウ(茶系の人が多いのですが、なぜかここだけ青い人もいます)、マスカラ、つけまつげは必須です。

口紅も、ブラウンは混ざっているかもしれませんけれど、はっきりとした赤系を選びます。

ネイルも、もちろんヒョウ柄にしてもらいます。

これだけの気合いをいれるのはちょっと. と思う人は、ヒョウ柄は着ないほうがよいでしょう。

ヒョウ柄ファッションは、あとで述べますが、もはや伝統的なものになっているからです。

冬になるとフェイクのヒョウ柄のファーを身につける

「服を作るためだけに毛の長い動物を殺すはやめよう」という風潮になっているので、毛皮製の衣料品は少なくなり、高騰しています。

しかし、冬場にヒョウ柄の服を着るからには、やはり、コートが決まります。

ここでアニマルな雰囲気を一気に出せます。

ここはフェイクファーであっても「動物愛護だから」と、堂々とヒョウ柄のファーを身につけます。

普通の服を着ていても、コートは一面ヒョウ柄で、えりにボア(これも毛皮っぽいフェイク)のついたものを着ていると、やっぱり一目置かれますね。

ヒョウ柄服以外の服は地味目に

上がヒョウ柄、下もヒョウ柄を着ていて決まる人はなかなかいません。

パジャマに見えることさえあります。

上半身にヒョウ柄を着たら、下半身は、黒の細身のパンツを合わせることが多いですね。

いちばん無難です。

画像検索をして、いちばん多かったのがこのパターンでした。

下半身がヒョウ柄だったら、上半身は無地のモノトーンを合わせています。

ヒョウ柄のコートだったら、中身まではヒョウ柄にはしないほうが一般的です。

サーチエンジンで「ヒョウ柄」と検索すると、たまに上下ヒョウ柄の人が出てきますが、たいがいがモデルさんです。

ヒョウ柄の相手にはピンヒールかぺたんこ靴

前項の「細身のパンツ」に関わってくることなのですが、下半身をすっきり見せる、最後の決め手がピンヒールです。

ヒールがないとしたら、幅のあまり広くないぺたんこ靴をヒョウ柄の相手に選びます。

黒のウォーキングシューズもありですが、これはマダムのみの特権でしょう。

まれに、若い世代では靴もヒョウ柄になることがあります。

ヒョウ柄の魅力に深い共感を覚える

2015年12月26日付の日本経済新聞に、ヒョウ柄、絶滅危惧種?という記事が掲載されていました。

そこに、「大阪の女性はなぜヒョウ柄を選ぶのか?

という問いがあり、マダムと若い世代、両方の答えが書かれていたのが印象的です。

まず、マダム世代。

「着ると自分が強くなれる」「落ち込んだ気分を前向きに変えてくれる」「宴会芸で着るとはずかしくなくなる」少しのとまどいがありながらも、自分を強く、元気にしてくれるのがヒョウ柄なのですね。

若い世代は、かなり理由が違ってきます。

「かわいいので取り入れたい」「祖母や母を見て影響を受けた」「目立つので変わった気分になれる」ヒョウ柄は、若い世代の女性たちにとっては、ヒョウ柄は伝統的な柄であり、実際にそれを見て育ってきているのでとまどいはありません。

おそらく、絶滅はないでしょう。

その代わり、Tシャツ1面同じヒョウ柄ではなく、切り替えを入れて別色でヒョウ柄を入れてみたり、デザイン的に少し工夫をしています。

また、フェイクファーのヒョウ柄の小物は、彼女たちにとっては、とても「かわいい」と思えるようです。

若い世代にとって、ヒョウ柄は伝統的なものとして受け入れられています。

ですから、ヒョウ柄の似合う女性はこれからも一定人数出てくるし、それに寄せよう目力の強いメイクをして「かわいい」といわれることになるでしょう。

ヒョウ柄の存在意義はマダムと若い世代では違いますけれど、それぞれがヒョウ柄を好きと思えたら、ヒョウ柄に寄った目力の強いメイクをして、ヒョウ柄を上手に身につけて街に出ていくことになるはずです。

いメイクをして「かわいい」といわれることになるでしょう。

ヒョウ柄の存在意義はマダムと若い世代では違いますけれど、それぞれがヒョウ柄を好きと思えたら、ヒョウ柄に寄った目力の強いメイクをして、ヒョウ柄を上手に身につけて街に出ていくことになるはずです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-