【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171123134022.html
彼氏に夢中になる女性の特徴

彼氏に夢中になる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
彼氏に夢中になる女性の特徴

彼氏ができるととにかく夢中になってしまう女性っていますよね。

ではそんな、彼に夢中になる女性によくある特徴とはどのようなものがあるでしょうか。

  • 独占欲が強い
  • さみしがりや
  • 家庭環境に問題があった
  • 彼を自分好みのスタイルにする
  • 自分にもムチを打っている
  • 冷めるときはとてもあっさり
  • まとめ

1. 独占欲が強い

独占欲が強い

彼氏に夢中になる女性は独占欲が強い性格だといえます。

彼氏になったとたんに常に一緒にいたいということをアピールするのです。

彼の自由な時間を奪ってしまうくらいに常に自分に合わせてほしいと思っていますので、彼にとっては窮屈な気分になってしまうでしょう。

すきあらば「今何してるの?」「仕事終わったら会おうよ」「明日はどんな感じ?」と連絡をして、ほぼ束縛の状態となるのです。

彼のすべてを把握したいし、彼も私のことだけを考えていてほしいという気持ちが、独占欲という形で出ているのですね。

そんな女性は彼氏に夢中と言えるでしょう。

2. さみしがりや

さみしがりや

彼氏に夢中になる女性は基本的にさみしがりやでしょう。

普段から誰かと一緒にいたかったり、一人で過ごすことを基本的に良しとしていません。

そんなときにできた彼氏には、寂しさを脱ぐってほしいと思い毎日会いたがるでしょう。

普通の友達であればそんなに毎日会うことも頼みにくいのですが、彼氏だからこそ甘えてお願いしたくなるのです。

度が過ぎると依存症と言われるようにいつも会っていたいと考えているでしょう。

それもまた彼に夢中になっているという形と言えるでしょう。

3. 家庭環境に問題があった

家庭環境に問題があった

彼氏に夢中になる女性には、子供の頃の家庭環境に問題があったということがあります。

家庭に問題があったところで育ってしまうと、なかなか自立する力が身に付かずに子供のまま大人になる傾向があります。

いわゆる愛情不足が原因のひとつとなりますが、その状態だと大人になっても誰かに支えてもらいたいし、誰かのためになりたいという心理を持つのです。

言葉を変えると「誰かに必要とされたい」と思っているのですね。

ですので彼氏ができると、彼氏に存在価値を認めてもらいたいと思って、過剰に尽くしてしまったりして彼からの愛を受けとりたいと考えているのです。

その結果、できる限りの時間を彼のために使いたいと思っています。

それが彼氏に夢中と言えるのです。

4. 彼を自分好みのスタイルにする

彼を自分好みのスタイルにする

彼に夢中になる女性は、彼氏を自分の好きなスタイルに変えようとします。

例えば服装なども、彼の好みというよりは自分が「この方が似合う」と判断してそれを着させようとするのです。

そのため、気づいたら勝手に服を買っていたりして、彼からしたら着ないわけにはいかなくなるのですね。

プレゼントという形なのでありがたいと言えばありがたいのですが、少々強引なところもあるでしょう。

他にも「髪型はこういう方が良い」とか、突っ込んでくると彼の部屋のコーディネートまで自分好みにしてしまおうとするのです。

いきすぎているかもしれませんが、しかしそれだけ夢中になっているということなのです。

5. 自分にもムチを打っている

自分にもムチを打っている

彼氏に夢中となる女性は、自分にもムチを打って無理しているところもあります。

彼の予定に合わせて、会えるものなら夜中に起きてでも会いに行くなんてこともざらにあるのです。

それがただの友達だったらまず考えないところでしょう。

しかし相手が夢中な彼氏だから、自分が無理をしてでも会いたいと感じているのです。

また、ほんの10分くらいしか会えないと思っても、それでも行動するようにします。

仕事前のほんの少しの間でも、友達との約束が終わったあとのちょっとした時間でも、彼に会えるのであれば惜しまないのですね。

また、待ち合わせの時間に彼が大幅に遅れてきても、ずっと待っているということもあるでしょう。

彼からしたらありがたいのですが、無理はしないようにと言いたくなるところもあります。

6. 冷めるときはとてもあっさり

冷めるときはとてもあっさり

彼氏に夢中になる女性は、実は別れるときはあっさりしているところかあるのです。

あれだけ好きだったのに、あれだけずっと彼のことしか頭になかったのに、冷めてしまうときは驚くほど早く冷めてしまい、そしてあっさりと別れを切り出してしまいます。

ずっと彼にエネルギーを使ってしまった分、燃料切れになってしまったのでしょう。

燃料が切れる前に彼との信頼関係ができていれば、別れることもないのですが、とにかく彼に夢中になりすぎていたので、相手のことを考えずに過ごしてきた時間が長いのです。

そこで信頼関係ができるはずもなく、そこに気づいた女性は自分の責任でもあるのに「こんなに好きなのに解ってくれないならもういい」と吹っ切れてしまうのですね。

まとめ

彼氏に夢中になる女性によくある特徴をあげていきました。

やはり基本的には束縛してしまうような事が目立ちますね。

少しの即博であれば彼としても嬉しいのですが、あまりにひどいと彼もうんざりしてしまうでしょう。

夢中になりすぎると逆に恋愛期間が短くなってしまうこともありますので、気を付けていきたいところですね。

彼氏ができるととにかく夢中になってしまう女性っていますよね。

ではそんな、彼に夢中になる女性によくある特徴とはどのようなものがあるでしょうか。


独占欲が強い

彼氏に夢中になる女性は独占欲が強い性格だといえます。

彼氏になったとたんに常に一緒にいたいということをアピールするのです。

彼の自由な時間を奪ってしまうくらいに常に自分に合わせてほしいと思っていますので、彼にとっては窮屈な気分になってしまうでしょう。

すきあらば「今何してるの?」「仕事終わったら会おうよ」「明日はどんな感じ?」と連絡をして、ほぼ束縛の状態となるのです。

彼のすべてを把握したいし、彼も私のことだけを考えていてほしいという気持ちが、独占欲という形で出ているのですね。

そんな女性は彼氏に夢中と言えるでしょう。

さみしがりや

彼氏に夢中になる女性は基本的にさみしがりやでしょう。

普段から誰かと一緒にいたかったり、一人で過ごすことを基本的に良しとしていません。

そんなときにできた彼氏には、寂しさを脱ぐってほしいと思い毎日会いたがるでしょう。

普通の友達であればそんなに毎日会うことも頼みにくいのですが、彼氏だからこそ甘えてお願いしたくなるのです。

度が過ぎると依存症と言われるようにいつも会っていたいと考えているでしょう。

それもまた彼に夢中になっているという形と言えるでしょう。

家庭環境に問題があった

彼氏に夢中になる女性には、子供の頃の家庭環境に問題があったということがあります。

家庭に問題があったところで育ってしまうと、なかなか自立する力が身に付かずに子供のまま大人になる傾向があります。

いわゆる愛情不足が原因のひとつとなりますが、その状態だと大人になっても誰かに支えてもらいたいし、誰かのためになりたいという心理を持つのです。

言葉を変えると「誰かに必要とされたい」と思っているのですね。

ですので彼氏ができると、彼氏に存在価値を認めてもらいたいと思って、過剰に尽くしてしまったりして彼からの愛を受けとりたいと考えているのです。

その結果、できる限りの時間を彼のために使いたいと思っています。

それが彼氏に夢中と言えるのです。

彼を自分好みのスタイルにする

彼に夢中になる女性は、彼氏を自分の好きなスタイルに変えようとします。

例えば服装なども、彼の好みというよりは自分が「この方が似合う」と判断してそれを着させようとするのです。

そのため、気づいたら勝手に服を買っていたりして、彼からしたら着ないわけにはいかなくなるのですね。

プレゼントという形なのでありがたいと言えばありがたいのですが、少々強引なところもあるでしょう。

他にも「髪型はこういう方が良い」とか、突っ込んでくると彼の部屋のコーディネートまで自分好みにしてしまおうとするのです。

いきすぎているかもしれませんが、しかしそれだけ夢中になっているということなのです。

自分にもムチを打っている

彼氏に夢中となる女性は、自分にもムチを打って無理しているところもあります。

彼の予定に合わせて、会えるものなら夜中に起きてでも会いに行くなんてこともざらにあるのです。

それがただの友達だったらまず考えないところでしょう。

しかし相手が夢中な彼氏だから、自分が無理をしてでも会いたいと感じているのです。

また、ほんの10分くらいしか会えないと思っても、それでも行動するようにします。

仕事前のほんの少しの間でも、友達との約束が終わったあとのちょっとした時間でも、彼に会えるのであれば惜しまないのですね。

また、待ち合わせの時間に彼が大幅に遅れてきても、ずっと待っているということもあるでしょう。

彼からしたらありがたいのですが、無理はしないようにと言いたくなるところもあります。

冷めるときはとてもあっさり

彼氏に夢中になる女性は、実は別れるときはあっさりしているところかあるのです。

あれだけ好きだったのに、あれだけずっと彼のことしか頭になかったのに、冷めてしまうときは驚くほど早く冷めてしまい、そしてあっさりと別れを切り出してしまいます。

ずっと彼にエネルギーを使ってしまった分、燃料切れになってしまったのでしょう。

燃料が切れる前に彼との信頼関係ができていれば、別れることもないのですが、とにかく彼に夢中になりすぎていたので、相手のことを考えずに過ごしてきた時間が長いのです。

そこで信頼関係ができるはずもなく、そこに気づいた女性は自分の責任でもあるのに「こんなに好きなのに解ってくれないならもういい」と吹っ切れてしまうのですね。

彼氏に夢中になる女性によくある特徴をあげていきました。

やはり基本的には束縛してしまうような事が目立ちますね。

少しの即博であれば彼としても嬉しいのですが、あまりにひどいと彼もうんざりしてしまうでしょう。

夢中になりすぎると逆に恋愛期間が短くなってしまうこともありますので、気を付けていきたいところですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-